10月釣行 その2 嵐の合間に・・・

10月28日(土)
6:20~11:50

作戦計画

この週末は、2週続きの台風の接近で、釣りどころではないだろうと諦めていました。

ところが意外にも、土曜日は場所によっては、上々の釣り日和?

流石に午後遅くには、雨や風が強まりそうな予報です。


前日の金曜日、時々予報を見ながら、作戦を検討します。

見るたび、予報が悪化して、場所によっては朝から強めの風が吹く感じです。



唯一出せそうな候補地は、朝のうちは微風ですが、午後からの風は微妙です。

ただし、ここは風があるときは、近場の内湾で鯵釣りができます。



ということで、最悪沖には出られず、終日鯵釣りになることも覚悟して、出撃を決定しました。

途中の釣具店で、アミエビと鯵用のサビキ仕掛けを調達して、現地着5:00過ぎ。


ゆっくり準備して、日の出直後の6:20出船です。

20171028出船.jpg


ラウンド1 vs 真鯛

海上は微風、鏡のようなベタベタの海面です。

これなら、しばらくは沖での釣ができそうです。

但し、先週の台風、大雨の影響で強烈な濁り潮です。

20171028ババ濁り.jpg

茶色の海水であまり釣れる気がしません。

そして、巨大な浮遊物もあり、航行には細心の注意が必要です。

20171028浮遊物.jpg


沖合の実績ポイントに向かって、ボートを進めていると、少し前方に海面の色の違うラインが見えます。

潮境があって、その向こう側は比較的濁りが薄い感じです。



この潮境の向こうには、爆釣パラダイスがあるに違いありません!?

試しにすぐ先で、タイラバを沈めてみますが・・・。


この日は、風が出るまでの短時間勝負なので、こんなところで遊んでいる暇はありません。



更に少しボートを進めた、実績ポイントに入ります。

一流し目、しばらくは反応がありません。

比較的きれいとは言うものの、かなりの濁り潮です。



タイラバのネクタイを、赤一色から赤+グロー系を足してみます。

そして、朝食のおにぎりをかじります。



おにぎりを食べると釣れるのが、最近のジンクスなので・・・。

すると、効果覿面です。


フォール中にアタリが出て、そのままヒットです。

残念ながら、さほど大物では無さそうです。

また、本命の真鯛でもなさそうです。



上がってきたのは・・・

20171028エソ.jpg

エソ君でした。

ダメージも無さそうなので、リリースさせてもらいます。




少し移動して、流しなおします。

ここは、結構よさそうな魚探反応が出ています。

釣れる気しかしません!!


タイラバを沈めると、ボトム付近でヒットです。

最初鯛かと思いましたが、何かが違います。

根魚にしては、よく走ります。

少し、サイズのよい根魚のような気もしますが、それ程の重量感は感じません。



浮いてきても、濁り潮でなかなか姿が見えません。

海中に、うっすら茶色っぽい魚影が見えたので、根魚かと思ったのですが・・・


次の瞬間、身をひるがえした魚影は薄っぺらいです。

そして、泡をボコッと吐いたので、鯛?


上がってきたのは、お初にお目にかかります。

オレンジ色の、個性的な体形。

チカメキントキでした。

20171028チカメキントキ1.jpg

もっと、深場にいる魚かと思っていましたが、ゴムボートで釣れるんですね。

噂によると、美味しい魚らしいので、ありがたくキープです。


10分後、またまたボトム付近で前アタリが出ます。

そのまま巻きますが、乗りません。

沈めると、フォール中にアタリが出ますが、乗りません。

もう一度、ボトムからいやり直すと、やっとかかりました。


最初は真鯛を思わせる、引きですがやはり何か違います。

先程よりは重量感があるので、今度こそ良型根魚か?

ただ重いだけではないので、多少抵抗する魚? アコウ?

等と思いながらファイトしていました。

上がってきたのは


何と、微妙にサイズアップのチカメキントキです。

20171028チカメキントキ.jpg

初物キャッチに続いて、連続で釣れるとは。

嬉しいゲスト、キープです。


チカメキントキ2連荘の動画です。

よろしければご覧ください。





ちょっと、ポイントから外れたので、流しなおします。

いつもなら、少しラインをずらして広く探るところですが、この日は短期決戦です。

釣れたラインをそのまま、もう一度流すことにします。




ポイントに入って、タイラバを沈めます。

その間に、先程の魚を処理して、クーラーボックスに片付けます。

少々、手間取っている間に、ラインが出過ぎていました。

急ぎ回収し、ボトム付近からやや早巻で、誘ってくると、いきなりラインが激しく出て行きます。

大物ヒットです。

タイラバの細仕掛けなので、なかなか上がりません。



時々、フッと軽くなりますが、上に向かって泳いでくる感じです。

数少ない経験から推測するに、青物のような気がします。



約15分のファイトの末、ようやく上がってきました。

途中、びくとも動かなくなって、ブリクラスの青物かと思いましたが、見えた魚影は意外に小さいです。


ネットにスッポリおさまるサイズ。

20171028メジロキャッチ.jpg

20171028メジロ.jpg

70cm弱ですが、メジロ(ワラサ)と呼んでいいですか?

詳細は、ファイト動画でにて


釣り上げた直後に、ちょうどカメラの電池切れ。

何とか、最後まで撮影できました。




このポイントは、青物が徘徊していることが、判明しました。

タイラバの使用は危険! 体力が持ちません!!



と思ったのですが・・・

折角、良いポイントなので、とりあえずタイラバを沈めて、魚の血抜き処理をします。



作業完了して、ロッドを握ります。

そういえば、カメラの電池交換をしなければ、等と考えていると・・・



いきなり、ヒットです。

またまた、いきなりラインが引き出されます。


先程の死闘の再現???


重量感は満点ですが、先程よりはすんなり上がってきます。

流石に、電池交換して動画撮影する余裕はありませんが。



今度は、5分程で上がってきました。

狙い通りの赤い魚です。

20171028大鯛キャッチ.jpg

80には届きませんでしたが、十分です。

20171028大鯛.jpg



真鯛を処理していると、若干風が出てきました。

釣りをするには、全然問題無いレベルです。

というより、ちょうどよい感じで、ボートが流れそうな良い風です。



但し、この後風が強まる予報です。

また、鯵釣りのために用意したアミエビがあるので、近場に戻ることにします。


風は結構吹いてきたのですが、何故か全く波が立たちません。

しぶきを浴びることもなく、快適な航行でした。



ラウンド2 VS アジ

出港地近くに戻ってくると、2艇ほど鯵釣りをされています。

ポツポツ釣れているとのことです。



傍で釣らせてもらうことにします。

ほんの数mの所では、時々釣り上げておられるのに、こちらにはなかなかアタリが来ません。



しばらくして、こちらのコマセも効いてきたのか、漸く独特の強いアタリが出ます。


20171028アジ.jpg

ばらさないようにネットで受けつつ、無事キャッチ成功!!

以上!!!





その後、2回ほどアタリはありましたが、バラシ。

先客の方々が、撤収されると全くあたりが来なくなり、2時間以上無駄に過ごしました。



いつものように、だらだらと片付け。

ちょうど完了したころに、ポツリポツリと雨が。

20171028雨.jpg

鯵が不発に終わった時は、沖でもう少し頑張ればよかったと、後悔気味でしたが、雨に合わずに済んでよかった、よかった!


本日の釣果

20171028集合.jpg

真鯛 77cm
メジロ(ワラサ) 68cm
チカメキントキ 31、33cm
鯵 26cm

エソ リリース



本日のヒットルアー

魚はすべてタイラバです

シンカー

スカート
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ヤマリア 鯛歌舞楽 波動ベイト 01(ウロコレッド)
価格:415円(税込、送料別) (2017/10/29時点)


ネクタイは自作
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

KANJI/カンジ シリコンラバーシート
価格:369円(税込、送料別) (2017/10/29時点)


赤のカーリーとグローのストレート



鯵は陸釣り用のサビキの大きめのサイズ10号。





釣行当日は、大きな魚は下処理のみ。

唯一の貴重な鯵を、ナメロウで頂きました。

20171028鯵ナメロウ.jpg

美味い!! もっと食べたかった!!