5月の魚料理 その3 冷凍ストック消費週間

今回は、この前の真鯛やブリ?

ではなく、その前にせっせと食べた、冷凍ストックです。

まずは真鯛編


真鯛のガーリックチーズマヨ焼き
20180516真鯛ガーリックチーズマヨ焼き.jpg

マヨラーにはたまりません。

真鯛のから揚げ野菜あんかけ
20180518真鯛野菜あんかけ.jpg

真鯛のカマの塩焼き
20180525真鯛カマ塩焼き.jpg
これは美味い! シンプルイズベスト

そしてスズキ編


スズキのちゃんちゃん焼き
20180517スズキちゃんちゃん焼き.jpg

スズキのから揚げ
20180520スズキ唐揚げ.jpg
青のり、紫蘇、胡椒、焼き塩の4色で

スズキのムニエル マヨソースかけ
20180522スズキのムニエル.jpg

最後に根魚編

ガシラ(ウッカリカサゴ)のアクアパッツァ

手順もご紹介

1)魚を解凍し下処理します。
20180521ガシラ解凍.jpg

今回は30cmUPのガシラで二人前作ります

丸ごと調理してもよいのですが・・・

二枚におろしてみました。

20180521ガシラした処理.jpg

両面に塩胡椒して10分程放置します。

余分な水分を、拭き取り小麦粉をまぶします。
20180521ガシラ粉まぶし.jpg

2)その他具材の準備

砂抜きしたアサリを水洗い
20180521アサリ.jpg

定番の野菜はトマトとシメジ
20180521トマトシメジ.jpg

3)魚に焼き色を

フライパンにオリーブオイルを熱し、にんにくで香りを付けます。
20180521ニンニクオリーブオイル.jpg

魚を投入します。

20180521アクアパッツァA面.jpg

両面にキレに焼き色を付けます。

20180521アクアパッツァ焼き色.jpg

4)ワインをたっぷり入れて煮込みます

シッカリ焼き色が付いたら、水と白ワイン、その他の具材を投入します。

20180521アクアパッツァ具材投入.jpg
20180521アクアパッツァワインたっぷり.jpg

固形のコンソメで味を調えたら、蓋をして15分程煮込みます。

20180521アクアパッツァ完成.jpg

5)盛り付け完成

器に盛りつけたら、乾燥パセリを振りかけて完成

20180521ガシラアクアパッツァ.jpg

安定したおいしさです。



前回の釣行動画をUPしました。

ちょっと、長くなってしまったので、お時間のある時にどうぞ





5月釣行 その2 1カ月ぶりの海で真鯛そして・・・

5月26日(土)
5:20~11:00

作戦計画

この週末は、全域ベタ凪。

絶好の釣り日和です。

どこへ行こうか、迷ってしまいます。

いろいろ検討しましたが、結局先月末に真鯛の釣れた海域に決定しました。

あの時は、大きな真鯛が釣れて満足ではありました。

ただ最後に、青物と思しき魚を取り逃がしました。



どうも、ここ最近は大物に逃げられてばかりです。

今回こそ、そんな失敗の無い釣行にしたいと思います。


今回の狙いは、引き続き真鯛、そして久しくご無沙汰の青物です。


出発直前まで、現地の釣果情報を調査していたら、つい出遅れてしまいました。


現地着4:30、すでに明るくなっています。


急いで準備を済ませて、5:20出船です。

20180526出船.jpg

ラウンド1 vs 真鯛

適度に風があり、鯛ラバには好都合。

徐々に沖に向かって流れて行くラインです。




第一投、タングステン60gの鯛ラバを沈めます。

シーアンカーを入れても、ちょっと底が取りにくそうです。

一旦回収します。


高速で巻き上げていると、あと20m位の所で、ガンガン何かが当たってきます。

早速ヒット?


残念ながら、ショートバイトに終わりました。

シンカーをタングステン80gに交換です。

???

20180526スカートズタズタ.jpg

スカートもネクタイもズタズタにされています。

表層近くには、何か歯の鋭い魚がいるのでしょうか?


気を取り直して、タイラバを全交換します。



ポイント付近には、フカセ釣りと思われる遊漁船やプレジャーが、すでに多数出ています。

あまり近づきすぎないよう、少し浅場に移動します。



そして、鯛ラバを巻いていると、ボトム付近で小さなあたりが出ます。




上がってきたのは、小さなガシラ(ウッカリカサゴ)

20180526ガシラ小.jpg

優しくゆっくり巻き上げましたが、色々飛び出して厳しそうなのでいただくことに。


徐々に沖に流れて行くと、ところどころ盛大な魚探反応が出て、期待が高まります。



そして、魚探の底質表示が、岩礁帯から砂泥底に変わったところで、リールを巻く手に違和感を覚えます。


しかし、何もかかっていない様子です。

もう一度、底まで沈めて巻き上げると、ヒットです。

竿先を叩く独特のアタリで、おそらく真鯛です。


結構重量感はありそうかな?


と、思っていると突然走り始めます。

これは大物に違いありません。

ドラグを締めて、ファイト開始です。


しかし、全く巻けません。

ドラグを確認して、更に締めます。

それでも、ほとんど巻けません。




10分経過・・・




ここまで、全く巻けていませんでしたが、漸く10m程寄せます。

ところがその直後、一気に10m以上走られます。

全然、釣り上げられる気がしません。



魚種はいったい何でしょうか?

鯛ラバでは、メジロ(ワラサ)クラスの青物なら、釣り上げたことはあります。

その時は、もっと暴れたかもしれませんが、ここまでの重量感はありませんでした。



15分経過。

意を決して、限界までドラグを締めます。

ラインが切れるとは思いませんが、最悪身切れの恐れはあります。

しかし、あまり時間をかけすぎても、バラす危険性が高まります。

思い切って勝負に出ました。

それでも、一進一退です。



20分経過。もうへとへとです。

しかし魚もほうも、疲れてきた様子です。

徐々にではありますが、巻く方が、走られるより多くなってきました。




更に数分立ったところで、急に状況が好転し、結構巻けるようになります。

漸くゴールが見えてきました。

残り20mを切ったあたりで、ついに魚は観念した様子です。

反撃せずに、浮かんできました。



前方にプカリと浮かんで着た魚影は?

でっぷりと太った、巨大な真鯛のお腹が見えてきました。


無事ネットイン。

20180526巨鯛キャッチ.jpg

デカい! モンスターです。

20180526巨鯛.jpg

80cmを優に超えています。

20180526巨鯛測定不能.jpg

自己新記録の大鯛。

25分以上のファイト。

堪能させていただきました。

20180526一人で満員.jpg

これだけで、クーラーほとんど満員状態ですが・・・。



ファイト中にかなり流されたので、もう一度浅場から流しなおします。

少しラインはずらしたのですが、また同じ水深で根魚っぽいアタリがでます。





上がってきたのは、

20180526ガシラ大.jpg

少しサイズアップのガシラです。


そのまま流していると、またまた同じような水深で、竿を叩く真鯛のアタリです。

今度はすんなり上がってきました。



嬉しい食べごろサイズ

20180526真鯛小.jpg

ここまで順調に釣果を伸ばします。


ラウンド2 vs 青物

先月はこのままタイラバを継続して、痛い目に合っています。

なので、ここでジギングに切り替えることにします。

ただし、このポイントに真鯛以外のターゲットがいるかどうか疑問です。




そこで、真鯛が釣れると噂の、TGベイト緑金をセレクトします。

はて、真鯛にはどんなアクションが良いのでしょうか?

スローピッチのタックルで、ただ巻、ワンピッチ、1/2ピッチ等いろいろ試します。




少しポイントから外れたので、先程来真鯛が釣れている水深付近に戻ります。

適当にアクションさせながら、巻き上げていると、時折ルアーに反応が出ます。

ズシッと重さを感じたり、逆にフッとテンションが抜けたり。


気のせいかもしれないけど、俄然やる気が出てきます。

底を取っては、小刻みにアクションさせながら巻き上げてを繰り返します。



そんなことを何度かやっているときです。

中層まで巻き上げて、そろそろ沈めようとストップさせると、ルアーがフッと軽くなるような、違和感を感じます。

軽く合わせを入れると、急に走り出したのか、ラインがものすごい勢いで出て行きます。



ドラグを締めますが、お構いなしにどんどんラインが出て、止まる気配がありません。

これは、青物に間違いなさそうです。



ファーストダッシュが止まったところで、ドラグを目一杯締めて、ファイト開始です。

魚種にもよりますが、あまり走らせすぎて、根に巻かれてはいけません。

巻けるときには、目一杯グイグイと巻きます。



魚の方も時々、猛ダッシュで反撃しますが・・・。



先程の大鯛のときとは、タックルの戦闘能力が全く違います。

スローピッチのロッドを思いっきり曲げて、折れないかというのが、唯一の心配ですが・・・。

あまり気にせず、グイグイ巻き上げてきます。


5分程のファイトで上がってきたのは、良型青物!


ネットイン!?

???


失敗しました。


ネットにフックが引っかかって、掬えません。

幸い、魚はすでに力尽きてグロッキー状態です。

ひっかかったネットで寄せてきて、ハンドランディングです。

20180526鰤ランディング.jpg

80cmオーバーの正真正銘の鰤キャッチ成功です。

20180526鰤.jpg

やりました!!!



この時点で、十分なお土産確保完了です。

ただ、折角青物がいるのならということで、もうすこしだけ追加を狙う事にします。



最強のPE3号を巻いた、スピニングタックルを手に取ります。

暫らくしゃくり続けますが、無反応です。

もう一度、先程から釣れている水深に戻ります。

底まで沈めて、ワンピッチでしゃくりあげてきます。

しゃくしゃくしゃくしゃくしゃく、  しゃく・・・ドン


少し間おおいたところで、喰ってきました。

最強タックルで、ゴリ巻き。

1分程のファイトで無事ネットイン!




ちょっとサイズダウン。

20180526メジロキャッチ.jpg

20180526メジロ.jpg

メジロ(ワラサ)クラスでした。



時刻はまだ、10時過ぎですが・・・

20180526クー満タンラー.jpg

もう入りません!!

余裕の早上がりです!!


積み荷が重すぎて、ボートが全然走りません。

向かい風ではありますが、微風なので大した影響はないはずなのに・・・


往路の倍以上の時間がかかってしまいました。



本日の釣果

20180526集合.jpg

真鯛 47、91cm
鰤  83cm
メジロ(ワラサ) 73cm
ガシラ(ウッカリカサゴ) 24、30cm


食べごろ真鯛が、チャリコに見えます!

それにしても、自己記録更新の大鯛に、5年ぶりの鰤・・・

できすぎの釣果でした!!



本日のヒットルアー

タイラバは

シンカーはタングステン80g

おそらくビンビン玉スライド用

いつものように波動ベイトと
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ヤマリア 鯛歌舞楽 波動ベイト 01(ウロコレッド)
価格:415円(税込、送料別) (2018/5/27時点)


カーリーネクタイ


5年ぶりの鰤は

そして、メジロは
こんなジグいつの間に買った??

次回以降はエースの仲間入り必至です。


釣行当日は、食べごろ真鯛と鰤を お造り2点盛りで

20180526真鯛鰤刺身.jpg

この時期ではありますが、鰤は脂ノリノリ!

美味い!!

港の清掃活動

この週末、土曜日は本年度海岸清掃活動、第一弾。

主に夏場御世話になっている、港の周辺の清掃に参加してきました。

20180519港の清掃.jpg

少し早めに、到着してみると・・・

道路脇の除草作業を、仰せつかりました。




除草作業と言うよりは・・・

道路脇に生えた雑草を、土砂と共に根こそぎ排除。

予想外の重労働でした。





さて、海に行ったついでに、出船できるとよかったのですが・・・。

あいにくの天候で、朝の内は前線の通過に伴う雨。

その後も、強風のためボート出船はかないませんでした。



翌日曜日も、海上は強風の予報。

湖なら、遅めの出船はできそうでしたが、前日の疲れもあり、自重しました。



ささやかに庭で栽培している野菜達の世話をしつつ過ごしました。

ジャガイモ花盛り
20180521ジャガイモ.jpg

茗荷
20180521茗荷.jpg

前月種を蒔いた苗
シシトウ
20180519シシトウ.jpg

バジル
20180519バジル.jpg

無事芽が出てくれました。