2016年11月21日

11月釣行 その2 タイラバで鯛族3種コンプリート 編

11月20日(日)
6:40〜13:30

作戦計画

この週末の天気予報、土曜日は大荒れですが、日曜日はそこそこの海況とのこと。

例によって、あの方からLINEが。

またまた、ご一緒することになりました。

今回も、巷の青物情報を参考に作戦を練ります。

20161120皮算用.jpg

き:「ブリ狙いのセッティングで行きます!!」

た:「奴らは群れで泳いでいるので、釣れすぎたらどうしましょう?」

等と妄想しつつ、当日を迎えます。

ラウンド1 vs 青物

まずは、青物狙いでジグをしゃくります。

底から、10m位には良さそうな、魚探反応が現れ、いかにも釣れそうな雰囲気です。

時々、中層付近まで反応が広がり、すぐにでも釣れるだろうと、シャクリ続けますが全然喰ってきません。

それならばと、スローピッチやインチクも試してみますが、無視されてしまいます。


30分経過。

どうやっても、ジグには喰ってこない感じです。


ラウンド2 vs 真鯛

ここで、作戦変更です。


タイラバを落としてみます。

先ずは、タングステンの45g。


すぐに答えは、帰ってきました。

巻き上げ途中、コンコンコンと小気味よく竿を叩くアタリです。


そのまま、巻き続けていると、乗りました。


さほど重量感はありませんが、最後まで竿を叩き続けた魚は





小さいながらも、真鯛です。

20161120真鯛小1.jpg

あの、底付近の反応が、全てマダイだとすると・・・・

今日は、大爆釣に違いありません。

そんな訳無いか????




ここで、風が少々出てきたので、シーアンカーを投入します。

すると、タイラバが真下から上がってくる状態になります。

もう少し潮に乗って、斜めに巻く方が釣れる気がするので、鉛の12号45gに変更です。

ちょっと斜めに入りすぎて、底が取りにくいです。

鉛15号56gに変更、これでばっちりの筈。



すると、また結果はすぐに。

今度も、小気味よい鯛族の引きです。



上がってきたのは

20161120レンコダイ.jpg

レンコダイ



かなり流されたので、先程マダイ小が釣れた位置まで戻って流し直します。

近くに浮いておられた、あつPさん&課長様に状況確認すると、エソばかりとのこと。

タイラバで、レンコと小鯛が釣れたことをご報告して、釣り再開です。


少し風上に移動して、タイラバを落とすと、コンコンコンと小気味よいアタリ。

でも小さい・・・。


上がってきたのは、

チャリコ?

20161120チダイ.jpg

よく見るとチダイです。

何と、鯛族三目コンプリートです。

もう少し大きいと、なお良いのですが・・・




そのまま、流していると、またまたアタリ。

ちょうど先程、情報交換した付近です。

「ここも、鯛いますやん、課長様ー」と一人呟きながら巻いてくると、途中で抵抗しなくなります。


嫌な予感・・・



予感、的中しました。

20161120エソ1.jpg



続いてヒット。

先程と似た感じの感触です。

やっぱり。

20161120エソ2.jpg

課長様のおっしゃる通り、失礼しました。


ラウンド3 vs 青物

このポイントに、見切りを付けて大移動します。

小さいながらも、鯛族は釣れたので、今度は青物が欲しいところです。

遠くに、鳥が沢山飛んでいるポイントを発見し、急行します。

到着すると、鳥は上空をしばらく飛んでは、海面でひと休み状態です。


ダメ元で、キャスティングをやってみますが、予想通りダメダメでした。



しばらくすると、今度は遠くの海面が波立っているように見えます。

ナブラか? と思って急行しましたが、到着した頃には静かな海面です。

よく見ると、鳥の羽根や海藻が漂っています。

いい感じの潮目なので、もしやと思いジグを沈めますが、反応無し。

その後も、何カ所か移動して、ジグを落としますが、全く釣れる気配がありません。

今日は、青物には縁が無いようです。


ラウンド4 vs 真鯛

時刻は11:00少し前です。

気を取り直して、タイラバで朝一のポイントを流しなおします。

すぐにアタリがでるものの、ヒットには至りません。

次こそはと、巻いていると今度はヒット。

ところが、中層まで巻いたところで、フックオフ。

どうも食いが浅いようです。


ここで、秘密兵器投入「ビンビンワームトレーラー」です。

先月頃の釣りビジョンで、ビンビンナカジー氏が、大鯛連発していたのを見て思わず買ってしまいました。

タイカーリーの赤色を短くカットして、フックにセットする、釣りビジョンでやっていた通りの方法で試してみます。

20161120爆釣タイラバ.jpg
(あれ!? いつの間にかフックが片方無くなってます。)

1投目、ボトム付近でゴン!と言う強いアタリが出ます。

最初の内は、ゆるゆるドラグを滑らせ期待を持たせてくれましたが、途中で抵抗しなくなります。

どうやら鯛族ではなさそうです。

嫌な予感がしますが、せめて根魚であって欲しいと祈りつつ巻き上げます。


祈りは通じました。

上がってきたのは

20161120アオハタ.jpg

まずますのサイズのアオハタでした。


チューニングネクタイの付いた針が、口元にしっかり掛かっていました。

まねまね作戦、大成功です。



続いて連続ヒット、今度は小気味よく叩く鯛族の引きです。

残念ながら、重量感はありませんが・・・・。

20161120マダイ小2.jpg

朝一のマダイよりは、若干サイズアップでしょうか?


続いてタイラバを沈めていると、中層から下半分が真っ赤に染まるような、魚探反応が出ます。

これは、青物か?

タイラバの細仕掛けにヒットすると、厄介です。

慌てて、巻き上げていると、中層でヒットです。

てっきり青物だと思い、ドラグを締め気味にして、やや強引に巻き上げます。





ちょっと苦労しましたが、無事キャッチ成功。

魚種は?

20161120マダイ中.jpg

40cmオーバーの良型マダイです。

これも、チューニングネクタイの付いたフックに掛かっています。


その後も、アタリは頻発しますが、なかなかヒットには至りません。

そういえば、先程のファイトでドラグを締めたままでした。

マダイが、タイラバのネクタイを噛んだとき、ドラグがきついと違和感を感じて離してしまうのかも知れません。

ドラグを、ゆるゆるにして再開です。


ポイントからだいぶ外れてきたので、そろそろ流し直そうかと思っていたときです。

底から2巻きほどのところで、ヒットです。

引きは、紛れもなく鯛族で、時々ドラグを滑らせるので、まずまずのサイズのようです。


と、ここでアクションカムの電池切れです。

ファイト中に電池交換などしていて、バラしては元も子もないので、そのままファイトを継続します。




上がってきたのは

20161120マダイ大.jpg

本日最大 60cmのマダイでした。

動画撮影できなかったのが残念でしたが、うれしい一枚です。

20161120マダイ大2.jpg


前回出港時から、僅かでも軽量化ということで、以前乗っていたボートの座板を使用しています。

座板としての機能は問題無いのですが、貼り付けたメジャーが徐々に、ボロボロに剥がれてきました。

これ以上小さい魚だと、測定不能になるところでした(笑)。




あつPさん達に「真鯛、確変中!」のLINEを送付して、もう一度同じラインを流しなおします。

ところが、潮止まりをむかえたせいか、その後はショートバイトばかりです。

時々アタリがあるので、やめるにやめられず、1時間以上粘りましたが、その後は何事も起こりませんでした。


本日の釣果

20161120集合.jpg

マダイ    35〜60cm 4枚
レンコダイ  31cm
チダイ    29cm
アオハタ   34cm

本日のヒットルアー

ネクタイはオリジナルのピンク系


これも、ネクタイはオリジナルのピンク+赤系

そして、本日のMVPです。

釣行当日、早速大鯛を鍋に。
20161120鯛鍋.jpg
今回はタイしゃぶではなく、鯛ちりで頂きました。

脂ノリノリの腹身が絶品でした。










↓参考になるブログがいっぱいありますョ↓

posted by たぬきち at 23:06 | 福井 ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | ボート釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
場所は違えど同じ日に見事すぎる釣果ですね。
こちらはタイラバしても全く無反応でしたので、もうタイラバは断念と思っていた時に、たぬきちさんの記事見てガクッとなりました(笑)
たぬきちさんは何時頃までボート釣りをされるのですか?
Posted by らくだ at 2016年11月22日 00:16
らくださん

本当はジギングで青物を狙う計画だったので、釣果は結果オーライです。

冬の日本海は荒れる日が多いですが、希に凪の日もあります。
それが、うまく休日に当たることは、更に希少ですがゼロではありません。

なので、いつ頃までと言うことではなく、真冬でも条件が良ければ出ますし、逆にベストシーズンでも海況が悪ければ、自重します。

青物やシーバス等、真冬でも釣れる魚は、それなりにいます。海中の季節は、地上より1ヶ月以上遅れていると思うので、かえって春先の3月頃のほうが厳しい気がします。
Posted by たぬきち at 2016年11月22日 12:42
たぬきちさんは冬でも攻めるんですね。
私は冬の釣りの経験がなく11月いっぱいでオフにする予定でしたが、たぬきちさんのコメント見る限り冬の釣りも望みが持てそうです。
モチベーション下がらなかったら冬の日本海に挑んでみるかもです。
しかし、ポイントの厳選やテクニックは重要なんでしょうね。
青物やシーバスいいですが、結局小物を狙っていそう(笑)
Posted by らくだ at 2016年11月22日 21:31
らくださん

冬も出ると行っても、月に1回も出せれば良い方で、ほんとに千載一遇のチャンスという感じです。決して無理せず、安全第一でチャレンジしてみてください。

ポイントによってはヤリイカや、小物ならメバルも狙えます。
何れも、上手な人は陸っぱりで、釣るのでしょうが・・・。
Posted by たぬきち at 2016年11月22日 22:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック