2016年09月29日

9月の魚料理 その4

9月24日(土)の夕食から

アオリイカのゲソの唐揚げ
20160924ゲソ唐揚げ.jpg

この日はボート出航を取りやめ、翌日に延期。

早めに、準備を済ませ少し暇だったので、予定の献立に加え、冷凍庫からアオリイカのゲソを取り出し揚げてみました。


9月25日(日)の夕食から

アマダイの刺身(速報済み)
20160925アマダイ刺身.jpg
マダイなどに比べると、水分の多い魚なので、ちょっと水っぽい面はありましたが、甘み(うま味)たっぷりで味は美味しかったと思います。
一部は皮付きの炙りで。

アジのなめろう(こちらも速報済み)
20160925アジのなめろう.jpg

20cm程度と小さめで、刺身にするには無理があったので、なめろうに。

これが食べたくて、少し残業して釣りました。

このサイズを3枚におろすのは少々面倒ですが、ボートフィッシングを始める前は、堤防で釣れた10cmの魚でも、刺身にしていましたので、20cmもあれば楽勝です(笑)。

9月26日(月)の夕食から

アマダイの昆布〆
20160926アマダイ昆布〆.jpg

ほんの30分程だけですが、昆布で挟んでラップでくるんで〆めました。
うま味もまして、食感も抜群です。

味のしっかりした魚なので、あまり長時間〆めて昆布の味が移りすぎても良くないし、堅くなるのでこの位がよいのかも。


アマダイの松笠揚げ
20160926アマダイ松笠揚げ.jpg

右下が身の付いた本来の松笠揚げで、左上の小さいやつは、昆布〆で引いた皮だけを揚げたものです。

鱗が付いたまま捌くので、そこら中鱗まみれになって、イラッとしますが、香ばしくて食感も抜群です。

9月27日(火)の夕食から

アオハタの薄造り
2160927アオハタ薄造り.jpg

正直、このサイズの巨大アオハタは、お刺身には適さない感じでした。
80cmの大鯛などと同様、味はともかく筋がきつく食感が今ひとつでした。

胃袋、皮の湯引きも一緒に、紅葉おろしポン酢で頂きました。
ちなみにトッピングは自家製の分葱です。


アジの骨せんべい
20160927アジ骨せんべい.jpg

アジの中骨と頭を、低温でじっくり揚げて、軽く塩を振ってカルシウム補給。

アマダイのアラのお吸い物
20160927アマダイ アラお吸い物.jpg

これは文句なく美味い!

9月28日(水)の夕食から

アオハタの洋風蒸し物
20160928アオハタ洋風蒸し物.jpg

大きな魚は、やはり少し火を通すのが良さそうです。


アマダイのあら炊き
20160928アマダイあら炊き.jpg

アオハタのアラ汁
20160928アオハタ アラ汁.jpg



今回も無事完食です。



さて、今週は秋雨前線の影響で、ぐずついた天気が続いています。

週末も厳しい予報ですが、如何でしょうか?




↓参考になるブログがいっぱいありますョ↓

posted by たぬきち at 12:49 | 福井 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 魚料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/442354595
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック