2015年02月27日

オレンジペコ製作

事の発端

天候やら仕事都合やらで、ここのところ全く釣りに行けていません。

もっぱら、ネットでの情報収集に励んでおります。
そんな中見つけてしまいました。

今シーズンのJOYCRAFTのカタログの表紙を飾る、我が愛艇「オレンジペコ300」。
joy2015.jpg
・・・・・のペーパークラフト。

もともと、ちまちました作業は嫌いではありません。

以前にはこんな大作(ハウルの動く城もどき)も、手がけたことがあります。
howl.JPG


と言うことで、早速JOYCRAFTのホームページからカタログをダウンロードして、と思ったらペーパークラフトだけダウンロードできるようになっていました。

カスタマイズ

オリジナルは、ボートは愛艇と同じオレンジペコ300なのですが、エンジンが2馬力でトーハツのカラーでもありません。

そこで、まずはエンジンをトーハツ6馬力っぽくカスタマイズします。

ダウンロードしたpdfファイルをAdobe Illustratorというソフトに読み込んで編集します。

2馬力を意味する「2」を「6」に書き換え、色もグレーからトーハツの濃紺に塗り替えます。

このままでは少し寂しいので、トーハツのホームページからカタログをダウンロード。
「TOHATSU」「Four Stroke」のロゴを拝借し、エンジンの側面の部分にコピペします。
tohatsu.jpg


これでカスタマイズは完了です。

tohatsu6.jpg

製作工程

カスタマイズの完了した、画像データを厚めの紙に印刷します。
DSC_0106.JPG

カッターを使って外形線の通り切り抜いていきます。
親切に山折り谷折りの線も印刷されているので、その通り折って糊付けしたらいいだけです。
paper2.jpg
あっという間に本体完成。

エアフロアを入れて、エンジンも取り付けます。
6馬力だとエンジンだけを、もう一回り大きくした方が良かったかも。

paper3.jpg

細かな、部品も取り付けて完成。
paper4.jpg

総工程約2時間。

裁断までは結構丁寧に作業しましたが、組み立て作業がやや雑になってしまい、細部のクオリティーはいまいちです。
少し不満の残るできですが、今回はここまでとします。

今後の展開

クオリティーの低さは手抜き作業による部分もありますが、そもそもチューブが六角柱というのが、良くないと思います。
次回はチューブはもちろんオールやエンジンのレバー等も円筒形に改良して、製作してみたいと思います。
その際はオリジナルの艤装品も製作して搭載できればと考えております。

但し、そんなものを製作している暇があったら、その前に本物のボートの艤装を改良しなければとも思います。

さて今週末の天気は如何でしょう。風が強めなのでボートは厳しそうな感じですが、さてどうしたものか・・・。


↓参考になるブログがいっぱいありますョ↓

posted by たぬきち at 12:55 | 福井 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | ボート・艤装 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月18日

2月の魚料理 その1

2月1日の釣果

ワカサギ。大きいものは南蛮漬け。
wakasagi_nanban1.jpg
(写真は使い回し)
小さいものは甘露煮。
wakasagi_kanro1.jpg
(これも写真は使い回し)
今回はザラメを切らしていたので、普通の砂糖を使ったら今一つでした。甘さに風味がないと言う感じです。

2月7日の釣果

ヤリイカのお造り
yariika_tsukuri1.jpg
大きいものは、肉厚で甘味もあり、食べごたえ満点です。
シーバスのお造り
seabass1.jpg
ヤリイカの肝焼き
yariika_yaki2.jpg
ヤリイカの肝を酒と醤油でのばします。そこに小ぶりなイカの身やゲソを入れ、10分程漬け込んで、さっと炒めます。あまり火を入れすぎないのがポイントです。
ヤリイカの丸焼き
yariika_yaki3.jpg
言わずと知れた定番です。
お好みで一味マヨネーズか、生姜醤油で。
日本酒が止まりません。
飲み過ぎ注意!

↓参考になるブログがいっぱいありますョ↓

posted by たぬきち at 18:18 | 福井 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 魚料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月14日

ウェーダーの補修


今週は大雪に見舞われ、出かける気になれません。
2月11日の祝日にウェーダーの補修をしたので、そのレポートです。

事の発端

先月の出船当たりから、ウェーダーのソールが剥がれかかって、歩き難くなっていました。
だいぶすり減ってきてもいたので、この機会に貼り替えました。

写真は全部剥がした後で撮った物ですが、大体こんな様な状態でした。
weder1.jpg


材料手配

まずは補修用の部材を手配します。
今回はソールのフェルトと接着剤や刷毛等がセットになったリペアキットを購入しました。

適当にLサイズを発注しましたが、ウェーダーは実はMサイズでした。
折角カット済みのフェルトを購入したのに大失敗でした。
仕方がないのでカットして使用しました。
felt1.jpg

旧フェルト除去

まずは、古くなったフェルトを剥がすのですが、半分剥がれかけた方は何とか力ずくで剥がれましたが、もう一方はどうにもなりません。
リペアキットの説明書を読むと、90℃のお湯に5分間浸けるようにとのこと。

早速お湯を沸かしてバケツに入れてソールを浸けます。
weder2.JPG

5分後、いとも簡単にベローンと、フェルトは剥がれました。

説明書はちゃんと読まないといけませんね。

剥がした後のソールに残った、接着剤をサンドペーパーで削ります。
これが結構大変で、特に力ずくで剥がした側は、多く接着剤が残っていて削るのに一苦労です。

最後にはこんな電動工具まで登場です。
sander1.jpg
電動サンダーです。サンドペーパーを取り付けた部分が電動で振動し、削りたいところに当てるだけで研磨できます。

新フェルト貼付

ソールが綺麗になったら、ソールとリペア用のフェルトに接着剤を塗布します。
grew1.jpg
この刷毛もリペアキットの付属品です。

しばらく乾かして、溶剤を飛ばします。この季節寒いですが、換気しながら作業します。

その後、ソールとフェルトの接着剤面をドライヤーで良く温めます。
dryer1.jpg

十分温まったらフェルトをソールに貼りつけ、しっかりと密着させるため、ハンマーでたたきます。
hammer1.jpg

これで完了ですが、接着剤が完全に固まるまで、ガムテープで固定して1日放置します。
taping1.jpg

ガムテープを剥がすと、しっかりと接着できていました。
weder3.jpg

完成。

ついでにバケツも

ボートの備品のバケツに穴が開いていたので、ついでに補修しました。
どうも釣行後、塩抜きのためにナイフやフックを水につけた際、誤って突き刺してしまったようです。
こちらは、アクアシールという接着剤を塗布するだけです。
bucket1.jpg

この接着剤、ウェーダーにあいた小さな穴の補修用なのですが、ボートの補修にも使用でき重宝します。
但し、開封後はしっかり密閉して保管しないと、すぐに固まってしまうので要注意です。



今週末は、またまた雪、海も大荒れです。
ワカサギも甘露煮がまだ大量にあるので・・・・、釣りはお休みにしようかな・・・・?






タグ:ウェーダー

↓参考になるブログがいっぱいありますョ↓

posted by たぬきち at 18:56 | 福井 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | タックル・小道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする