2017年07月31日

7月釣行 その3 タイラバ修行

7月30日(日)
5:10~13:00

作戦計画

このところ、毎週微妙な天気予報に翻弄され、なかなかボート出船できていません。

今週はそこそこの天気かと思っていたら、直前に悪い方向に急変です。

土曜日は風、日曜日は雨の予報で、またおあずけかと、思っていました。

土曜日は断念し、日曜日の回復に期待していると、雨は降っても朝のうちだけの様子。

この季節、晴れるより小雨の方が、暑さが幾分ましなので、かえって好都合です。



今回も、あつP さんとご一緒することになりました。

ここ最近、タイラバで夥しい釣果を上げておられるので、秘伝の技を少々教えていただきました。

シルエットの小さな、タングステンのシンカーが必須とのことですが、手持ちはビンビン玉の固定式のみです。

ということで、急ぎ手配して何とか間に合いました。


その他にも、タイラバで釣れない状況でも、これなら釣れるとの触れ込みの、マイクロジギングの準備も。




あと、そろそろタイラバ用のロッドも新調したいかなと思い、釣行前日に地元の釣具店を巡回してみると・・・。

ちょうど、ダイワのタイラバロッドが30%OFFになっています。

諸々の割引を含めると、通販最安値よりも・・・。

これは、釣りの神様の思し召しに違いありません。

思わず衝動買いしてしまいました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】ダイワ 紅牙X 69HB
価格:9828円(税込、送料無料) (2017/7/30時点)


なんと1万円でおつりが。少し上のグレードのものも1万円台だったので、少し迷いましたが・・・。

リールは以前から使用している炎月BB(シマノ)で、節操のない組み合わせですが・・・


ちょっと出発が遅れ気味でしたが、あつPさんたちにお手伝いいただき、何とか日の出直後に出船です。

20170730出港.jpg


ラウンド1 タイラバ修行

予報よりも、少し強めの風ですが、ちょうどシーアンカーを入れると、いい感じでボートが流れて、タイラバには好都合です。

一流し目、一度前アタリは出ますが、乗りません。

二流し目、魚探に賑やかな反応が出ます。

これは、釣れるはずと、意気込みますが、しばらくすると風がなくなります。

急いで、シーアンカーを回収します。

そして、ここはチャンスということで、タイラバにビンビンワームを追加して沈めます。

???

着底?

いや、まだラインの色が違います。

???

シーアンカーをやめたので、ボトムがとれなくなった?

というか、逆に着底前なのにラインが止まる感じです。



着底したようなので、取りあえず、巻き上げると、



ヒット!!!です。


ビュビューンと勢いよくラインが出て行きます。

大物確定です。


この感触は、大鯛に違いありません。

ゆるゆるのドラグをほんの少しだけ締めて、ファイト開始です。

無理せず、ゆっくりゆっくりファイトします。


タイラバ専用のニューロッドは、急に竿を叩かれても、柔らかく吸収してくれます。




大鯛とのファイトを満喫し、5分程で上がってきたのは

20170730大鯛1.jpg

立派な大鯛です。

ニューロッド紅牙X 入魂完了!!

70には少し足りない68cmでした。
20170730大鯛2.jpg


続けてもう1枚、と行きたいところですが、風と潮の状態が微妙に変化しています。

朝一は、海岸線に平行に等深線上を流れる感じで、良いポイントを次々打っていけました。

ところが、その後は岸に向かって流れて行く感じで、良いポイントを直ぐに通過してしまいます。

それでも、ポイントにさしかかると、ときどきアタリは出ます。



コンコンと小気味よいアタリは、

20170730ホウボウ1.jpg

まずまずのサイズのホウボウ


ポイントを外れると、アタリが遠のきます。


ここで、こういう時のために準備したマイクロジグ投入。

はて? どう動かせば良かったっけ?



タイラバ同様、ただ巻きで誘っていると、直ぐに結果は出ました。

しばしの、沈黙を破ったのは

20170730ガシラ1.jpg

極小(リリースサイズ)のガシラ(カサゴ)です。





何度か流し直していると、今度はタイラバにヒットです。

根魚っぽいけど、先程よりは重量感が有ります。

キープサイズを期待しましたが・・・・





残念ながら、
20170730ガシラW.jpg

リリースサイズのダブルでした。


ラウンド2 タイラバだけではアレなので

今日はタイラバ修行、釣れるまで1日巻き続ける覚悟でした。

ところが、早々に大鯛をキャッチできたので、ちょっと別のこともしてみたくなります。

取り出したのは、得意のインチクです。



ボトム付近を0〜1/2ピッチで、ネチネチ探ります。



早速ヒットしたのは

20170730ホウボウ2.jpg

サイズダウンのホウボウ。




しばらくやっていると、中層まで巻き上げたところで、ヒットです。


乱暴に竿を叩く魚です。

大型のアジ?

ちょっと違う気がしますが、念のためドラグをゆるめます。


途中からは、こちらに向かって、泳いできます。

ちょっと、嫌な予感がします。


上がってきたのは

(写真無し)

サバフグ君でした。

通りすがりのスレ掛かりだったようで、リーダーやアシストライン、タコベイトにも損傷が無かったのは、幸いでした。


続いて、再度投入したタイラバにヒットです。

竿を叩くこの引きは、鯛族に違い有りません。

でも弱々しいです。

レンコ? それとも極小真鯛?




上がってきたのは

20170730チダイ.jpg

極小チダイでした。





次は、スローピッチです。

フォール中に中層で、何かがヒットです。

ちょっと乱暴な引きですが、途中で全く抵抗しなくなります。






上がってきたのは

20170730サバフグ.jpg

ラインが体に巻き付いて、がんじがらめのサバフグでした。



少し移動して、インチクでボトムを探ります。

岩礁帯でボトムを叩いて、周辺の魚にアピールします。


一旦少し巻き上げて、再度ボトムまで落として、

シャック シャック ドーン!


ヒットです。


思いっきりアワセを入れて、フッキング。

アタリが出てもアワセてはいけないタイラバで、少しフラストレーションがたまり気味でしたが、これでスカッと晴れます。


結構な重量感で、さほどユルユルでもないドラグを、時々勢いよくジジーと滑らせてくれます。

鯛族のような叩きは有りませんが、パワーは十分です。

おそらく根魚ですが、中層を過ぎても、時々ドラグを滑らせ楽しませてくれます。





上がってきたのは

20170730アオハタ1.jpg

巨大なアオハタでした。


更に、同様の攻め方で、もう1本

20170730アオハタ2.jpg

サイズダウンですが、まずまずのアオハタを追加。



時刻は、予定の12:00を大幅に回っていたので、この一尾で終了としました。




本日の釣果

20170730集合.jpg

真鯛 68cm
ホウボウ 〜37cm 2尾
アオハタ 〜47cm 2尾


ガシラ小 リリース 3尾
サバフグ リリース 2尾
チダイ小 リリース 1尾


大爆釣とは行きませんでしたが、狙い通りの鯛も釣れ、自分としてはできすぎの釣果となりました。

この釣果は、偏にタイラバ名人の秘伝のおかげだと思います。有り難うございました。

本日のヒットルアー

タイラバは自作というわけでは有りませんが、各種パーツの寄せ集めです。

効果があった(?)と思われるパーツは、以下の通り。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【マルキュー】ラバマックス 80ml
価格:810円(税込、送料別) (2017/7/31時点)

海に入れたとたんに、流れ
そうな気もしますが・・・ 

インチクはこちら
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

巻きジグ VOLT 150g グローストライプシャイナー
価格:1652円(税込、送料別) (2017/7/31時点)

これの120gです。 
常に品薄ですね。

あと今回は、マイクロジギングはマイクロな魚しか釣れませんでしたが、次回以降もう少し研究してみたいと思います。



釣行当日は、大鯛(上)と巨大アオハタ(下)を、お刺身でいただきました。

20170730真鯛刺身.jpg
20170730アオハタ刺身.jpg

慌てて捌いたので、盛りつけが・・・

でも、お味の方は一級品でした。



結果的には、心配された雨も殆ど降らず、絶好の天候に恵まれ、釣果にも恵まれ、最高の1日となりました。

ご一緒いただいた、あつPさん、課長様有り難うございました。

続きを読む

↓参考になるブログがいっぱいありますョ↓

posted by たぬきち at 12:35 | 福井 ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | ボート釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月23日

7月釣行 その2 TKOがダメならKNI

7月23日(日)
5:00~11:00
20170723イシガニ5.jpg

作戦計画

この週末は、土曜日は若干風が強めで、出船を断念。



天候回復を期待した、日曜日は・・・・

更に風が強く、場所によっては本降りの雨の予報も出ています。


天気が悪いなら、人出も少ない???

ならば、軟体動物TKOの調査に出かけることにしました。


ラウンド1 vs 軟体動物

最初に入ったポイントは、休日には家族ずれでにぎわうので、ちょっと無理?

でも今日は、お昼頃から雨の予報なので、大したことはないのでは?

と思ったのですが・・・。


20170723海釣り公園.jpg

日の出とともに行ってみましたが、ほとんど隙間がなく、仕掛けを沈めたのは、3カ所ほど。

釣りにならないので、早々に退散しました。

皆さんは、入れ掛かりの豆鯵釣りを楽しんでおられました。


ラウンド2 vs 護衛艦

移動途中、護衛艦一般公開との看板があったので、ちょっと覗いてみました。

20170723護衛艦.jpg

ついでに、ちょっと仕掛けを沈めてみましたが、何事も起こりません。

水中には、5cm弱の小さなイワシの群れが大量に泳いでいます。

10g程の小さなジグを投げてみましたが、イワシの捕食者はいない様子。

とっとと移動しようと車に戻ると、すぐそばにサビキ仕掛けが捨ててあります。

20170723ゴミ拾い.jpg

自分のゴミは、持って帰ってください!!!

何も釣れずゴミ拾いだけして、次のポイントへ


ラウンド3 vs 牡蠣殻??

次のポイントでは、釣り人もまばらで、TKOの調査はできました。

但し、釣れたのは、


20170723ネット.jpg

朽ち果てた、ネット。


そして、

20170723牡蠣殻.jpg

重量感満点の牡蠣殻だけでした。

但し、転んでもただでは起きません。


探り歩いている途中、海中に甲殻類KNIを発見!

残念ながら、捕獲するための獲物がありません。


ラウンド4 vs イシガニ

ということで、釣具屋さんに急行します。

どんな道具を用意するか、ちょっと考えました。

本来は、虫取り編み程度のサイズで、先端がまっすぐなタイプが掬いやすいと思います。

ちょっと、別の用途にも使えそうな、というか別の用途専用品を購入しました。

これとは違いますが、
用途は同じ手長エビ用
です。 

イシガニを掬うには、ちょっと小さすぎますが、その分ゲーム性があって楽しいかな?

いえいえ、実は機会があれば、手長エビもやってみたいと思っていたところなので、ちょうどよいかなと考えての事です。



先程の海岸に戻って、早速捕獲開始です。


最初に発見したカニを幸先よくキャッチしますが、その後悉く逃がしてしまいます。

うーん。 もうっと掬いやすい網を用意すればよかったと、後悔し始めます。

1時間程やっていると、漸くコツのようなものがつかめてきました。



水中にカニを発見すると、そうっと網を近づけます。

20170723カニ.jpg

ここで、逃げ出すカニは、ほぼ捕獲不可能です。

爪を上げて反撃してきたら、チャンスです。

少し、岸壁から離れる方向に誘って、

素早く掬います。

エイ!

20170723カニ2.jpg
20170723カニ3.jpg
20170723かに4.jpg

おー!これは大物!!

コツをつかんだと言っても、キャッチ率は50%もないと思います。

この後、更に2時間ほどやって、

ちょうど10匹となったところで、

暑くなってきたので、終了しました。


本日の釣?果

イシガニ 10匹

小型リリース 3匹

バラシ多数

20170723カニ5.jpg

味噌汁で、いただきました。

20170723イシガニ味噌汁.jpg

御馳走様でした。


超美味!! 食材としては大満足です。

でも・・・

そろそろ、外海で釣りがしたい!!!


↓参考になるブログがいっぱいありますョ↓

posted by たぬきち at 20:59 | 福井 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 陸っぱり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月18日

いろいろメンテナンス

座板補修

まずは、前回の釣行時、割れてしまった座板から

20170708座板.jpg

座板に関しては、この春から色々ありました。

ことの発端は、軽量化のために集成材で自作した座板。

操縦者の体重にたえられず、割れました。

20170408座板.jpg

そして、座板取付用のベルトが外れました。

20170422フロントシート変更.jpg

次に製作した座板は、もう割れないようにと、縦方向に桟を入れました。

20170423新座板.jpg

座板を固定する面ファスナー(マジックテープ)が、何度もはがれたので、その都度対策しました。

最終的には、裁縫までして、こんな形に落ち着きました。

20170526面ファスナー貼付2.jpg

詳細は、以前の記事をご覧ください。


そして前回の釣行で、座板が割れました。

縦に真っ二つです。

集成材なので、縦方向は弱いのは分かりますが・・・

ということで、横方向にも桟を入れて補修しました。

20170709座板補修1.jpg

2x4剤のきれっぱしを、適当にカットして、接着剤でべっとりを貼りつけて

更に、コーススレッドでがっちり固定します。

20170716座板.jpg

かなり、重くなってしまいました。

ついでに、左舷側の面ファスナーがはがれかけていたので、こちらも再々補修(決定版)に変更しました。

20170712座板固定部.jpg

これで、座板は完了!!  かな?


あと、操縦者のヒップドロップの衝撃を抑えるため、新たに導入しました。


裏面に得意の面ファスナーを貼って

20170716座布団2.jpg

こんな感じでセットします。

20170716座布団.jpg

これで、座板にも、お尻にも優しい、快適釣行が約束されました???


エンジンメンテナンス

続いて、ちょうど半年ごとのメンテナンスの時期を迎えたので、オイル交換です。

ギアオイル

20170709ギアオイル2.jpg
半年前に変えたばっかりなので、まだまだきれいでした。
20170709ギアオイル1.jpg


エンジンオイル
20170709エンジンオイル2.jpg

こちらはかなり、真っ黒です。

20170709エンジンオイル1.jpg


そして、グリスアップ

20170707グリスアップ.jpg

試運転OK

20170709試運転.jpg


その他いろいろ

各部に使用している爪付きナットです。

普通に市販されているものは、スチール製なので、海上で使用していると、どうしても波しぶきを浴びてさびてきます。

20170716爪付きナット錆び.jpg


20170716ロッドホルダー.jpg

気付いたときに、交換して対応しています。

ステンレス製があればよいのですが。


それから、ドーリーの取り付け金具

lw6_kanagu3.jpg


(写真は前回交換時の新品状態)

少し前に、湖のゴロタ浜で無理に引っ張った際、少し曲がってしまいました。

取り外して矯正。

ついでに、周辺のコーキングも。


あと、フットポンプの先端部が、また折れてしまいましたので、交換です。

20160321フットポンプ用ホース継ぎ手交換.jpg
(写真は前回交換時の新品)

やはり、ホースが重すぎて、耐えられないようです。

何か、対策を検討しなければ。



この週末は三連休でした。

釣行に間に合うように、各種メンテナンスを実施しましたが・・・

海水浴シーズンに入って、なかなか出航できず、もんもんと。

続きを読む

↓参考になるブログがいっぱいありますョ↓

posted by たぬきち at 12:32 | 福井 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ボート・艤装 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする