2016年07月29日

7月の魚料理 その3

7月23日(土)の夕食から

真鯛と蛸のカルパッチョ
20160723真鯛と蛸のカルパッチョ.jpg

バジルソースで。

7月24日(日)の夕食から

ガシラ(ウッカリカサゴ)のアクアパッツァ
20160724ガシラアクアパッツァ.jpg

アオハタのアクアパッツァ
20160724アオハタアクアパッツァ.jpg



7月25日(月)の夕食から

真鯛のムニエル 粒マスタード風味のマヨソースかけ
20160725真鯛ムニエル.jpg

適当に色々ハーブをトッピングして


7月26日(火)の夕食から

20160726獅子唐炒め煮.jpg

あら? これは魚料理ではなかったですね。

7月29日(金)の夕食から

サゴシの幽庵焼き
20160729サゴシ幽庵焼き.jpg

このサイズのサゴシ(サワラ?)は、やはりひと味違います。



さて、明日は新しいエンジンを引き取りに行く予定です(わくわく)。

「究極の軽さ」の実態やいかに。

残念ながら、午後からはちょっした仕事が入っており、試運転は明後日以降になりそうです。



↓参考になるブログがいっぱいありますョ↓

posted by たぬきち at 21:24 | 福井 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 魚料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月26日

ボートエンジン更新の検討

ボートエンジンの故障状況

前回の釣行で故障したエンジンですが、詳細な原因は不明ですが、排気系統へのオイル漏れとそれによるエンジンの軽い焼け付きが発生していたようです。

前記事で再起不能と書きましたが、実際修理できないことはありません。

ピストンなり、シリンダーなり損傷のある部品を交換すれば、おそらく復旧は可能です。

但し、修理費が数万円〜十数万円かかる可能性があるため、安価な小型エンジンの場合、買い換えた方が得策と言う結論です。

これが、もっと大きなエンジンで、数十万円以上の価格のものなら、迷わず修理するところです。


6馬力エンジンですと、定価ベースで15万円程度なので、修理に大金をつぎ込むのは難しいと言うことです。





と言うことで、早速現状のトーハツ6馬力の見積もりをとって、財布と相談です。

ちょうどうまいタイミングで、少ないながらも夏のボーナスが出たところなので、何とかなりそうな懐具合です。



代替エンジンの比較検討

2年あまり前に検討したばかりなので、あらためて再考する必要も無いのですが、念のため再調査してみました。

まず、地元琵琶湖での使用もあり得るので、琵琶湖ルールで認められている4ストローク限定です。


今回は、既にゴムボートがオレンジペコに決まっているので、最大出力は6馬力です。

オーバーパワーで、船舶検査を受け直す方法も、考えられなくはないですが、8馬力だとエンジン重量も許容値を超えるため、安全面を考慮するとあり得ない選択です。


と言うことで、各社4ストローク6馬力エンジンの中から選択することにします。

前回は、その中から最軽量で、ネット等でのレビューも良好なトーハツ製を選択しました。




同様の結果かなと思いつつ、調査してみるとちょうどスズキから6馬力船外機が新発売されていました。

しかも、そのキャッチコピーが「究極の軽さ」です。

以下、各社4ストローク6馬力エンジン(トランサムS)の比較表です。

6馬力エンジン比較.jpg

現状のトーハツ25.6kgに対して24kgで、「究極」という言葉が当たるかどうかは別として、非常に魅力的です。

また、「クラス最高性能のオイルフィルターを採用し、潤滑システムの信頼性を大幅に高めた」とのことなので、潤滑系統で痛い目にあった者としては、かなり惹かれてしまいます。

燃料タンクが内蔵1Lなので、船上での給油が必要となり、少々面倒かなと思いました。
これは、外部タンクも接続可能な構造なので、全く問題ありません。
エンジン接続部のソケットのみ購入すれば、現状トーハツ用に使用しているタンクが接続できるようになります。

操作面では、ハンドルがやや短いようですが、どのみちエクステンションバーを取り付けるので問題無いでしょう。


ただ、発売間もないため、ユーザーの評価情報が全く無いので、その点判断材料不足です。
新製品なので、致し方ありません。


スズキ製DF6A購入決定

と言うことで、スズキ製DF6Aが、一躍最有力候補となりました。

価格的にはどうでしょうか?

ネット通販の状況を見てみますと

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

【トーハツ】4ストローク船外機 6馬力 トランサムS MFS6CSS
価格:129470円(税込、送料別) (2016/7/26時点)




商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

SUZUKI(スズキ)船外機 6馬力 4ストローク DF6A トランサムS
価格:146700円(税込、送料別) (2016/7/26時点)




スズキ製は、新製品と言うこともありあまり安売りしているところはなさそうです。

近所のショップの見積もりも、だいたいこんな感じで、スズキがやや割高でした。

これだと、やはりトーハツ製に決めようかと思っていました。


ただし、近所のショップは通常はスズキ製を取り扱っておらず、そのため価格も割高とのことでした。




ここでふと、後々点検整備をお願いすることも考慮すると、専門に取り扱っている販売店で買う方が良いのではと考えました。

調べてみると、自宅からは少々離れていますが、以前にホンダ2馬力エンジンの点検等で、お世話になったことのある販売店で取り扱っているようです。

見積もりをとってみると・・・・・・、詳細は伏せますが、十分許容範囲の金額です。



と言うことで、スズキ製DF6Aの購入を決定しました。


船舶検査等の手続きは?

日本小型船舶検査機構JCIのホームぺージを確認すると、以下の条件を全て満たす場合は検査は不要です。
 1)出力が船舶検査手帳に記載されている出力の範囲に該当する
 2)質量が船舶検査手帳に記載されている質量の範囲に該当する
 3)予備検査または検定の合格月から3年6月を超えない期間において使用される

船舶検査手帳を確認すると・・・・

船舶検査手帳 機関.jpg

出力の範囲とか質量の範囲とか何処に記載されている???

あ、ありました。

船舶検査手帳 船舶情報.jpg

1)出力の範囲 2.5〜6.0馬力 → OK
2)質量の範囲 35.0kg以下  → OK
3)予備検査又は検定合格から3年6ヶ月 → OK

臨時検査は不要のようです。


それと新しすぎて、琵琶湖ルールに適合するエンジンのリストに、まだ掲載されていません。

最新の4ストロークエンジンなので問題無いとは思いますが・・・。

県の担当部署に問い合わせたところ、通常の申請書類+エンジンのパンフレットを添付して、変更届を実施してくださいとのこと。

適合性については、メーカーに直接確認してくれるそうです。



以上のとおり、特に大きな問題はなさそうなので、発注してしまいました。

今週末には入荷する予定です。



今度は、もっと長く使えるよう大切にしたいと思います。

今までも、とても大切に扱ってきたつもりだったのですが・・・・・。


↓参考になるブログがいっぱいありますョ↓

posted by たぬきち at 17:55 | 福井 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | ボート・艤装 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月23日

7月の魚料理 その2

先日の釣果を少しずつ、頂きます。
20160718集合写真.jpg
さすがに、数日で平らげるには量があるので、多くは冷凍保存します。

7月18日(月)の夕食から


真鯛とサゴシのお造り(速報済み)
20160718お造り2点盛.jpg

サゴシはとろけるような脂で絶品。
真鯛も味は最高ですが、さすがにこのサイズになると、刺身では少々筋が気になる感じです。

7月19日(火)の夕食から

真鯛のお造り
20160719真鯛刺身.jpg
中央部は、胃袋と皮の湯引きです。

炙り〆サゴシ
20160719炙り〆サゴシ.jpg
サゴシは刺身も美味しいですが、酢で〆るのが好きです。

真鯛はらみの塩焼き
20160719真鯛塩焼き.jpg
大鯛のはらみは脂がのってジューシー。

7月20日(水)の夕食から

(炙らない)〆サゴシ
20160720〆サゴシ.jpg

真鯛あら炊き
20160720真鯛あら炊き.jpg

ガシラ(ウッカリカサゴ)みそ汁
20160720ガシラみそ汁.jpg


ご馳走様でした。


レンコダイは、一夜干しにして冷凍保存。熟成中です。
20160720レンコダイ一夜干し.jpg


エンジン修理について


さて、前回の釣行で故障したエンジンですが、再起不能のようです。

症状から、ピストン又はシリンダーにダメージがあると考えられ、修理には全バラシが必要。

また、費用もかなり高額になるため、新品購入の方が得策かもという診断です。

正確な修理費用を算出するには、エンジンの分解が必要で、それだけでもかなりの費用が発生してしまうとのことです。

諦めて、新品購入の方向で、検討を進めているところです。

まだ、2年余りしか使用していないのに・・・・・・。

痛すぎます。




続きを読む

↓参考になるブログがいっぱいありますョ↓

posted by たぬきち at 10:57 | 福井 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 魚料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする