2017年03月20日

3月釣行 その3 やっぱり厳しい3月の海

3月18日(土)
6:10~15:30

作戦計画

この週末は3連休ですが、日曜日は所用があり釣行には出られません。

幸い土曜日がそこそこの海況の様です。

先週に続き、あつPさん達とご一緒することになりました。


行く先は、先月に出港地近くの内湾で、尺アジが釣れたポイントです。

基本的には、外海で鯛や根魚を狙い、風が強めなら近場でアジ狙いという作戦です。

直前の天気予報によると、外海に出られそうな感じです。


ラウンド1 vs 鯛族

あつPさんたちは、7:00頃出港予定とのことなので、先に準備を進めます。

いつになく、順調に準備が完了し、日の出直後の6:10、お先に出航です。

20170318出港.jpg

風は弱く、十分外海に出られそうな海況です。

一緒に準備していたボートの人達が、近場でアジを狙っているのを横目に沖のポイントに向かいます。

適度にボートが流れる程度の風で、釣りはやり易そうです。



まずは、得意のインチクを沈めます。

魚探には、ボトム付近に反応他出ていますが、全くアタリがありません。



何度目かの流し直しです。

全く反応がないので、ここは手堅くジグサビキを取り付けます。

そして、砂泥底をインチクで叩いて、砂煙を上げて魚を誘います。

しばらくやっていると、狙い通りボトムでヒットです。


引きは弱く重量感もないので、レンコダイやアマダイだとすると、極小サイズです。

上がってきたのは、ホウボウ??

ちょっと違う??



小さなカナガシラでした。
20170318カナガシラ.jpg

水深も浅く元気そうなので、リリースさせてもらいました。

ごめんなさい。



その後、アタリもなく時間だけが過ぎてゆきます。


ラウンド2 vs 根魚?鯛族?

しばらくすると、風が完全になくなりベタ凪の状態です。

思い切って、沖合の根回りを攻めてみることにします。



大移動して、ポイントに到着。

中層から下に、まとまった魚探反応が出て、期待が持てそうです。

手にしたのは、迷わずインチク+ジグサビキ。





しばらくすると、ボトムで何かがヒットします。

すぐに抵抗をやめる、この潔さは、


小さなガシラ君でした。

20170318ガシラ1.jpg

色々飛び出して再起不能の様子ですので、本日1尾目のキープです。





時々、ボトム付近でアタリがでるので、鯛族狙いでタイラバに切り替えます。



答えは、すぐに出ました。

狙い通り(???)ボトム付近でヒット。








でも、すぐに抵抗しなくなる潔さ。

ガシラ小、追加です。

20170318ガシラ小2.jpg

ここのポイントには、このサイズの根魚しか、いないようです。



ラウンド3 vs 今度こそ鯛族?

---- 中略 ----

時刻は11:00を過ぎました。

ここまで、リリース不能になったガシラのみという貧果です。

また少し風が出てきたので、出港地近く砂泥底に移動します。

タイラバで何度か流していると、とある潮目に差し掛かるとアタリが出ます。

載せきれないので再度流しなおすと、また同じ潮目でアタリです。


今度は、無事フッキング。





上がってきたのは、極小サイズのガシラ。

20170318ガシラ小.jpg

今日はこれしか釣れないのでしょうか?

元気そうなので、リリースさせてもらいました。



少しづつ水深の浅い方に、流すラインを変えます。

また、ちょうど似たような潮目に差し掛かると、頻繁にアタリが出ます。

何度目かのアタリで、上手くフッキングしました。



こんどは、先程のガシラよりはよく引きます。

上がってきたのは、



レギュラーサイズのホウボウ

20170318ホウボウ小.jpg

貴重なお土産、確保成功です。




続いてヒットしたのは、重いだけの根魚。

20170318アオハタ.jpg

極小のアオハタ君。

元気そうなのでリリース、ゴメン。



ここで、あつPさん達と合流。

しばらく一緒に流しますが、アタリが遠のきます。

「そろそろ、近場のアジのポイントに移動します。」と宣言し、タイラバロッドを片付けます。



インチク+ジグサビキも片付けようと手に取りましたが、最後にもう一投してみました。

するといきなりボトム付近で、ゴンゴンという強いアタリが出て何かがヒットです。

ファイト中も、ずっと竿を叩き続けます。


最後に良い魚が釣れたと、ニンマリしながらファイトしていると、



あと10mというところで、プッツリという嫌な感触とともに、バレてしまいました。

ガックリです。


でも、このままではやめられないと、再びインチク+ジグサビキを沈めます。

しかしその後は、ヒットすることもなく、今度こそ移動しようと片付けます。



そして、最後に残ったジギングタックルも片付けようと手に取ります。

どこで、使ったか記憶は定かではありませんが、VSジグ140gが付いています。

折角なので、これも最後に沈めてみます。


すると、フォール中着底直前にアタリが出て、ヒットです。

と思ったら、3秒後フッとテンションが抜けて、またまたバラシです。


今日はこういう日かと思いながら、しつこくボトム付近でしゃくり続けます。

おそらく青物はいないので、あまり早く巻いてもダメだと思い、1/2~1/4ピッチで誘います。

バラシも多いので、念のためドラグを緩めにセットします。


すると願いがかなったのか、再びヒットです。

今度はがっちりフッキングしたようです。



青物狙い用のタックルなので、いとも簡単に上がっては来ますが、結構な重量感です。

緩めのドラグとはいえ、時々チリッチリッと滑る音がします。





あつPさんたちに見守られながら、上がってきたのは、



ナイスサイズのホウボウでした。

20170318ホウボウ大.jpg

粘ったかいがあって、うれしいお土産確保です。

ここまでを、動画にまとめてみました。

お暇なときにどうぞ。



ラウンド4 vs 尺鯵

最後に近場で、メガアジをサクッと釣って締めくくろうと、出港地近くのポイントに移動します。

朝からアジ狙いのボートの方がいたので、今日の状況を聞いてみると、「ぜんぜん釣れません」とのこと。

これは厳しいのかもと思いつつ、とりあえずやってみることにします。


手にしたのは、アジングタックル(?)ではなく、もちろんサビキ仕掛けです。

迷わず、先月良く釣れたカラーを選びます。



しばらくやっていると、魚探に画面の下半分が真っ赤になるような反応が出てます。

直後にヒットです。

でも、尺鯵の強烈な引きではありません。




上がってきたのは、15cm程の小アジ。

20170318豆アジ.jpg

前回も、こんなのが少し混じっていたので、サイズアップに期待して続けますが、ダメです。

そもそも、群れがほとんど回って来ません。


たまーに、釣れるのは小アジサイズです。




この子を泳がして、ヒラメでも狙おうかと思いバケツに入れました。

201070318アジ2.jpg


しかし、ポイントもよくわからないし、時間も遅いので思い直して、写真撮影だけさせてもらってリリースです。

釣れそうもない中、寒さをこらえて2時間以上粘りましたが、何事も起こらず終了となりました。


本日の釣果

20170318集合.jpg

ガシラ  25~26cm 2尾
ホウボウ 32~45cm 2尾

カナガシラ小 リリース
ガシラ小 リリース
アオハタ小 リリース
小アジ リリース 5尾ほど(?) 


本日のヒットルアー


ジギングサビキ

色々釣れますが、リリース

サイズも多いので反省



タイラバはアタリは多かったですが、なかなか乗せきれません。
ネクタイはオレンジ系+
ゴールド系

いつものように効果はあり
ましたが、先端だけを噛んで
針がかりしていない様子でした。
短く切ってフックに刺すと
少し改善した気がします。

そして、良型ホウボウはこれです。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ダイワ(Daiwa) ソルティガ VSジグ 140g PH赤金 04827591
価格:1640円(税込、送料別) (2017/3/20時点)

今シーズンも活躍してくれる

ことを、期待しています。



釣行翌日、ホウボウ大をお造りでいただきました。

20170319ホウボウ刺身.jpg

頭の大きい魚で、刺身は歩留まりが良くありませんが、それでもボリューム満点。

おいしゅうございました。



↓参考になるブログがいっぱいありますョ↓

posted by たぬきち at 21:45 | 福井 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ボート釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月12日

3月釣行 その2  3月の海はやっぱり厳しかった 編

3月12日(日)
6:40〜14:10

あれ!? 先ほど何も書き込まずにアップしてしまったようです。
失礼しました。

あらためて、更新しました。

作戦計画

今週は、日曜日が絶好の海況です。

先週に引き続き、真鯛狙いで行ってきました。

今回は、久々にあつPさん、課長様コンビとのコラボです。

この時期、日に日に日の出の時刻が早くなります。

6時過ぎには、すっかり明るくなっています。

日の出と共に、出港と考え準備を始めましたが、例によってダラダラと時間は流れ、6:40出港です。

20170312出港.jpg


ラウンド1 vs 真鯛

朝一番から、沖合のポイントで真鯛を狙います。

一投目は得意のインチクです。

着底後一巻き目、ゴンゴンとアタリが!!

残念ながら、乗せ切れません。

でも、出だし好調です。



ところがその後、魚探反応は出るものの、全くアタリがありません。



2時間経過。

潮止まりを迎え、全く釣れる気がしなくなります。

鯛は、厳しそうなので、根魚でもと思い、ボトム中心に狙います。


しかし、タイラバに一度アタリが出ただけ。



ラウンド2 vs ヤリイカ?


全くアタリの出ない魚探反応に、鉛スッテを沈めてみます。

そんなことをしても、釣れるはずもなく、時間が経過するばかり。

時刻は11:00を過ぎ、いよいよ丸坊主の予感が・・・。



ラウンド3 vs 何でも良いのでお土産確保

背に腹は代えられません、ここでインチクにジグサビキを付けて、なりふり構わず、お土産確保を狙います。

すると、漸くボトム付近で何かがヒットします。



小さな根魚の感触です。


ダメージを与えないように、ゆっくり巻き上げます。

あがって来たのは、予想通り小さなガシラ(カサゴ)です。

20170312ガシラ小.jpg

元気そうなので、リリースさせてもらいます。


ここのポイントの魚探反応は、こんな魚ばかりでしょうか?


少し、沖合に移動します。




魚探反応はありませんが、岩礁帯の切れ目の砂泥底で、インチク+ジグサビキを沈めます。

すると、ボトム付近でアタリが出ます。



軽く合わせて、巻き上げます。

先ほどよりは、少し重量感はありますが・・・・・。


上がってきたのは、またまたガシラ(カサゴ)。

残念ながら、色々飛び出してしまったので、キープです。

20170312ガシラ.jpg

続いて、ヒット!!

今度は、根魚では無い感じです。


上がってきたのは、30cm弱のムシガレイ。

この魚に出会うのは、何年ぶりでしょうか?


そう言えば、水温の低い厳しい季節でも、釣れた記憶があります。


ならばと言うことで、ジグサビキでボトム付近をねらい打ちです。

すると、続けてヒット。

先ほどと同じ感触で、ムシガレイ。

サイズアップでしょうか?


20170312ムシガレイ12.jpg


ほぼ、同じサイズでした。



さらに、同様に狙って、もう一枚。

20170312ムシガレイ3.jpg

ちょっとサイズダウンのムシガレイです。



お土産は、これぐらいにして、最後はあつPさん達と合流して、一緒に流します。


すると、ボトム付近で何かがヒット。

こんどは、さっきよりは竿を叩く感じです。

でも、大して重量感はありません。



上がってきたのは、30cmチョットのアマダイです。

20170312アマダイ.jpg

これは、嬉しいお土産です。


その後、最後の一流しを3回ほどやって、終了としました。

本日の釣果

ガシラ 24cm
ムシガレイ 〜29cm × 3枚
アマダイ 32cm
ガシラ小 リリース

20170312集合.jpg

午前中は丸坊主で、どうなることかと思いましたが、何とかお土産は確保できました。


本日のヒットルアー

恥ずかしながら、釣れたのは全てジグサビキです。



先週の真鯛は、やはりまぐれだったようです。

3月の海は、最も厳しいことを、思い知らされました。


↓参考になるブログがいっぱいありますョ↓

posted by たぬきち at 22:02 | 福井 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | ボート釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月05日

3月釣行 その1 最後の最後に奇跡が・・・

3月4日(土)
7:00〜13:00

作戦計画 & 出港準備

この週末は、土日とも穏やかな海況。

こんなチャンスを逃す手はありません。

ということで、行ってきました。

セオリー通り、同程度の予報の場合は、土曜日に行くことに。


ただこの時期の海は、1年の内で最も厳しく、釣れる魚があまりいません。

準備したのは、メバル用のサビキ仕掛け

そして、ヤリイカ用のエギやスッテ
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ダイワ (DAIWA) エメラルダス ダート 2.5号 スッテカラー
価格:788円(税込、送料別) (2017/3/5時点)



さらに当日の朝、釣り餌やさんに寄って、オキアミを少々用意しました。

これだけ、用意すれば何かは釣れるでしょう。


現地着 5:00  ・・・誰もいません。

海況は良いとはいえ、こんな時期にボートを出す、馬鹿は他にいないのでしょうか?

出港を躊躇してしまいます。



少し明るくなり始めた、6:00頃準備を開始します。


しばらくすると、ゴムボートの方が登場。

一緒に浮かぶ人がいると、何故かホットする小心者です。

情報交換しつつ、準備を進めます。

何でも、このブログを見て頂いているそうで、ありがたい限りです。



例によって、ゆっくり準備して、海にこぎ出したのが7:00。

先ほどの、ボーターさんが待ってくれている様子です。

それならばと、ポイントまでついて行くことにします。



途中で左手に遊漁船を発見。

このまま、ついて行くか一瞬迷いましたが、左折して遊漁船のいる方向へ向かいます。

折角待って頂いたのに身勝手な行動、大変失礼しました。




ラウンド1 vs メバル

遊漁船のポイントの少し手前で、釣りを開始します。

取り出したのは、メバルサビキ。

1投目、いきなりアタリが。

でも、掛かりません・・・・

いや、掛かってる?







試しに上げてみると、釣れてました。

20170304ガシラ小1.jpg

マイクロガシラ

水深が30m弱で、何とか泳げそうなので、リリースさせてもらいます。

続いてヒット!
20170304ガシラ小2.jpg

そして
20170304ガシラ小3.jpg

メバルは釣れず、このサイズのガシラしかいないようです。


ラウンド2 vs ヤリイカ

小魚と戯れていても仕方ないので、方針変更。

数年前に、ヤリイカが釣れたポイントに向かいます。

このポイントは、適度に風があって良い感じでボートが流れます。

鉛スッテ + エギ を付けて釣り開始です。


しばらくやりますが、烏賊からの反応はありません。

ボトム付近をタイトに探っていると、根掛かりです。

鉛スッテ+エギをまとめてロストして、心が折れました。





ヤリイカは早々に終了し、この場所でもう一度メバルを狙うことにします。

水深20mから流し始めて、25m位にさしかかった時、アタリが出ます。






小気味良い引きで、上がってきたのは、本命のメバル。

20170304メバル小.jpg

ヨシ! と言いたいところですが、サイズが小さすぎます。

涙をのんでリリース。


しばらくすると、今度は先ほどよりは強いアタリが。




乱暴に暴れながら上がってきたのは、サイズアップの




20170304ベラ.jpg

・・・・ベラ。


ラウンド3 vs 鯛族

ここで、意を決して少し沖に出ることにします。

この時期、青物の情報はありませんが、レンコダイか運が良ければアマダイなら狙えると思います。

最悪、用意したオキアミを投入すれば何とかなるはず・・・・



3時間経過・・・



全く釣れません。

ジギング、タイラバ、インチク。

何をやっても喰いません。



最後は、インチクにジギングサビキを付け、更にサビキの針にはオキアミを付けたりしましたが・・・。



少し前に、岩礁帯と砂地が入り交じる、良さそうなポイントを発見して、流していますが全然釣れません。

時刻は11:30。干潮潮止まりです。

潮が動き出すタイミングをここで迎えるべきか、移動すべきか?

思案していると、移動しようかと思っていた方面から、プレジャーボートがこちらに向かってきます。


プ:「釣れてます?」
た:「ぜんぜん。そちらは?」
プ:「ぜんぜん。エソのみ」

あちらに移動しても、無意味のようです。


すると、そばで釣りを始めたプレジャーボートで、何かが掛かった様子です。

最初は、またエソとか言う声が聞こえていましたが、途中から「鯛」の声が。

こちらの、魚探にも大きな魚影が写っています。

しばらくのファイトの後、見事良型の真鯛を釣り上げられました。



鯛がいるとわかり、俄然やる気が。

先ほどまでの、ジギングタックルは片付けて、タイラバを取り出します。

そして、例のビンビンワームも装着します。



少し潮が動き出して、良い感じでボートが流れます。

ポイントを外れたので、流し直します。


そして、先ほど真鯛の上がったポイント付近にさしかかったときに、ついにきました。

竿先に前アタリが出ますが、すぐには乗りません。

我慢して、そのまま巻き続けると、再びアタリが。

でも、乗りません。

今日はダメなのかと、一瞬諦めかけた時、3度目の正直。

アタリが出て、しっかり乗った感じです。


鯛族特有の叩くような引きです。

最初はそれ程の重量感は無く、食べ頃真鯛か等と思っていました。

ところが、急にリールが巻けなくなり、その後猛烈な勢いでラインが出て行きます。


慎重にやりとりして、何とか少しずつ巻けるようになります。

途中、プッツリと言う嫌な感触がありましたが、幸いバレてはいません。


5分以上のファイトの末、上がってきたのは、




70弱、立派な真鯛です。

20170304大鯛.jpg


ここまでの、貧果を帳消しにする起死回生の一枚でした。

ファイト動画はこちらから。


その後、もうひと流しだけ粘りましたが、追加はなりませんでした。

このサイズが、1枚上がればお土産的には大満足なので、撤収することにしました。


本日の釣果

真鯛 68cm
20170304クーラー小さ.jpg

魚が大きく見えますが、今日の本命はメバル狙いだったので、クーラーボックスが小さいのです。


ガシラ小x3 リリース
メバル小   リリース
ベラ     リリース

片付け中に、通りがかったボーターさんと、いろいろ情報交換。

鯛が釣れたのなら、記念撮影してあげるということで、撮ってもらいました。

20170304大鯛ブツ持ち.jpg

ブツ持ち写真。 ありがとうございます。


本日のヒットルアー

ネクタイはオレンジ系

昨年秋以来、手放せません


釣行当日、早速捌いて、お造りで少々

20170304大鯛お造り.jpg

さすがにこのサイズは、やや筋が気になりますが、脂がのってうまうまでした。

御馳走様!!

タグ:真鯛

↓参考になるブログがいっぱいありますョ↓

posted by たぬきち at 13:27 | 福井 ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | ボート釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする