2017年03月08日

エアフロア補修

先日の釣行、帰港途中にどうもボートの船速がでない感じがします。

変だなと思っていると、何か足元がフニャフニャに。

エアフロアから、空気漏れが発生したようです。



チューブと違って、エアフロアは容積が小さいので、エア漏れし始めるとあっという間にペッチャンコです。

上陸する頃には、立ち上がるのも困難なぐらいになっていました。



釣行翌日、早速補修です。

エアフロア程度なら、大丈夫かと思って室内で膨らませて、空気漏れの箇所を特定します。

だって、外は寒いので・・・・。


穴はすぐに見つかりました。

後部のトランザムボードに当たる部分でした。

一度、トランザム側に何か原因になるような異常が無いか、確認する必要がありそうです。


補修材を貼り付けて、クランプで固定します。

20170305エアフロア補修.jpg

翌日までこのまま放置し、接着剤が固まるのを待ちます。


そして、一旦膨らまして、

20170306エアフロア補修.jpg

1日おいて、空気が抜けていなければOK。




膨らましたまま、1日室内に放置すると、ボート本体ほどではありませんが、存在感満点です。



家族に嫌みを言われつつ、何とか無事、補修完了です。


ゴムボートの床板には、各種あります。

材質は木製、アルミ製、ゴム(樹脂)製等があり、組み立て式、折りたたみ式、エア伸張式等の形状があります。



このうち、エアフロアは何と言っても軽量で、エアキールと兼用することもできます。

ゴムボートには、最も適していると思いますが、最大の弱点は空気が抜けると機能しない点です。



なので、フックや魚の鰭から保護する意味で、フロア面にはビニールマットを敷いて保護しています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ビニールマットヤバネマット☆シルバー【約92cm×3m巻】
価格:3330円(税込、送料無料) (2017/3/8時点)

ホームセンターで1m単位で

切り売りしてくれます。



トランザム側はあまり注意していませんでしたが、今後は膨らます前に良く確認したいと思います。



タグ:エアフロア

↓参考になるブログがいっぱいありますョ↓

posted by たぬきち at 12:53 | 福井 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ボート・艤装 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447710437
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック