2017年04月02日

4月釣(?)行 その1 四月の干潮は鍬を持って

4月1日(土)
12:00〜15:30


この週末は、そろそろ青物が回ってこないかと期待しておりました。

残念ながら、土日とも風が強く、ボート出港は無理そうです。

残念ながら、青物はおあずけです。



と言うことで、毎年恒例の潮干狩りに行っていきました。


この日の干潮時刻は15:00と遅いので、ゆっくり出発しました。

それでも、10:00過ぎに現地到着、早めの昼食をとって、しばらく待機します。

残念ながらあいにくの雨です。

予報では、朝の内に雨は上がるはずだったのですが。

20170401雨中の出撃.jpg

少し早めに、準備をととのえ砂抜き用の海水をくみに海に。

20170401潮はまだ引かず.jpg

まだ、干潮には早いようです。



しばらく待って、12:00頃に出撃します。

狙うのは、マテ貝です。

マテ貝の捕獲方法


潮の引いた、砂の表面をクワで少し削ります。

20170401堀堀.jpg

そして、マテ貝の穴があれば、塩を投入

20170401塩投入.jpg

すると、何を思ったのかマテ貝が顔を覗かせます。




20170401マテ貝登場.jpg


そこを、すかさず捕まえて・・・・。

20170401マテ貝捕獲.jpg


引き抜きます。

マテ貝も必死に踏ん張るので、なかなか抜けません。

あまり、強引に引っ張ると、身ギレするので慎重にやりとりして、キャッチ!!!


ラウンド1 vs マテ貝

まず、最初に入ったポイントで、いきなりマテ貝の穴を発見。

塩を入れると、小さなマテ貝が顔を出したので、思わずつかんでしまいました。

少し殻が割れてしまったので、キープです。


その後、クワで砂を削る毎に、ハマグリが出てきます。

但し、極小サイズで、アサリだったらギリギリキープできるかな??と言ったサイズです。

これは、リリースです。


マテ貝をポツポツと、キャッチしつつ、ハマグリをリリースする時間が2時間ほど続きます。


ラウンド2 vs 深場のポイントでマテ貝

干潮1時間前、潮が大きく引いてきたので、意を決して少し遠くの深場ポイントへ移動します。

まだ誰も入っていないポイントなので、期待が持てます。

クワを入れると、少し大粒のハマグリがゴロッと出てきました。

時々、マテ貝もキャッチしつつ、ゴロっと出てくるハマグリをキープしていきます。

どうやら、良いポイントに当たったようです。


ハマグリ以外にも、リリースサイズの極小アサリも出てきました。

あと鏡貝も。小振りなのでリリース。
20170401鏡貝リリース.jpg


本来なら干潮時刻の2時間後位までは、やれるのですが、今日は干潮が遅かったので、15:30で打ち切りました。



本日の釣(?)果

20170408本日の成果.jpg

マテ貝 41本(最大15cm)
ハマグリ 35個(最大8cm)


ハマグリ小 30個以上リリース(3cm未満)
アサリ小  3個リリース
鏡貝    1個リリース


20170401マテ貝.jpg

20170401ハマグリ&マテ貝.jpg




↓参考になるブログがいっぱいありますョ↓

posted by たぬきち at 00:16 | 福井 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 潮干狩り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする