9月の魚料理 その2

10月も半ばにさしかかった、今頃に何ですが、

先月頂いた魚たちのご紹介です。

刺身シリーズ

アオハタ/ホウボウ/アオリイカ/紋甲烏賊の4種盛(速報済)
201709244種盛り.jpg

真鯛とアオリイカの2点盛り(速報済)
20170930真鯛烏賊刺身.jpg

チダイの霜皮造り
20170925チダイ霜皮造り.jpg
湯引きと炙りの、二種類やってみましたが、どちらもGoodです。

新鮮な魚は釣り人の特権なので、ついつい直ぐに刺身にしますが、2~3日置くほうが、うま味は増すようです。

プリプリの食感や見た目の美しさは、新鮮な魚の方が上だと思います。

イカシリーズ

イカとキュウリの和え物
20170921イカあえ物.jpg
自宅のプランターで採れた、茗荷も加えてみました。

ゲソの肝炒め
20170925ゲソキモいため.jpg
最近の定番。肝が有れば必ずやります。

イカマヨ
20170928イカのボイルマヨ.jpg
本来は姿焼きの中に大根おろしを詰めるのですが、生憎イカは全て開いてしまっていたので、適当に切って湯がきました。

大根おろしの上に、イカを並べて、マヨネーズ、七味(一味)、ネギをトッピング。

醤油+ポン酢をかけてできあがり。

マヨラーには、たまらない一品です。


ゲソのバター醤油炒め
20170930ゲソバター醤油炒め.jpg

肝がないときは、バター+醤油 もしくは オリーブオイル+ニンニク で炒めます。

アラ汁シリーズ

ホウボウはすまし汁で
20170928ホウボウあら汁.jpg

アオハタは味噌汁で
20170925アオハタ味噌汁.jpg


その他

ガシラとアオハタのアクアパッツァ
20170926ガシラアオハタアクアパッツァ.jpg
アオリイカも入れてみました。
トッピングは自家製スイートバジル


ホルモン系湯引きポン酢
20170924ホルモン湯引きポン.jpg
胃袋、魚卵、鳴き袋、皮など、適当に湯がいて、冷水に取りおろしポン酢で頂きます。

酒の肴にピッタリです。



アオハタの茗荷たれ焼き
20170928アオハタの茗荷タレ焼き.jpg
自家製の茗荷を使いたくてやってみました。

茗荷好きには、たまりません。




ご馳走様でした!!