9月釣行 その4 雨にも負けず・・・

9月29日(日)
6:10~12:30



作戦計画


この週末の天気予報はすっきりしません。

土曜日は波風は問題なさそうですが、

一日中降ったり止んだり、

しかも、午後からはかなりまとまった雨量。

一方、日曜日は雨は大丈夫そうですが・・・

朝方の風がちょっと心配か?

と言うことで、土曜日は釣行を断念し

日曜日の予報が改善することを祈ります。

釣り馬鹿にしては、やや軟弱な作戦ですね。



幸い日曜日の予報は良い方向に変わって、

問題無く出船できそうな感じです。

最悪風が出た場合は、沖に出ず、

エギング1本勝負という手もあります。

と言うことで、行ってきました。



日の出時刻から少し遅れた6時過ぎに出船。

20190929出港.jpg



曇天、微風、波はほぼ無し!

絶好の海況です。




ラウンド1 ボートエギング


先ずはこの時期の定番、アオリイカを狙います。

前回は2週間前、まだまだ小さかった烏賊ですが・・・

どの程度成長しているでしょうか?


取り出したエギは、ティップラン用の3寸。

開始早々、幸先良くヒット。

サイズは15cm程・・・

前回と似たようなサイズ?

続いてヒット、ややサイズダウン。

さらにヒット、ややサイズダウン。

あら? あまり成長していない?

20190929烏賊1.jpg



その後アタリが遠のきます。

ここで、エギをチェンジ。

陸っぱり用の3寸。

風が弱くボートがあまり流れないのでちょい投げして、

ゆっくりとしたフォールで誘うことに。

すると一投目にヒット。効果覿面です。

ややサイズアップのアオリイカ。

しかしあとが続きません。

ちょっとした風の変化で底取りができなくなります。

よく分からないままゆっくり沈めてしゃくっていると・・・

こんな奴まで釣れてしまいました。

20190929紋甲烏賊.jpg

紋甲烏賊



これはまずいと3gのシンカーを追加して継続

ぽつりぽつりと釣れて、サイズもそこそこです。

時刻は8時前、そろそろ沖に出て魚を狙おうかな・・・

しかし、烏賊はまだ1桁、せめて10杯は釣りたい。



エギのカラーをチェンジして粘ります。

10分程やっても何事も起こらず・・・

このカラーでは無かったか?

諦めてピックアップしようとしたとき・・・

なかなかのサイズの烏賊が追ってきてきます。




一旦底まで沈めて、シャックシャック、ピタ!

と止めると、ティップがぴくっと入ってヒーット!

ずしーっとした重量感・・・

17、8cm程のナイスサイズです。

その後は、ちょい投げから底まで沈めて・・・

シャックシャック、ピタ!

同様のパターンで1投1キャッチ。

10分程の間に、朝から2時間分と同数程度キャッチ!

しかも、全てナイスサイズ!

最大は胴長20cm!


この時期としては大満足の釣果です。

アタリが遠のいたタイミングで、エギングは終了としました。



20190929烏賊終了.jpg

一袋しか用意してこなかったジップロックLサイズが

ちょうど満杯です。



ラウンド2 vs 大粒の・・・

次は魚狙いですが、今回は近場ですませることに・・・

3日程前にサゴシやツバスが沸いていたとの情報の

ポイントに向かいます。


そこから、少し足を伸ばすと

夏場、鰺の良く釣れたエリアも目と鼻の先です。


航走中、顔に冷たいものがピチャピチャと、

波飛沫でしょうか?

今日はべた凪なのに?



しばらく走って、ボートを止めます。

最近多用している小さなジグを沈めます。

すると、またまたピチャピチャと・・・

雨です。しかも大粒。

夕立のような土砂降りの中・・・

20190929雨.jpg

今日は降らない予報だったので、

カッパは積んできていません。


なすすべも無く濡れます。

というか、雨が降らないから、

わざわざ、今日を選んで出船したのに・・・


・・・・・・・・・・・・




下半身はずぶ濡れ、もちろんパ○ツもぐっしょりです。



比較的雨脚の弱そうなエリアに移動して

タイラバ巻き巻きしていると徐々に小やみになり

程なくあがりました。

たぶん、5分か、長くとも10分くらいだったと思いますが

とてもとても長く感じました。



鍔の広い麦わら帽をかぶっているので・・・

顔や上半身はあまり濡れていません。

寒さに震えるということは有りませんでした。



しばらくすると、晴れ間もでてきて・・・

暖かくなってきたので、そのままつりを

続けることができました。





ラウンド3 vs 魚


ここは雨を避けるためにやってきた場所。

魚探反応は皆無です。

取りあえず最も確率の高そうな

タイラバからはじめます。

しばらくすると、竿先に前アタリが・・・

そして、乗りました。

竿を叩き続ける独特の引き・・・

ですが・・・、

ゆるめのドラグを滑らせることも無く

上がってきたのは・・・・

20190929レンコR1.jpg

手のひらサイズの小さなレンコダイ

リリース御免。


ここでショートバイト連発の後

ヒット!    でも・・・

20190929レンコ1.jpg

ちょっとだけサイズアップのレンコダイ。


次なるヒットも、似たような引きですが・・・

ちょっと強めに叩く感じ?

上がってきたのは・・・

20190929真鯛.jpg

チャリコに毛が生えたような真鯛?

(単にチャリコでしょうか?)

何となくこの後の釣果に不安を感じキープ。



そして、その後はもちょくちょくヒットしますが・・・

20190929レンコr2.jpg
20190929レンコダイR3.jpg


ちょっといいサイズのみキープ

20190929レンコ3.jpg


ここでタイラバ→SLJにチェンジ


しかし釣れるのは・・・

20190929レンコダイR4.jpg


20190929レンコ2.jpg

レンコダイのオンパレード!

沢山釣れて楽しいけど・・・

次は少し大きめのジグにチェンジ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【メール便可】シャウト 136SO ショーテル 100g #24 ゼブラグロー
価格:1404円(税込、送料別) (2019/10/1時点)

楽天で購入

すると第一投目の着底でヒット!!

今度は違う魚種の様子

上がってきたのは

20190929アオハタ.jpg

キープサイズのアオハタ

嬉しいお土産です。

できれば名ばかりでなく・・・

ホントに青い魚が釣りたかった!?



時刻はもうすぐ正午・・・

そろそろ出港地に向かいます



その途上・・・


GPSマップ上に数年前に打った

フィッシュマークの傍を通過する際

20190929海底.jpg

泡切れで判別し難いですが、良さそうな魚探反応が

ならば、ちょうどマークの真上を流してみます

60gの軽いジグを沈めます

20190929漁礁.jpg

魚探に根の反応が現れた直後にヒット!!

重い!根掛かりか?

いやいや、生命反応ありです。

重量感のある引きで

楽しませてくれます。




上がってきたのは・・・


20190929アコウ.jpg

ナイスサイズのアコウ(キジハタ)

これはうれしいお土産です。



その後も青物が沸いていないか

目を凝らしつつ港に向かいますが・・・

何事も起こらずこれにて終了





本日の釣果


20190929集合.jpg

真鯛     33cm
レンコダイ ~34cm  3枚
アコウ    41cm
アオハタ   32cm

20190929烏賊2.jpg

アオリイカ ~20cm(胴長) 13杯
紋甲イカ   15cm(胴長)



レンコダイ小  リリース多数




ちなみに土砂降りの雨でずぶ濡れになった衣服は、

上陸、撤収の頃にはすっかり乾いておりました。

パ○ツも履き替えずに済みました。




釣行当日はイカのお造り2点盛り

20190929烏賊二点盛り.jpg

美味い!!

この記事へのコメント