両舷ダウンリガー化完成!!

ビワマス狙いのレイクトローリング


海釣りのオフシーズンに地元の大きな湖で狙うのが

20200322ビワマス6.jpg

ビワマスです。



大きな湖の広範囲を探るため・・・

釣法はトローリング(引き縄釣り)です。

時速2~5km程でルアーを引きます。

使用するルアーは小さなスプーン。

20191201ウグイ8.jpg
20171112一本針.jpg

これで水深15~30m位の泳層を探ると

ビワマスが追ってきます。



ルアーを泳層まで沈めるためには錘が必要。


最も簡単な方法は錘のついた仕掛けを使う方法。

masu_shikake.jpg

これが手持ちのタックルですぐに始められるので、

数年前までは、この方法一本で釣ってきました。



ただし、歩くより遅い速度とは言えボートで引くと

水の抵抗で軽い錘だと浮いてしまいます。



50~70号(180~250g程)の錘が

必要となります。

こんな錘が付いていると、それだけですごい重量感。


魚の引きを緩和するためのクッションゴムも必要となります。

これでは、魚とのファイトをダイレクトに

楽しむことができません。


魚をダイレクトに感じられるダウンリガー導入


そこで2年ほど前に導入したのがダウンリガー1号です。


ダウンリガー模式図(滋賀県ホームページより)
20171112ダウンリガー.jpg

1kg以上の大きな錘をワイヤーで魚の泳層までおろし、

そこについているクリップに、普通のルアータックルのラインを挟みます。

魚がかかると、クリップからラインが外れ、

魚とのやり取りは錘無しでダイレクトにファイトできます。



こちらが2年ほど前に製作したダウンリガー

ダウンリガー稼働.jpg

それ以後、左舷にはこのダウンリガー

右舷には従来通りの錘のついて仕掛けで釣っています。


導入当初はダウンリガーの取り扱いに慣れていないこともあり

なかなか釣果が上がりませんでした。



しかし、ここ最近は逆転して釣果の大半が

ダウンリガーです。



要因としては、引く水深が明確にわかるため、

ずばり魚の泳層を狙える点が大きいです。


もう一つはヒットした後のファイトが楽なので、

ついつい有望なルアーをダウンリガー側に

用いる傾向があるからかもしれません。



何れにしてもできることなら両舷ダウンリガーに

する方が良さそうな気がします。



それぞれ水深を変えたり、ルアーを変えて

その日の傾向をつかむのも有効かと思います。


ダウンリガー2台目製作決定!部品集め


ということで2台目の製作に着手します

先ずは部品集めです。

2回目なので手慣れたものです。

ブーム部分に使用するのは前回同様これ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ハイロジックK−550 ワンタッチ松葉脚
価格:1213円(税込、送料別) (2020/4/18時点)

楽天で購入

折り畳み式のテーブルの脚

スチール製なので海での使用には耐えないと思いますが、

湖なら大丈夫。2年使用してもほとんど錆びていません。

先端部の滑車はこんなタイプ


これもステンレスでなくても良いのですが選定のポイントは

ワイヤー(極太PEラインで代用しますが)が滑車から外れて軸に絡まないこと。

なので、滑車と枠の隙間が狭いものを選びました。

ブームに取り付けるための金具と小さなシャックルも準備


巻上げは今回は手動にするか迷いましたが・・・

やはり中古の電動リール

中古電動リール.jpg

これをブームに取り付けるためのリールシート



後はボートへの取り付け部に使う2x4材

30cm(1フィート)程あればよかったのですが・・・

ホームセンターにあったのは6フィート。300円程度です。

探すのも面倒だったので買っちゃいました。

そしてウェイト 4.5ポンド (2kg)

20171220ダウンリガー錘.jpg

これはもう一回り軽いのを試そうと思ったのですが、

地元の釣具店OZTYにはなかったので前回と同じ重さ。



あとはリリースクリップ

20171220リリースクリップ.jpg



それ以外は現状使用しているロッドホルダーから移植します。


ダウンリガー2台目製作開始!


まずはブームの先端に穴をあけて

Snapshot_355.png

金具をねじ止め
Snapshot_357.png

シャックルで滑車を取り付けます
Snapshot_358.png

滑車取り付け完了
Snapshot_359.png

次はボートに取り付ける土台部分です

ブームと言うかテーブルの脚の形状にあわせて

木材を切り出します。

買ってきた2x4と
Snapshot_361.png


家に転がっていた2x6の端材を使います
Snapshot_364.png
家の中でこの作業。家内に見つかったら大目玉!?

だって総理や知事ができるだけ家にいるようにと

おっしゃるから・・・



こんな感じで組み立てます
Snapshot_367.png

こいつにブームを取り付けて
Snapshot_370.png

このままでは水面につきそうになるので

下がりすぎないよう金具を付けて調整します

Snapshot_374.png

あとは2x4材にボートに取り付けるための穴をあけ
Snapshot_377.png

歯付きナットを打ち込みます
Snapshot_380.png

そして従来のロッドホルダーから部品を移植します
Snapshot_382.png



リールシートを特大のインシュロックで固定して
Snapshot_387.png

完成!!
ダウンリガー完成.jpg

リールとロッドホルダーを取り付けるとこんな感じ
ダウンリガー2号.jpg


2年前に作ったやつと並べてみます
ダウンリガー1号2号.jpg



さて試運転できるのはいつのことでしょうか?

釣行は一時自粛中!?

緊急事態宣言発出!


この週末の天気、日曜日は下り坂。

土曜日はまずまずの釣り日和ですが・・・・

新型コロナウィルスの感染が拡大し、

大都市圏には緊急事態宣言が発出される事態に。

不要不急の外出自粛要請が出ております。



わが滋賀では都市部ほど差し迫った感じではないものの

他人事ではありません。

極力リスクは避けるべきだと思います。



釣行は自粛すべき?


感染リスクの高いといわれているのは、

三つの密  密閉、密集、密接

釣行自体は屋外で、大体単独行動なので、

これには当たらないと思われます。

しかも、ボートを出せば家にいるより

ウィルスとは無縁な世界。


途中寄り道して、コンビニに寄ったり

トイレ休憩したりしなければ・・・

おそらく問題は無いでしょう。



しかし、万万が一にでも感染した場合、

勤務先、取引先、家族やその勤務先等、

広範囲に影響が及び多大なる迷惑をかけることになります。

しかも、感染したのが釣行先だったりしたら・・・

申し開きのしようがありません。



そう考えると釣行は、しばらく控えようかなと思います。

当然釣行ブログやyoutubeの釣行動画等のUPはお休みします。







釣り道具の手入れや艤装の改良など


ということでしばらくは自宅でできる

道具のメンテナンスや

ボートの艤装の改良などしつつ過ごしたいと思います。





でも、どうしてもストレスmaxで耐えられなくなったら・・・

行くかもしれません。



その場合でも、極力近場へ、寄り道せずに。




そして、「こっそり」と。



外出自粛を余儀なくされている都市部の方々に

無用な誘惑になるような記事だけは書くまいと思います。






ドジャー増産

相変わらず品薄状態のドジャー


相変わらず(というより「ますます」)品薄状態のドジャー


納期1~2か月とのこと・・・



ということで、量産体制に

まずは型紙を作成

20200404ドジャー型紙.jpg

原板にけがきます

20200404ドジャー原板.jpg

今回は4枚分の材料を準備しました。

SUS304 光沢無し 100×300×0.8mm



今回は二枚分だけ切り出します。

20200404ドジャー切り出し.jpg

ステンレス用の刃具を装着したジグソー
切れ味抜群です。

20200229ドジャー切り出し.jpg

20200404ドジャー切り出し完.jpg

アッという間に2枚切り出し完了


ここからは前回製作時と同様

20200229ドジャー切削.jpg

切断面を整えて

サンドペーパーでバリを落とします。

コンパウンドでピッカピカに磨きます。

20200229ドジャー研磨.jpg

両端の穴あけも専用の刃具を使えば問題なし。

20200229ドリル.jpg


あとこちらの型紙でホログラムシートも切り出して

20200404ドジャー型紙2.jpg

今回はゴールド系とシルバー系を作成してみました。

シートを貼るのに両面テープを・・・と探しますが

見つかりません。

買いに行くのも面倒なので・・・

接着剤で貼りました。

20200404ドジャー完成.jpg



品薄のこれも自作!?


さてあれほどあった両面テープの行方は??

確か潤沢にあったはずなので妻に聞いてみると・・

これに使用したとのこと

20200402マスク.jpg


キッチンペーパーで手作りマスクが

量産されておりました!!



この方の動画とかこの方の動画とかを参考にしたようです。


同じ自作でも・・・

これは世のため人のためになりそうですね!!