2017年03月12日

3月釣行 その2  3月の海はやっぱり厳しかった 編

3月12日(日)
6:40〜14:10

あれ!? 先ほど何も書き込まずにアップしてしまったようです。
失礼しました。

あらためて、更新しました。

作戦計画

今週は、日曜日が絶好の海況です。

先週に引き続き、真鯛狙いで行ってきました。

今回は、久々にあつPさん、課長様コンビとのコラボです。

この時期、日に日に日の出の時刻が早くなります。

6時過ぎには、すっかり明るくなっています。

日の出と共に、出港と考え準備を始めましたが、例によってダラダラと時間は流れ、6:40出港です。

20170312出港.jpg


ラウンド1 vs 真鯛

朝一番から、沖合のポイントで真鯛を狙います。

一投目は得意のインチクです。

着底後一巻き目、ゴンゴンとアタリが!!

残念ながら、乗せ切れません。

でも、出だし好調です。



ところがその後、魚探反応は出るものの、全くアタリがありません。



2時間経過。

潮止まりを迎え、全く釣れる気がしなくなります。

鯛は、厳しそうなので、根魚でもと思い、ボトム中心に狙います。


しかし、タイラバに一度アタリが出ただけ。



ラウンド2 vs ヤリイカ?


全くアタリの出ない魚探反応に、鉛スッテを沈めてみます。

そんなことをしても、釣れるはずもなく、時間が経過するばかり。

時刻は11:00を過ぎ、いよいよ丸坊主の予感が・・・。



ラウンド3 vs 何でも良いのでお土産確保

背に腹は代えられません、ここでインチクにジグサビキを付けて、なりふり構わず、お土産確保を狙います。

すると、漸くボトム付近で何かがヒットします。



小さな根魚の感触です。


ダメージを与えないように、ゆっくり巻き上げます。

あがって来たのは、予想通り小さなガシラ(カサゴ)です。

20170312ガシラ小.jpg

元気そうなので、リリースさせてもらいます。


ここのポイントの魚探反応は、こんな魚ばかりでしょうか?


少し、沖合に移動します。




魚探反応はありませんが、岩礁帯の切れ目の砂泥底で、インチク+ジグサビキを沈めます。

すると、ボトム付近でアタリが出ます。



軽く合わせて、巻き上げます。

先ほどよりは、少し重量感はありますが・・・・・。


上がってきたのは、またまたガシラ(カサゴ)。

残念ながら、色々飛び出してしまったので、キープです。

20170312ガシラ.jpg

続いて、ヒット!!

今度は、根魚では無い感じです。


上がってきたのは、30cm弱のムシガレイ。

この魚に出会うのは、何年ぶりでしょうか?


そう言えば、水温の低い厳しい季節でも、釣れた記憶があります。


ならばと言うことで、ジグサビキでボトム付近をねらい打ちです。

すると、続けてヒット。

先ほどと同じ感触で、ムシガレイ。

サイズアップでしょうか?


20170312ムシガレイ12.jpg


ほぼ、同じサイズでした。



さらに、同様に狙って、もう一枚。

20170312ムシガレイ3.jpg

ちょっとサイズダウンのムシガレイです。



お土産は、これぐらいにして、最後はあつPさん達と合流して、一緒に流します。


すると、ボトム付近で何かがヒット。

こんどは、さっきよりは竿を叩く感じです。

でも、大して重量感はありません。



上がってきたのは、30cmチョットのアマダイです。

20170312アマダイ.jpg

これは、嬉しいお土産です。


その後、最後の一流しを3回ほどやって、終了としました。

本日の釣果

ガシラ 24cm
ムシガレイ 〜29cm × 3枚
アマダイ 32cm
ガシラ小 リリース

20170312集合.jpg

午前中は丸坊主で、どうなることかと思いましたが、何とかお土産は確保できました。


本日のヒットルアー

恥ずかしながら、釣れたのは全てジグサビキです。



先週の真鯛は、やはりまぐれだったようです。

3月の海は、最も厳しいことを、思い知らされました。


↓参考になるブログがいっぱいありますョ↓

posted by たぬきち at 22:02 | 福井 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | ボート釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする