2016年03月28日

3月釣行 その2

3月27日(日)
6:20-13:50

作成計画

この週末は、ようやく春らしい海況で、特に日曜日は広範囲のエリアで、晴天無風の予報でした。

ボート出航は決定しましたが、どこへ行こうか迷ってしまう程の、うれしい状況でした。

最終的には、青物や鯛族の期待できるポイントを選定しました。

とはいうものの、海の中は季節が1ヶ月程遅れる感じなので、まだ真冬かも知れません。

冬の海でやってみたかった、とある作戦を実行するための、最重要アイテムを入手するため、途中釣り餌屋さんに立ち寄りました。

前回は、店がお休みだったので断念しましたが、今回は夜中にもかかわらず営業中。

オキアミ生L.jpg

無事ゲット成功です。


ラウンド1 vs 青物

早めに現地入りして、仮眠をとります。

少し薄明るくなり始めてから準備を始め、すっかり明るくなった6:20出港です。

20160327出港.jpg

真冬の海を想定して準備を整えていたので、近場でヤリイカかメバルの様子でもうかがおうかと思っていると、ちょっと沖合いで鳥が騒いでいます。

ジギングの準備をしつつ急行しますが、魚探には何の反応もありません。

しばらく、ジグをしゃくってみますが、当然何事も起こりません。

何カ所かポイントを回りますが、残念ながら青物の気配は感じられませんでした。



ラウンド2 vs 何でもいい

こういう厳しい状況で、いつも助けられるのが、ジグサビキです。

早速、準備をして投入しますが、なかなか反応がありません。

しばらくやって、ふと気づきました、今日はあれがあることに。

恥も外聞もなく、ジグサビキの針に、オキアミを装着します。

投入して、砂泥地を探っていると、やっと来てくれました。

うれしい本日の1匹目は、小さめのレンコダイ。

20160327レンコダイ1.jpg



続いて、今度はジグの方に、同サイズのレンコダイです。

(写真なし)

レンコダイがいると言うことは、近くにあの魚もいるはずです。




ラウンド3 vs アマダイ

そう、オキアミの準備をしたのは、この魚を狙うためでした。

いままで、ジギングやジグサビキで、何度か「まちがって」アマダイが釣れたことはあります。

旬の冬場に、まじめに狙ったら、もっと釣れるのでは無いかと考えていました。

と言うことでこの冬は、大きめの天秤と専用の仕掛けを準備して、タックルボックスに忍ばせていました。



レンコダイの釣れた砂泥地で、アマダイ狙いの仕掛けを準備します。

ここで錘がないことに気づきましたが、代わりに100g程のジグをセットして釣り開始です。



仕掛けを沈めて、仕掛けの長さ分程底を切ってアタリを待ちます。

今日は無風べた凪で、ラインが真下に落ちています。

しかも、潮もあまり動いていない様子です。


海底の仕掛けは、おそらくダラリと下がって、餌は海底に落ちていると考えられます。

本当は、海底近くを漂わせたいのですが、これでは食ってくれません。

それと、多少風があってボートが流れてくれる方が、ポイントを広くさぐれて良いのですが、今日は全くの無風です。

エンジンでボートをゆっくり流せると良いのですが、普段こんな釣りをしないので、デッドスロー装置などというものは装備していません。


しばらくやって、ふと思いつきました。

仕掛けを落とした状態で、オールを漕いでゆっくりボートを動かす作戦です。


オールを握って一漕ぎした時、ミラクルが起こりました。

竿先を鋭く叩く、鯛族のアタリが出ました。


それ程、大きくは無いけど、先程のレンコダイよりは良さそうな引きです。






上がってきたのは、

20160327アマダイ.jpg

本命のアマダイ。サイズはちょっと小さいけど・・・・・。

お腹から何か出ているので、キープさせてもらいました。



サイズアップを目指して、しばらくエンジン流しならぬオール流しでやってみましたが、そうそうラッキーが続く訳もなく追加はなりませんでした。




ラウンド3 未練がましく二刀流で

その後、潮が動きだしたのか、仕掛けがやや斜めに入るようになりました。

オールを漕がなくて良い反面、ルアーのように動かす必要が無いので、ちょっと退屈です。

アタリがなければ、たまに底を取り直すだけなので、手持ちぶさたです。

と言うことで、アマダイの仕掛けは沈めたまま、ボートの反対側でジギングサビキをしゃくってみます。




しばらくやっていると、やたらと重い魚がかかりました。

たまに、鯛族のような引きも見せるのですが、どうも様子が違います。

重量感だけは、本日最大級ですが、たまにしか引かないので、大物根魚か?

でも、砂泥底なので、鯛族???




上がってきたのは、30cm弱のレンコダイ。

20160327レンコダイ2.jpg

口と尻尾の2箇所にに針掛かりして、すごく水の抵抗を受けていただけでした。


その後、30cmオーバーのレンコダイを追加し・・・・・

本日最大なのに、写真がありません



そろそろお昼、近場に戻ろうと、アマダイ仕掛けを巻き上げると、なんとなく重い気がします。

普段やらない天秤の仕掛けなので、錘の重さかなと思いつつ挙げてくると、





釣れてました。

20160327カナガシラ.jpg

20cm程のカナガシラ。

スマホ防水ケースが汚れて、非常にお見苦しい写真で失礼します。




その後、近場に戻って1時間程ジギングやメバルの探索もしましたが、何も得るところ無く終了となりました。




途中、数十m先で大きなものが、水しぶきを上げてはねた気がします。

イルカ?? いやイルカよりも黒くて大きい感じのもの 鯨?

しばらくカメラを構えて待機しましたが、その後現れることはありませんでした。

あまりの貧果に疲れが出て、幻を見たのかも知れません。


本日の釣果


20160327全員集合.jpg

レンコダイ 25〜31cm 4枚
アマダイ  26cm 1枚
カナガシラ 20cm位 リリース


ヒットルアー&仕掛け

ジグで釣れたのはレンコダイ1枚だけですが・・・
カラーはゴールドパープル

レンコダイ3枚 本日の稼ぎ頭

そして、アマダイはやはりアマダイ仕掛けで



終了後、片付けをしながらボーターさんと情報交換。

何でも、はるか彼方のポイントに多数の遊漁船が集結し、青物が上がっていたとのこと。

道理で近くで遊漁船を、見かけなかった訳です。

今日の海況なら、行ってみても良かったかも知れませんが、遊漁船があまりに多く、魚も擦れて厳しかったようです。

こちらの釣果を訊かれ、思わずジギングにてレンコダイ少々とお伝えしましたが、ご覧の通り殆どサビキとか餌での釣果でした。ゴメンなさい。





早速、本日最大のレンコダイを刺身でいただきました。

20160327レンコダイ刺身.jpg


1ヶ月ぶりの海は、厳しい結果に終わりましたが、春らしいおだやかな天候に恵まれました。

いよいよ、本格的なシーズンインも間近にせまり、期待がふくらむ今日この頃です。


↓参考になるブログがいっぱいありますョ↓

posted by たぬきち at 12:56 | 福井 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ボート釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/435792726
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック