3月の魚料理 その2

前回の残りのスズキ

先ずは前回の残りのスズキから

20180311シーバズ1.jpg

あら炊き

20180316スズキあら炊き.jpg

兜などが、まだ少々冷凍庫に有りますので、追々いただきたいと思います。


先日の大鯛をたっぷりと

続いて、先日の釣果の大鯛をいただきました。

20180324集合.jpg

と言っても、このボリュームなので、大きい方のオスの真鯛は、友人に進呈することにしました。

鱈も食べてみたいとのことだったので、こちらも差し上げました。

我が家に残ったのは、小さい方(それでも65cmですが)のメスの真鯛です。


まずは、刺身で

20180324真鯛刺身.jpg

さすがにこのサイズなので、食感は堅めですが、味には満足。


そしていつのも、酒飲み料理

皮と胃袋の湯引きポン酢

20180324真鯛皮胃袋ポン.jpg

緑は自家製分葱

真子と肝の煮付け

20180324真鯛肝卵煮付け.jpg

腹パンパンの真子を期待していましたが、まだ小さめでした。

友人宅に行ったオスの方も、白子は小さめだったとのこと。

まだ、産卵には少し、時期が早かったようです。



続いて、あら炊き

20180327真鯛あら炊き.jpg

トッピングは、裏庭に自生(?)している、木の芽。


ハラスの塩焼き

20180327真鯛ハラス塩焼き.jpg


脂ノリノリで、絶品でした。

こちらも、残りは冷凍ストックへ。

ぼちぼち、いただきます。

釣行動画アップロード

先日の釣行時の動画です。

お時間のあるときに、ご覧ください。

先ずは、前編(小さい方の真鯛)



そして、後編(鱈と大きい方の真鯛)




チャンネル登録はこちらから






3月釣行 その3 そろそろ乗っ込みか?

3月24日(土)
6:10~8:00

作戦計画

この週末は、久々の釣り日和。

土曜日は全域で、凪の予報です。

冬の間、なかなか出せなかったポイントが、選び放題です。


これは、釣れるに違いありません!

出発予定時刻の2時間前に、早々と目覚めてしまいました。




出発前、天気予報を再チェックします。

第一候補地は、午後からやや風が出る模様ですが、問題になるような強風ではありません。



ちょっと思案して、終日無風の第二候補地に決定。

この判断が、結果的には大成功だったようです。




この時期は、日の出時刻が日に日に早くなっており、6時前には出航可能です。

それに間に合うよう、5時に現地着。


ところが、この好天にもかかわらず、誰もボートを準備していません。

ちょっと、不安になってしばらく待ちますが、誰も来ません。

いくら天気が良くても、3月にボートを出す物好きは、そんなにいないようです。


意を決して、5:20準備開始です。


まずまず、順調に準備は捗り、日の出からは少々遅れましたが、6:10出港です。


20180324出港.jpg


翌日早朝から家族とともに出かける予定です。

帰りは2日後なので、あまりたくさん釣ると、捌くのが大変です。

まあ、いらぬ心配かもしれませんが、できればサクッと釣って早上がりが目標です。



ラウンド1 vs 真鯛

ポイントに到着すると、カヤックやミニボートがちらほら出ています。

世の中には、自分意外にも、物好きがいるようです。


さて、例年の傾向からすると、真鯛が良く釣れるのは5月に入ってからです。

なので、あまり期待せず、根魚でもなんでも釣れればOKです。



まずは、タイラバを沈めます。

風は弱いので、45gシンカー。

そして、カラーは実績の赤系ネクタイです。



フォールさせている隙に、朝食のおにぎりを準備。

一口齧ってはタイラバを巻き巻きします。



3回目の着底直後、ゴンゴンという前アタリ。

乗りました!!



この竿を叩く感じは、真鯛か?

さほど、強烈な引きではないので、食べごろサイズか?

直後に、ボトムから中層にかけてすごい魚探反応が出ます。

これは、青物の反応?

してみると、釣れた魚も青物?



等と考えていると、突然ドラグを滑らせて走り出します。

この突っ込む感じは、どちらかというと真鯛っぽいです。


少し、ドラグを締めてファイト開始です。

食べごろよりは、やや大きめの様です。


なかなか、底から離れてくれません。

一進一退の攻防です。


ポンピングしつつ、少しずつ寄せてきます。


7分程のファイトで、浮かんできました。





やはり、まずまずのサイズの真鯛でした。

20180324真鯛小1.jpg



いえまずますというか・・・

何となんと、60オーバー。

20180324真鯛小2.jpg

十分大鯛と呼べるサイズでした。


食材としては、これで十分ですが、いくら何でも一投だけで早上がりというわけにもいかず・・・



ファイト中にかなり流されたので、もう一度元のポイントに戻って流しなおします。


引き続き45gのタイラバを巻きます。


今度は、青物っぽい魚探反応を過ぎたところで、


ボトム付近でゴンゴンと竿を叩くアタリが出ます。



結構な重量感なので、良型の根魚?

それとも、真鯛?



等と考えていると、この子も突如ドラグを滑らせて潜ります。

先程の再現フィルムのような、ファイトです。


今度は3分弱で上がってきました。



さて、魚種は?

真鯛?


???


誰だ君は?


20180324タラ.jpg

お初にお目にかかります。


何とタラの様です。


タラは、もっと沖の深場で釣るイメージでしたが・・・

岸から数百メートル、水深50m程の海域で釣れるんですね。






さて今度の流しは、大きく風上側まで移動して、少し浅めのラインを狙います。


風は大したことはないですが、思いのほかラインが斜めに入ります。



できれば、シンカーは重くしたくないので、パラシュートアンカーを投入します。

そして、引き続き45gのタイラバを沈めます。



食材としては、すでに十二分ですので、もう早上がりしてもいいかな?

でも、まだ1時間もやっていないし・・・・



そして、2回目の着底ご10m程巻いたところで、それは来ました。


明らかに、真鯛と分かるアタリです。


パワーは最初の真鯛よりも大きそうです。


これを、上げたら強制的に早上がり決定です。



今度は、10分以上かかりましたが、無事キャッチ成功です。



20180324真鯛大1.jpg


最初のやつよりは、かなりデカいです。

20180324真鯛大2.jpg

今度は70オーバー。

黒ずんだ顔色は、乗っ込みのオスでしょうか?


最初のやつは、おそらくメスですね。


ここで、いつももらってくれる会社の同僚にLINEです。

「真鯛いる?」

「もらいます」


とのことなので、ありがたくキープして、本日の釣行は終了となりました。



時刻は、まだ8時前。

自己記録の早上がりかな?




ここでもう少し粘れば、アタリも多いので、スキルアップになったかもですが・・・


本日の釣果

20180324集合.jpg


真鯛 65、73cm
真鱈 53cm


本日のヒットルアー

20180324ヒットルアー.jpg

ヒットルアーというか、これしか使っていません。

これを、3回沈めたら、3匹釣れました。

シンカーはタングステン45g

スカートは波動ベイト


そして、ネクタイは



なんか、できすぎです。

準備1時間、海上2時間弱、撤収2時間

お昼には帰宅完了。



もうちょっと、長い時間釣りを楽しみたかった気もしますが・・・・

そんなことを言っては、罰が当たりますね。


来たるべき春のシーズンに備えて

天気晴朗なれど・・・

先週は、毎日穏やかに晴れて、絶好の釣り日和が続きました。

ところが、週末にかけて、若干風が強めで、ボートには厳しい海況となりました。


土曜日は、何をするでもなく、1日のんびりと過ごしました。

そして、午後も遅くなってから、やるべきことを思い出しました。



もう、雪の季節は終了だと思うので・・・

20180317タイヤ交換.jpg

タイヤ交換作業、無事完了。


もう一つ、やりたい作業があったのですが、翌日に持ち越しです。




船長の心得

翌日曜日は、午前中さる会合にて、海保の安全講習を受けました。

20180318海保講習.jpg

ここ数年の、事故の事例と原因についてのデータから、次の3点に気をつけるようにとのことでした。

1)出港前の点検や気象情報の確認。
 事故の多くは、ガス欠や故障によることが多いので、そのようなことの無いように。
2)海上では、常に見張りを。
 錨泊中も含め、常時見張りをすることで、衝突を回避せよとのこと。
3)お互いに助け合える支援者の確保。
 いざというときに助け合える仲間がいると安心。
 最低限家族への定時連絡を心掛けたいと思います。

その他、例によってライフジャケットの義務化のお話しがありました。

固定式、手動膨張式、自動膨張式等、各種ライフジャケットの使用方法や、注意事項等も聞かせて頂きました。

膨張式の場合、バルブの定期交換や気室が破れていないかの点検等が欠かせないとのこと。

やっぱり、いざというときに作動しなかったら命に関わるので、私は固定式以外考えられません。

ウェーダーのソール補修

午前の用事が比較的早く片付いたので、前日やり残した作業を。

ウェーダーのソールの補修です。

20180318ウェーダー保守1.jpg

先日の潮干狩りで、相方のウェーダーのフェルトが、きれいに剥がれてしまいました。

交換用のソールを手配して
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

プロックス(PROX) フェルトソール リペアキット S PX583S
価格:1840円(税込、送料別) (2018/3/19時点)


メーカが違うので、かかとの部分の形状が合っていませんが??

前回、自分用のウェーダーを補修した際も、同じものを買った記録が有るので・・・

まあ、何とかなるでしょう。




よく見ると自分の分も、少しかかとの部分が剥がれかけてきています。

やっぱり、形状が合っていないせいでしょうか?

まだまだ、完全にすり減っているわけではないので、余った接着剤を拝借して補修してみました。

20180318ウェーダー保守2.jpg




ガッツリ波打ち際に立ち込んで、釣りをするわけではないので、使用条件はそれ程過酷ではありません。

年に一度の潮干狩りと冬場のボート釣行に使うだけですので、まだまだ補修しつつ使い続けたいと思います。







春のハイシーズンに向け、準備は整いました。

明後日の祝日は、風は落ち着きそうですが・・・。

残念ながら、本降りの雨の予報。

さすがに、出船は厳しそうです・・・。