2017年05月17日

5月釣行 その2 動画偏

先日の釣行の動画をアップしました。

お時間があれば、ご覧ください。


まずは、朝一のモーニングサービス

60真鯛です。



続いて、真鯛追加を狙った、タイラバで狙い通りの大鯛キャッチ




そして最後は、散々探し求めた末に、なんとか青ものキャッチ




今週末は、今年度最初の海岸清掃活動の予定です。

その前後で、ちょっと釣りができればと思います。

ただ、車の定期点検や日帰りの青森出張等、予定が満載です。

体力が持つかどうか・・・・。




↓参考になるブログがいっぱいありますョ↓

posted by たぬきち at 22:42 | 福井 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | ボート釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月15日

5月釣行 その2 結果オーライで大満足!

5月14日(日)
5:10〜12:10

作戦計画

この週末、土曜日は大荒れでしたが、日曜日晴天無風の絶好の海況に恵まれました。

この春は、週末毎に海況が悪く、今回のようなコンディションは久々です。

ただし、場所によっては、また予報サイトによっては、風が強めとなるポイントもあります。

前回の反省を踏まえ、今回は最も安全そうなポイントをチョイスしました。

メインターゲットは青物。

前回ハマチ入れ掛かりだったのに、風のため強制終了となったため、消化不良です。

今度こそ、ハマチ祭りを堪能する作戦です。

釣れすぎても困るので、友人にお土産の約束までして出撃です。



現地着4:00頃。

日の出が5時前なので、既に準備されていると思いきや、海岸に前日からのボートが1艇のみです。

???。

一瞬ポイント選定を誤ったのか? 等と思いましたが、

その後続々とボートを積んだ車がやってきて、明るくなる頃にはハイシーズンらしい光景となりました。



このポイントからは、初めて出港とおっしゃるボーターさんに、海岸へのアクセス等お話ししつつ準備開始です。

このときは、気付いていなかったのですが、お久しぶりのyassunさんでした。失礼しました。

その上、海岸でもたもたしているところを助けて頂き、有り難うございました。



日の出を少し過ぎた5:10出港です。

20170514出船.jpg

今朝はやけに明るいと思ったら、サングラスを忘れて、慌てて取りに戻って、あらためて出港!


ラウンド1 vs ???

沖に出ると、既に沢山のカヤックやゴムボートが浮いています。

但し、ハマチ祭り開催中という雰囲気ではありません。

取りあえずそれらしいポイントで、先ずはキャスティングで数投しますが、もちろん何事も起こりません。

青物らしき、反応もありません。

今年のハマチ祭りは、終わったのか? 会場が違ったのか?



しかたがないので、手堅く底もの狙いでスローピッチから始めます。

一投目、ボトム付近を探りますが、反応無し。



諦めて、回収中に中層で、何かがアタった感じがしたので、再度沈めます。



そう言えば、朝食がまだだったので、おにぎりを取り出し食べながら、ボトム付近を探ります。

すると、竿を叩く強い当たりが出ます。


ファーストダッシュはそれ程でもなかったのですが、その後時々ドラグを滑らせながら、強烈に引きます。

竿を叩くこの引きは、おそらく青物ではなく赤い方かな?



巻いたり、出されたり・・・・、おにぎりをかじったりしながら・・・。

一進一退の攻防です。






数分のファイトで上がってきたのは

20170514大鯛1.jpg

いきなり、いいサイズの真鯛キャッチ成功です。






魚を処理してジグを沈めると、ボトム付近で何かヒットします。

今度は、非常に重いですが、全く引きません。


根魚か、最悪非生物かとも思いましたが、




上がってきたのは、小さめのアコウです。

20170514アコウ.jpg

口と腹とにフッキングして、真横になって上がってきました。


ラウンド2 vs 真鯛

ここで、友人へのお土産の約束を思い出し、真鯛をもう1枚だけ釣らねばと、出来もしないことを考えます。

取り出したのはタイラバです。

シンカーのカラーはグリーンゴールド。

何でも、乗っ込みの時期にだけ、この色にアタリが集中することがあると、某「関西ソルトルアーシーンのパイオニア」の方が言っていたのを聞いて、直ぐに手配しました。


しばらくやってみますが、反応がありません。

ネクタイを赤系に、交換して見ます。

しばらくすると、何かがヒット!


竿を叩くと言えば叩かないこともないけど・・・・。

でも小さそうです。


上がってきたのは

20170514カナガシラ.jpg

小さなカナガシラ。

この魚は、水圧変化に強いのか、元気いっぱいなのでリリースさせてもらいました。




もう一度、風上に戻って流しなおします。

今度は、ネクタイをグロー系に交換しますが、反応無し。



そこで得意の、ビンビンワームを追加します。



丁度、1枚目の真鯛が釣れたポイント付近にさしかかったところで、竿先に前当たりが出ます。

よしきた! と思った瞬間、ものすごい勢いでラインが出て行きます。

ファーストダッシュが止まったところで、ドラグを少し締めてファイト開始です。

今度は、タイラバの細仕掛けでフックも小さいので、無理はできません。


少し巻いては、ビューンと出され、全然上がってきません。

時々、竿を叩く感じは赤い魚の気がしますが、だとしたら先程よりも大きそうです。



巻いては出されを繰り返しつつ、徐々に寄せてきます。

最後は意を決して、もう少しだけドラグを締めて勝負です。








無事、上がってきたのは


20170514真鯛2.jpg

サイズアップの真鯛です。

これで、お土産確保成功!!

ミッションコンプリートです。


ラウンド3 vs 青物

この時点で、時刻は7:40です。

狙いとは少し違いますが、釣果は出来過ぎです。

これ以上、鯛が釣れても大変なので、タイラバロッドは早々に片付けました。


あとは、ハマチ祭りを堪能できれば文句なしです。

どこかに、ハマチの群れがいないかと思い探索に向かいます。




まず向かったのは、深場のポイントです。

水深70m・・・異常なし。

水深80m・・・異常なし。

水深90m・・・良さそうな潮目が出ていますが・・・・

時々、根魚っぽい当たりが出ますが、フッキングには至らず・・・

少なくとも、青物はいないようです。

水深100m・・・異常なし。



2時間経過



今度は浅場に向かいます。

水深30m・・・異常なし

水深40m・・・異常なし

水深50m・・・鳥が集まっていますが、異常なし

ちょっと沖で、魚がバシャバシャっと跳ねますが、直ぐに沈んでしまいます。

青物はいそうですが、大きな群れではなさそうです。



時刻はいつのまにか11:00を回っています。



こんなことなら、2枚目の大鯛を釣った時点で、早上がりするべきだったと後悔します。

諦めて、出港地に向けてボートを進めていると、浅場でちょっと良さそうな魚探反応が出ます。

これで、最後にしようと、スローピッチのロッドを握ります。



ボトムから10m程を、ワンピッチ、1/2ピッチ等で探ります。


何度か底を取り直して、1/2ピッチで探っていると、フッとジグの重みが無くなってラインテンションが抜けます。

これは、アタリだ!! と慌てて糸ふけを取り、思いっきりアワセを入れます。

フッキング成功です。

同時にドラグ滑らせて走ります。

タイラバと違って、結構きつめのドラグですが、勢いよく滑らせてくれます。


ひょっとして、更に大きな真鯛??

真鯛はもういらないのに。


等と、贅沢なことを考えつつ、ファイト開始です。



引きの強さは、本日一番です。

喰い上げる感じのアタリの出方は、どちらかというと青い魚でしょうか?


巻いては出されを繰り返すのは、真鯛とのファイトと同様です。


ただ、少し浮いてくると、結構横にも走ります。

また、中層に浮いてきたとき、魚探には釣れた魚を群れで追いかけているような反応が出ます。


青物と確信して、ファイトを堪能します。



水中に姿を現したのは、さほど大きくない魚体です。

青白い魚体に、くっきりとした鮮やかな黄色いラインです。



ヒラマサ? と思ってネットインしましたが・・・・

20170514メジロ.jpg

どこからどう見ても、紛れもないメジロ(ワラサ)でした。


何はともあれ、狙いの青物をキャッチできたので、ヨシとしましょう。



続けて、先程釣れた魚を追いかけていた、魚探反応の主を狙います。

もう一度だけ、同じポイントを流しましたが、そんなにうまく行く筈もありません。



ここで、丁度お昼になったので、ストップフィッシングとしました。


本日の釣果

20170514大鯛66cm.jpg
20170514大鯛75cm.jpg

真鯛 66cm、75cm
アコウ(キジハタ) 30cm
メジロ(ワラサ) 66cm

カナガシラ小 リリース

20170514集合.jpg


帰路友人宅へ、アコウと真鯛を届けて帰りました。

もちろん、鯛は大きい方を押しつけて・・・・


本日のヒットルアー

1枚目の真鯛、アコウと最後のメジロはこれです。
長らくタックルボックスの片隅で
眠っていましたが、前回今回の

活躍で一軍入りです。


そして、2枚目の大鯛です。
関西ソルト〜の方とはメーカ違いですが、それは関係ないでしょう???
グリーンのシンカーの威力
だったかどうかは???
またまた大活躍です。
最近は、これ無しのタイラバ
は考えられないぐらいです。



ハマチ祭りはあてが完全に外れましたが、結果的には大満足の釣果でした。

こんなことがあるので、この釣りはやめられません。

尚、今回は動画撮影もバッチリです。

長時間ファイトが3回もあったので、編集に時間が掛かりそうですが、後日アップしたいと思います。



釣行当日は、メジロをお刺身で頂きました。

20170514メジロ刺身.jpg

ボリューム満点、美味しゅうございました。

↓参考になるブログがいっぱいありますョ↓

posted by たぬきち at 12:55 | 福井 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | ボート釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月03日

5月釣行 その1 折角青物が釣れだしたのに・・・

5月3日(水)
5:05~10:00

作戦計画

大型連休前半は海況に恵まれず、釣行できずフラストレーションが、たまりにたまってきました。

後半戦初日の5月3日は、海快晴の予報はまずまずですが、GPVではお昼前から少し強めの風が出る予報でした。

翌5月4日は、海快晴の予報は前日と同様ですが、GPVの予報が前日より良い感じです。

ただ、予報精度は直近の方が確実なので、翌日のほうが海況が良いとも限りません。

少し考えましたが、5月3日朝一サクッと真鯛&青物をキャッチし、GPVの予報通り風が出てきたら近場に戻ってアジでも狙う作戦に決定しました。

そんなにうまくいく訳はないのですが・・・。

日の出の5:00過ぎを目指して準備を進め、今回はいつになく順調に捗り、4:40には準備完了です。

20170503準備完了.jpg
(こういう写真はデリケートなので、背景を加工しております)

いつもなら、ポイントへの移動中の船上でほおばる、朝食のおにぎりを食べて日の出時刻を待ちます。

5:00に海上に出て、暖機運転の後出船です。




ラウンド1 vs 真鯛?

20170503出港.jpg

出船直後、海上には無数の鳥たちが、飛び交っています。

ここで、ジグを落とせば何かが釣れるかもしれませんが、目もくれず進みます。

このまままっすぐ、青物ポイントに向かうか、沖の真鯛ポイントを目指すか、ちょっと思案して沖に向かって面舵いっぱい。

結果的には、これが大失敗だったようです。

沖のポイントに到着して、ジグを落とします。



・・・・何か物足りない感じです???

いつのもルーチンとは、何か違うような???

ここで気づきました、動画撮影用のカメラを忘れて来てしまいました。

残念ながら、取りに戻るには、あまりに距離がありすぎます。

あんなに、余裕をもって準備完了したのに・・・

ということで、今日は動画撮影は無しです。



沖のポイントをうろうろしますが、全く当たる気配がありません。

(なので、動画撮影する必要もありませんでした。)

薄い魚探反応は出るのですが、どうも魚ではない様子です。

2時間経過。このままやっていても仕方がないので、昨年の春色々釣れたポイントに遠征します。

ラウンド2 vs 色々

めぼしいポイントを次々打って行きますが、全く釣れる気がしません。

ジグやインチク、タイラバと何をやってもダメです。

しばらくやっていいると、見覚えのある船が近づいてきます。

同じ場所から出船の、ボートの方です。

情報交換させていただきました。

と言っても、こちらから提供する情報はありませんが・・・。

何でも、さるポイントでハマチが入れ掛かりだったとか。

ただ、サイズが小さく40cmあるかないかで、全てリリースしたとのことです。

ここまでの、惨憺たる状況を思えば、小さいハマチでも釣りたいので、詳しい場所を教えてもらいます。



お話を聞きつつ、無意識にジグをしゃくっていると(しゃくっていなかったかも・・・)、ゴンというあたりです。

かなりの重量感ですが、ただ重いだけです。

ほんとに引きません。



情報交換したボートの方は、真鯛がご所望とのことで、「何かヒットですか? 鯛ですか?」と。


「何かは分かりませんが、断じて真鯛ではありません」とお答えして、ファイト継続。


上がってきたのは、良型のアコウ(キジハタ)。

口と腹にフッキングして、真横になっていたので、ものすごく重かったようです。


20170503アコウ.jpg

昨年あたりから、神経締めにチャレンジしていますが、最近根魚を締めるコツがつかめてきた気がします。

鼻の穴から針金を入れ、脊髄に通すと鮮度が良くなるそうです。

上手くいくと、こんな感じで体色が真っ白くなります。

20170503アコウ神経〆.jpg


兎に角、まぐれ当たりのポイントには見切りをつけて、教えてもらったハマチポイントへ移動します。


ラウンド3 vs ハマチ(ブリ?)

ポイントに到着すると、多数の遊漁船やプレジャーボートがジグをしゃくっています。

魚探にも青物反応が、てんこ盛りです。

釣れる気しかしません。

ただここで、少々風が出てきました。

折角、ポイントに入ってもボートが流されてしまいます。

ジグが斜めに沈んで、少しやりにくいです。



構わず、ワンピッチでしゃくっていると、ヒットです。

結構走ります。

40cm弱のハマチってこんなに引く? などと思いながらファイトです。


ジギング用の最強タックルなので、難なく上がっては来ますが、結構楽しませてもらいました。



上がってきたのは、なかなかどうして、良いサイズです。

20170503大ハマチ.jpg

ポイントから外れたので戻って、今度はシーアンカーを入れて流します。

サイズアップを狙って、セミロングのジグに交換しましたが、不発です。

もう一度、小さいシルエットのVSジグに戻して、ワンピッチで誘うとヒットです。

今度は、小型青物らしい引きです。

上がってきたのは、40cm前後のハマチ。

20170503ハマチリリース.jpg

リリースさせてもらいました。

もう一度、流しなおそうと風上に向かって走ると、風が強く波しぶきを浴びまくりです。

これは、撤収した方がよさそうです。

等と考えていると、ヒットです。

レギュラーサイズ40cm程のハマチを釣り上げたところで、急ぎシーアンカーを回収し、出港地に向かって走ります。

勿論、記念撮影をしている場合ではありません。

幸い、出港地に向かって流される風向きだったので、良かったですが逆風だと大変だったかもしれません。

追い波で、転覆しないように注意深く操船し、通常の倍以上の時間をかけて無事帰還できました。

写真で見るとそれ程でもないように、見えますが結構な波です。

20170503波.jpg

無理は禁物、もっと早く撤収すべきだったと思います。

近場の、アジポイントでも結構な波風があったので、ここで納竿としました。

20170503帰港.jpg

出港地周辺では、沢山の鳥たちが出迎えてくれたので、後ろ髪引かれる思いでしたが。


本日の釣果

アコウ(キジハタ) 41cm
ハマチ 44、55cm
ハマチ 40cm位リリース

20170503集合写真.jpg

教えてもらったポイントでのハマチで帳尻は合いましたが・・・。

朝一、真鯛ポイントに向かって転進したところで、あと少し直進していれば、ハマチポイントでした。

わざわざ、ポイントを迂回してしまったようです。



本日のヒットルアー

アコウ(キジハタ)はこれ
おしゃべりに夢中で、力の抜けたシャクリが良かったのでしょうか?

ハマチはすべてこれ
昨年からすっかりエースになりました。

釣行当日は、ハマチ小をお造りでいただきました。
20170503ハマチ刺身.jpg

御馳走様でした。


↓参考になるブログがいっぱいありますョ↓

posted by たぬきち at 21:25 | 福井 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ボート釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする