4月釣行 その2 真鯛は何処

4月8日(土)
5:40~15:30

作戦計画

この週末は、雨の予報だったので、ボートは無理かと思っていました。

直前の予報では、雨は降っても午後からで、小雨程度とのこと。

多少濡れるのは、覚悟して出撃を決めました。


考えてみると、日の出時刻が日に日に早くなり、5:30には明るくなります。

午前中で上がっても、冬場の1日分の釣りが可能です。


と言うことで、早起きして現地着。

例によって、フットポンプでゆっくり静かに準備します。


曇り空、微風の中、日の出と共に出港です。

20170408出船.jpg

今回も、あつPさん達とご一緒させて頂いたのですが、少し遅くなるとのことなので、お先に失礼!


ラウンド1 vs 真鯛

この日の狙いは、そろそろノッコミ時期が近づいている真鯛、それと春の爆釣シーズンが待たれる青物です。

出港地近くでは、あまり感度が出ないので、思い切って新たなポイント探索に大移動します。



移動中に潮目や、魚探反応があるとジグを沈めます。

しかし、1時間程は全く反応無しです。



しばらくやっていると、岩礁帯のボトム付近で、タイラバに何かがヒットします。

最初は、少し暴れて期待を持たせてくれましたが、その後全く反撃しない、根魚確定です。

あまり大きくは無さそうなので、ダメージを与えないよう、ゆっくりゆっくり巻き上げます。






上がってきたのは、30cm弱のアコウ(キジハタ)でした。

20170408アコウ0.jpg

幸い元気そうだったのでリリースさせてもらいました。

このあと、徐々に風が強くなります。

しかも、出港地から離れる方向に流されます。



このまま流され続けると、戻るのが大変そうなので、一度出港地方面に向かいます。



ラウンド2 vs 風波

全速で突っ走ると、波しぶきを浴びるので、普段なら10分ほどの距離を30分以上かけて、出港地正面の70mラインに戻ってきました。



途中、波を乗り越えた拍子に、お尻の下でベキッという異音が

20170408座板.jpg

軽量化のため、薄目の板で自作した座板が、割れてしまいました。



こちらのポイントは、釣れそうな雰囲気はあるのですが、風と潮が真逆でラインが斜めに入って行きます。

シーアンカーを入れますが、なかなか底が取れず、やりにくいです。




ここは、ラインが細く潮に流されにくいタイラバタックルを選びます。

タックルケースの中にあった最も重い100gのシンカーを付けても、2、3回落とし直すと水深の2倍以上ラインが出てしまいます。

そのたび、150m近くのラインを巻き上げ、落とし直さねばなりません。


結果的には、このまま粘った方がまだマシだったかもしれませんが、釣りにくいので浅場に移動することに。


30mライン、40mラインと流しますが、全く生命感がありません。

2時間ほど、浅場をさまよいましたが、何事も起こりませんでした。

あつPさんと情報交換するも、全くアタリもないとのこと。

厳しい1日になりそうです。



ラウンド3 vs 真鯛

意を決して、朝反応の良かったポイント方面に戻ることにします。

そして、アコウをリリースした60mラインで、タイラバを落とします。

例によって、3回ほど落としたら、水深の倍以上巻き上げる、めんどくさい釣りです。

しかも、潮がきいていて重くてしんどいです。





何度かやっていると、ボトム付近でアタリが出ます。

しっかり乗ってから、念のため追い合わせを入れて、巻き上げます。

重いです。でも、引きません。真鯛ではありません。

魚はそれ程大きくはありません。

ただでさえ重いシンカーに魚がのって、その上潮の抵抗を受けるので、巻くのがしんどいです。






頑張って巻いて、上がってきたのは、微妙にサイズアップのアコウ(キジハタ)でした。

20170408アコウ1.jpg





ラウンド4 vs 根魚?

ここで、ふと海岸の方に目をやると、朝から良い反応が出るのは、丁度陸上の尾根筋の延長上です。

そう考えると、もう少し浅場の尾根筋ラインでも釣れる筈です。

そうすれば、何度も巻き上げる必要もなく、釣りやすいと思います。


と言うことで、45mへ移動。

ここなら、ジギングでも重めのTG製を使用すれば、釣りになりそうです。


TGベイト150gを沈めると、いきなりヒットです。

鯛ではありません。引きません。小さな根魚です。





上がってきたのは、小さなガシラ(カサゴ)です。

20170408ガシラ.jpg

小さいですが、出目金状態なので、キープです。





次の流しでも、またまたヒットです。

でも、鯛ではありません。




もうチョットだけサイズアップのアコウ

20170408アコウ2.jpg




続いて連続ヒット。

今度は、チョット暴れますが、でも鯛ではない感じ。




上がってきた魚は ???


毛むくじゃら?

20170408毛むくじゃら.jpg

いえいえ、海草まみれのホウボウでした。

20170408ホウボウ.jpg




釣れるのは、全て陸上から続く尾根筋の、岩礁帯です。



少し、水深を変えながら、流し直します。

今度は、この機に乗じて、真鯛が釣れないかと思い、タイラバです。

何度かアタリは出ますが、乗せ切れません。


もう一度、TGに戻します。

ここで、痛恨の根掛かりで、ジグロストしてしまいます。

しかも、PEから高ギレしてしまいました。



幸い、風がおさまってきたので、もう少し軽量のジグでも大丈夫そうです。

VSジグを沈めます。




気づけば、時刻は既にお昼過ぎです。

おにぎりをかじりながら、よそ見をしていて着底を見逃してしまいました。


慌てて、少し巻き上げると・・・

何か掛かっています。


風が無いので、変に重くならず、魚の躍動を感じつつファイトすることができました。


本日最大の・・・







やっぱりアコウ(キジハタ)
20170408アコウ3.jpg

食材としては嬉しいのですが・・・。



折角風がおさまったので、粘りに粘ります。

真鯛狙いで、少し深場に移動してみますが、無反応です。



最後にもう一度45mラインで、ジグをしゃくります。

早めのワンピッチにかなり上、中層付近で何かがヒットです。

これは、青物かと一瞬喜びましたが、途中で全く動かなくなり、逆に上に向かって泳いできている様子。


こういうファイトをするのは、サゴシ? 季節的に太刀魚はいないだろうし、等と考えつつ巻きます。


上がってきたのは、細いシルエット。

青?銀?








いえいえ茶色。
20170408エソ.jpg

エソ君でした。


時刻は既に15時過ぎ、ここで撤収することにしました。




本日の釣果

アコウ(キジハタ) ~36cm 3尾
ガシラ   25cm
ホウボウ  32cm

20170408集合.jpg

アコウ小  リリース
エソ リリース


出港地に戻ってくると、波打ち際で小さな女の子が二人、水遊び。

と言うか、服のまま海水浴という感じです。

結構暖かかったですが、4月なのに・・・。


早めにエンジンを停止して、少し離れた地点に手漕ぎで上陸します。

すると何を思ったか、二人がボートのそばに駆け寄ってきます。


オールが当たってケガをさせてもいけないので、「危ないから少し離れてね」と言いながら、なんとか無事上陸します。

子:「お魚釣れた?」

た:「少しだけね」

子:「見せて」

30cm程度の魚でも、子供にとっては大きいので、喜ぶかなと思いつつ、クーラーボックスを開けると

子:「ふーん」(微妙な表情)



子:「さっきのおじさんは、大きい魚捕ってたよ」

と言って去っていきました。


何でも、直前に上がってきたボーターさんが、80オーバーの真鯛をキャッチしたとのこと。

今日は風のせいで釣り難い中、何とかお土産確保できたと、自分に納得させていたのに・・・・。



敗北感の中、疲れた体にむち打って、いつになくテキパキと片付けて、早々に撤収しました。


本日のヒットルアー

底取りためシンカーのみこれに交換
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アクティブ ボンバーヘッド 100g レッド 11053
価格:702円(税込、送料別) (2017/4/9時点)


あと、いつものビンビンワームも付けたりして・・・

ジギングはこれと
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ダイワ(Daiwa) TGベイト 150g PH赤金【re1605a03】
価格:3024円(税込、送料別) (2017/4/9時点)

高い!!!

根掛かりロスト痛すぎ!



あとこれ


釣行当日、早速アコウを姿造りで頂きました。
20170408アコウ刺身.jpg

食べて美味しいので、お土産としては80真鯛より喜ばれる気がしますが・・・・

でも、悔しいです!!

↓参考になるブログがいっぱいありますョ↓

この記事へのコメント

  • たこおやじ

    おなかは大過なく治られたようで、よかったです
    さて、いつもながら創意工夫、この時期に出たことのない私には、驚かされることばかり

    ジギングの落ち着いてきたら、お邪魔したい気持ちでいっぱいです

    当方、変則的な休みなのでなかなかあいませんが、もしよろしければ、機械があればお連れ下され
    2017年04月11日 20:05
  • たぬきち

    たこおやじさん

    体調の件、ご心配おかけして申し訳ありません。
    そろそろ、乗っ込みマダイや青物が接岸するシーズンです。
    是非ご一緒できればと思います。
    2017年04月12日 12:33

この記事へのトラックバック