2015年03月30日

3月の魚料理

この週末は、所用で釣りはできませんでした。
この3月は、例年よりも早く春の訪れが感じられる、好釣果に恵まれました。
釣った魚は、残さず美味しくいただきました。

3月7日の釣果

この日は、残念ながら貧果でしたが、食べて美味しい魚が釣れたので、ある意味満足。

まずは、メバルの姿造りとアジのなめろう。
mebaru_shugata1.jpg

そして、小メバルのみそ汁。
mebaru_miso1.jpg


釣果料理?

そして、マダイはしゃぶしゃぶで。
tai_shabu2.jpg

???マダイは、高知産の養殖物です。
末娘の進学祝いに買ってきました。
iwai_tai1.jpg
直前の釣行で釣って帰ればかっこよかったのですが、なかなか上手く行きません。
天然物の様なこりこり感はありませんが、脂が乗って絶品です。内臓脂肪万歳!!

3月21日の釣果

沖メバルとうっかりカサゴのアクアパッツァ。
okimebaru_aqua2.jpg

大ダイの胃袋の湯引き。
tai_i_yubiki1.jpg
定番ですが、このサイズになるとボリュームもあり、食べ応え満点。

大ダイの肝と心臓の塩焼き。
tai_kimo_yaki1.jpg

鯛シャブ。
tai_shbu1.jpg
白子もたっぷり入っていて、やはりこの時期の天然の大ダイは美味しいです。

大ダイはお造りでも。
tai_tsukuri1.jpg

中骨はあら炊きで。
tai_ara_taki1.jpg

頭の塩焼き(裏面でごめん)
tai_kashira_yaki1.jpg

頭の酒蒸し。
tai_kashira_mushi1.jpg
どう料理しても、大ダイは美味い。

残ったレンコダイと沖メバルは干物にして冷凍保存。熟成中。
renko_hoshi1.jpg
mebaru_hoshi1.jpg
食べるのが楽しみです。

さて来週は何処へ????

↓参考になるブログがいっぱいありますョ↓

posted by たぬきち at 23:45 | 福井 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 魚料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月23日

3月釣行 その2

3月21日(土)
6:50〜14:00

作戦計画

今週は越前若狭全域で波も穏やか、絶好の釣り日よりです。
どこへ行くか迷いましたが、直前の予報を見て決めました。
半年ぶりの出港地です。所謂ホームゲレンデ。
さて何が釣れるか、興奮でなかなか寝付けません。

3度目に目覚めた2:30から出発準備を開始し、3:00出発です。

ステージ1 vs イ○カ

現地到着時点では、駐車場はがら空きです。
その後、ゴムボートを積んだ車が、何台か到着しますが、ハイシーズンの様な混雑は見られません。
あまり釣れないからでしょうか? 少し不安になります。

明るくなった6:00頃から準備を開始し、みなさんの出港からかなり遅れ6:50の出港です。
近場でインチクを落とし様子を見ますが、反応無し。

沖の鉄板ポイントを目指し移動です。

ボートを走らせていると、左前方に波しぶき。ベタ凪なのに。
なんと、イルカの群れです。ツートンカラーなので、カマイルカでしょうか?

今回から動画撮影できるよう、デジカメ持参。早速、イルカを撮影してみます。

普通、イルカがいると、魚はほとんど釣れません。
最悪のスタートです。

ステージ2 vs 沖メバル

沖のポイントに到着後、イルカのことは気にせず、とりあえず釣りを開始します。
準備をしていると、イルカは猛スピードで走り去り、問題なく釣りができそうです。

魚探にも、良い反応が出ています。

gytan1.jpg

底から5〜10m付近のこの反応は、きっとメバルです。
ジギングサビキを付けたインチクを沈めると、釣れました。
沖メバル。
oki_mebaru1.jpg

続いてガシラ(うっかり)。
ukkari1.jpg

沖メバルのヒットシーンを動画撮影してみました。
ぎこちないしゃくりが、少々お恥ずかしいです。
いまいち釣れないのは、このしゃくりかたのせいかも。
もっと修行を積まねば。


沖メバルはそこそこのサイズが5,6匹釣れて、まあ満足したので、沖合に移動します。

ステージ3 vs 真鯛

水深80〜100付近に、潮目ができており、良い雰囲気です。
まずは手堅く、ジギングサビキを付けたインチクで探ります。
何投目かに、竿先に違和感を感じます。上げてみると可愛いレンコダイです。
renko1.jpg


ここで、近くのボーターさんと情報交換。
ボ:「釣れてるか?」
た:「メバル少々です」
ボ:「80cmのマダイが釣れたでー」
た:「嘘ー。このへんでですか?」

ということで、タイラバを投入。
風は弱く、ボートはそれほど流されませんが、底近くまでタイラバを落とすと、ラインが斜めに入ります。
底潮がよく効いて、すごく釣れそうな雰囲気です。

底から10m位までの間で何度かアタリがありますがかかりません。

数投目、タイラバの典型的な前アタリが。そのまま巻き続けるとヒット!!

久々に、ドラグを滑らせる大物、この引きは大型マダイです。

追いあわせをいれたあと、動画スタート。
あれれ、すぐにカメラが停止する音が。
イルカの動画を長々と撮ったので、メモリーカードが満杯か?それとも電池切れか?残念!

後で確認すると、ばっちり静止画が取れてました。
madai_hit1.jpg
あわてふためいて、操作を誤っただけのようです。

とにかく、動画を撮るよりも、かけた魚を釣り上げることが先決です。
タイラバタックルのl細仕掛け(PE0.6号)なので、なかなか上がってきません。
5m巻いては10m出されを繰り返したたあと、ドラグを少し締め少しずつ間合いを詰めていきます。

タイラバで大物を上げるのは、かれこれ1年半ぶりなので、慎重にファイトし、15分ぐらいかけてキャッチしました。



big_madai1.jpg

70cmオーバーの大ダイゲットです。

それにしても、タイラバで大物を上げるのはこんなにしんどかった?
ジギングタックルでブリやヒラマサを捕る方が、断然楽な気がします。

その後、潮が更に効いてきて、底が取り難くなってきました。
すこし浅場のポイントに移動して2時間程継続しますが、可愛いサイズの沖メバルを追加しただけ。
エースのインチクを根掛かりでロストしてしまいました。

おまけに、左舷のチューブが少しへこんできました。
どうも、マダイの鰭パンチを食らったようなので、急いで撤収です。

久々の大鯛ゲットで心地よい筋肉痛。大満足の釣行でした。 

本日の釣果

沖メバル: 〜27cm 6尾
ガシラ:    28cm
レンコダイ:  23cm
マダイ:    76cm (6kgオーバー)

chouka20150321.jpg

本日のヒットルアー

ネクタイはオリジナルチューン。烏賊グロー+ピンク。

続きを読む

↓参考になるブログがいっぱいありますョ↓

posted by たぬきち at 01:07 | 福井 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | ボート釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月17日

感謝祭

3月15日(日)

折角の釣り日和に 

残念ながら先週末は、土日とも所用で釣りには行けませんでした。
悔しいので、天気予報もあまり見ないようにしていましたが、土曜日の就寝前についつい見てしまいました。
天候は晴れ〜薄曇り、風も弱く絶好の釣り日和です。

日曜日の予定は午前中福井県三国方面で、とある会合に出席しますが、午後からはフリーです。
朝早起きして準備すれば、午後から釣りができるかもともくろみつつ就寝します。

翌朝目覚めると、出発予定時刻の5分前、大急ぎで身支度を整え出発しました。
もちろん、釣り道具の準備をする暇など無く、午後からの計画は早々と潰えました。

越前海岸パトロール

午前中の会合は無事終わり、帰途につきます。
釣りの道具は何も持ってきていませんが、午後は特に急ぐこともないので越前海岸沿いの一般道をゆっくり走りつつ、パトロールすることにします。

まずは、福井(坂井?)の超巨大な港。
minato1.jpg
港内にプレジャーボートやゴムボート(?)が3隻ほど浮かんでいます。
大アジ狙いでしょうか?

ところで、港の中でアンカリングして釣りをするのは、港則法上絶対駄目というわけではないが、かなり微妙な行為のようです。
大型船が航行する航路内ではもちろんNGですが、航路外でも大型船(雑種船以外の船舶)の進路を妨げてはならない、と言うことなので船が近づいてきたらすぐに移動しなけらばなりませんので要注意です。

それと、この港以前陸っぱりメインの頃、何度が来たことはありますが、結局釣りをしたことがありません。
と言うのも、新聞や釣具店の釣果情報に出てくるポイント(「北○」「砂○○」「パイプ○○○」等)に入ろうとすると、必ず何カ所か「関係者以外立入禁止」「危険」といった看板を無視して進まなければなりません。新聞等に掲載されているのは港湾関係者による、港湾関係者向けの釣果情報ということでしょうか。とにかくこの港は、私には理解不能なことばかりです。

越前海岸を南下しつつ、海岸の状況を確認していきます。
gravil1.jpg

砂利浜は波で洗われた為なのか、波打ち際がすごい傾斜でボートは出しにくそうです。
sand1.jpg
砂浜にはすごい量の漂着ゴミです。
Marine Litter1.jpg

もうすぐ、地元の方が中心となって片付けが行われると思います。
私も、とあるポイントでは年に何度か清掃作業に参加しておりますが、その他の場所でも日程さえ合えば清掃等、お手伝いができればと考えております。

越前ガニ感謝祭

越前漁港近くのコンビニで遅めの昼食をすませ、さらに南下します。
すると、昨年末カニを買いに行った朝市の会場となっていた道の駅でなにやらイベントをやってます。

「越前ガニ感謝際」だそうです。蟹の漁期もあとわずかと言うことで、蟹やお客様に感謝するイベントだそうです。

二日目の終盤近くということで、売れ残った魚等はかなり安くなっています。

蟹が買って欲しそうにしているので、自宅にお伺いをたててみます。

oukagai1.jpg

買いました。浜茹でではなく、まだ生きているヤツを2杯。
1万円也(結構立派なサイズだったので、かなり安かったのではと思いますが・・・)。
おまけでカレイとハタハタの干物も付けてくれました。

その後、敦賀までの海岸線も、パトロールしながらゆっくり帰りたかったのですが、先ほどの感謝祭の影響か交通量がかなり多いです。
ちょっと寄り道すると、なかなか本線に戻れません。しかたなく、あきらめてまっすぐ帰りました。

とれとれ、ぴちぴち、カニ料理

折角、生のカニを買ったので、普通に茹でるのもどうかと思い、検討の結果、まずはこれ。

太めの足を、お刺身でいただきます。
kanisasi1.jpg
殻をキッチンバサミで切り開いて、身を取り出し10分ほど水にさらすと花が開いたようになります。
ねっとりとして甘く、とても美味しゅうございました。少ししゃぶしゃぶすると、更に美味しいかも・・・。

残りの身は蒸し蟹にしてみました。
mushigani1.jpg

茹でるよりも甘味やうま味は濃厚な気がしますが、塩気が不足気味かなということで、蟹酢でいただきました。
(蟹酢  酢:醤油:だし汁 = 2:1:1 + おろし生姜少々 )

蟹味噌を9割方食べ終わったところで、甲羅酒を。
kourasake1.jpg

絶品です。たまりません。

越前ガニ感謝際に、感謝感謝です。
ご馳走様でした。


タグ:魚料理

↓参考になるブログがいっぱいありますョ↓

posted by たぬきち at 12:58 | 福井 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 魚料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする