色々補修作業 その3

この週末は、台風の余波なのか、

強風、高波で出船は断念しました。

ということで、老朽化した艤装パーツの補修を。


イレクター部品の再製作


ひび割れや錆が発生したイレクターパーツ

20191006イレクター老朽化.jpg

このまま使用していて海上で破損しては大変です。

継手周辺部分は廃棄し、新たに部品を買い足して再製作。

20191006イレクター改修.jpg

短辺には、今まで使用していたものを切断して再利用。

これで、あと10年は大丈夫??

この部品は、各種パーツをボートに取りつけるベースです。

gisou_2.jpg

このように座板取付用ベルトを利用してボートに固定します。

このベースを利用して左舷側は・・・

20191006魚探マウント.jpg

魚探を取り付けます。

魚探マウントの裏側には・・・

gisou_5.jpg

イレクター用のジョイント部品が付いており

パチンとはめ込みます。

それだけでは強度不足なので・・・

20191006魚探取り付け.jpg

一カ所ボルトで固定します。

右舷側は・・・・

gisou_8.jpg

ロッドホルダー 兼 クーラーボックス置き台

この上にクーラーボックス乗せてベルトで固定します。

20191006クーラーマウント.jpg

そして中央部には小物入れ 兼 後部座席

gisou_9.jpg

完成形はこんな感じです

gisou_1.jpg

写真は5年ほど前の状態なので細部は変わっていますが、

基本はこのまんまです。

もうちょっと軽量化したいと思いつつ・・・

面倒なので手つかずです。




ロッドホルダー補修

右舷側のロッドホルダーですが・・・

一部鉄系の部品を使用しています。

金具やビスは極力ステンレスを使用しているのですが

どうしても手に入らないものがあります。

20191006打ち込みナット老朽化.jpg

爪付きナット。

イレクターのベースとボルトで固定する部分に

使用しているナットです。

ステンレス製が見つからず止むを得ず使用、

錆がひどくなってきたので交換しました

20191006打ち込みナット更新.jpg


そしてロッドホルダー

20191006ロッドホルダー更新.jpg

塩ビ管を亜鉛メッキ鋼板製の金具で固定しています。

錆がひどいものは交換、その他も含め再塗装しました

20191006サドルバンド更新.jpg




この金具は錆びない樹脂製のものを使用することが

できますが価格が10倍近いので時々交換する方が

経済的です。




ボートのピンホール補修


前回の釣行時、撤収作業中にピンホールを発見。

水洗いしていると、チューブの一部に泡が出ている

箇所があったので印をつけておきました。

20191006ピンホール.jpg

今日の様な出港できない週末に補修します

今回は穴が非常に小さかったので

パッチを当てずに接着剤を塗布するだけで済ませました

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

AQUA SEAL(アクアシール) アクアシール (2本入り)
価格:1244円(税込、送料別) (2019/10/6時点)

楽天で購入


ついでに各部のネジのゆるみチェック

2020191006ネジゆるみチェック.jpg

まし締めOK!



来週は3連休、ぜひ出船したいのですが・・・

天候は? また台風が発生??

この記事へのコメント