4月釣(?)行 その2

作戦計画

この週末、土曜日は微風で波も穏やか、しかも大潮で絶好の釣り日和でした。

でも、釣りには先週も行ったし・・・。

またまたハマチが大漁でも、食べきれないし・・・・(余計な心配ですが)。


ということで、春の大潮といえば、アレです。


マテ貝狙いの潮干狩り!


詳細は、昨年の記事をご参照願います。



ラウンド1 vs マテ貝

干潮時刻の3時間前、少し早いですが作業開始。

ところが、全く貝の気配がありません。

生命感のない浜で、1時間ほど悪戦苦闘しました。



漸く、マテ貝の巣穴を発見しますが、出てきたのは10cm程の小物ばかり。



時刻は11時半を回っています。


今日はダメかと諦めかけたころ、時合い到来です。

20分程で、二桁の釣(?)果 です。

この時間帯、動画を撮影しました。


残念ながら、カメラのアングルが悪く、大半は肝心の場面で、明後日の方角を撮影してしまっています。


良ければ、ご覧ください。



このポイントで、そこそこ捕った後は、鉱脈のようなポイントを発見することはできず、ぽつりぽつりと追加するだけに終わりました。


本日の釣(?)果

20160409マテ貝.jpg
20160409ハマグリ&アサリ.jpg

マテ貝 36本
ハマグリ 4個
アサリ  1個
マテ貝(小)リリース 5本


今年は、例年に比べ不漁に終わりました。

たまたま、ポイントを見つけられなかったとか、前日に腕利きが沢山捕った後だったとかなら良いのですが・・・・・。



マテ貝の場合、アサリなどと違い、潮干狩り場の方で貝を用意して蒔いたりすることはないので、いなくなるとそれっきりです。

乱獲で数が減ってしまうようなことがないよう、肝に銘じたいと思います。


ある程度の数が取れた時点で、早上がりする等して、貝にも自分の足腰にも優しいやり方を心掛けたいと思います。





早速、当日の夕食に
20160409マテ貝バター醤油炒め.jpg

マテ貝は殻の中に砂がたまる構造ではないので、当日すぐにでも食べられるのが良いです。



↓参考になるブログがいっぱいありますョ↓

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック