7月釣行 その2 凪倒れ?

7月13日(土)
5:10~14:30

作戦計画

この週末は海の日の3連休ですが、

いまだ梅雨真っ只中でスッキリしません。


土曜日、風はなさそうで雨も大丈夫そうです。

ただし、前日からの波が残る予報です。

波と言っても、長周期のウネリなので

おそらく大丈夫でしょう。


ということで、今週も行ってきました。


現地着4:20

風は全くありません。

順調に準備して、5:10テイクオフ。

20190713出港.jpg

ラウンド1 SLJ~DAYイカメタル


波打ち際を離れると、予報通り波が高めです。

ただ波高はそこそこあるものの

長周期の緩やかな、いわゆるうねりで、

航行には、さほど影響はありません。


さて今回は、昨年の夏調子の良かった

SLJ(スーパーライトジギング)で・・・

今が旬の鯵を狙います。


・・・・


残念ながら鯵はお留守の様です。


続いて、オモックを沈みてみましたが・・・


何事も起こらず。

結局いつも通りタイラバにチェンジです。



しばらくすると、ボトム付近で何かがヒット!

ズシッと重いけど、全然引きません。

これ魚?

と思った瞬間、プツンという感触でフックオフ。


ひょっとしたら、これはイカ?

ということで、タックルボックスに忍ばせた

メタルスッテを取り出します。

・・・・・・

しかし、何事も起こらず・・・

結果的に朝の貴重な時間を無駄に過ごしてしまいました。



ラウンド2 タイラバ


少し深場に移動して・・・

結局いつも通りタイラバです。

朝の内は、そこそこボートが流れるので

タングステン80gから。



しばらくして、フォール中に違和感が。

気のせい?

次なる巻き上げでヒットです。



本日のファーストフィッシュは・・・

20190713レンコダイ.jpg

小さなレンコダイ。

先ずはお土産確保成功です。



そして、次なるヒットは中層で・・・

ガツンと強いアタリです。


これは大物か?

ところがその後はさしたる抵抗もなく浮いてきます。

根魚かなと思いつつ巻き上げます。

ふと気づきました。

根魚にしては上でヒットしたような・・・・

上がってきたのは



20190713エソ.jpg


ナイスサイズのエソ。

リリース御免。



この後そろそろ潮が動き出す時刻です。

思い切って沖の実績ポイントへ移動します。

ポイントに到着すると同時に・・・

朝からの適度な風が完全に止まります。

ボートが全く流れないので釣り難い状況です。

それならばと、SLJの小さなジグを沈めます。

40gのジグが真下に沈みます。

着底後の一しゃくり目で何かがヒット?

気のせいか?

でも何か重い?

ジグがエビになった?

上げてみると・・・


20190713ヒメ1.jpg

ジグと同サイズの魚が

ヒメ?

この魚の重みを感じられた

自分をほめてあげたい!?

・・・・

気を取り直して第2投。

すぐにヒットです。

上がってきたのは・・・

20190713ヒメ2.jpg

同じ魚!

SLJはスーパーライトな魚しか釣れません。



ということでタイラバに戻しますが・・・

相変わらずボートは流れません。

シンカーを80→60gにしますが・・・

垂直に沈みます。

そしてアタリは遠のきます。


1時間後待望のヒットです。


上がってきたのは

20190707ガシラ.jpg

レギュラーサイズのガシラ。

なんとか、お土産追加です。

そしてまた沈黙の時間。

ネクタイをショートタイプに変えてみますが・・・

反応なし!

シンカーを緑色の45gにチェンジしてみます。

すると効果覿面。


上がってきたのは

20190713ガシラリリース.jpg

小さなガシラ。

これはエアーを抜いてリリース御免。


まだまだ厳しい時間が続きます。


1時間後

20190713アヤメカサゴ.jpg

綺麗な色彩のガシラ??

アヤメカサゴです。

エアーを抜いても再起不能につき

有り難くキープさせていただきます。


ラウンド3 インチク


ここでタイラバに見切りをつけて

インチクを取り出します。

スローピッチのタックルにセットします。

作業中にふと目を向けると・・・

魚探に良さそうな反応が・・・

大型青物の群れでしょうか?

急いで投入しますが

20190713青物反応.jpg


完全に通り過ぎた後にルアーが沈んでゆきます。

折角の数少ないチャンスを逃したかも。

それでも、気合をいれなおして誘います

青物を意識して早めのワンピッチで。

シャック、シャック、シャック、シャック、

シャック、シャック、ズシ!

???

竿を持つ手に、何か違和感が伝わってきます。

長周期のうねりのせいかな?

シャック、シャック、シャック、シャック、

シャック、シャック、フワッ!

???

またうねりのせい?

ここで、魚探を確認すると

20190713ショートバイト.jpg

インチクの奇跡に、何かがついてきています。

俄然、しゃくる手に力が入ります。

ストップを交えながら誘っていると

追ってくる魚が魚探にはっきり写ります。



ボートが流れないと、釣り難いことこの上無いですが・・・

魚探に色々写って、これはこれで面白いです。



そして何度目かのストップで!

20190713ヒット.jpg

シャックシャックシャックシャック

シャックシャック、ストップ!

ドスン!!


待望のヒット! しかも大物間違いなし!!



次の瞬間、凄い力でラインが引き出されます。

このまま走らせると、根に巻かれると判断し

ドラグを締めて、スプルーを指で抑えますが

それでも、ズルズルと出されます。


渾身の力でこちらを向かせて、

さあファイト!!

と思った瞬間

急に軽くなってリールがスイスイ巻けます。


残念!!!フックオフです。


千載一遇のチャンスを逃してしまいました。



魚が急反転してこちらを向いたときなのか?

それともウネリの谷へボートが向かう時なのか?

ほんの一瞬、ラインテンションが緩んで外れた感じです。



それからしばらく・・・

インチクをしゃくり続けますが・・・・

もうチャンスは訪れることはありません。


1時間後、しゃくる手に違和感が・・・

ヒット???

巻き上げるとずっしり重いけど・・・

少しゆっくり巻くと無抵抗

シャクリに力が入りすぎてエビになった?

巻き上げて確認してみると・・・



20190713エソ2.jpg

小さなエソ、リリース御免。


ラウンド4 タイラバで根の真上を


時刻はもうすぐ正午。

最後に沖の沈み根を一流しすることに。

大鯛や青物は根の周辺で釣れることが多く、

根の真上を狙うと、根魚が先にヒットする

そんな、イメージがあります。


しかし、今日の貧果を思うと、

根魚でもなんでも、お土産が追加できたらOK

沈み根の真上に移動します。

とは言っても、風が弱く流れる方向も定まりません。

何度か位置を微調整して

根の上を流れるラインに乗った気がします。




しばらくして、ど真ん中に差し掛かったところで・・・

ボトム付近で、何かがヒット!

この引きは・・・

狙い通り(?)の根魚か?


上がってきたのは・・・・

20190713ガシラ2.jpg

レギュラーサイズのガシラ。

お土産追加成功!



ここで、時刻は12:00を回りました。

諦めきれずにタイラバを巻き続けます。

この日は3連休の初日なので・・・

久々に長時間労働で釣れるまで粘るか?


等と考えていると・・・


フォール中にコンコンコン!と前アタリが・・・

思い切って巻きアワセを入れると・・・・

ズシ!と乗りました。


勢いよくラインを引き出して走ります。

大物確定!!

慎重にファイトして・・・

約5分後に大きな気泡とともに浮いてきたのは・・・




20190713真鯛1.jpg


立派な真鯛!!!

20190713真鯛2.jpg

60オーバーです!


この後も魚探には盛大な反応が!

20190713ファイト中.jpg

すかさずタイラバを沈めると・・・・

ヒットです!

20190713アコウ.jpg

小さなアコウ(キジハタ)、リリース御免。

そして同サイズのガシラも(写真無し)リリース。

やっぱり、根の真上は根魚ですよね。

先程の真鯛は本当にラッキーでした。




その後、折角の連休初日なので2時間程、

インチクやらオモックやら、

はてはキャスティングまで、

いろいろ修行しましたが・・・



徒労に終わりました。

「仕事が終わったら、だらだら残業せずに、

さっさと帰りましょう!!」


本日の釣果

20190713集合jpg.jpg

真鯛    65cm
レンコダイ 30cm
ガシラ  ~32cm 2尾
アヤメカサゴ 26cm


エソ   リリース ×2
ガシラ小 リリース ×2
アコウ小 リリース ×1

厳しい戦いでしたが、最後の真鯛は・・・

海の神様からのお恵みでしょうか!?




釣行当日は真鯛をお造りで

20190713真鯛刺身.jpg

美味い! お酒が進み(過ぎ)ます!

7月釣行 その1 梅雨の晴れ間に・・・

7月7日(日)
5:00~10:00

事前の作戦計画

この週末、梅雨まっただ中ではありますが、

雨は大丈夫そう(?)な予報です。

土曜日、微妙に強めの風予報のため、断念。

日曜日の回復に期待することに。


海の予報はこんな感じでしたが、琵琶湖はべた凪、

絶好の釣り日和なのですが、悲しいかな鱒釣りの漁期は、

先月末で終了してしまいました。 残念!



日曜日の予報は、見る度良い方向に。

これなら行けそうです。

今回は、約半年ぶりにあつPさんとご一緒することに。


日の出と共に出港できるよう真夜中に出発。

途中、コンビニで食料を調達して再出発・・・

と、見たことの有る車が登場。

あつPさん、1時間遅れの出発のご予定の筈ですが・・・

前夜全然眠れず、早めの出撃とのこと。

そのまま、ご一緒に現地着。


順調に準備を進め、5:00出港!!

20190707出港.jpg
(ピンぼけ御免)



ラウンド1 vs ウネリ


港をでると、かなり前方を走っていたはずの

あつPさん艇が急接近。

???

すぐに、原因は判明しました。

予報に反して、ウネリが大きく、おまけに向かい風。

ゆっくりしか進めません。

事前に考えていたポイントまで行くのは厳しそうです。

しばらくは近場を探り、早めに海況が良くなったら

遠征することに決めます。



しかし、この風向きだと、出港地に押し戻されるので、

できるだけ進んでから、釣りをはじめたいところ。


えっちらおっちら、何とか60mラインまで

到達したところで釣り開始です。



ラウンド2 vs 真鯛?

事前の作戦では、SLJで鰺を狙ったり・・・

DAYイカメタルでマイカを狙ったり・・・

等と妄想しておりましたが、

軽いジグやスッテでは、底取りが大変そうです。


と言うことで、いつも通りのタイラバを。

普段より重めのタングステン80gに・・・

赤+グローカラーのショートカーリーのネクタイです。


第1投・・・・

ボトム付近で何かがヒット!!!

軽い! そして引かない!


上がってきたのは、小さなガシラ(カサゴ)

20190707ガシラ小.jpg

幸いダメージも無く元気いっぱいなので

リリース御免。


そして、数投後。

またまたヒット!!

さっきよりは引く?

そうでもない?

まあ、途中の反撃は多少有りましたが・・・

あがってきたのは

ちょっとサイズアップのアコウ
20190707アコウ小.jpg

エアーを抜いてリリース御免。






そして更に数投後・・・・

ショートカーリーのネクタイのシルエットが小さいので、

小物ばかりヒットするのかな?

長目のネクタイを準備して・・・・

交換のため巻き上げようとしていると・・・


ヒーーーット!!


今度はちょっとは巻きごたえの有る魚がヒット!!

最初は、時々竿を叩くので、チャリコやレンコ?

と、思う程度の引きでした。



ところが、残り10m付近から猛反撃が始まります。

ビュビューンとラインを引き出して走ります。

あっという間に20m以上持って行かれます。


ドラグを締め直して慎重にファイトしますが・・・


残り10mからは、全然上がってきません。

しかも、右に左に走り回ります。



何とか浮かせて慎重にネットイン!


20190707ハマチ.jpg

50cmオーバーのナイスなハマチ!!

狙いとはちょっと違うけど、

うれしいお土産キャッチ成功です。



ラウンド3 修行の時


ここで、準備しておいた長めのネクタイにチェンジ。

これがいけなかったのか?

それとも時合いが終わったのか?

はたまた、ポイントを外れたのか?

とにかくアタリが遠のきます。



リトリーブスピードを変えたり・・・

再び同じラインを流しなおしたり・・・

インチクを試したり・・・


全く反応がありません。



2時間経過

20190707梅雨空.jpg

梅雨の晴れ間の予報でしたが

どんより梅雨空の海



ここで朝の内、連発で釣れた

ショートカーリーのタイラバに戻します。


ポイントをだいぶ通り過ぎたので、

そろそろ流しなおそうか?

等と考えていると・・・・



久方ぶりのヒットです。

結構な重量感です。

そして時々思い出したように引く魚




上がってきたのは

20190707アコウj.jpg

まずまずサイズのアコウ(キジハタ)

嬉しいお土産追加成功。



ここであつPさんは船酔いのため

戦線離脱されるとのこと。


この頃からうねりが少しおさまり

風も落ち着いてきました。

事前計画通り沖の実績ポイントへ向かうか?

天気予報を再確認すると

この後、風が少し強まる感じ?

自重して近場の実績ポイントを流します。




なかなかアタリが出ないので・・・

魚の目を引くであろう

長めのネクタイにチェンジします


すると、ボトム付近でコ、コ、コンと

前アタリが・・・

しかし乗りません。


このあと、続けざまにショートバイトが・・・

長いネクタイの先っぽを噛んでいる様子。

やっぱり短いネクタイの方が良かったか?

でも、それではアタリが出ないし・・・

なかなか上手く行きません


しばらくやっていると

ボトム付近でヒット

今度はしっかり掛かった様子。

しかし引きません。



上がってきたのは

20190707ガシラ.jpg

レギュラーサイズのガシラ(カサゴ)



その後、予報通り風が強まりだしたので・・・

ストップフィッシングとしました


上陸すると、急に青空に。

夏の太陽が照りつけます。

念天下の、地獄の撤収作業となりました。



本日の釣果


20190707集合.jpg

ハマチ 56cm
アコウ 39cm
ガシラ 34cm


お土産としては十分ですが・・・

今にして思うとタイラバのシンカーを

少し軽めにするとか・・・

ネクタイのカラーチェンジとか

試せることはいろいろあったかも

修行がたりませぬ。




釣行当日はハマチをお造りで

20190707ハマチ刺身.jpg

この季節にしては、適度に脂ものって

期待以上の上ものでした!

御馳走様でした!

ビワマスシーズン終了

この週末、土曜日は仕事。

日曜日、天気が良ければ、今季最後のビワマスへ!

と、目論んでおりましたが、本降りの雨のため断念。

結局、最終の6月は一度も出られないまま・・・

今期のビワマスシーズンは終了しました。

(ガイド船に乗れば9月まではOKですが)





採捕状況報告書提出


早速、採捕状況報告書に今シーズンの釣果を記入、

章旗とともに提出しました。

20190630ビワマス報告.jpg

結果は、出船回数5回、採捕数21尾。

もうちょっと回数を重ねないと・・

釣果も腕もあがりませんね!


ここ数年の釣行回数と釣果です。

20190702ビワマス釣果推移.jpg

今シーズンは、出船回数、釣果共に例年通り

といったところでしょうか。



こちらは、月別の釣果

20190702ビワマス月別釣果.jpg

以前は、9月までが漁期で、

海が海水浴シーズンで混雑する時期に

ビワマスを釣っていたので、

これからが、最盛期だったのですが

残念ながら、近年のレギュレーションでは、

6月で漁期は終了。

今シーズンは、例年良く釣れる6月には

一度も出船できませんでしたが・・・

それでも例年並みの釣果だったので、

まあまあ上出来と言えそうです。

でも、やっぱりもう少し出船の頻度を

上げないと、上達は望めませんね。




釣りに行けない週末は植物と戯れて


雨で、釣りに出られないので・・・

プランター栽培の芋ほりや

20190626ジャガイモ.jpg

ご近所からいただいた梅をつけこんで、

20190630梅干し.jpg

昔ながらの潮たっぷりの梅干しに。






梅雨で雨の日が続きますが・・・

さて、次の週末は天候はいかがでしょうか?

6月釣行 その2 迷った挙句選択ミス?

6月22日(土)
5:30~10:00

作戦計画


梅雨入りしそうでしないまま、迎えた週末。

漁期もあとわずかとなった、ビワマス釣りをと

目論んでおりました。

ところが、金曜日の夕方の予報では・・・・

海でも出船できそうな感じ?

波風は全く問題無し!

ただ、朝の内だけ雨が降るかも?

取りあえず海の準備をして・・・

早めに休みます。



出発直前の午前3時、

最新の天気予報を確認します。

なんと、予報は良い方向に・・・。

朝の内の雨も問題なさそうです。


喜び勇んで海に向かいます。

現地着4:30。

すでに明るくなっています。

大急ぎで準備して出港!

20190622出港.jpg



ラウンド1 vs 土砂降り


暫らくボートを進めていると、小雨がぱらつき・・・

そして、雨脚が激しく・・・。

目指す沖合には、稲光が!

このまま、進むのは危険そうです。



このあと、天候は回復する予報なので、

出港地近くで待機。


しかし、雨脚は強まるばかりです。

全然回復する兆しはありません。

諦めて出港地に戻ります。

土砂降りの中、全身ぬれねずみで帰港。

車の中でしばらく待機です。

20190622土砂降り.jpg


こんな事なら、予定通り湖へ行くべきでした。

最新の天気予報を確認すると・・・

まだまだ、雨が降り続きそう

しかし、1時間程すると少し小降りに。


意を決して、二回目の出船です。




ラウンド2 vs 真鯛


近場のポイントに到着!

まだ、小雨は降り続いていますが、

釣りはできそうです。


まずは、いつも通りタイラバを沈めます。

しかし、雨もさることながら、結構な風です。

なんか、予報は外れまくりの様です。


一投目、底から10m程巻き上げて再び底へ・・・

3度目の底取りのあと・・・

ちょっと、魚探を見ていると・・・

リールからけたたましい音が。

ドラグを滑らせて、凄い勢いでラインがでて行きます。

慎重にドラグをしめてファイト開始。

しばらくは、全く巻けません。

大物確定です。

10分程のファイトの後

上がってきたのは


20190622真鯛1.jpg

きれいな真鯛。

20190622真鯛2.jpg

何と70オーバー

幸先良すぎです。





ラウンド3 vs 風波


真鯛とのファイト中に、風が更に強まっています。

釣りを続けるだけなら、このまま流しても良かったのですが、

実はこのあと、9時~10時頃に、仕事の電話が

掛かってくる予定があります。


冷静に応対ができるよう、少し波穏やかな

浅場に移動します。





水深30~40m。

こんな浅場で、魚が釣れるのやら?



1時間程、全くアタリが出ません。

やはりこの水深では釣れないのか?

時刻はもうすぐ10時です。

諦め半分でタイラバを巻いていると・・・

ボトム付近で何かがヒット。

重いだけで、あまり引きません。

根魚かと思って巻き上げますが・・・

あと20m付近で少し反撃を見せます。

上がってきたのは

20190622ホウボウ大.jpg

ナイスサイズのホウボウ。

魚を処理して、タイラバを沈めると・・・

巻き上げ直後にヒット!!

今度は竿先を叩きます。

この感触は・・・・?

上がってきたのは

20190622ホウボウ小.jpg

レギュラーサイズのホウボウ。

出港地の目と鼻の先で、ホウボウの巣を発見しました。


そして、ちょうど10時に、約束の仕事の

電話が入ります。


電話対応し終わったころから、風がさらに強まり

沖を見ると白波もちらほら立ち始めたので、ここで撤収。






本日の釣果


20190622集合.jpg

真鯛 71cm

ホウボウ ~39cm 2尾

まともに釣りができたのは、ごく短時間でしたが・・・

幸い釣果に恵まれました。

釣行当日は、真鯛をさばいて・・・・


比較的スマートだったので産卵後かと・・・

思っていましたが・・・

立派な真子が入っていました。

真鯛肝&真子煮つけ.jpg

肝とともに煮つけに。


そしてお造り。

20190622真鯛お造り.jpg

サイズの割には、結構柔らかくて・・・・

刺身も美味しくいただけました。



予定通り湖に行けば、もっと長時間釣りが

出来がかもしれません。

完全に出船場所を誤った感じですが、

その割には、釣果に恵まれラッキーでした。

5月釣行 その2 できすぎです!

5月11日(土)
5:10~10:00

作戦計画


大型連休後半は不発に終わったので・・・

早々にリベンジの機会をと考えていたら・・・

この週末は絶好の釣り日和!

土曜も日曜も、微風の絶好のコンディションです。

こういう場合は、直近の予報精度が高いので・・・

土曜日に出撃するのがセオリー。

予報サイトによっては、午後から少し風が出そうなので・・・

できれば、午前中に結果をだすのが目標です。


先週、やや出遅れたので・・・・

ちょっと早めに家を出て・・・

4:20現地着、5:10出港!!

20190511出船.jpg

※今日は大物の予感(?)がしたので、
 大きい方のネットです!!

20190511ネット.jpg


ラウンド1 vs 真鯛


前回、近場から探索している内に・・・

沖のポイントが先行のフカセ船で一杯だったので・・・

今回は沖の真鯛ポイントへまっしぐら!!



のつもりでしたが・・・

途中ナブラまではいかないモジリを発見。

キャスティングの準備をして・・・

手間取っている内に消えてしましました。




ということでポイント到着時には・・・

結構大規模な船団が。

仕方がないので、少し手前のポイント付近を流します。

タングステン60gのタイラバを沈めます。

今日は風穏やかなのでどてら流しです。

ボートが根の周辺に差し掛かった時・・・

ボトムでヒット!!



上がってきたのは・・・

20190511アコウ.jpg

まずまずサイズのアコウ(キジハタ)

お土産確保成功!!



すぐにタイラバを沈めて・・・

フォール中に魚を処理します。

そろそろ着底?

ロッドを握って巻きはじめると・・・

底から10巻きほどすると・・・

ヒット!!

ズシッと重い・・・全然巻けません!!

でも重いだけ?

???

数秒後・・・

猛然とダッシュしはじめます。

大物確定です!!

一挙に10m以上走られました。

慎重に少しずつドラグを締めて・・・・

ファイト開始です。

ヒット時50m台だったカウンター。

暫らく一進一退を繰り返します。

ポンピングしても全然巻けません。

更に少しずつドラグを締めて

寄せてきます。

順調に寄せて30m台に入ったところで・・・

ピタリと止まって全く巻けなくなります。


そして、またまた猛ダッシュ!

アッという間に60m前後。

折角巻いたのに、またやり直しです。

この走りっぷりは真鯛では無さそう?

どえらいものを掛けてしまったようです。

この後も何とか30m台までは寄せるのですが、

そこから全く浮いてきません。

逆にまた走られて元の木阿弥。

どうも良型の青物の様です。


以前にメジロ(ワラサ)クラスは何度か

タイラバで釣り上げたことはありますが・・・

こいつはその時の手ごたえとは全然違います。

幸い底は切っているので・・・

気長にファイトするしかなさそうです。

15分程経過

魚が一休みした隙にグイグイ巻いて・・・

再び30mまで来ました。

しかしここから全く巻けません。

暫らく膠着状態が続き・・・

意を決して更にドラグを締めます。

ラインテンションは限界です。

これで少し巻けるようになります。

すると魚も観念したのか・・・

一気に10mを切るところまで寄ってきます。

しかし5~6mの所でまたびくとも動かなくなります。


しばらくすると水中に魚体が!

大きな青物です!!


水面下2m位まで浮いてきましたが・・・

ぐるぐる旋回するばかりで浮かんできません。

もう目と鼻の先ですが、ネットは届きません。

どうやってもドラグが滑って巻けないので・・・

左手の親指でスプルーを送りつつ巻きます。


姿が見えてからも5分程格闘して・・・

漸くネットイン!!!


20190511ブリランディング.jpg

立派なブリキャッチ成功!!!

20190511ブリ.jpg

タイラバタックルでのファイトは流石に厳しい!

今日の体力は使い果たした感じです。






ラウンド2 vs 青物

ファイト中にかれこれ500m近く流されたので・・・

元のポイントに戻ります。

タイラバにまた青物がヒットしたら大変なので・・・

ジギングにチェンジです。

魚探には相変わらず盛大に反応が出ています。

いいところにジグは入っているように見えますが・・・

20190511魚探反応.jpg

全く食ってきません。

カラーチェンジしてみたり・・・

スローピッチに変えたみたり・・・

何をやってもダメです。


先程のファイトの疲れもあって・・・

もう腕がだるくなってきました。

やっぱりジグをしゃくれない体になったようです。

ということで、この流しは何も起こらず。



ラウンド3 vs 真鯛


再び元のポイントに入りなおして・・・

タイラバにチェンジします。

青物のリスクはありますが・・・

そうそう何本もブリがかかることもないでしょう。



再開後第一投、底から8巻きほどの所で前アタリが・・・

タイラバに変えると効果覿面です。

暫らくそのまま巻いていると・・・

突然、凄い勢いでラインが出されます。

またまた大物確定です。

しかし今度の魚はそれ程長い距離は走りません。

竿を叩く独特の小気味よい引き・・・

40m付近で多少抵抗はありましたが・・・

後はすんなり上がってきます。

水中に見えた魚体は?

細長い? 白い?

いやいや、赤い魚です。


20190511真鯛.jpg

ジャスト80cmの立派な真鯛!!

本命キャッチ成功です!!


朝からヒットするのは・・・

この根回りのポイントのみです。

ならばあまり遠くまで流さずに・・・

ポイントを過ぎたら早めに戻ることに。



次の流しも引き続きタイラバです。

今度は食べごろの真鯛が欲しい・・・

等と勝手な妄想を抱きつつ巻き巻きします・・・

今度も物の5分もしないうちにヒットです。


一瞬ラインを出されますが・・・

その後は比較的おとなしく上がってきます。

時々思い出したように暴れますが・・・

それ程強い引きではありません。

根魚にしてはよく引く感じですが・・・



上がってきたのは・・・

20190511アコウ2.jpg

サイズアップのアコウ(キジハタ)

これは美味しそう!?


タイラバを丸呑みだったので・・・

リーダーが傷ついていないかチェックして・・・

問題なさそうなので即投入です。

フォール中に魚を処理して・・・

釣り再開・・・巻き上げ開始・・・

そして三度目のフォール中・・・・

途中でラインが止まります。

軽く合わせを入れると・・・

乗りました・・・

ヒーーーット!!

そして猛ダッシュです!!

アコウを処理してすぐに大物!!

デジャビュ!?

なんか朝一番の鰤の再現の様です。


しかし今度の魚は違いました。

そのままグングンラインを出して・・・・

ドラグを締めるタイミングを計っていると・・・

フッとテンションがなくなります。

フォール中のアタリだったので・・・

フッキングが甘かった?

いや、ラインブレークです。

先程のアコウの後のチェックが甘かった?

さほどテンションがかかる前に切れたので・・・

きっとリーダーが傷ついていたためかと・・・

反省していましたが・・・

上がってきたリーダーは・・・

ちょっと力を入れて引っ張るとプチプチ切れます。

どうやら根に巻かれて傷だらけのようです。

してみると反省すべきは・・・

大型青物のいるポイントで細仕掛けの・・・

タイラバを選択したのが悪かったようです。

ラインブレークは魚に対しても、海に対しても・・・

負荷が大きいので大いに反省しなければ。








ラウンド4 vs 真鯛?青物?


ということで、手にしたのはPE#3を巻いた・・・

最強のジギングタックル。

しかし、自分のジグには今日の魚は(今日に限らず?)

見向きもしてくれません。

取り出したのは最近出番の減っていたこのルアー?インチク?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

巻きジグ VOLT 180g グローストライプシャイナー
価格:1771円(税込、送料別) (2019/5/12時点)

楽天で購入

これの120g。最近あまり売られていませんね。

良く釣れるのに・・・・


スピニングタックルではやりにくい??

まあ何とかなるでしょ!


時刻はまだ9時前です。

気を取り直して釣り再開。

次の流しも例の根回りで早々にヒット!

これはあまり引かない魚です。

上がってきたのは・・・

20190511ガシラ.jpg

小さめのガシラ(カサゴ)

出目金状態につきキープです。

タイラバ以外でも釣れました。

この後、風向きが少し変わります。

丁度アタリの出ている根の風上側に・・・

遊漁船がやってきてアンカリングします。

良いポイントに入りにくくなりました。


邪魔にならない程度の距離を置いて・・・

流しなおします。

この流しも開始早々とヒットです。

ボトム付近でガツンとあたって・・・

やたらと重い魚です。

最強タックルなので難なく浮いてきますが・・・

何でしょうか、この重さ!

上がってきたのは・・・

20190511ヒラメ.jpg

ヒラメです。

口と鰓ぶたに針掛かりして横向きになっていたので・・・

重い重い!!

兎に角これはうれしいお土産です。

時刻は9:30を回りました。

もうすぐ潮どまりを迎えます。

釣果としてはもう十分です。

風向きはちょうど出港地に向かっています。

なので、このまま10:00ごろまでやって。

そのまま上がることにします。


底から10m、20m付近を・・・

リフトアンドフォールで攻め続けます。


ボトムからスローピッチ風に小刻みに・・・

誘いあげていると・・・

フッとルアーの重みがなくなります。

これは魚がくわえたに違いないと思い・・・

思いっきりリールを巻きながら・・・

アワセを入れますが・・・手応え無し。

更に巻いて巻いて、大きくアワセます。

ガツンと重みがのって・・・

何とかフッキング成功!



最強タックルにも関わらずドラグが滑って・・・

ラインが引き出されます。

これは大物です!!

このまま走られて根ずれで切られたら・・・

タックルチェンジした意味がありません。

限界までドラグを締めて・・・

少々強引にファイトします。

3分後・・・

水中に魚影が見えてきました。

20190511ヒラマサ?.jpg

良型の青物です。

鮮やかな黄色いラインはヒラマサか?

ネットの準備をしつつ寄せてきます。

円を描きながら浮いてきます。

船縁まで来ますが、もう一周回して・・・

ところが半周ほど回ったところで・・・

ひと暴れ! フッとテンションがなくなります。

「あっ!あ゛ーーー」

思わず天を仰いで叫んでしまいました。

ブリだかヒラマサだか確認はできませんでしたが・・・

おそらく最初の鰤よりは大きそうな魚!

残念!

ドラグを締めすぎて口切れしたのか?

それとも、フッキングが甘かったのか?

まあ、これをバラすところが・・・・

自分らしいのかも・・・

お土産の量としては、これでも多すぎるぐらいです。

その後10時まで粘りましたが・・・・

流石にもうチャンスは来ませんでした。




本日の釣果


20190511集合.jpg


ブリ   88cm
真鯛   80cm
ヒラメ  48cm
アコウ ~41cm 2尾
ガシラ  33cm


釣行当日はヒラメをお造りで

20190511ヒラメ刺身.jpg

そして、いつもの様に

ブリと真鯛の胃袋と心臓を湯引きポン酢で

20190511真鯛と鰤の胃袋心臓湯引きポン酢.jpg


美味い!!! 飲みすぎ注意!!!