2017年08月27日

8月釣行 その4 あやうく青一色!?

8月26日(土)
5:30~14:30

作戦計画

この週末は、前線の南下速度により、天候が激変しそうな予報です。

そのため、土曜日の朝はの天候は不確定要素が多く、判然としません。

どちらにしても、尻上がりに回復する見込みなので、取りあえず現地まで行って、天候の回復を待って出航する作戦です。

途中、豪雨に見舞われつつ、現地に着くと、ちょうど雨が上がったところです。

いつになく順調に準備を進め、日の出とともに出船できました。

20170826出港.jpg


ラウンド1 vs うねり

出港地付近は、雨の影響か、かなり濁りが入っています。

沖に出ると、水はきれいですが、かなりうねりが残っています。

20170826うねり.jpg

ボートを全速で走らせると、波しぶきをかぶるので、徐行しつつ近場のポイントでタイラバスタートです。

前線の雲は、通り過ぎたようなので、雨の心配はなさそうです。

20170826前線の雲?.jpg

予報に反して、風がやや強いです。

うねりもあるので、タイラバの定速巻きができない状況です。

そのせいなのかどうかは分かりませんが、全くアタリがありません。

実績ポイント周辺を、何度か流しますが、無反応です。

流しなおすために、風上に航行する際、ちょっと気を緩めると、波しぶきを浴びてずぶ濡れです。

開始3時間、ここまでほとんどアタリすらない、丸坊主です。

徐々に、風もうねりもなくなり、釣りはやり易くなりました。

こんなことなら、風が残る中早朝から出港せず、自重するべきでした。


ラウンド2 vs 真鯛?

海況は良くなってきましたが、相変わらずアタリはほとんど出ません。

ここで、少しボートを走らせ、鉄板ポイントへ移動することにします。

一流し目、早速アタリが出ます。

結構、ドラグを滑らせる大物には違いありませんが・・・。

この引き方は、鯛族では無さそうです。





上がってきたのは、

20170826アオハタ大.jpg

良型のアオハタでした。

開始4時間にして、ようやく1匹。

ほっと一息です。


その後も、釣れないものの時々アタリが出て、何とかペースがつかめてきました。

タイラバばかりでは、何なのでジギングやスローピッチをやって、無駄な時間を過ごした後、再度タイラバに変えるとヒットです。


今度は、紛れもなく根魚と分かる引きです。

20170826アオハタ小.jpg

ちょっと小さめのアオハタでした。


またまた、懲りもせずジギングで無駄な時間を過ごした後の、タイラバにヒットです。

頻繁にドラグを滑らせます。

ひょっとするとこれは鯛?

これで根魚だとしたら、相当大きいぞ。

等と思いながらファイトします。




そして、水面に姿を現したのは

20170826アオハタ特大.jpg

ご期待通り、相当大きいアオハタでした。


この後は、釣れもしないジギングにチャレンジせず、タイラバに専念します。

すると、すぐにヒットです。


・・・・・


20170826アオハタ中.jpg

レギュラーサイズのアオハタでした。


次なるヒットは、ちょっと頭を振る魚?

でも、途中で反撃しなくなったので、またか???





水中に姿を現したのは、赤い?


でも赤が濃すぎる感じ

20170826ホウボウ.jpg

なかなかのサイズのホウボウでした。

何とか、オールアオハタのピンチを脱しました。


ラウンド3 vs 青物?

気付けば、時刻はすでにお昼を回っています。

そろそろ、終わろうかと思いながらも、風向きがちょうど出港地に向かう感じなので、どてら流しで釣りを続けつつ戻ることにします。



ここで取り出したのは、久々のインチク。

真鯛はもちろん、青物の実績もある、万能漁具です。


スローピッチのタックルにセットして、沈めます。

ただ巻で誘ったり、ワンピッチでシャクったりしますが、全然だめです。


しばらくやっていると、なんか当たったような?

気のせい?



????



上げて確認してみると

20170826トラギス.jpg


トラギス?




やっぱり無理かなと、諦め半分です。

魚探には、時々良い反応が出ているので、頑張って続けます。



そして何回目かのフォール中です。

突然、ラインの出ていくスピードが速くなります。

慌てて合わせを入れると、いきなりラインが10m以上出ていきます。


大鯛か? 青物か?


取りあえず、ドラグを少し締めて、ファイト開始です。

ゆっくりと寄せてくると、それほど反撃はしません。

調子に乗って、グイグイ巻くと、強烈に反撃します。


そーっと、10m程巻いたら、一瞬で20m走られる感じです。

感触としては、そこそこいいサイズの青物です。




ここまでの釣果は今一つですが、これを捕ったら大逆転です。

一進一退を繰り返しつつ、順調に距離を詰めてきています。



青物なら身切れの心配は、あまりないので、目一杯ドラグを締めます。

スローピッチのロッドなので、あまり曲げたら折れる可能性がある??

そう思って、ストレートポンピング気味に、ちょっと引っ張ってみました。

すると、魚が何かに気付いたのか、突然猛ダッシュです。

20m程突っ走ります。

やっと止まったので、巻こうとすると、またまた猛ダッシュ。

今度は30m以上突っ走ります。

そして、ラインが何かに擦れるような嫌な感触の後、プッツリと切れてしまいました。


思わず天を仰いでしまいます。

根に巻かれて、切られてしまったようです。

いいサイズの、ヒラマサでしょうか?


完敗です。

タイラバのタックルなら、どうしようもなかったと思います。

PE#2/フロロ#6のスローピッチのタックルなので、うまくやれば捕れた?

いや、それでも無理だったのかも。



とにかく俄然やる気に火が付きました。

PE#3の最強ジギングタックルを手に取り、ジグを沈めます。

ボトムから、ワンピッチで誘いますが無反応。

次は、ボトムから早巻きの後ストップで、無反応。

その後、2回大きく飛ばしたあと、ワンピッチに変えたところで、ヒットです。

ヨッシャ!!


狙い通りです。

先程の引きとは比べ物になりませんが、とにかくジギングで青物を狙ってかけられた事が嬉しい!!

最強タックルなので、ごり巻きでグイグイ寄せてきます。

魚も時々反撃して、楽しませてくれます。


アッという間のファイトで上がってきたのは


青物?



????




白い?  赤い?



20170826真鯛.jpg

食べごろサイズの真鯛でした。

ちょっと複雑な気分ですが・・・

獲物としては、結果オーライ。



ここでタイムリミット、撤収することにしました。

ヒラマサリベンジは、次回以降の宿題とします。



本日の釣果

20170826集合.jpg

真鯛 51cm
アオハタ ~47cm 4尾
ホウボウ 38cm

終わってみれば、いつもと似たような釣果となりました。



本日のヒットルアー

アオハタ、ホウボウはいつものタイラバ。

真鯛はジギングで

そして、ヒラマサと思しきモンスターに、持っていかれたのは
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

巻きジグ VOLT 150g グローストライプシャイナー
価格:1652円(税込、送料別) (2017/8/27時点)

これの120g



釣行当日、とれたて真鯛をお造りでいただきました。

20170826真鯛刺身.jpg

熟成不足かもしれませんが、プリプリの食感で歯ごたえ抜群。

これはこれで、とっても美味しくいただきました。

続きを読む

↓参考になるブログがいっぱいありますョ↓

posted by たぬきち at 14:57 | 福井 ☀ | Comment(2) | ボート釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月22日

8月釣行 その3 夏枯れも何のその(後編)

8月19日(土)
5:20~12:00

ーーー 前編からの続き −−−


ラウンド3 まだまだ続くタイラバ修行

時刻は8時。

長い長い一流し目を終えて、もう一度朝一のポイントに戻ります。

風向きが微妙に変わったのか、ボートはやや岸寄りに向かって流れます。

朝大鯛が釣れたポイントからは、少しずれますが、新たなポイント探索です。


相変わらず、退屈しない程度にあたりが出てくれます。

まず最初にヒットしたのは、ガツンとアタッてあとはあまり引かない魚。



20170819ガシラ.jpg

レギュラーサイズのガシラ(ウッカリカサゴ)です。

続いて連続ヒットです。

今度は、小気味よい引きですが、重量感がありません。


20170819チダイ2.jpg

チャリコ? いえいえ チダイ君です。

元気いっぱいなのでリリース御免。


そして、3度目の正直???

竿を叩く小気味よい引き、しかもそこそこの重量感です。

これは、食べごろ真鯛確定???




上がってきたのは

20170819チャリコ アオハタ.jpg

チャリコと良型アオハタのダブルでした。

小気味よさ担当と重量感担当、二人の共同作業でしたか。



このあと、少しポイントがずれます。

魚探反応は底付近から、少し中層に移ってきました。

これは、ひょっとして青物の反応???

試しに、ジグを沈めます。



シャー―ク、シャー―ク、ドン!

ヒットです。

やっぱり、ジギングは掛けた感が違います。

楽しい・・・。




・・・??

でも、この引きは・・・・

上がってきたのは

20170819エソ1.jpg

エソ君でした。


しばらく反応がないので、こんどはボトムからハイピッチで誘います。

シャクシャクシャクシャク
ステイを入れると・・・ドン!!

きました。

20170819エソ2.jpg

はい、またエソ君。

私のジギングには、エソ君しか反応しないようです。



つぎは、ボトム付近でドン!

はいはい、分かっていますよ。

と思ったら

20170819レンコダイ1.jpg

レンコダイでした。


それならばと、気を取り直してしゃくります。

シャクシャク、ドン!!




さて、今度は????

ご期待通り

20170819エソ3.jpg

エソ君。

別にエソ君が悪い訳ではないのですが・・・


このまま続けても、良いことは無さそうなので、もう一度流しなおすことにします。


ラウンド4 最後の一流し

沖のポイントに戻って流し始めると、ボートの周りに青い魚影が見えます。

ペンペンと言うには良いサイズ、80cm以上はありそうなシイラです。

急いで、準備をしてダイビングペンシルをキャスト!!

完全に無視されます。

2,3投程やって、諦めます。




周りに魚影は無くなりましたが、ダメ元でジグを沈めます。

例年、シイラに効果的だったメタルフリッカーの鰯カラーを、少しキャストして斜めに引きます。

ダメだろうと思いつつ、シャクリあげてきます。





そしてジグを回収すると、その後をシイラが数匹追いかけてきます。

俄然やる気が出て、頑張ってジグをしゃくり続けましたが、追いかけてくるだけです。

ボートの2m程のところで、反転して帰って行きます。

私の腕では、この辺りが限界のようです。



徐々に追いかけてくる数が減ってゆき、終了となりました。





ジギングでシャクリ疲れたので、タイラバでひと休みです。

コンスタントにアタリは出ますが、釣れるのは・・・



20170819チャリコ3.jpg

鯛は鯛でもチャリコサイズです。



次なるヒットは、重量感は満点ですが・・・

鯛族のような、アグレッシブさは有りません。

まずまずのサイズの、根魚の様子です。



と思ってファイトしていると、しばらくして突然強烈にドラグを滑らせて、猛ダッシュです。

?????


そして、急に軽くなります。

バレた? いえいえ、何となく重みはあります。

上に向かって泳いでいる? でも根魚だったはず???


とにかく、テンションをゆるめないよう、頑張って巻き上げます。




最後まで、何の抵抗もなく、上がってきました。

遙か前方、10m以上先に浮かんできたのは、いつもの黄色っぽい根魚。

小さなアオハタです。

変な引き方だったので、釈然としませんが・・・



ボートの近くまで引き寄せてくると

(写真がちょっとグロいのでご注意ください)


























良いサイズのアオハタの頭部のみでした。

20170819アオハタ頭.jpg

誰の仕業?

サメでしょうか? マグロでしょうか?

こんなことは、南の海での大物ジギングだけの話だと思っていました。

身近にも、恐るべき魚がいるようです。

一部始終を動画撮影しました。

どうぞご覧ください。





その後は、大きな見せ場もなく、ジギングにはエソ、タイラバには小鯛という結果でした。

食べ頃のレンコダイを2枚ほど追加してお昼前に終了です。

20170819レンコダイ2.jpg

20170819レンコダイ3.jpg





撤収準備中、潮境に大量の流れ藻が、浮遊しています。

20180818海藻.jpg



その下に、新子のアオリイカを発見。

マイカ用に隠し持っていたスッテを沈めてしゃくってみると、5杯ほどが近づいてきます。

ちょっと小さすぎるので、直ぐに回収します。


別の場所に投入すると、今度はツバス未満の小さな青物が集まってきます。

秋のハイシーズンに向け、海の中は着々と変化しているようです。


本日の釣果

20170819集合.jpg

真鯛    55〜67cm 2枚
レンコダイ 〜32cm 3枚
ハガツオ  48cm
アオハタ  〜38cm 3尾
ガシラ   29cm


チャリコ、チダイ、エソ リリース少々


ちょっと尻すぼみの釣果でしたが、常にアタリがあって退屈しない楽しい釣行となりました。

本日のヒットルアー

鯛から鰹まで何でも釣れる万能メソッド!!
シルエットが良いのか?
無塗装がかえって良いのか?

とにかく良く釣れてます。

最近は必ずこれを付けてます。 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

マルキュー(MARUKYU) エコギア ラバマックス
価格:972円(税込、送料別) (2017/8/22時点)

海に入れたとたんに、
流れ去る気もしますが、
無くなるまでは使います 



このジグ良く釣れますが、今回は超高確率でエソでした。



釣行翌日には、小さい方の真鯛を刺身でいただきました。

20170820真鯛刺身.jpg

ご馳走様でした。


続きを読む

↓参考になるブログがいっぱいありますョ↓

posted by たぬきち at 12:55 | 福井 ☁ | Comment(2) | ボート釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月20日

8月釣行 その3 夏枯れも何のその(前編)

8月19日(土)
5:20~12:00

作戦計画

今週も、天気予報は上々です。

当初、午後から少々風が出そうな予報でした。

午前中のみの、短期決戦ならと考えていましたが、

直前には予報が好転し、風が出ても午後遅い時間帯です。

午前中で、結果が出なければ、残業も可能です。

ということで、行ってきました。



今回も、アツPさんたちとご一緒です。

例によって準備に手間取り、少し出遅れそうなところを、お手伝いいただき、日の出とともに出船です。

20170819出港.jpg


ラウンド1 vs 真鯛

ポイントに到着して一流し目。



いつものように、動画撮影スタートです。

?? なんかいつもと違う起動音。

どうも、電源だけONして、撮影開始していなかったようです。

なので、ラウンド1の動画は無し。

細かな描写は事実と異なるかもしれません(どうでも良い?)




今日はいい感じで同じ水深を、海岸線に平行に流れてくれます。

速度も1km/h強で、いい感じにタイラバが斜めに入ります。

ボトム付近を探っていると、早速ヒットです。

小気味よい竿を叩く引きと、時々ドラグを滑らせる重量感。

本命、良型真鯛確定です。





上がってきたのは

20170819真鯛小1.jpg

きれいな真鯛

20170819真鯛小2.jpg

食べておいしい、Goodサイズです。

朝から、真鯛とのファイトを楽しませてもらいました。




タイラバを放り込んで、魚の処理をします。

根掛かりしないよう、底まで沈めずに止めて、引き続き魚を締めていると、ゆるゆるドラグからラインが出ます。

急いで巻き上げると、何か魚が付いています。




上がってきたのは、

20170819アオハタ1.jpg

レギュラーサイズのアオハタでした。




上々の滑り出しです。


10分後、今度は小さな前アタリに続き、ドラグを滑らせる強烈なアタリが出ます。






多分5分ぐらいのファイトの末、上がってきたのは

20170819真鯛大1.jpg

サイズアップの大鯛です

20170819真鯛大2.jpg



開始30分、まだ朝食のおにぎりも食べる前ですが、釣果的にはもう満足な感じです。


ラウンド2 引き続きタイラバ修行

真鯛はもういいかなとも思いつつ、タイラバ修行を継続します。

タイラバは単調なただ巻ですが、時々アタリが出て、全く退屈することもありません。

次に来たのは、

20170819アオハタ2.jpg

同じサイズのアオハタ




次は、真鯛特有の叩くようなアタリです。

結構強い引きなので期待しましたが、

20170819チャリコ1.jpg

チャリコ?


貧果の時なら、塩焼き用にキープしたかもしれませんが、今日は爆釣です。

元気いっぱいなので、リリースさせてもらいました。



続いて、同様のアタリで

20170819チダイ1.jpg

サイズダウンのチャリコ???

よく見るとチダイでした。




ここまで、まだ一流し目です。

そろそろ、大鯛の釣れたポイントに戻ろうかと思ったころに、魚探反応やアタリが出てそのまま流し続けています。



そして、今度こそ移動しようと思って、タイラバを回収していると、中層が真っ赤になる魚探反応が出ます。

慌てて、そのままタイラバを沈めます。


ボトム付近には、少し大型魚っぽい反応も見えます。

ひょっとして青物?

タイラバを回収して、ジグに変えるべき?


等と考えていると、底から10m位のフォール中に何かが触ってきます。

そして、ものすごい勢いで、ラインが引き出されるアタリです。


これは、鯛などではありません。

おそらく、大型の青物でしょうか?

どえらいものが、かかってしまいました。



ドラグを目いっぱい締めます。

真鯛のように、唇の皮一枚がかかって身切れするようなことはないので、ライン強度の限界まで締めても大丈夫でしょう。

それでも、ファーストダッシュがなかなか止まりません。


50m程走られたでしょうか?

少し落ち着いたので、ポンピングで徐々に寄せにかかります。


すると今度は、魚がこちらに泳いでくるのか、全く重みがなくなります。

ラインを緩めないよう、一生懸命巻き取ります。


勝手に、残り30mぐらいまで、上がってきてくれました。

少し巻き上げると、魚の姿が見えます。


魚種は何でしょう?

青物っぽい形ですが、サイズはせいぜいハマチサイズです。

あのパワフルな走りは何だったのでしょうか?


水面近くまで来たので、ネットを準備します。

ちょっと手間取っている隙に、魚がまた走り始めます。



このあと、ボートの周りをしばらく走り回った後、疲れ果ててぐったりしたところを、無事ネットイン!

ネットで掬ったところで、体表に縞模様が現れて、ようやく魚種が分かりました。



20170819ハガツオ.jpg


生涯2本目の、ハガツオです。

サイズはともかく、丸々と太ってとっても美味しそうカッコいい



一部始終を動画撮影しました。よろしければご覧ください。


嬉しいゲストです。


この時点で、まだ8時です。

ここまで、このまま終わってもよさそうな、満足な釣果に恵まれました。



ーーー 後編に続く −−−




釣行当日は、ハガツオをたたきでいただきました。

20170819ハガツオのたたき.jpg

一説には本鰹より美味いと言われます。

釣ったばかりの、新鮮さも手伝って、これは絶品です。

狙って釣れると良いのですが・・・


↓参考になるブログがいっぱいありますョ↓

posted by たぬきち at 15:22 | 福井 ☁ | Comment(2) | ボート釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする