2017年02月12日

またまた大雪

先月末からの風邪は、漸くほぼ完治しました。

年のせいか、それとも正月疲れが今頃出たためか、風邪の直りが悪くて・・・・。


そして、修理に出していた車の方も、やっと戻ってきました。

さあこれで、いつでも釣りに行けるぞ!


と思っていたら、この週末はまたまた大雪です。

20170211大雪.jpg

折角戻ってきた車も、雪に埋もれています。

これでは、近所の釣具店に出かける気にもなりません。


自宅で悶々として過ごしています。


家の中で、出来る作業ということで、PEラインと巻き替えを行いました。

20170210PE巻き替え.jpg

ラインの番手は以下のような感じです。

ジギング:PE#2〜#3(30〜50lb) 200〜300m
スロージギング:PE#1.5〜#2(20〜35lb) 200〜300m
キャスティング:同上
タイラバ:PE#0.6〜#1(10〜15lb) 150〜200m
エギ:PE#0.6(10lb) 100〜150m

何れも10m毎に色分けされたラインを使用します。

ボートでの釣りを始めた頃は、ネット通販で安物のPEラインを探して、使用していました。

でも、表示通りの強度がなかったり、強度はあるけど表示されている番手より明らかに太かったりと、散々でした。

そこまで酷くない場合でも、しばらく使用しているとささくれ立ってきて、すぐに強度が低下してくるものもあります。

ということで、最近は定評のあるメーカー品を使用しています。

結構高価なので、そうそう交換はできませんが。



ジギングタックルの場合、200〜300m程リールに巻いていますが、普段釣りをする水深は数十mです。

なので、先端の数十m分しか、使用していないことになります。

そこで、半年〜1年ほど使用したら、先端側がリールのスプルーの下の方に来るように、まき直します。

そして、もう半年〜1年ほどたつと新品に交換します。



さて、いま使用しているPEラインですが、いつ交換したか判然としません。

見た目にはしっかりしていて、まだまだこのまま使用できそうな気もします。

ただ、昨年のシーズンオフにPEラインを購入した履歴はないので、おそらく2年近く使用している可能性が高いです。

いざ大物がヒットした時に、ラインブレークなどということにならないよう、念のため交換することにしました。



今後は、各リール毎のPEライン交換履歴を記録し、次の交換時期が分かるよう、しっかり管理ようと決意したのでした。

タグ:PEライン

↓参考になるブログがいっぱいありますョ↓

posted by たぬきち at 00:01 | 福井 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | タックル・小道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック