12月釣行 その1 今年もあとわずか・・・ そして解禁!

12月2日(日)
7:10~13:00

いよいよ解禁 ビワマス!

今年も残すところあと一ヶ月。

ということは・・・・

ビワマス引き縄釣りが解禁となりました。

解禁日の土曜日、やや風が強めの予報。

はやる気持ちを、グッとこらえて、出船見送り。



絶好のコンディションの日曜日、行ってきました。

ゆっくり起きても十分間に合うのですが・・・

いつもの調子で、真夜中に目覚めてしまいました。




ゆっくり出かけて・・・

日の出とともに出港!


20181202出港.jpg


のつもりが・・・

アクシデント発生

ダウンリガーが・・・・

20181202ダウンリガー破損.jpg

巻き上げ用のリールを取り付ける金具がポキッ!

40年前に使っていた投げ竿の部品なので寿命です。


諦めて、今日は両サイド錘リグにしようかとも思いましたが・・・

ロープで縛って応急処置!

20181202ダウンリガー.jpg


すっかり明るくなった7:10出港!


ラウンド1 昨シーズン調子のよかったポイントへ

出港地で準備中にお目にかかった方の情報によると・・・

昨日の解禁初日のガイド船の釣果は、右方面が良さそうとのことですが・・・

まずは、正面の昨季調子のよかったポイントへ!



魚探には、いい感じの反応が出ているものの、ヒットには至らず。

地合いは、もう少し日が高く昇ってからかな?


このまま、この周辺で続けるか?

それとも、移動するか?




ラウンド2 大移動!

やっぱり、最新情報を信じて大移動することに。

移動中も、ダメもとでルアーを曳きますが・・・


これでは、なかなかポイントに到着しません。



ちょっと加速 3km/h → 4km/h


その瞬間、右舷の錘リグに小さなアタリが!


あまりサイズは期待していませんでしたが・・・

というより、魚がいるかどうかも半信半疑でしたが・・・


上がってきたのは

20181202ビワマス.jpg

ナイスサイズのビワマス!

20181202ビワマス1.jpg

幸先よろし!





そのまま、ボートを進めていると、またまた右のロッドに小さなアタリ!

先程と似たような引きなので、ひょっとすると・・・


と、思いましたが・・・

20181202ビワマスリリース.jpg

今度は30cm弱のリリースサイズ、

残念!


リリースを終えてルアーを再投入し、ボートを走らせようとすると


???


ダウンリガー側のラインがあらぬ方向へ

魚がかかって、リリースクリップが外れた様子!

急いでロッドを握ってファイト開始です。

魚の引きをダイレクトに感じられるので、楽しい!!


順調に寄せてきて、魚の姿が見えてきました。

まずまずのサイズです!

と思ったら、プッツンという嫌な感触・・・



あーあ、バレてしまいました。

ガックリ、 していると今度は右側!

リールから勢いよくラインが出ています。


これは、地合い到来!?


今度は、ボートを停めて慎重にファイト!


したつもりだったのですが・・・

上がってきたのは・・・

何も釣れていないルアー



こちらは、錘リグなのでいつ魚がバレたかはわかりません。


折角の3連続ヒットは、1リリース、2バラシに終わりました。


ラウンド3 噂のポイント到着!?

3連続ヒットのポイント付近をウロウロしましたがその後ヒットはありません。

時刻は、11時を過ぎました。

この場所に見切りをつけて、更にボートを進めると・・・



賑やかな魚探反応です。

また、周囲にはカヤックや、ゴムボートが数隻。

ここが、噂のポイントなのかも・・・


すると、右のロッドに良さそうなアタリです!!



上がってきたのはビワマス!

20181202ビワマス2.jpg

ちょっとサイズダウンですが、良しとしましょう


ポイントを過ぎると釣れる気がしないので、Uターンして再度同じポイントへ

今度は、左のダウンリガーにヒット!

しかし、リリースクリップは外れていない様子。


サイズは期待できません。

今度はばらさないよう、慎重にファイトします。


上がってきたのは

20181202ビワマス3.jpg

さっきよりはましなサイズのビワマス。




時刻は、お昼を回っています。

お土産も確保できたので、ルアーを曳きつつ出港地に向かいます。



暫らくして、諦めて片付けにかかります。

ダウンリガーを撤収。


そして、錘リグを片付けます。

と、何か生命感を感じます。

気のせい?


上がってきたのは

20181202ウグイ.jpg

小さなウグイ君

リリース御免


本日の釣果

20181202集合.jpg

ビワマス 38~44cm 3尾
ビワマス小 リリース
ウグイ リリース


この季節にしては、アタリもあり、無事お土産も確保できて、今シーズンは上々の滑り出しです。



半年ぶりの出船場所は・・・

ゴミが目立ちます!!

20181202清掃.jpg

撤収後時間に余裕があったので、コンピニ袋1杯+目に余る大型ごみのみ回収

自分のゴミは自分で持ち帰りましょう!!

11月釣行 その3 ナブラ打ち、楽しすぎ!

11月24日(土)
6:50~14:50

3連休は荒れ模様?

この3連休、事前の予報では冬型の気圧配置。

日本海は荒れ模様の様子でした。

海が無理なら、小さな湖で小さな魚、ワカサギ釣りでもと考えておりました。

ところが連休初日の金曜日、あつPさんからLINEが。

「明日出ますか?」

急いで、直前予報を確認すると・・・。

土曜日は浮けそうな海況?

但し雨や風は大丈夫そうですが、波が少し残りそうです。

徐々におさまる方向なので、朝のうちだけ注意すれば大丈夫そうです。

ということで、出船決定!!

20181124出航.jpg

いつになく順調に準備が進み、ゆっくり登場のあつPさんとのご挨拶もそこそこに、夜明けとともに出港!



ラウンド1 vs ナブラ

朝の内は、近場で様子を見ることに。

心配された波の状況ですが、波高はあるもののピッチが長いうねりです。

ボートがゆっくり上下動するだけで、釣りをする分にはさほど危険は無さそうです。

但し、ボートを全速で走らせると、波を超える度に、頭からしぶきを浴びてしまいます。

なので、ゆっくりボートを進めます。

と、出てすぐのところで、鳥が集結しています。

そして、何か魚が跳ねています。

よく見ると、そこらじゅうで、小規模ながらナブラが。

いつものルアーで、キャスティング!!


いきなりヒーット!!

結構な引きですが、時々こちらに向かって走ってくる魚。



浮いてきたのは

20181124サゴシ1.jpg

サゴシです。

取りあえず、1本キープして・・・


まだ、周りでは魚が跳ねています。


続けてキャストすると・・・

またまた、ヒーット!

20181124サゴシ2.jpg

水面でリリースして・・・

キャスト!

その後も、次々にヒットします。

20181124サゴシ3.jpg

20181124サゴシ4.jpg

20181124サゴシ5.jpg



少し、ポイントから外れたので、

そのまま流されつつ、ジグを沈めてみたりしましたが、何事も起こりません。

沈黙の時間がしばらく続きます。

ここで意を決して、波しぶきを浴びつつ、風上にボートを戻します。




もう一度、先程のポイント付近を流しなおすと・・・・

またしても、周囲でナブラが!



そして1投1ヒットの入れ掛かりです。

20181124サゴシ6.jpg

ヒーット! おっとバレた!

続いてヒーット!
20181124サゴシ7.jpg

つい調子に乗って、遊んでしまいました。

掛かりどころの悪かった魚をもう一本キープ

20181124サゴシ.jpg

後はリリース御免。

魚種はともかく、これだけ釣れると楽しすぎて・・・




ラウンド2 VS カッター

ナブラ打ちは、これ位にして・・・

波もだいぶおさまってきたので、いつものようにタイラバにシフトします。

但し、この近くでは、サゴシカッターの危険性が高いので、少し移動します。

ナブラの全くない海域でタイラバを沈めます。


しばらくすると、ボトム付近でヒットです。

やたら、コンコン叩くような引き、鯛か?

なんか違うような気がします。



上がってきたのは・・・

20181124サバフグ1.jpg

サバフグ・・・

この一族は、免許がないので強制リリース。


幸い、ネクタイやラインは無傷です。

そのまま、タイラバを沈めると・・・

フォール中に違和感が・・・

そして、着底と同時にヒーット!

やたらコンコン叩く、この感触は?

20181124サバフグ2.jpg

またもやサバフグ

さっきリリースした奴???
そんなことは、無いとは思いますが・・・


今度は、ネクタイがきれいさっぱり無くなってます。

この場所は危険なので、少し移動。

またまた、ボトム付近でヒット!

と思ったら・・・・

フッと軽くなります。

ていうか、軽すぎる!!


やられました。

リーダーの先端でプッツリ切られていました。

サバフグに噛み切られた?





気を取り直して、タイラバを結びなおします。

再開第一投、ボトムから巻き上げ始めたら、中層に良さそうな魚探反応が。

そのまま、巻き続けていると・・・


ガツンという感触のあと・・・

フッと軽くなります。


今度は、さっきより頼りない巻きごたえです。

PEラインのかなり上の方ですっぱりやられました。

おそらくサゴシカッター?


切れたラインを全部巻き上げ時のリールのカウンターは40m付近。

要するにPEラインを40m程持っていかれてしまいました。



久々の船上ラインシステム組みなおし作業です。

うねりの残る海上での、FGノットはかなり手こずりました。





ラウンド3 vs 真鯛

時刻は10:00を回りました。

朝のうち、少し吹いていた風もなくなり、

うねりの方も収まってきました。

これなら、水しぶきを浴びずにボートを走らせられそうです。



ということで、沖の実績ポイントに移動します。

丁度、下げ止まりから潮が動き始めるタイミング。

期待を込めて、タイラバを沈めます。



近くに浮かんでおられたFRP艇の方と情報交換。

何でも、朝方のナブラうちで、メジロとハマチをゲットされたとのこと。

近場でサゴシと戯れている場合ではなかったようです。



気を取り直してタイラバを巻き続けます。

しばらくすると時合い到来?

魚種やサイズはともかく、結構ヒットが続きます。

まず、上がってきたのは・・・

20181124アコウ.jpg

30cmに届かない小さなアコウ(キジハタ)

リリース御免!




次なるヒットは、結構な引き。

時々ドラグを滑らせてくれます。





上がってきたのは・・・

20181124アオハタ1.jpg

ナイスサイズのアオハタ。

お土産確保成功です。





続いて、ヒーット!

今度は、竿を叩く引き!?

たぶん真鯛???

ヨッシャ! これを捕ったら心置きなく上がれるぞ・・・

と思ったのも束の間、フッと軽くなってフックオフ。

残念!!




しばらくすると、ボトム付近でヒットです。

この引き方は、さっきと同じ。

上がってきたのは・・・

20181124アオハタ2.jpg

サイズダウンのアオハタ。

30cm位はあったので、キープしようか迷いましたが・・・

エアーを抜くと元気いっぱい!

20181124エアー抜き.jpg

リリース御免!



その後、周囲のポイントを探索しますが・・・

アタリが遠のき、時刻はお昼を回りました。



そろそろ、上がろうかとも思いましたが、赤い魚も欲しい。

少し残業することにします。



ここで、あつPさんからLINEが。

同船の課長様ともども、船酔いでグロッキーのため早上がりされるとのこと。

いつもは、ぎりぎりまで粘って、結果を出されるイメージですが・・・。

朝方のうねりが厳しかったようです。



ちなみに、私たぬきちは船酔いとは無縁です。

30歳を過ぎたころから、三半規管があまり機能せず・・・

暗闇では真っすぐ立っているのも、厳しい状態です。

お蔭で、揺れを感じ難く、酔うこともありません。

おそらく、アルコールの過剰摂取のせいだと思われます。







ラウンド4 vs 真鯛

さて、午後の部です。

引き続きタイラバです。


先ずヒットしたのは・・・・

根魚よりは、アグレッシブな引き


上がってきたのは

20181124ホウボウ.jpg

ホウボウ君。

30cmちょいありそうでしたが、元気そうなので・・・

リリース御免。


赤い魚は今日はダメかな?

と諦めかけたころ


来ました。


竿を叩く独特の引き。

さほど大きくは無さそうですが・・・





上がってきたのは

20181124真鯛.jpg

チャリコとは言わないで!!

できれば、もう少し大きいのが良かった・・・



いえいえ「目の下一尺」これぞ食べごろ真鯛です!


何とか真鯛も捕れたので、上がろうかと思ったのですが・・・

前方に鳥が集結しているポイントがあります。

あれが、メジロナブラ??

取りあえず、行ってみることに。


しかし、足が速く追いつけません。


ふと魚探を見ると、ボトム付近に良さそうな反応がでています。

試しにタイラバを沈めてみると・・・


ヒーット!!

でも、この感触は・・・

毎度おなじみの

20181124アオハタ3.jpg

アオハタ君。

これは、優に30cmオーバー。

普段ならキープするところですが・・・・

今日はすでに良型をキーブしているので・・・

エアーを抜いてリリース御免!!

ここで、ストップフィッシングとしました。



帰路でも何度がナブラに遭遇しますが・・・

残念ながらヒットには至りませんでした。





本日の釣果

20181124集合.jpg

真鯛    40cm
アオハタ  45cm
サゴシ  ~53cm×2本



アコウ小  リリース
アオハタ中 リリース2尾
ホウボウ中 リリース
サゴシ   リリース多数
サバフグ  リリース2尾


今回も、タイラバとナブラ打ちのキャスティングのみの釣果です。

最近、ジギングやスローピッチでは全然釣れてないような気がします。

どんどん下手になっているかも・・・



釣行当日は、サゴシと真鯛をお造りで

20181124刺身二点盛り.jpg

美味い!!

やっぱり、真鯛はこのサイズに限ります!!

でも、大きいのが釣りたい!?

今年も無事届きました

11月16日(金)

ビワマス釣りの承認通知


帰宅したら郵便受けに届いておりました。

見覚えのある筆跡の茶封筒

20181116封書.jpg


ビワマス釣りの承認の通知です。

20181116章旗.jpg

今年の章旗は緑色です。

そして、昨年に引き続き二桁ナンバーでした。

来月からのシーズンインが待ち遠しいです。




ワカサギも解禁間近

そういえば、そろそろ小さい湖の小さい魚もそろそろ解禁です。

今年は11月22日(木)が解禁日とのこと。

翌日からは3連休ですが、海況が悪ければワカサギ釣りも良いかも。

何でも、漁協の試し釣りでは、30分で100匹釣れたとのこと。

例年、解禁直後はそこそこ釣れるので、こちらも準備を始めなければと思います。






さて、今週の海況は?


posted by たぬきち at 18:07福井 ☁Comment(0)琵琶湖

11月釣行 その2 太平洋クロマグロは絶滅危惧種!?

11月11日(日)
6:40~12:40

日曜日は風弱く絶好の釣り日和?

この週末、土曜日は晴天ですが、風が結構強く釣行は無理そうです。

日曜日には風も落ちて、絶好の釣り日和の予報。

と言うことで、行ってきました。

日曜日なのであまり遅くまで頑張って、翌日に疲れが残ってはいけません。

午前中限定、ノー残業(の予定)で出船です。

現地着、5:30。

予報に反して、結構な風が吹いています。

GPVで最新の天気予報を確認すると、あさ8時頃まではそこそこのかぜで、その後微風とのこと。

ゆっくり準備を進める事にします。

いつものように、すっかり明るくなった6:40出船。

20181111出船.jpg


ラウンド1 vs 鰺鯖

風が落ちるまでは、しばらく出港地近辺で鰺を狙う事にします。

ここは、今年夏場に鰺鯖が良く釣れたポイントです。

まずは50g程度の小さいジグを沈めて、スーパーライトジギング。

ところが、シーアンカーを入れても、2km/h以上で流されます。

潮もよく効いており、ジグが真横に沈んで行きます。

軽いジグは無理そうです。

かといって、通常のジギングタックルはラインが太いので、この潮流では厳しそうです。

結局、いつも通りタイラバを取り出します。

先ずは、タングステン80g・・・

底がとれません。

初回の着底は、かろうじて分かりますが、一度巻き上げると全く着底しません。

タングステン100g。

これでも、2~3回巻き上げると、水深の2倍以上ラインが出されます。

着底も、よく見ていないと見逃してしまいそう。



3回沈めたら、一度上まで巻き上げて再度、沈めます。

そんな事をしていると・・・


中層で、フォール中にアタリ??

まきあわせを入れますが、スカッと抜けます。

気のせいかと思い沈めますが、いつまで経っても着底しません。

巻き上げてみると、やや重い。

どうやら、何かがかかっているようです。


途中、フッと軽くなりますが、外れてはいない様子。

こちらに向かって、泳いでいる感じです。

かと思ったら、時々乱暴に引きます。



水面が近づくと、俄然やる気をみせて、走ります。

水中にちらっと見えた魚影は、青く尾が黄色です。

ツバス?



いえいえ、上がってきたのは、鯖。

20181111サバ1.jpg

これはこれで、食材としては、大歓迎です。

もうちょっと大きいと、うれしいのですが・・・


そのまま、流していると今度は海底付近でヒットです。

今度の魚は、竿をたたきます。

でも小さそう。


上がってきたのは

20181111レンコダイ.jpg

小さなレンコダイ

お土産追加です。




さらに、そのまま流します。

ここで、朝食のおにぎりを取り出します。

おにぎりを囓りながらのタイラバは、これまで数々の実績があります。

あんまり、集中しすぎない方が良いのでしょうか?

そんな事を考えながら、タイラバを沈めていると、ウッカリ着底を見逃してしまいました。


慌てて、巻き上げると、ガツンとヒット!

そして、全然巻けません。

これは大物?

ひょっとして、根掛かり?

試しにスプールを親指で押さえて、ゆっくり竿を立てると、じわっと寄ってきます。

陸からなら、これで根掛かりではないと確信できるのですが、

ボートの場合、特に今日のようにボートが流されている場合、

ボートがラインにひっぱられて動いただけかも知れません。



でも、この感触は何となく根掛かりではなく、魚の気がします。

しかも、もし魚なら大物確定です。

半信半疑ですが、慎重にファイトを続けます。

このあとも、魚の引きはあまり感じません。

これは、ウネリやら何やらで、魚の引きが吸収されてしまうのでしょうか?

それとも、あまりアグレッシブに引かない魚種なのでしょうか?



リールのカウンタが、水深よりも短くなったところで、魚である事を確信します。

それからは、意外とすいすい浮いてきました。




この重さは、巨大な根魚か?

プッカリ浮いてきたのは

20181111真鯛1.jpg

ナイスサイズの真鯛でした。


20181111真鯛2.jpg

以前にも、根掛かりと勘違いして真鯛とファイトした経験があるので、何となくそんな気もしていました。

あのときも、やや風が強目だった気がします。



なんか、狙いとは違いますが、結果オーライです。

時刻は、8時を回ったところ。



長~い一流し目を終えて、波飛沫を浴びつつ風上に戻ります。



ラウンド2 vs 鰺鯖継続

予報では、そろそろ風が落ちる時間ですが、全然その気配は有りません。

もうしばらく、近場で待機する事にします。




再開一投目、タイラバを巻いていると、ガンガンと前アタリが。

そして、ドラグを滑らせて、強烈にラインが出て行きます。

これは、大物確定。

どちらかというと、青物か?

ドラグを締めてファイト開始。



と、その直後プツンといういやな感触と共に、フックオフ。

残念!!



気を取り直して、再開します。

次なるヒットは、底から10m程巻いたところ。

と言っても、ラインが斜めに入っているので、実際は底付近かも。

引きは、紛れもなく根魚のようです。


上がってきたのは、30cm位のアオハタ。

20181111アオハタ1.jpg





ゆっくり、優しく巻き上げたので、元気いっぱいです。

エアーを抜いて、リリース御免!



時刻は9時を回りましたが、一向に風は収まりません。

しかたがないので、そのまま流していると。


中層でフォール中にヒット!

アワセを入れると乗りました。


ぐいぐい引いたかと思うと、こちらに向かって泳いできたり。




上がってきたのは

20181111サバ2.jpg

微妙にサイズアップの鯖。

うれしいお土産ですが、できれば鰺が良かった!



この頃から、時折風が止むようになり、

更に1時間経過した10時頃、ようやく予報通りの無風に。

風が落ち着くと、海面の状態がはっきり分かります。


ボートはちょうど、良さそうな潮目にさしかかりました。

すると、ボトム付近でヒットです。



上がってきたのは

20181111アオハタ2.jpg

これも、微妙にサイズアップ(?)のアオハタ。

元気そうなので、エア抜き後リリース御免!


ラウンド3 vs ナブラ

時刻は10:30。

風が止んだのは良いのですが、潮も止まる時刻となってしまいました。

午前縛りのタイムリミットにはまだ少し早いですが、これから沖のポイントに向かうのも億劫です。

お土産もそこそこ確保できたので、そろそろ上がることにしました。


出港地に向けて、ボートを走らせます。



しばらくすると、前方で1羽の鳥が海面に向かって突っ込んで行きます。

よく見るとその周囲で、小規模ながらナブラが。

折角なので、ナブラ打ちと行きたいところですが、

残念ながら今日も、キャスティングの準備はしてきていません。

前回同様、ジギングのタックルで代用です。

取り出したルアーは、

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

マリア/Maria リライズ S130 B24D/ケイムラスリットグロー / シンキングペンシル
価格:2235円(税込、送料別) (2018/11/12時点)

楽天で購入

1投目 表層を引きますが反応無し。

2投目 少し沈めて引きますがダメです。

3投目 時々ステイを入れながら巻いてくると、


目前でヒーーット!!

さほど重量感はありませんが、すごい勢いで潜って行きます。



PE3号の最強タックルなので、ドラグを目一杯締めてガチンコファイトです。

ボートの下に潜る魚を無理矢理引きずり出します。

手に伝わる感触は、ビビビビッと言うバイブレーション。


これは、カツオ(?)的な魚かな!?



水面に姿を現したのは、小さいですが黒光りする精悍なボディ。

魚種としてはマグロです。

サイズ的には40~50cm程度、ヨコワ(メジマグロ)ですが。



初めて目にする魚なので、是非ともキャッチしたい!!

このサイズなら、十分にネットにおさまります。


しかし、水面で暴れる魚に手こずって、なかなかランディングできません。

もたもたしているとジャンプ一番、フックを外して水中に消えて行きました。

一部始終を動画に納める事ができましたので、よろしければどうぞ。


最後の「あっあー!」と絶叫が悲し過ぎます。

太平洋クロマグロは絶滅危惧種に指定されており、小さな個体はむやみに採捕すべきではありません!!

そう思ってリリースした事にしましょう!?



いえいえ、やっぱりこのままでは気がすまないので、2時間程ナブラを追いかけました。

しかし、チャンスは巡ってきません。



ナブラも消えてしまった様子なので、最後に初心に返ってタイラバを沈めます。



すると、周囲で思い出したようにナブラが。

あわてて、タイラバを回収します。

半ば、早巻きのタイラバに喰ってこいと思いながら回収していると、

残り10mほどのところで、本当に来ました!


ガツンとヒットです。



よっしゃ!捕るぞ!

と、思った瞬間フッと軽くなって、フックオフ!



既に、タイムリミットの正午は大きく過ぎているので、今度こそ撤収することにしました。



本日の釣果

20181111集合.jpg

真鯛    64cm
鯖    ~36cm 2尾
レンコダイ 27cm

アオハタ 30cm前後 2尾リリース

ヨコワ  ??cm ナチュラルリリース


お土産としては、十二分ですが・・・

やっぱり自分で釣った、マグロ食べてみたかった!!!




当日、帰宅すると既に夕食の準備は整っておりました。

本日の魚は、下処理だけして翌日以降にいただきます。



11月釣行 その1 夏場の鉄板ポイント、今は・・・

11月3日(土) 文化の日
6:40~13:30

 

今週こそ良い海況に恵まれて

この週末は、久々に良い海況、ボート日和の予報です。

10月は週末ごとに台風やら前線やらがやってきて、結局1回しか出船できませんでした。

その1回も、アオリイカに専念したので、沖に出るのは9月下旬以来です。

季節はもうすっかり晩秋です。

アオリイカはもう大きくなりすぎて、きっと素人では太刀打ちできません。

なので、今回は鯛ラバとジギングで、赤い魚と青い魚を狙いたいと思います。

と言いつつ、こっそりエギングの準備はして出ますが。


今回も、例によってあつPさん&課長様とご一緒することに。

何でも、ご子息のお誕生日用の真鯛を狙われるとのこと。




釣行当日、すっかり夜明けが遅くなったので、ゆっくり出発し現地着5:30。

日の出とともに、出船の予定で準備を進めます。



・・・が、



1カ月ぶりなので、段取りが今一つ・・・

なんとか、準備完了、さあ出船!

と、思ったら・・・

離岸直前に気付きました。

20181103忘れ物.jpg

竿を持たずに、出る所でした・・・


結局、すっかり明るくなった6:40分出船です。

20181103出発.jpg

 



 

 

ラウンド1 取りあえず何か魚が釣れたらOK

沖に出ると、ベタ凪の予報に反してやや風があります。

航行に危険は無さそうですが、念のため近場のポイントで様子を見ます。

シーアンカーを入れると時速1km前後でボートが流れて、ちょうど釣りがしやすい感じです。

早速タイラバを沈めます。

80gのシンカーで、やや斜めに沈んでゆきます。

ちょうどよい感じ。

開始一投目、早速アタリが出ます。

これは、ショートバイトに終わりましたが、今日は釣れそうな気がします。



しばらくして、タイラバを沈めつつ、朝食のおにぎりの準備をします。

うっかり、着底を見逃して、あわてて巻き上げ始めたところで


ヒーット!! です。


底ベタだったので、根魚かと思っていたら



上がってきたのは

20181103レンコ1.jpg


レンコダイ。レギュラーサイズ。

無事、お土産キャッチ成功です。


その後、中層に良さそうな魚探反応が出たので、ジギングに切り替えますが、何事も起こりません。

暫らく、しゃくり続けますが、腕が疲れるだけです。



次は、インチクに切り替えます。

すると、ボトム付近で何かがヒット!

先程よりは、よく引きます。

ただ、そんなに走ったり、叩いたりする魚ではありません。


良いサイズの、根魚?


ところが、上がってきたのは、

20181103レンコダイかかりどころ.jpg


20181103レンコ2.jpg

先程と同サイズのレンコダイ。

掛かりどころが悪く、変な引きだったようです。





ラウンド2 vs 真鯛

時刻は8:30。

予報通り風は大したことは無さそうなので、真鯛のポイントに向かいます。

途中、本命ポイントの少し手前の実績ポイントで、少し様子を見ることに。

タイラバを沈めます。

しばらくすると、ボトム付近で何かがヒット。


今度こそ根魚の様子。

小さそうなので、ゆっくりゆっくり上げてきます。

30cm程のアコウ

20181103アコウ.jpg

元気そうなのでリリース御免。

続けてヒット!

今度は先程よりは、重量感があるので、サイズアップの根魚?


上がってきたのは

20181103ガシラ.jpg

同サイズのガシラ。

出目金状態なので、キープさせてもらいます。




ここは小さな根魚しかいない?

本命ポイントへ移動しようかと考えていると・・・


来ました!

竿を叩くこの魚は、

本命のアタリです。

ドラグを目一杯締めますが、ときどきラインを引き出す

まずまずのサイズです。

上がってきたのは

20181103真鯛.jpg

食べごろサイズのきれいな真鯛

20181103真鯛計測.jpg

嬉しいお土産キープ成功




地合い到来?

魚を処理しつつ、鯛ラバを沈めます。

着底後、巻き上げると・・・

ガツンとアタリ?

すぐに離したようなので、そのまま巻き続けると

ガッガッガッガッと前アタリが

乗ったかと思ったらスカッ!

抜けました。

そういえば、先程ファイト中ドラグを目一杯締めたままでした。

違和感を感じた魚が、離してしまったのかも?

痛恨のミス!


その後、しばらく同じポイントで粘りますが

二度とアタリは出ませんでした。






ラウンド3 vs ナブラ打ち


さあ、そろそろ本命ポイントに移動しようと、鯛ラバを回収していると・・・

バシャバシャという音がします。

何と至近距離で小規模ですがナブラが。

しかも、徐々にこちらに向かってきます。


残念ながら、キャスティングのタックルは持ってきていません。

仕方ないので、ジギングのタックルを手に取ります。

幸い、タックルボックスにはオーバーゼアが一本入っています。

朝方、取り付けたジグが付いたままなので、早る気持ちを抑えつつルアーを交換します。

ナブラは20m程先まで迫ってきました。

届け! エイッと投げますが、5m程手前に着水。

残念ながら、魚は追ってきません。


第2投、届け!

今度は、届きました。

水面直下を曳いてくると・・・

ガツン!とヒーーット!!




凄い勢いで潜って行きます。

緩めのドラグが悲鳴を上げます。

ツバスやハマチにしては強い引きです。

シイラかな?


お土産としては、あまりうれしくないけど、ファイトを楽しみましょう!

ドラグを目一杯締めます。


PE3号の最強タックルなので、難なく上がってきます。

それでも、時々ラインを引き出して、走り回ってくれます。

楽しすぎ!!


あっという間に、水面に姿をあらわしたのは、

おや? ハマチ?

しかもいいサイズです。



水面で少々暴れましたが、無事ネットイン!!

20181103メジロネットイン.jpg


70cmオーバーの立派なメジロでした。

20181103メジロ.jpg




残念ながら、ファイト中にナブラはス沈んでしまい、連発とはいきませんでした。





ラウンド4 vs 本命ポイントは・・・

時刻は10:30.

ようやく、この夏大鯛を何枚か上げた本命ポイント到着です。

と、見たことのあるボートが。

真鯛狙いのあつPさんたちが先着された様子。

しかし、全く何も釣れ無いとのこと。


そんな筈はないと思い、鯛ラバを沈めますが・・・・

ここで、風も潮もピタッと止まって、ボートが全然流れません。

シンカー45gで、十分底をとれる状態です。



潮が悪かったのか?

それともこの場所の鯛はいなくなったのか?


2時間程粘りますが、何も釣れません。

お昼を過ぎると、少し風が強くなってきたので、ここで撤収することにしました。





帰りにちょっと、烏賊の様子も探ろうかなとも思いましたが・・・・

20181103ハンドルが.jpg

何か物足りないリール!?

ハンドルが無い!!!

持って行かなければよかった!



午前中丸ボーズの危機だったあつpさん、午後からの残業で見事に真鯛をキャッチされたとのこと。お見事!



本日の釣果

20181103大物集合.jpg

メジロ(ワラサ) 71cm
真鯛       51cm

20181103小物集合.jpg

レンコダイ ~32cm 2枚
ガシラ    30cm

アコウ(キジハタ)30cm位リリース


ヒットルアー

真鯛や根魚は、いつもの鯛ラバ

シンカー80g緑色
波動ベイト ウロコレッド
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ヤマリア 鯛歌舞楽 波動ベイト 01(ウロコレッド)【ゆうパケット】
価格:415円(税込、送料別) (2018/11/4時点)

楽天で購入
赤系ネクタイ

レンコダイno2は
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

巻きジグ VOLT 180g グローストライプシャイナー
価格:1771円(税込、送料別) (2018/11/4時点)

楽天で購入

これの120g


メジロは
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ソルティガ オーバーゼアー スキッピング ダイワ DAIWA プラグ 20%OFF
価格:2030円(税込、送料別) (2018/11/4時点)

楽天で購入



釣行当日は、メジロと真鯛のお造りを少々

20181103メジロ&真鯛刺身.jpg

まだ熟成不足ですが、脂ノリノリ!