2017年01月23日

1月の魚料理 その2

今月も、冷凍庫に満載の釣魚のストックを、ちびちび頂いています。

1月12日(木)の夕食から

大鯛の兜酒蒸し
20170112真鯛兜蒸し.jpg
今回は手抜き、ラップをかけて電子レンジで加熱してみました。

1月13日(金)の夕食から

大鯛のあら炊き
20170113大鯛あら炊き.jpg

中央付近の白い球体は、立派な鳴門骨です。

アオリイカのお刺身
20170113アオリイカ刺身.jpg

去年の秋は、なかなか烏賊に相手してもらえなかったはず。
確か、最後に釣ったのは9月頃?

さすがに、釣りたての新鮮さは感じられませんが、まだまだ十分美味しいです。


1月15日(日)の夕食から

真鯛の焼き物 レモン風味
20170115真鯛レモン風味焼き.jpg



1月22日(日)の夕食から

ワカサギの干物
20170122ワカサギ干物.jpg

ワカサギは、干物と南蛮漬けと甘露煮が日替わりで食卓に上ります。

あと一息で完食なので、そろそろもう一度釣りに行かねば・・・・。


というよりも、ボートを積める車のない現状では、ワカサギぐらいしか・・・・。




↓参考になるブログがいっぱいありますョ↓

posted by たぬきち at 22:22 | 福井 ⛄ | Comment(0) | TrackBack(0) | 魚料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月22日

ボートメンテナンス その1 エンジン編

この週末も冬型の気圧配置で、海は大荒れです。

というか、車がないので、あまり関係ありませんが・・・・。

ワカサギは、まだ在庫があるので、自主規制中なので、釣りはお休みです。



先週に引き続き、大雪の予報が出ていましたが、今回は空振りでした。



金曜の夜にかなり降りましたが、幸い雨でした。

おかげで、先週積もった雪も殆ど融けてくれました。



降らないのなら、作業が可能ということで、エンジンメンテナンスを実施します。


昨年7月に購入したスズキ4ストローク6馬力、DF6A。

慣らし運転終了後の9月始めに、エンジンオイルの交換を実施しました。

ちょっと早めですが、半年毎の定期メンテナンスです。


まずは、ギアオイル交換です。

20170121オイル交換.jpg

前回、慣らし運転終了時に交換していなかったので、結構真っ黒です。



続いて、エンジンオイルです。

ドレンボルトを外して、汚れたオイルを抜きます。

と、ここで不測の事態が発生!



廃油を受けていた容器が小さすぎて、あふれそうです。

オイルの量が、以前のトーハツ製に比べて多いのと、今回は先にギアオイルの廃油が入っていることが、計算外でした。

容器の中にかぶせていた、レジ袋で何とか受けて、大惨事は免れましたが、手はオイルまみれです。

なので、写真はありませんが、オイルはそこそこ黒く汚れていました。



そして、これも前回交換できていなかった、オイルフィルター。

もう少し大きい船外機だと、自動車のオイルエレメントみたいに、ケースに入ったフィルターエレメントを交換するスタイルですが、



スズキDF6Aの場合は、フィルター部の蓋を外して、

20170121オイルフィルター交換.jpg

(途中で一旦手を洗ったので、写真撮影復活!)

中身を取り出して交換します。

20170121オイルフィルター.jpg

(この作業でまた、お手々真っ黒なので、写真は中止です。)

新しいフィルターを元通りセットして、蓋を閉めたら交換完了。

最後に、新しいエンジンオイルを注入します。


後は、グリスアップして


最後に、各部の清掃を実施します。

と言ってもこのエンジン、内部に殆ど海水が入らないのか、大変綺麗です。

これまで、使用したホンダ2馬力は空冷ということで、下半分はむき出しに近い状態で、塩がこびりついていました。

トーハツ6馬力は内部の各所に、塩がこびりついて、所々サビが浮いておりました。

それに対して、このスズキDF6Aはエンジン下部は、樹脂製のハウジングで覆われているのでサビの心配はありません。

また、パッキン類がしっかりしているためか、内部に塩のこびりつきは全く見られません。

20160911エンジン内部2.jpg
20160911エンジン内部3.jpg
20160911エンジン内部.jpg


念のため、軽く水拭きするだけで、作業完了です。




さあ試運転。


頑張ってスタータロープを引きますが、全然始動しません。

よく見ると、内蔵タンクのガソリンが、かなり減っています。

一旦始動すると、これぐらいでも問題ないと思うのですが、最初になかなか燃料が入っていかないのかもしれません。

普段海上では、外部タンクを使用するので、こんな事はありません。


燃料を足そうと思って気づきました。

外部タンク兼用のガソリン携行缶は、先日修理に出した車の中です。




ということで、この日の作業はここで終了です。


翌日、車屋さんに連絡して、ガソリン携行缶とボート関連グッズを少々持ち帰ります。


内蔵タンクにガソリンを足してロープを引くと、一発始動。

快調です。

これにて、エンジン定期点検完了!



↓参考になるブログがいっぱいありますョ↓

posted by たぬきち at 21:08 | 福井 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | ボート・艤装 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月18日

当たり年? 当たられ年?

今年は、初釣りから大鯛が釣れてラッキーでした。

20170108大鯛1.jpg

これは、当たり年か? と喜んでおりましたが・・・・。



それが起こったのは、大雪が一段落した、1月16日(月)のことです。

その日は、朝の内は路上にも結構積雪が残っておりましたが、早めに出発して無事会社に到着しました。

駐車場には20cm程の積雪がありましたが、無理矢理車を突っ込みます。

いつも止める位置と、少しずれたので、入れ直そうとしましたが、車のお腹が雪に乗り上げて動きません。

どうしようかと思いましたが、始業時間が迫っていたので、そのまま放置しました。

まぁ、おそらく昼間の内に雪が解けるので、帰る頃には動くようになるでしょう。



・・・・・・・・・・・・・・・




定時終了後、遅くなって誰もいない中で、車が動かない状態だと大変なので、いつもより早めに帰ることにします。

駐車場に行ってみると、予想通り雪は大分融けています。

無事、何の問題もなく駐車場から脱出することができました。


路上には、融けかけた雪が少々残っていますが、それほど危険を感じるような状態ではありません。

ただ、路上が凸凹で走りにくく、轍にタイヤを取られるので、車間距離をしっかり取って、ゆっくり走って帰りました。



自宅まで、後わずかのところで、それは突然やってきました。




左側の路地(当然一時停止の標識有り)から、一台の乗用車がかなりのスピードで突撃してきました。

どうも、雪道でスピードを出しすぎて、スリップして停止できなかったようです。



慌ててブレーキを踏んで避けようとします。

そのままのスピードで、通り過ぎてくれれば避けられたかもしれません。

ところがその車は、私の正面からやってきた対向車の前輪付近に激突して、目の前で停止しました。

これは避けることができず、どどーんとぶつかってしまいました。

それほど衝撃もなかったので、幸いケガはありませんでした。

車のダメージもたいしたこと無いのかと、思っていましたが・・・・

20160116事故車.jpg

バンパーが割れて、外れ掛けています。

またフェンダーも変形しているようで、運転席のドアを開閉すると擦れる感じです。

思いの外、重傷のようです。 イタッ!



こんな、当たり年はご勘弁願います。






この日は雪のため、事故も多かったようで、警察やさんが来るのを1時間以上待って・・・・・、

それから、ガムテープで応急処置をして、車屋さんへ。

20170116応急処置.jpg


幸い代車を貸して頂き、翌日からの通勤には支障は無さそうです。

ただ、軽自動車なので、除雪されていない狭い道路では、立ち往生しそうで苦慮しました。



何より、軽自動車にボートやエンジンを積むのは厳しいので、海は当面お預けです。

もっともこの季節、ボートを出せるような海況には、めったにならないとは思いますが・・・・。



修理費用の大半は、相手方に負担頂けると思いますが、そんなことよりも、いつになったらボートの積めるマイカーが戻ってくるのか、それが気になる、根っからの釣り馬鹿です。



ところで、こういう交差点での出会い頭の場合の過失割合は、こちらにも2割ほど責任があるというのが、通例のようです。

確かに、飛び出してきたのが、車だったので双方大きなケガもなくてすみましたが、歩行者やバイクだったら命に関わる大けがを負わせていたかもしれません。


そう考えると、どんなスピードで、何が飛び出してきても、避けられるよう心して、運転しなければならないのかもしれません。


今回の状況では、どう心して運転していても、避ける自信はありませんが・・・・。



とにかく、事故にあっても、ケガもなく元気に仕事ができていることに感謝しつつ、もうこれ以上悪いことが続かないことを祈りたいとおもいます。



↓参考になるブログがいっぱいありますョ↓

posted by たぬきち at 22:50 | 福井 ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | ボート・艤装 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする