2017年05月29日

座板固定部再々補修(決定版)

この週末、土曜日は大荒れの模様で、ボート出航は早々と断念しました。

日曜日の天候回復に来しましたが、見る度に予報が悪化して、結局釣りはお休みとなりました。


そんな休日の作業記録です。

これまでの経緯


その時のダメージで、座板固定用のベルトが外れてしまいました。

いろいろ検討した結果、面ファスナー(マジックテープ)で固定する補修を実施しました。

ところが、次の釣行で片側の面ファスナーが剥がれてしまいました。


但し、張り直したのは、剥がれた左舷の面ファスナーのみで、右舷は未対策でした。

そして、迎えた前回の釣行、予想通り未対策の面ファスナーが見事に剥がれました。

ここまでは、想定内でしたが、ボート補修用の接着剤で貼付した左舷側も、端っこが少しめくれているように見えます。



ボートへの貼付方法(決定版)

ということで、絶対に剥がれないであろう方法を実施しました。

まず準備したのは以下の道具&材料

・剥がれてしまった面ファスナー(マジックテープ)

・ボート補修用のシート

・PEライン(使用済みでOK)

・太めの縫い針(私は皮細工用を使用)

・ボート補修用の接着剤(JOYCRAFTの場合GU-1)

針と糸を準備した段階で、大体想像は付くと思いますが、ボート補修用のシートに面ファスナーを縫い付けます。

20170526面ファスナー貼付1.jpg

この面ファスナーを縫い付けた、補修用シートを専用の接着剤で、ボートに貼り付けます。

これなら、接着強度には問題は無いはずです。

20170526面ファスナー貼付2.jpg

後は、ボート補修時同様、クランプでしっかり固定して24時間放置します。

20170526面ファスナー貼付3.jpg

取りあえず、剥がれていた右舷のみもの方式で補修しました。

少しめくれ上がっていた、右舷側は接着剤を塗布して補修しました。

20170526面ファスナー貼付4.jpg

剥がれるようなら同様の方式に変更したいと思います。


日曜日の天候回復、出港に備えて、金曜日の夜から作業しましたが・・・



残念ながら、天候は答えてくれませんでした。


↓参考になるブログがいっぱいありますョ↓

posted by たぬきち at 12:50 | 福井 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ボート・艤装 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック