7月釣行 その2 凪倒れ?

7月13日(土)
5:10~14:30

作戦計画

この週末は海の日の3連休ですが、

いまだ梅雨真っ只中でスッキリしません。


土曜日、風はなさそうで雨も大丈夫そうです。

ただし、前日からの波が残る予報です。

波と言っても、長周期のウネリなので

おそらく大丈夫でしょう。


ということで、今週も行ってきました。


現地着4:20

風は全くありません。

順調に準備して、5:10テイクオフ。

20190713出港.jpg

ラウンド1 SLJ~DAYイカメタル


波打ち際を離れると、予報通り波が高めです。

ただ波高はそこそこあるものの

長周期の緩やかな、いわゆるうねりで、

航行には、さほど影響はありません。


さて今回は、昨年の夏調子の良かった

SLJ(スーパーライトジギング)で・・・

今が旬の鯵を狙います。


・・・・


残念ながら鯵はお留守の様です。


続いて、オモックを沈みてみましたが・・・


何事も起こらず。

結局いつも通りタイラバにチェンジです。



しばらくすると、ボトム付近で何かがヒット!

ズシッと重いけど、全然引きません。

これ魚?

と思った瞬間、プツンという感触でフックオフ。


ひょっとしたら、これはイカ?

ということで、タックルボックスに忍ばせた

メタルスッテを取り出します。

・・・・・・

しかし、何事も起こらず・・・

結果的に朝の貴重な時間を無駄に過ごしてしまいました。



ラウンド2 タイラバ


少し深場に移動して・・・

結局いつも通りタイラバです。

朝の内は、そこそこボートが流れるので

タングステン80gから。



しばらくして、フォール中に違和感が。

気のせい?

次なる巻き上げでヒットです。



本日のファーストフィッシュは・・・

20190713レンコダイ.jpg

小さなレンコダイ。

先ずはお土産確保成功です。



そして、次なるヒットは中層で・・・

ガツンと強いアタリです。


これは大物か?

ところがその後はさしたる抵抗もなく浮いてきます。

根魚かなと思いつつ巻き上げます。

ふと気づきました。

根魚にしては上でヒットしたような・・・・

上がってきたのは



20190713エソ.jpg


ナイスサイズのエソ。

リリース御免。



この後そろそろ潮が動き出す時刻です。

思い切って沖の実績ポイントへ移動します。

ポイントに到着すると同時に・・・

朝からの適度な風が完全に止まります。

ボートが全く流れないので釣り難い状況です。

それならばと、SLJの小さなジグを沈めます。

40gのジグが真下に沈みます。

着底後の一しゃくり目で何かがヒット?

気のせいか?

でも何か重い?

ジグがエビになった?

上げてみると・・・


20190713ヒメ1.jpg

ジグと同サイズの魚が

ヒメ?

この魚の重みを感じられた

自分をほめてあげたい!?

・・・・

気を取り直して第2投。

すぐにヒットです。

上がってきたのは・・・

20190713ヒメ2.jpg

同じ魚!

SLJはスーパーライトな魚しか釣れません。



ということでタイラバに戻しますが・・・

相変わらずボートは流れません。

シンカーを80→60gにしますが・・・

垂直に沈みます。

そしてアタリは遠のきます。


1時間後待望のヒットです。


上がってきたのは

20190707ガシラ.jpg

レギュラーサイズのガシラ。

なんとか、お土産追加です。

そしてまた沈黙の時間。

ネクタイをショートタイプに変えてみますが・・・

反応なし!

シンカーを緑色の45gにチェンジしてみます。

すると効果覿面。


上がってきたのは

20190713ガシラリリース.jpg

小さなガシラ。

これはエアーを抜いてリリース御免。


まだまだ厳しい時間が続きます。


1時間後

20190713アヤメカサゴ.jpg

綺麗な色彩のガシラ??

アヤメカサゴです。

エアーを抜いても再起不能につき

有り難くキープさせていただきます。


ラウンド3 インチク


ここでタイラバに見切りをつけて

インチクを取り出します。

スローピッチのタックルにセットします。

作業中にふと目を向けると・・・

魚探に良さそうな反応が・・・

大型青物の群れでしょうか?

急いで投入しますが

20190713青物反応.jpg


完全に通り過ぎた後にルアーが沈んでゆきます。

折角の数少ないチャンスを逃したかも。

それでも、気合をいれなおして誘います

青物を意識して早めのワンピッチで。

シャック、シャック、シャック、シャック、

シャック、シャック、ズシ!

???

竿を持つ手に、何か違和感が伝わってきます。

長周期のうねりのせいかな?

シャック、シャック、シャック、シャック、

シャック、シャック、フワッ!

???

またうねりのせい?

ここで、魚探を確認すると

20190713ショートバイト.jpg

インチクの軌跡に、何かがついてきています。

俄然、しゃくる手に力が入ります。

ストップを交えながら誘っていると

追ってくる魚が魚探にはっきり写ります。



ボートが流れないと、釣り難いことこの上無いですが・・・

魚探に色々写って、これはこれで面白いです。



そして何度目かのストップで!

20190713ヒット.jpg

シャックシャックシャックシャック

シャックシャック、ストップ!

ドスン!!


待望のヒット! しかも大物間違いなし!!



次の瞬間、凄い力でラインが引き出されます。

このまま走らせると、根に巻かれると判断し

ドラグを締めて、スプルーを指で抑えますが

それでも、ズルズルと出されます。


渾身の力でこちらを向かせて、

さあファイト!!

と思った瞬間

急に軽くなってリールがスイスイ巻けます。


残念!!!フックオフです。


千載一遇のチャンスを逃してしまいました。



魚が急反転してこちらを向いたときなのか?

それともウネリの谷へボートが向かう時なのか?

ほんの一瞬、ラインテンションが緩んで外れた感じです。



それからしばらく・・・

インチクをしゃくり続けますが・・・・

もうチャンスは訪れることはありません。


1時間後、しゃくる手に違和感が・・・

ヒット???

巻き上げるとずっしり重いけど・・・

少しゆっくり巻くと無抵抗

シャクリに力が入りすぎてエビになった?

巻き上げて確認してみると・・・



20190713エソ2.jpg

小さなエソ、リリース御免。


ラウンド4 タイラバで根の真上を


時刻はもうすぐ正午。

最後に沖の沈み根を一流しすることに。

大鯛や青物は根の周辺で釣れることが多く、

根の真上を狙うと、根魚が先にヒットする

そんな、イメージがあります。


しかし、今日の貧果を思うと、

根魚でもなんでも、お土産が追加できたらOK

沈み根の真上に移動します。

とは言っても、風が弱く流れる方向も定まりません。

何度か位置を微調整して

根の上を流れるラインに乗った気がします。




しばらくして、ど真ん中に差し掛かったところで・・・

ボトム付近で、何かがヒット!

この引きは・・・

狙い通り(?)の根魚か?


上がってきたのは・・・・

20190713ガシラ2.jpg

レギュラーサイズのガシラ。

お土産追加成功!



ここで、時刻は12:00を回りました。

諦めきれずにタイラバを巻き続けます。

この日は3連休の初日なので・・・

久々に長時間労働で釣れるまで粘るか?


等と考えていると・・・


フォール中にコンコンコン!と前アタリが・・・

思い切って巻きアワセを入れると・・・・

ズシ!と乗りました。


勢いよくラインを引き出して走ります。

大物確定!!

慎重にファイトして・・・

約5分後に大きな気泡とともに浮いてきたのは・・・




20190713真鯛1.jpg


立派な真鯛!!!

20190713真鯛2.jpg

60オーバーです!


この後も魚探には盛大な反応が!

20190713ファイト中.jpg

すかさずタイラバを沈めると・・・・

ヒットです!

20190713アコウ.jpg

小さなアコウ(キジハタ)、リリース御免。

そして同サイズのガシラも(写真無し)リリース。

やっぱり、根の真上は根魚ですよね。

先程の真鯛は本当にラッキーでした。




その後、折角の連休初日なので2時間程、

インチクやらオモックやら、

はてはキャスティングまで、

いろいろ修行しましたが・・・



徒労に終わりました。

「仕事が終わったら、だらだら残業せずに、

さっさと帰りましょう!!」


本日の釣果

20190713集合jpg.jpg

真鯛    65cm
レンコダイ 30cm
ガシラ  ~32cm 2尾
アヤメカサゴ 26cm


エソ   リリース ×2
ガシラ小 リリース ×2
アコウ小 リリース ×1

厳しい戦いでしたが、最後の真鯛は・・・

海の神様からのお恵みでしょうか!?




釣行当日は真鯛をお造りで

20190713真鯛刺身.jpg

美味い! お酒が進み(過ぎ)ます!