9月釣行 その3 轍を踏む

9月30日(土)
6:30~14:20

作戦計画

この週末は、風はそれ程でもないものの、波が少々残る予報。

どちらかというと、日曜日の方が回復する感じでした。

ただ、1日先の日曜日は予報精度が下がるため、この程度の違いなら土曜日に出かけるのがセオリーです。

直前予報では、土曜日午前中は微風、午後から少々風が出る見通しです。

無風の時間帯は沖で魚狙い、風が吹いたら沿岸でティップラン、という作戦で行ってきました。

4:30現地着。

少し早いので、しばらく横になっていると・・・

ザッバーン! ザッバーン! 結構な波音です。

予報に反して、少々風もあります。

別場所に移動するか?

それとも、波が落ちるのをしばらく待つか?



30分程思案していると、あつPさん登場。

作戦会議をしながら、様子を見ます。

薄明るくなってきて、波の状況が見えてきました。




沖合には、白波などは見られず、十分釣りはできそうです。

波が直接当たる磯場は、結構なしぶきが上がっていますが、

出船場所の波打ち際は、モタモタしなければ何とかクリア可能。


ということで、少し遅くなりましたが、準備開始です。

すっかり明るくなった、6:30出船です。

20170930出船.jpg


ラウンド1 vs アオリイカ


当初の計画では、朝のうち微風の時間帯は、沖合で真鯛中心に魚狙いと考えていました。

ところが、微風というにはそこそこの風です。

沖に行けないこともないですが、この風なら十分ボートが流れて、ティップランにうってつけです。

新調したロッドも、早く使ってみたいので、まずはイカ狙いです。



出港地付近の水深20mから始めます。

一投目から、小さなあたりが頻発しますが、全く乗りません。

どうも、フグか何かの小魚が、ちょっかいを出しているだけの様です。



開始30分後、少し浅場に移動しつつ、しばらくやっていると、

水深17m位に、よさそうなベイト反応が出ます。


これは、釣れるのではと、シャクる手に力がこもります。

ボトムを取って、シャクシャクシャクシャク、ステイ。

竿先に視線を集中していると、ぴくっと入ります。

すかさず合わせますが、乗りません。


乗らなかった時の作戦

その1  そのままステイ
その2  もう一度沈めてステイ
その3  沈めた後しゃくり上げてステイ

今回は、作戦その3で、ヒットです。


20170930烏賊1.jpg

15cm位。

ニューロッド、入魂です。

とここで、重大な問題が。


いつもは、取り込んだら船内の青いコンテナの中で墨を吐かせていました。

良く失敗して、ボートが墨まみれになるので、今回はランディングネットの中に取り込もうと考えていました。


その肝心の、ランディングネットが見当たりません。

車の中に忘れてきたのならまだ良いのですが、釣りを始める際確かにありました。

全然気づきませんでしたが、どこかで落としてしまったようです。


そういえば、アツPさんのランディングネットにはフロートが付いています。

ネットを落とした時に、沈まないようにとのことです。

お話を聞いて 「そこまでしなくても」 等と考えていましたが・・・

見習うべきでした。



この時期のアオリイカの場合は、ネットがなくてもたいした問題ではありませんが・・・

もし、魚狙いで大物が掛かったら・・・




取りあえず、もうしばらくはイカ狙いを継続します。

しかし、なかなか後が続きません。

30分後ようやく2杯目が。

20170930アオリイカ.jpg

ゆうに15cmオーバーサイズアップ成功です。

その後、ヒットエギを根掛かりでロストし、また釣れない時間が続きます。





少し場所を移動して流していると、沈み根の周辺にベイト反応が出ます。

ここで、前日に仕入れたとっておきのエギを投入します。

シャックシャックシャック ズシ!!



いきなりヒットです。




ここから3連発

20170930アオリイカ2.jpg


地合い到来かと思いきや、ポイントからわずかに外れると、全く当たりません。



もう一度流しなおしますが、ダメです。

そのまま、少し深場まで流されていくと・・・。

アタリが、頻発し始めますが・・・

どうも、引きが違います。




何度かバラした後、今度はがっちりフッキング?

しばらくファイトを堪能した後、




水面に姿を現したのは、まずまずのアコウ(キジハタ)

20170930アコウ0.jpg

この後、ひとアバレして、カンナが外れて、潜っていきました。

動画も撮影してみました。



ネットもないことなので、このままイカ狙いを継続してもよかったのですが、やっぱり魚も釣りたくなりました。



ラウンド2 vs 真鯛

ということで、とりあえず沖に向かいます。


ランディングネットはないけど、いざとなったらフィッシュグリップもあるし、

どうにもならなければ、あつPさんにSOSという手もあるので。



あつPさんに様子を聞くと、何でも真鯛が釣れたとのこと。

ということで、タイラバから落としていきます。




一投目、巻き上げて落として、巻き上げて落として、3度目の巻き上げ、

ラインが少し斜めになったところで、竿先にコツコツと前アタリがでます。

そのまま、巻き続けると、乗りました。




さほど重量感はないけど、常に叩き続け、時々ドラグを滑らせます。



本命を確信しつつ、巻き上げます。



上がってきたのは

20170930真鯛.jpg

サイズはともかく、本命の真鯛。

上々の滑り出しです。

引き続きサイズアップを目指します。



しばらくやっていると、中層付近に青物っぽい魚探反応が出ます。

そこで、ジグを沈めてワンピッチで誘います。

シャックシャックシャック・・・・・

中層でストップしたら、ドン!!

狙い通りのヒットです。


と思ったら、抜けました。

残念。


しばらく、ジグをしゃくりますが、その後二度とヒットすることはありませんでした。

次は、少し流すラインを変えます。


タイラバに何かがヒット!

でも、引きません。


上がってきたのは

20170930エソ.jpg

小さなエソでした。




次の流しは、最初に真鯛が釣れた付近に戻ります。


今度は、アタリが頻繁に出ます。

まず、ボトム付近で、ガンガン引く魚です。

残念ながら、途中でバレました。



そのまま続けていると、アタリ? でも乗りません。

しばらくすると、またまたショートバイト。


どうも、おかしいのでタイラバをチェックすると、フックが1本なくなっていて、もう一本もネクタイに絡んで機能していませんでした。

折角の地合いを、無駄にしてしまったようです。




お昼前になって、予報通り風が出てきました。

この風の中、風上に向かってボートを走らせて、流しなおす元気が起こらず、


そのまま、少し浅いところまで流れて行くと、意外にも釣れました。

20170930アオハタ.jpg

小さな、アオハタでした。



ラウンド3 vs 根魚?

風も強くなってきたので、少し浅場に移動します。

このまま上がるのも悔しいので、朝エギに食ってきた根魚を狙うことにします。

まずは、得意のインチクを沈めます。

魚探には、中層から下に真っ赤な反応が、これは釣れるでしょう。


ボトム付近のを探っていると、頻繁にアタリが出ますが、なかなかヒットしません。

ちょっと嫌な予感を感じつつ、誘っていると漸くヒットです。



上がってきたのは

20170930フグ.jpg

サバフグ、周辺にも夥しい数のサバフグが、追いかけてきています。

インチクのタコベイトがボロボロです。

ここは危険すぎるので、少し移動します。



今度のポイントは、根魚が入れ掛かりです。

ジグをしゃくっていると、ボトム付近で頻繁にアタリが出ます。

ただ、水深が浅いせいなのか、サイズが・・・

20170930アコウ小.jpg

水深が浅いので、元気いっぱいです。

リリース御免。



何度目かに、ガツンと強いアタリが出ます。



最強、ジギングタックルで、難なく上がってきたのは、

20170930アコウ.jpg

ちょっとましなサイズのアコウ(キジハタ)でした。


これ以上、ここのポイントで続けても、これ以上の魚が釣れる気はしません。


そろそろ、引き揚げようかと出港地に向かいます。



ラウンド4 vs アオリイカ

出港地周辺の浅場で、最後にちょっとだけ、アオリイカを狙います。

30分程やって、アオリイカ追加 1。

根掛かりで、エギロスト 1。

これ以上続けても、損害が増えそうなので、ここで終了としました。


本日の釣果

20170930集合.jpg

アオリイカ ~17cm 6杯
真鯛    34cm
アオハタ  27cm
アコウ(キジハタ) 34cm

ランディングネット -1本
エギ        -3個

本日のヒットルアー

アオリイカはピンク系のエギで、


前日に仕入れたとっておきのエギはこれです。
何でも「ピタッと止まる安定感が無防備な餌を演出する」そうです。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ヤマリア エギ王TR HF3.5 30gR05 OPM
価格:1210円(税込、送料別) (2017/10/1時点)



タイラバはいつもの自作

インチクもいつものやつ
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

巻きジグ VOLT 150g グローストライプシャイナー
価格:1652円(税込、送料別) (2017/10/1時点)

これの120g

たこベイトがサバフグの猛攻にあったので、補修せねば。



ジギングは
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
赤金140g







釣行当日は、真鯛?、チャリコ?とイカをお刺身でいただきました。

20170930真鯛烏賊刺身.jpg

鯛は、これぐらいのサイズの方が、食べておいしいのです、釣りごたえはともかく。

うちで食べる分には、これぐらいの釣果がちょうどよい??

と、自分に言い聞かせていたのですが、



何でもあつPさんは80cm頭に4枚の真鯛を上げられたそうです。

悔しいです!!



先週、二兎を追う難しさを知ったばかりなのに、またやらかして前車の轍を踏んでしまったようです。

次こそは、食べておいしいのもさることながら、釣って満足でいるサイズを狙いたいと思います。

今回に限っては、ランディングネットがなくても上がるサイズばかりで、良かったような、残念なような。