2015年10月30日

残念!!ビワマス不承認

承認審査結果

今日帰宅すると、郵便受けに入っていました。

20151029封筒.jpg

見覚えのある茶封筒に、見覚えのある筆跡。
そうビワマス引き縄釣りの承認審査結果が届きました。

祈るような気持ちで、封をきりました。

結果は・・・・・
20151029不承認.jpg


残念!!

「不承認」でした。

ここ数年の経緯

ここ数年、夏場の海水浴シーズン等を中心に、海でボートを出せない日に、楽しませてもらっていたビワマス釣りです。

以前は届け出さえすれば、もれなく釣りを楽しめたのですが、資源保護の目的で、先々シーズンから承認制が導入されました。

これまでの2シーズンですが、初年度はそれ程競争率も高くなかったので、無事承認を受けることができました。

2年目も無事承認を受けられましたが、承認枠470人に対して703名もの申請があったとのことです。

たまたま承認を受けられましたが、倍率以上に非常にラッキーだったようです。

というのも、シーズン当初近所の釣具店でドジャーやスプーン等ビワマス関連グッズを補充しに行った際、以下のようなことがあったからです。

店員さん「お客さん、ビワマスの承認取れたんですか?」

たぬきち「えー、まぁ」

店員さん「へー良かったですね。何通ぐらい申請したんですか?」

たぬきち「何通って? 1通に決まってますやん!」

店員さん「1通で当たるなんて、ラッキーですよ。3通出して全部外れた人もいるし、5通出して2件当たった人もいますよー」

たぬきち「・・・・・・・??」

競争倍率が突然アップした要因は、こんなところにあったようです。

そして迎えた3年目のシーズンは、承認審査手続きを含めレギュレーションが大幅に変更されました。

詳細は下記、滋賀県ウェブページを参照ください。


承認証への顔写真貼付による本人の特定、他人名義での申請や証旗の貸借に対する罰則等により、昨シーズンのような不正な申請がなくなり、競争率も初年度並みに戻るのではと期待していました。

ところが、申請数は昨シーズンをも大幅に上回る861件あったとのことです。

これが不正によるものなどではなく、純粋にビワマスを釣ってみたいという人、すなわち同じ趣味をもつ仲間が増えたとすると、喜ばしいことだと思います。

これからのこと

残念ながら来シーズンは、マイボートでのビワマス釣りはできません。厳密には引き縄釣りでなければOKなので、キャスティングやジギングはできるはずですが、「李下に冠を正さず」です。

ガイド船にでも乗って、ポイントや釣り方を勉強する、良い機会と考えることにします。

ちなみに、今シーズンの釣果報告は以下の通りです。
2015ビワマス採捕報告.jpg

出船はわずか4回です。昨シーズンが6回、その前が5回です。

そして、年間30本も取れれば、大満足です。

それに対して、今の承認制は禁漁の2か月間を除き、年間最大300回の釣行が可能で、採捕数は無制限です。

多くの釣り人は、そこまでの権利はいらないと思います。

一人でも多くの釣り人が、自分と家族が食べる分だけ採捕できるような、そんな制度に変わってゆけばと思います。




↓参考になるブログがいっぱいありますョ↓

posted by たぬきち at 00:13 | 福井 ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | 琵琶湖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月28日

10月の魚料理 その3

10月25日の夕食から

アオハタの煮付け
20151025アオハタ煮付け.jpg
根魚は、どうやっても美味しいですが、自分的には煮物が一番の気がします。

エソの薩摩揚げ
20151025エソ薩摩揚げ.jpg
具材は、タマネギ、生姜、ひじき、枝豆、椎茸・・・・。
冷蔵庫の中の野菜総ざらえ。

そこそこ、美味しかったんですが、まだ少し食感の滑らかさが不足気味です。

フードプロセッサですり身にしましたが、最後はすり鉢で仕上げないと駄目だったのかも。

次回以降も、エソをキープし研究を重ねたいと思います。


内臓系は湯引きで。
20151025胃袋と皮ポン.jpg
各種胃袋とエソの皮で、湯引きポン酢。


10月16日(月)の夕食から

レンコダイの昆布〆
20151026レンコダイ昆布〆.jpg

レンコダイのささ漬け(酢〆)
20151026レンコダイ笹漬け.jpg

小浜名物小鯛の笹漬けもどきです。

いくら小物のレンコダイとはいえ、笹漬けにするには少々大きいので、少し酸味が不足気味でした。
もう少し、小さく切って漬け込むべし。

我が家の野菜達

LED照明システムの運転時間を変更してみました。

今まで、太陽光よりも照度が低い分、長時間照射する意味で、24時間点灯していましたが、成長の思わしくないものがあったので、試しに夜間消灯するようにしました。

結果、良く育つようになった気がします。

今まで、元気の無かった菊菜(春菊)
20151025菊菜.jpg
何か葉の形が変? まぁ取りあえず良く伸びています。伸びすぎてLED照明に到達しそうです。

なかなか、発芽しなかったイタリアンパセリもちょこちょこ芽が出ています。
20151025ミツバ_パセリ.jpg

サラダミックスとわさびリーフは、既に2回ほど収穫しました。
20151025サラダミックス_わさびリーフ.jpg

サニーレタスは相変わらず良く育っています。
20151025サニーレタス.jpg

今後は、最適な点灯時間を検討し、最も成長し、しかも電気代もかからないポイントを見つけたいと思います。

その他の野菜達も変わらず順調です。

ジャガイモ
20151025ジャガイモ.jpg
生姜
20151025生姜.jpg
20151025苺.jpg




さて、今週は冬型の気圧配置の日が多く、ちょっと寒くなってきましたが,野菜達は大丈夫でしょうか?




それより、週末の海況の方が気になります。



↓参考になるブログがいっぱいありますョ↓

posted by たぬきち at 12:45 | 福井 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 魚料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月25日

10月釣行 その2

10月24日(土)
6:30−15:00

この週末は、冬型の気圧配置の予報です。
ボート出航は厳しいかと心配しておりましたが、土曜日は何とかなりそう。

ということで行ってきました。

ラウンド1 vs 根

アオリイカは最近厳しいとの情報なので、今日は朝一から沖合の根回りに向かいます。

得意のインチクで、底付近の根魚を狙います。

しかし、今日は根掛かりに悩まされます。

底を取った後ちょっとでも、もたもたしていると、すぐに引っかかります。

アタリか根掛かりかを即座に判断して、アワせるか外しに行くか決めないといけません。

開始2時間でインチク2個ロスト、全く釣りになりません。



そこで、きつい根から少し外れた砂泥地に移動します。

ジギング、タイラバ、インチクとしばらくやっていると、近くでジグをしゃくっていたボートで何か釣れた様子。

残念ながら、エソだったようで、リリースしています。

ここまで、何も釣れていないので、エソとはいえ魚っ気のあるチャンスに、またまた得意のインチクを投入しました。

すると着底後の巻き上げで、何かがヒットです。

周囲の状況と手ごたえから、どうもエソの予感。







そして上がってきたのは、予想通りエソ。

20151024エソ1.jpg

続いてヒット。エソ大
20151024エソ2.jpg


さらに、エソ小
20151024エソ3.jpg


一部始終を動画でどうぞ。



このまま続けてもエソばかりなので、この場所に見切りをつけます。

ラウンド2 vs 青物

移動したのは、さらに沖のポイント。

しばらくは、全くつれない時間が過ぎてゆきます。

1時間程経過、突然魚探に青物らしき反応が出ます。

さらに、至近距離で小規模のボイルまで発生です。

チャンスとばかり、キャスティングを繰り返しますが、不発です。

その後も、時々こんな魚探反応がでます。
20151024青物魚探反応 .jpg

そのたび、ジギングやインチクサビキも試しますが、結局何も釣れません。

今日の青物には、相手にしてもらえませんでした。

ラウンド3 vs 鯛族

もうすぐお昼ですが、ここまでキープ無しです。

今度は朝エソが釣れたポイントと、水深や底質の似た地形に移動します。



そして諦め半分で、昼食のおにぎりをほおばりながら、スローピッチでしゃくっていると、結構上の方で何かがヒットです。

今度は、エソとは違い竿を叩きます。ただ、それほど大きな魚ではない様子です。









上がってきたのは、レギュラーサイズのレンコダイでした。
20151024レンコ1.jpg

ここから、怒涛のレンコダイラッシュです。

20151024レンコ2.jpg

次はかなりの大物か? 
ちょっとだけサイズアップのスレがガリでした。
20151024レンコ3.jpg
最後はサイズダウンです。
20151024レンコ4.jpg

なんと、わずか15分ほどの間にレンコダイばかり4枚。

2枚目以降のヒットシーンを動画でどうぞ。


欲を言えば、違う種類の鯛族が、混じってくれると良かったのですが・・・・・。

20151024レンコダイ.jpg

その後、潮どまりとともに時合い終了は終了しました。


ラウンド4 vs アオリイカ

午後からは、風が少々出る予報です。

遠く沖合の海面の色が黒っぽくなって、波立っているのが見えます。

早めに出港地近くに戻って、波、風が穏やかな間、アオリイカの調査でもしようかと思います。

途中、水深40m前後の駆け上がりで、ジグを落とすと、何かがヒットです。


30cm弱のアオハタです。ありがたくキープさせてもらいました。


20151024アオハタ.jpg

その後またしても、連続ヒットです。








エソが。
20151024エソ4.jpg

2本リリース後、50cm程の良型が釣れたので、思い切って1本キープさせてもらいました。

このサイズなら、蒲鉾1本分取れそう。それとも、さつま揚げ?

いつもはエソやベラ等は、サイズやダメージの度合いによらず、リリースしてしまいます。

本来は他の魚種同様の基準でリリース/キープの判断をすべきだと、反省しつつ、ありがたくキープです。





アオリイカは水深10〜30mを、2時間程探しましたが・・・・・。

どこにいるのでしょうか?


本日の釣果

レンコダイ 25〜35cm 4枚
アオハタ  28cm
エソ 52cm
エソ リリース 多数

20151024集合写真.jpg

海況は上々だったかと思いますが、たいへん厳しい結果となりました。

本日のヒットルアー

前半のエソは


レンコダイはこれ
カラーはオールシルバー、100g。

アオハタ、後半のエソは、


尚、今回からニューアイテムを導入しました。
スローピッチ用のロッド、ちょっと小物でしたがレンコダイ4枚で入魂です。

実は前回、根掛かりを外そうとして、誤って折ってしまいました。
ジャイアントキリング3分割.jpg
愛用のロッドが3分割に・・・。

痛すぎてブログに書く気にもなれなかったのですが、折れたものは仕方がありません。

このチャンスに、評判の良いロッドを調査しメタルウィッチに決めました。

はてさて、うまく使いこなせるでしょうか?




↓参考になるブログがいっぱいありますョ↓

posted by たぬきち at 17:43 | 福井 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | ボート釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする