2016年09月04日

海岸クリーンアップ参加

作戦計画

今週は以前から申し込んでいた、海岸クリーンアップ活動に参加してきました。

但し、折角越前海岸まで行くので、釣りをしない手はありません。

とは言っても、9:00~10:30が清掃活動なので、ボート出船は、ちょっと慌しいので、陸っぱりのアオリイカ調査です。

ラウンド1 vs 漁港でアオリイカ

先週、一足先にボートでアオリイカ調査を済ませていますが、今シーズンはすでに10cm以上のキープサイズも釣れ始めています。

期待しつつ、越前海岸を北上します。

この日は晴天、絶好の釣り日和で、各漁港には暗いうちから、ヘッドライトを付けた釣り人多数、なかなか入るところがありません。

明るくなり始めた5:00過ぎ、漸く最初のポイント、漁港に入ります。

堤防の上は、3mほどの間隔でエギンガーが、ずらりと並んでいますが、ちょうど一カ所入れそうな隙間を見つけることができました。

しばらく、定番カラーのピンクやオレンジのエギをしゃくりますが、反応がありません。

シーズン初期ではありますが、イカより釣り人が多くて、ややスレてきているのかもしれません。


そこで、皆さんのあまり使っていなさそうな、赤色にカラーチェンジします。

キャストして、しゃくり寄せてきます。

ピックアップ寸前、水中に目を凝らします。


来てます。


エギの2mほど先に、烏賊が2杯ほど追いかけてきました。

ちょっと誘いますが、それ以上近づきてこないので、ピックアップして5m程先にキャスト!



少しだけ沈めた後、烏賊にやる気を起こさせるために、激しくしゃくります。

シャック、シャック、シャック、シャック、シャック、ズシ!!


乗りました。 作戦成功です。


ちょうど10cm程と、小さいですがうれしい1杯目キャッチです。

20160903アオリイカ1.jpg


この時間帯、潮がほとんど動いておらず、先程釣った烏賊が吐いた墨がいつまでも、目の前を漂っています。

これでは、次のイカがなかなか追ってきてくれません。


しばらく、カラーローテーションしながら、誘ってみますが、周囲でもあまり釣れている風でもないので、この場所を諦め移動することにします。


ラウンド2 vs 地磯でアオリイカ

次に向かったのは地磯、駐車スペースには結構な台数の先客がありましたが、幸いめぼしい釣り座が何カ所かあいています。


先端の絶好のポイントに入ることができました。

但し、足元に沈み根があって、根掛かりが気になります。



3投目、懸念していた通り、沈み根付近でズシッと、引っかかりました。





でもその直後、ジェット噴射。

根掛かりかと思ったら、イカでした。

20160903アオリイカ2.jpg

10cmオーバーのキープサイズです。

続いて1杯。
20160903アオリイカ3.jpg

カラーローテーションしながら順調に数を伸ばしてゆきます。

20160903アオリイカ4.jpg

20160903アオリイカ5.jpg

20160903アオリイカ6.jpg


トータル8杯釣ったところで、時刻は8:00を過ぎ、海岸清掃開始の1時間前、タイムリミットになったので釣り終了です。

海岸クリーンアップ

早めに現地に入り、定刻前から作業開始です。

20160903海岸清掃1.jpg

定刻の9:00には、一袋満杯。
20160903海岸清掃2.jpg

野球少年たちに交じって、1時間頑張って収集。

20160903海岸清掃3.jpg

そして、ミッションコンプリート。
20160903海岸清掃4.jpg

ご褒美のお茶と、パンをもらって撤収です。

20160903パン.jpg

いつもなら、このパンをかじりながら、次もポイントに移動して、再び釣りを再開するところですが・・・。

今日は、ちょっと腰の状態が・・・・。

おなかもすいたので、昼食はちょっと奮発して、ラーメンです。

20160903ラーメン.jpg

頑張った自分に、ささやかなご褒美でした。


本日の釣果

アオリイカ 10~12cm 8杯

不燃ごみ 1.5袋

本日のヒットルアー

カラーはピンク、オレンジ、赤、アジカラー等


釣行当日、アオリイカをお造りでいただきました。

20160903イカ刺し.jpg

やっぱり、新子のアオリイカは格別です。

続きを読む
タグ:アオリイカ

↓参考になるブログがいっぱいありますョ↓

posted by たぬきち at 12:13 | 福井 ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | ルール・マナー・清掃活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月02日

琵琶湖・余呉湖 一斉清掃

7月1日(金)
8:00-15:00

ラウンド1 湖岸清掃

この日は、「琵琶湖の日」。

毎年、県内各地で環境保全のための清掃活動等が行われます。

平日なので、ややハードルは高かったのですが、思い切って参加してみました。

何カ所か清掃場所がありますが、今回は手始めに自宅から自転車で10分程の湖岸へ。

20160701湖岸清掃0.jpg

現地には環境保護を啓発する幟が。

受付でゴミ袋とトングを受け取り作業開始です。

20160701湖岸清掃1.JPG

・・・・・

ここの浜は、基本的に綺麗です。


昨年、ビワマス釣りのボートを出した場所などは、周りに空き缶やペットボトル等が結構散乱していました。

目に付くものは拾って帰りましたが、とても一人では手に余る感じでした。

なので、今回のようなイベントに参加すれば、かなり効果があると思っていました。


多くの参加者が集合できる、駐車場のある場所は、ことある毎に清掃作業が行われているのでしょうか?

反面、車でのアクセスが困難な場所は、いつもゴミが散乱しているのかもしれません。


とにかく、9:30過ぎまでゴミを拾い続けましたが、袋1杯にも満たない状態でした。

20160701湖岸清掃3.jpg
全体でもこの程度の量です。

釣り人の仕業と思われるものはこれ。
20160701湖岸清掃2.jpg
絡まったり、切れたりしたラインは、放置せず持ち帰ってください。



これ以上やっても、仕方なさそうだったので、お茶と団扇をもらって早上がりさせて頂きました。
20160701湖岸清掃4.jpg

来年以降、参加するかどうか微妙です。



ラウンド2 vs 軟体動物TKO

折角の平日の休みなので、湖岸清掃終了後、海の様子を見に行きました。

まず、行ったのが前回の海岸清掃の後、覗いたけど満員だった海釣り公園。

今日は平日なので、誰もいないことを期待して行ってみました。

現地着11:00過ぎ

20160701海釣り公園.jpg

思ったより人は多いですが、これなら何とかなりそうです。

皆さん小アジや小鯖を釣っています。

唐揚げにしたら美味しそうですが、今回は魚には目もくれず、早速軟体用タックルを準備して、開始です。

といっても、持って行ったのは、いつもジギングに使用しているスピニングタックル。

これが、一番太いラインが巻いてあるというのが、選定理由です。

足下のボトムを探る釣りなので、ベイトタックルの方が使いやすいのですが、ここの釣り場は水深が一定で底を取り直すことも少ないので、スピニングでも大した問題はありません。

ただ、リールが大きく重いのが難点ですが、そこは辛抱して腕力を鍛えるつもりで頑張りました。

波戸際のボトムまで、エギを沈めて小刻みに誘います。

アタリがなければ、一歩先に進みます。

釣り人がいるところは避けて、次の隙間に進みます。



開始30分後、海釣り公園の半分を少し過ぎた辺りでした。

ここまでアタリ(?)と思われる重量感を2回ほど感じましたが、早合わせしてしまい空振りでした。

そして、3度目の正直。

今度は重みを感じてから数秒待って、思いっきりあわせると、



乗りました。




重みを感じつつ巻き上げると、大きくはないけど狙いの軟体系です。

20160701TKO1.jpg

一安心の嬉しい1杯です。

往路は、この1杯のみ。


復路、同サイズを1杯追加して

20160701TKO2.jpg

更に進んでいると、前方から進んでくるTKO狙いの同業者。





狭い海釣り公園のことなので、同業者がいると厳しいかと思い、諦めかけていました。




その直後、ドラグを鳴らしながら上がってきたのは、少しサイズアップの1杯。

20160701TKO3.jpg

これで、ほぼ満足しましたが、復路の半ば付近なので、スタート地点までだけ戻ろうと、しばらく続けました。

最後に、根掛かりでエギをロストしてしまい、2時間弱で調査終了となりました。


TKOヒット動画撮影してみました。よろしければどうぞ。

平日の昼間で釣り人も少な目、何より同業者が殆どいなかったのがラッキーでした。



わざわざ、平日休みを取っても、夏休み等シーズンによっては混雑している可能性があります。

また、狭い釣り場なので、先に誰かが入っていると、非常に厳しいです。


食べて美味しいターゲットではありますが、なかなか狙って釣れるものではありません。

次は、いつチャレンジできることでしょうか?


ラウンド3 海岸探検

海までやってきたので、周辺の港や浜辺の様子をみて回ります。

敦賀周辺の漁港には、そろってこんな看板が。
20160701立ち入り禁止1.jpg
20160701立ち入り禁止2.jpg

漁港周辺は、全てマイボート禁止と言うことでしょうか。


浜辺の場合は、まだまだボートを出せそうなポイントもあります。

中にはこんな場所もありました。
20160701ボートOK.jpg


ただし、メジャーな海水浴場は、既に海開きをすませた様子で、気の早い若者が海水浴を楽しんでいました。

これから、ボート出港のできない厳しいシーズンの到来です。



ビワマスも、今年は抽選に外れたため、承認がありません。

来年に備えてのポイント探索も兼ねて、ガイド船でも予約しようかと計画中です。


本日の釣果

TKO 〜400g 3杯

本日のヒットルアー


カラーは、たぶん「トラエビ」??






↓参考になるブログがいっぱいありますョ↓

posted by たぬきち at 12:03 | 福井 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ルール・マナー・清掃活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月22日

クリーン・ザ・シー

2016年6月19日(日)
8:00-10:30

この日は、海浜清掃活動に参加してきました。

今回は前日ボート出航したので、魚釣りはせず、純粋に清掃のみです!?

でも、何故か車にはロッドが1本と、小さめのクーラーバッグが・・・・。

ラウンド1 海浜清掃

現地着7:30

開始時刻は8:00の予定ですが、おじさんが数名テントを立てたりして準備中ですが、それ程多くの人は集まっていません。

20160619海岸清掃.jpg

閑散とした砂浜があるだけ・・・。

あまり大きなイベントではないのでしょうか?




少々、不安に思っていると・・・

しばらくすると、大型観光バスが到着。

何でも嶺北地方(福井県北部)からのボランティア、数十名を乗せてやって来たとのことです。



そこから、準備が着々と進められ、それらしい雰囲気になってきました。

20160619海浜清掃1.jpg

定刻の8:00になったので、清掃活動スタートかと思いきや、主催の新聞社の方や、地元の町長さん他のご挨拶などのセレモニーがありました。

その後、分別に関する説明を受けて漸くスタートです。

途中、休憩を挟みつつ10:30頃までの清掃で、ゴミ袋3杯分程の可燃ゴミを収集、貢献させてもらいました。

今回は、釣り人のゴミと思われるものは、これだけでした。

230.jpg


飲み物とおにぎりを頂いて帰りました。

こちらが主催の新聞社の記事です。

200名程が参加したようです。


清掃活動について


昨年から、ちょくちょくこのような活動に参加しています。

きっかけは、釣りに行くたび見かける、港や海水浴場、磯場等のゴミです。

その多くが、釣り人が捨てたであろう、釣り具のパッケージやペットボトル、たばこの吸い殻等です。

せめて自分のゴミは自分で持って帰って欲しいものです。




ゴミを放置するのは、ほんの一握りの人だと思います。

多くの人は、釣り場をきれいに清掃して、もちろんゴミは持ち帰っておられると思います。

中には、自分のゴミでなくても、周囲の清掃、ゴミ拾いをして帰られる方も、多くおられます。

そんな先輩方を見習おうと、よほど急いでいない限り、撤収時に釣り場や駐車場の清掃をして帰るようになりました。




でも、一人が釣り終了後10分程度清掃しても、たかが知れています。

また、一人で手に余るような大量のゴミがあったら、手も足も出ません。

そんな経験から、一人でやるよりも、みんなで行う清掃活動に参加した方が、有効かなと思いました。



でも、そういうイベントが、いつどこで行われるか、なかなか情報が得られないと思います。

そこで、「福井県社会貢献活動支援ネット」というのに登録しました。

活動したい内容や参加可能な曜日、地域等を登録しておくと、それに合致したボランティアの募集があると、メールで知らせてくれます。


尚、このような事情ですので、清掃する地域と釣りに出かける場所とは、何ら関連はありません。



ラウンド2 vs TKO

当日、車に積み込んだロッドの用途ですが、さる海釣り公園で軟体動物TKOの調査をしてみようと考えてのことです。

日曜日の昼間なのでちょっと無理かとは思ったのですが、梅雨時で、しかも曇り空です。

うまい具合に、清掃終了の少し前から、時折小雨もぱらついてきました。



と言うことで、様子をうかがいに行ってきました。

駐車場は7割方の駐車率ですが、天候のせいか引き上げてくる家族連れもチラホラ。






ちょっとだけ期待して、海釣り公園に行ってみると・・・・

20160619海釣り公園.jpg


軟体動物TKOの調査は、ちょっと無理そうです。

おとなしく、帰路につきました。


本日のタックル


長いものの方が、腰が痛くならず良好です。


但し、あまり長くて、強度が弱いとうまくつかめません。

体操の内村選手が跳馬を跳ぶ前に見せる仕草のようになってしまします。
内村選手の跳馬前.jpg
20160619トング跳馬.jpg

しっかりした作りのものを選びましょう。

↓参考になるブログがいっぱいありますョ↓

posted by たぬきち at 12:55 | 福井 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ルール・マナー・清掃活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする