釣果分析2018 ~青物編~

今日は折角の祝日ですが、春の嵐。

昨日だったら、絶好の釣り日和だったのですが・・・

平日釣行は、勤め人にはかなわぬ夢。

でも世間では「働き方改革」とかで・・・

適当に休んだ方が褒められるご時世。

ついて行けません。


ここ数年なかなか伸びない青物の釣果



さて今回は前回に引き続き釣果分析。

青物編です。

ここ数年低迷が続いていますが・・・

最新の結果は?

青物釣果推移.jpg

2017年に引き続き2018年も・・・

たった5本に終わりました。

但し、サイズ別に集計してみると・・・

青物サイズ別釣果推移.jpg

メジロ(ワラサ)クラス以上のサイズに限れば・・・

横ばいです。

まあ、最近はほとんどジグをしゃくっていないので・・・

当然の結果ですね。

なお、青物の定義は昨年の記事と同様です

ブリ、ヒラマサ、カンパチのいわゆる三属・・・

ハマチやヒラゴ等幼魚も含みます。

青物三属2.jpg

鯵、サバ、カツオ等は含まず

青魚2.jpg

またリリースした魚も含みません。









青物の釣れる時期はいつ?


2010~2018年の釣果を

月別に集計してみると・・・

青物月別釣果.jpg

春と秋のハイシーズンに釣れる傾向が顕著です。

サイズ別に集計してみると・・・

青物サイズ別月別釣果.jpg

大物も、ハイシーズンに釣れています。

ハマチしか釣れないなどと言わず・・・

粘り強くジグをしゃくることが・・・

重要かも。






釣法別にみてみると


2010~2018年分を釣法別に集計すると

青物釣法別釣果.jpg

このようにジギングが半数以上です。

やはりジグをしゃくらないと・・・

数は伸びません。

但し、これはハマチの群れに遭遇して・・・

喜んで沢山キープしていた時期の釣果の

影響が大きいかもしれません。




こちらもメジロ(ワラサ)クラス以上の

大物だけを集計してみると・・・・

大型青物釣法別釣果.jpg

ジギングに限らず色々釣れています。

これは絶対数が少ないので・・・

何とも言えませんが・・・

色々やってみるのが良いのかも。



先程のシーズン別の釣果と合わせて考えると・・・

ハマチの群れに遭遇してバンバン釣れるときは・・・

ちょっと狙いを変えて・・・

キャスティング → ジギング

ジギング → スローピッチ

等と釣法や狙う水深を変えてみるのもよさそうです。






2018年の青物釣果を振り返ると


5月にいきなり、ブリサイズキャッチからスタート。

同じ日にメジロも釣れて・・・・

幸先の良いスタートでしたが・・・・

その後は沈黙

終わってみれば2017年並みの結果に終わりました。



2019年は1月に既にメジロクラスを含む6本の釣果が出ています。

少し青物に注力するのもありかも!?

この記事へのコメント