2015年06月23日

6月の魚料理 その4

先週末、土曜日は十分出航可能な気象条件でしたが、2週間前に続き釣行自粛です。

梅雨で条件の良い日が少ないこと、また海水浴シーズン直前で準備作業の邪魔になる場所もあること、等で多くの人が一箇所に集中しやすいシーズンです。限りある資源、みんなで分かち合えるようにしたいものです。

6月20(土)の夕食

ビワマスの塩焼き
masu_yaki1.jpg

冷凍保存中の中から、30cm程の小型2本を3等分して頂きました。
どう料理しても、絶品です。

ビワマスも、そろそろ補充せねば・・・・・

水耕栽培

それと、少し前から検討中だった、別のプロジェクトのスタートが、延び延びになっていたので、この機会に準備を進めました。

野菜の水耕栽培です。

本来、夏野菜は3〜4月頃種まき、5〜6月頃植え付け、7〜8月頃収穫というのが一般的なので、少々出遅れた感じです。
まあ、4〜5月は釣りのハイシーズンなので、準備をする時間がとれ無かったのは、致し方ないところですが。

種まきはどう考えても間に合わないので、近所のホームセンターで野菜の苗を物色します。

シシトウやオクラが丁度シーズンのようです。
少し育ちすぎてはいるもののキューリやトマトもあります。

そして本命の、あれもありました。青じそです。

釣った魚を刺身にする際、是非とも添えたい大葉ですが、買うと結構な値段です。
それに、1〜2枚でよいのに最低でも10枚程度は買わねばならず不経済です。

そこで、自宅での栽培を検討していたのですが、ただプランターで栽培してもおもしろくない。
ということで、いろいろ調べていると液体肥料を用いた水耕栽培にたどり着きました。

うまくやると、通常の土での栽培より収量が期待できるようです。
また、栽培装置の自作の楽しみもあります。

ということで、いろいろ情報収集し、循環式水耕栽培装置を製作し、手始めに青じそとバジルを定植しました。
saibai1.jpg

ホントは葉物野菜程度だと、それほど水(液肥)を消費しないので、ペットボトル等もっと簡便なものでも大丈夫のようですが、ついつい製作意欲に駆られてやってしまいました。

ボートの艤装によく使うプラスチックコンテナや、以前金魚の水槽に使っていたポンプを利用して、いきなり結構本格的なものを作ってしまいました。これなら、キュウリやトマトでも栽培できそうです。

この後、うまく育つかどうかわかりませんので、今回はここまでにしておきます。

うまくいったら、装置や栽培方法等アップしたいと思います(テーマが全然違うので、別のブログを立ち上げますか?)。

このように別の趣味を持てば、毎週毎週「釣り行きたい」病の発作に悩まされることも無く、心穏やかに過ごせるのではと期待しています。




今週末は、土日とも仕事の予定が入っていて、残念ながら釣りはお休みです。

代休でも取って平日釣行を・・・・・、などと企んでおります。


↓参考になるブログがいっぱいありますョ↓

posted by たぬきち at 12:28 | 福井 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 魚料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月18日

6月の魚料理 その3

6月13日(土)ー釣行当日ー の夕食

アジのお造り
aji_tsukuri1.jpg

アジの白子ポン酢(写真なし)

6月14日の夕食

お造り3点盛り(チダイ、アジ、ハマチ)
20150614_tsukuri3ten.jpg

刺身で頂くのなら、大きなマダイよりは、小さなチダイの方が美味しいように感じます。

ツマの赤い海藻は「おご」。いただき物ですが、壱岐の名産品だそうです。
ogo1.jpg
こりこりとした、食感が特徴的です。

ガシラの姿揚げ
20150614gashira1.jpg
低温でじっくり揚げた後、二度揚げし、骨までさくさく頂きました。

毎度おなじみの、胃袋と心臓の湯引き。
20150614_ibukuro.jpg

アジのナメロウ
20150614_aji_namero.jpg
やっぱり、アジで作ると格別です。
今回は半量だけ細かく叩き、残りは魚の食感を残してみました。

6月15日の夕食

ウマヅラハギの薄造り
umazura_sa1.jpg
肝醤油とポン酢でいただきました。

チダイとウマヅラハギの魚卵煮付け
gyoran1.jpg

チダイの塩焼き
chidai_yaki1.jpg

チダイとウマヅラハギのあら汁(赤だし)
chidai_arajiru1.jpg

赤味噌は他にはあまり使わないので、液タイプを使用しています。

一日おいて6月17日の夕食

ハマチの竜田揚げ
hamachi_tatsuta1.jpg
柔らかくジューシーで、美味しゅうございました。

ハマチの兜塩焼き
hamachi_atama1.jpg

ハマチの刺身
hamachi_sashi2.jpg

ちなみに、刺身醤油は釣行先方面の道の駅で買った、「フクさしみしょうゆ越前若狭」ブログタイトルに合わせた訳ではありません。

sashimi_shouyu1.jpg

アジのあら汁
aji_arajiru1.jpg

ご馳走様でした。

さぁ今回も完食の目処が立ったので、週末は補充計画を立てねば・・・・

海か? 川か? 池(湖)か?

続きを読む

↓参考になるブログがいっぱいありますョ↓

posted by たぬきち at 12:40 | 福井 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 魚料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月14日

6月釣行 その1

6月13日(土)
5:30〜14:30

作戦計画&迷走

今回の狙いは、今が旬、食べて美味しいアジ。
朝、アジを数匹サクッと釣って、その後マダイ、ナブラが湧けばトップハマチという作戦です。

数釣りよりも大物が狙える場所を検討しました。
当初は海水浴場からの出港を考えていましたが、現地に行ってみると、シーズン直前で整地のための重機が搬入されています。邪魔になってはいけないので、大移動。何カ所か探索しますが、大きな海水浴場は海の家の建設工事が始まっています。

結局、出港場所に到着したのは、明るくなり始めた4時過ぎ。いつものように、ゆっくり準備をして、すっかり日が昇った5:30出港です。

ステージ1 vs アジ

予定していた出港場所ではなかったため、ポイントがよく分かりませんが、浅場の岩礁帯を目指します。

途中、全層真っ赤な魚探反応を見付け、ジグを落としますが、釣れたのはゼリー状の物体。クラゲのかけら???

目指すポイントに到着すると、なにやら魚が跳ねています。
慌ててタックルを準備し、前回調子の良かったスキッピングペンシルをキャスト!

ジャバッと言う音と共に何かが食ってきますが、乗らず。

もう一度キャストすると、今度はしっかりヒット。

しかし、後5m程のところでフックオフ、黄色い尻尾の青魚が反転して逃げていきます。ツバス?ハマチ?

残念ながら、ボイルは沈んでしまいました。

気を取り直して、アジ狙いのサビキを落とします。

魚探には反応が出ているものの、当たってきません。

サビキのロッドを置き竿にして、次なる展開に備えてジギングやタイラバの準備をしていると、サビキにアタリが。
竿先が海面に突き刺さっています。

本命のアジを感じさせる、小気味良い引きを感じつつ、巻き上げます。
中層付近まで巻き上げたとき、コンコンコン!コンコンコン!コンコンプツン!!という嫌な感触。
痛恨のバラシです。アジだとしたら口切れでしょうか?

気を取り直して仕掛けを投入します。また、何故か置き竿にしたらアタリが来ます。
全く同じ展開で、またまたバラシ。

このポイントに、魚がいることは分かったので、水深は30m程ありますが、アンカリングして本格的にサビキ開始です。

アジの口切れに備え、ドラグをゆるゆるに設定し直します。

すぐに結果が出ました。今度は途中でばれることもなく、上がってきました。


本命のアジ!? ???



chidai1.jpg
チャリコ(マダイ)ではなく、チダイでした。

魚種は少し違うけど、まあいいか。

「さあ気合いを入れて釣るぞ!」 と竿を握ると駄目です。
「やーめた!」と、置き竿にすると、忘れた頃にヒット。

同じ様な引きで
chidai2.jpg
少しサイズアップのチダイ。

今度は、仕掛けを落として、いきなり置き竿に。

と、ボートの正面10m程のところで、魚が数匹跳ねました。

ここぞとばかりに、準備してあったロッドを握り、スキッピングをキャスト!

するとここで、サビキの方に何かがヒット!!竿先が海面に突き刺さる大きなアタリです。

続いて、キャスティングの方にもヒット!!!

こんな時は慌てず騒がず、とりあえず、キャスティングの方を先に取り込みます。
hamachi1.jpg

ハマチでしたが、ルアーを外したら、そこらに転がしておいて、サビキの方も取り込みます。

幸いまだ、魚はいるようです。しかも、結構大きそう。


ひき方も、先ほどまでのチダイとは少し違うような。



水中に見えてきた魚影は、



こちらもハマチかと、見まごうような、40cmオーバーの巨大なアジです。




慎重にタモ入れして無事キャッチ!!

ooaji1.jpg

やりました。ミッションコンプリート!!

ゆるゆるドラグで少し放置して走らせて、疲れさせたのが良かったのか、口ギレもせず何とか捕ることができました。
その変わり、せっかくのヒットサビキがぐちゃぐちゃです。



仕掛けを交換して、再度投入。
迷わず置き竿にして、魚を処理していると、続けてヒットです。

結構な重量感はあるのですが、何かが違います。


上がってきたのは、少し平べったいけど、赤くはない、

umazura1.jpg
ウマヅラハギでした。

この後、しばらくサビキを続けますが、日が高くなるにつれて、魚のサイズが小さくなった行きます。

gashira1.jpg
ガシラ小。

ベラ(写真無し)

スズメダイ
suzumedai1.jpg

ということで、アジ狙いのサビキは終了としました。

ステージ2 vs マダイ?

次は、マダイ狙いといきたいところですが、ポイントがよく分かりません。
沖の岩礁帯で、根魚でも狙いつつ、間違って真鯛でも釣れないかと思って移動します。

一流し目、信頼のインチク投入です。

何度か底を取っていると、強いアタリが。
でも、それは最初の内だけで、後は重量感はあるものの、ドラグを出すこともなく上がってきます。



狙い通りの根魚、マハタです。
mahata1.jpg

その後、アタリが遠のいたので、禁断のジギングサビキ投入です。

すると、すぐに結果は出ました。
gashiras2.jpg
ガシラ連発です。
但し、小さいものも釣れてしまい、水深が結構あるのでダメージが大きくリリースできません。
仕方なくキープです。かわいそうなことをしてしまいました。

ということで、サビキは打ち切り。

ステージ3 再びアジ?

そろそろ、出港地を目指し、戻ります。
途中、何度か魚が跳ねるのを目撃しますが、射程外でヒットには至りません。

最後に、出港地近くの水深20m弱のポイントにアンカリングして、悪あがき。
アジの追加を狙います。

1時間以上やりましたが、釣れたのは1匹だけ。
houbou1.jpg
小さなホウボウです。

少し、風も出てきたので、ここで納竿としました。

本日の釣果

チダイ 25、27cm
ハマチ 47cm
マアジ 45cm
ウマヅラハギ 30cm
マハタ 32cm
ガシラ 20、25、28cm
ガシラ小 リリース
ホウボウ 25cmリリース
ベラ、スズメダイ少々 リリース

20150613shugo.jpg
アジは嬉しいけど、1匹だけ。
他に大物は釣れず、微妙な釣果に終わりました。

食材としては、バランスも良く、量的にも丁度ほどよい、家族に喜ばれる釣行でした。

ヒットルアー 仕掛け

サイズはいずれも9号。船用の仕掛けは、ゴムボートには長すぎて取り回しが悪いので、堤防用仕掛けの最大サイズを使用しています。


前回同様、トップのハマチはこれです。

根魚、青物そしてマダイにも抜群の実績です。

早速、巨アジを半身いただきました。最高!!
aji_tsukuri1.jpg

味がよいから鰺とはよく言ったものです。ご馳走様でした。


↓参考になるブログがいっぱいありますョ↓

posted by たぬきち at 12:24 | 福井 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ボート釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする