2017年04月17日

4月釣行 その3 やっぱり乗っ込みマダイはいない

4月16日(日)
5:40〜15:30

作戦計画

この週末は土曜日は、強風でとても出られそうもありませんでした。

日曜日、朝の内少し風が残るものの、その後はべたべたの予報です。

朝の内も、釣りはやり難いけれど、危険と言うほどではなさそうです。

ということで、行ってきました。

前回に続いて、今回もあつPさん達とご一緒させていただきました。



そして、今回も本命のターゲットは乗っ込みマダイです。


途中、現地に一番近いコンビニに寄って、お昼の食料を調達します。

ところが、在庫が最も少なくなる時間帯で、おにぎりは皆無、パンの類も全くありません。

しかたがないので、お腹がふくれて糖分補給になりそうな、牛乳ドーナツなるお菓子を買って行きました。

これからの季節、出撃が早くなるので、なるだけ町中のコンビニで食料を調達しないと、ひどい目に遭います。



現地に着いて、ドーナッツを1個かじると、それだけで甘くて胸一杯です。

少し薄明るくなり始めてから準備を進め、日の出直後の5:40出船です。

20170416出船.jpg



出船直後エンジンの不調で、プラグの交換を実施。

手漕ぎでも帰れそうな、近場で調子を見ていると、超浅場で魚探反応が。



試しにタイラバを落としてみます。

すると、いきなりヒット!





最初なので、慎重にファイトして、ファーストフィッシュキャッチ成功です。

20170416ホウボウ.jpg

頭部は立派なのですが、尻尾が折れ曲がったホウボウでした。

脊椎湾曲症のようですが、食用には問題なさそうなので、有り難くキープさせてもらいます。

踊り串を打たなくて済むので、焼き物にピッタリ???


ラウンド1 vs 風波

しばらく様子を見ましたが、幸いエンジンは復活、快調なので沖に向かいます。


若干風が強く、ボートが流されてやり難いです。

徐々に弱まるはずの風ですが、全然その気配がありません。



タイラバのラインが、思いっきり斜めに入っていきます。



先週に比べて、魚探反応は結構あるので、そのポイントを集中して攻めます。



魚探反応が丁度消えたところで、何かがヒットです。


ただでさえ、重いタイラバが更に重くなりますが、ただ重いだけです。



上がってきたのは、


アコウ(キジハタ)です。
20170416アコウ.jpg


この後、弱まるはずの風が逆に少し強くなってきたような・・・。

航行に支障を来すほどではありませんが、若干波も出て来ています。



ラインが斜めに入って、釣り難くてしかたがありません。

結局先週同様、かろうじて底が取れるのは、100gのシンカーを付けたタイラバのみです。



風に流されつつ釣りをしている間は、釣り難いだけなのでまだましです。

流し直すために風上に戻る際、向かい風の中、顔面に波飛沫を浴びて、冷たいのなんの。



魚も釣れないし、嫌になって何度か、もう上がろうかと思いました。

その度、天気予報を確認し、そろそろ風が収まることを確認し、我慢して続けました。

しかし、我慢は報われませんでした。


ラウンド2 vs マダイ

結局風が収まったのは、お昼頃でした。

ようやく、まともに釣りができます。



少し沖に行くと、サクラ(?)の花びらが浮かぶ潮目を発見。

サクラ花びらの中、桜鯛を釣る映像を想像しながら、タイラバを沈めます。



すると、着底直後に何かがヒットします。



さほど大きくは無いけど、根魚のようにじっとしている感じでもありません。

残念ながら、大きな真鯛ではないことだけは、確かです。



時々、暴れて楽しませてくれながら、上がってきたのは、





まあまあサイズのアマダイです。
20170416アマダイ.jpg


これはこれでうれしいのですが・・・。




徐々に、深場に移動しつつ、インチクやジグ等も試してみます。



しばらくやっていると、中層に大きな魚探反応が出ます。

これは、青物の群れか?

このとき握っていたのは、スローピッチのロッドで、ジグはボトム付近です。



少し早めにシャクリあげて、魚探反応付近で1/2ピッチで誘います。

するとここで、ヒット!!

よっしゃー! 半年ぶりの青物!?

ドラグを滑らせる程のサイズではありませんが、まあよしとしましょう。


マダイは釣れないけど、久々のハマチだったら、万々歳です。


等と考えながら、ファイトします。


昨年秋以来なので、青物の感触もすっかり忘れてしまっています。


こんな感じだったかな???

????

何か違う気がしてきました。



上がってきたのは、



何故かレンコダイ。

20170416レンコダイ.jpg

変なところに、針掛かりしていたせいでしょうか?

それとも・・・・


とにかく、何でもいいので魚が釣れたことは、うれしいです。




更に、深場へ移動しつつ、次に取り出したのは、

真鯛が釣れると、巷で噂のTGベイトグリーンゴールドです。

底質は岩礁帯が途切れた、砂泥底。


鯛の条件は整った??



魚探反応はありませんが、ボトム付近を中心に、しつこく誘います。


すると、着底からの巻き上げ直後にヒットです。


竿を叩く引きだ! と思ったのは3秒程。

後は、おとなしく上がってきます。

おそらく、根魚です。

ダメージを最小限にとどめようと、ゆっくり巻き上げてきます。

すると残り30m程で、少し暴れて期待させてくれますが・・・


上がってきたのは、当初の予想通りガシラ(ウッカリカサゴ)でした。


何にしても、魚が釣れると言うことは、良い傾向かと思い同じジグで続けます。


すると、またまたボトム付近でヒットです。

今度は先程よりも、早く無抵抗に。真鯛ではありません。

先程同様、残り30mで少し暴れて、出目金状態で上がってきたのは、サイズダウンのガシラ。


懲りずに続けていると、またまたヒット、以下同文。

更に続けていると・・・、以下同文。

20170416ガシラ.jpg

さほど大きくはありませんが、水深があるためゆっくり巻き上げても、再起不能になるため全数キープです。



ここでこの釣りを続けても、不幸な魚が増えるばかりなので、そろそろ引き上げることにします。


帰る途中でも粘りに粘って、めぼしいポイントを叩いてみますが、何事も起こりませんでした。


本日の釣果

ホウボウ  30cm
アコウ(キジハタ) 31cm
アマダイ  36cm
レンコダイ 30cm
ガシラ(ウッカリカサゴ) 〜32cm 4尾

20170416集合.jpg

本命不在ですが、五目達成でした。

ただ、サイズが・・・。

でもこれぐらいが、分相応の釣果のような気がします。


本日のヒットルアー

ホウボはこれ

アコウ(キジハタ)とアマダイはこれ
底が取れないので、シンカーはこれに変えます。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アクティブ ボンバーヘッド 100g レッド 11053
価格:702円(税込、送料別) (2017/4/17時点)

塗装がはげやすいので、
オーバーコートが必要
かも

レンコダイはこれ


そしてガシラ達はこれ
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ダイワ(Daiwa) TGベイト 100g PHグリーンゴールド 4821162
価格:2376円(税込、送料別) (2017/4/17時点)

これの80g


釣行当日は、一番大きいガシラをお造りでいただきました。

20170416ガシラ刺身.jpg

美味い!!





真鯛には縁がありませんでしたが、いろいろ釣れて良かったです。

ただ、風が止んでから出撃しても大差なかったかもしれません。

今後は、無理せずマイペースで楽しみたいと思います。



↓参考になるブログがいっぱいありますョ↓

posted by たぬきち at 22:06 | 福井 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | ボート釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック