二代目ゴムボートの装備 その2

前回に引き続きゴムボートの艤装を紹介します。

タックルボックスが浸水し、仕掛けやルアーが海水でずぶ濡れになるのを避けるため、基本的に濡れては困るものはチューブの上に積むようにしています。こうすることで、多少の水しぶきはかかりますが、どっぷり浸水することはなくなりました。

まず、チューブ上に荷物を積むためのベースとなる、骨組みを取り付けます。
gisou_2.jpg
イレクターパイプの枠にグレーの板がついています。板の裏に座板をチューブに固定するためのプラスチックのパーツがついており、これを座板用のベルトに引っかけて固定します。この段階では板は左右に動きますので、ボートを完全にふくらました後でも取り付けられます。

初代ゴムボートでは、この枠の中にクーラーボックスをおいて動かないようにして座席代わりにしていました。二代目は船外機の燃料タンクが別置き(写真の赤いタンク)で、この位置に置きたいのでクーラーボックスをおけません。また最近は、狙う魚種によってはこのスペースに収まらない大型のクーラーボックスを積み込むようになったので、新たな艤装を検討しました。残念ながら、この大型のクーラーボックスが満タンになったことはありませんが。

左舷には魚探と青の多目的トレーがつきます。釣りをするときはこちら側を向いて座ります。魚探の下のケースには釣行中はバッテリーが入っています。また、普段は艤装に使うボルトやナイフ、ハサミ等を入れています。青い多目的トレーにはジグケース等を積みます。一度使用したジグ等はケースに戻さず、このトレーの上に出しておき、そのまま持ち帰って真水で洗います。
gisou_4.jpg

先ほどの枠にどのように固定しているかというと、魚探BOXと青いトレーはグレーの板にネジ止されています。その裏側にはイレクターへのジョイントが3個ついています。これを黒い枠にパチンとはめます。これだけでも結構しっかり固定されていますが、波の衝撃等で外れては大変なので、ノブの付いたボルトで一箇所固定しています。
gisou_5.jpg


次に右舷です。ロッドが7本たてられるホルダー兼クーラーボックス設置台です。取り付け方は左舷と同じですが、ボルトが邪魔になるので下側から固定しています。クーラーボックスを載せて黒いベルトでしっかり固定します。
gisou_8.jpg

2本の金属ステーを取り外して折りたたんで、更にクーラーボックス固定用のベルトで縛れば、かさばらないので行き帰りの車への収納も楽々です。
gisou_6.jpg


両舷の艤装をこれ以上前に取り付けると、オールをこぐ際に手が当たってしまいます。この位置なら何とか普通に漕ぐことができます。

初代ゴムボートでは右舷に乗せていたケースを少し補強して座席にしています。この中には、船検証や工具類保守パーツ等が入っています。ケースはフロアからかなり浮いた状態なので、この中に浸水することはまずありませんが、念のため重要なものはジップロックの袋に入れています。ケースの下にぴったりガソリンタンクが収まっています。
gisou_9.jpg


最後に船首部分には買い物かごを載せ、3箇所ベルトで固定しています。この中には濡れてもよい備品、アンカー、シーアンカー、バケツ等を積んでいます。買い物かごなので持ち手も付いていて持ち運びにも便利です。このかごは、以前行きつけのスーパーで支払い後そのまま持ち帰れらるように買ったものです。決して、くすねてきたものではありません。
gisou_16.jpg

このかごにも塩ビ管のロッドホルダーをつけており、6本たてられます。初代ゴムボートでは、ロッドは全てここにたてていましたが、認識旗やネットもありますので、タンデム釣行ではやや不足気味でした。今では、1人での釣行の際はロッドは主に右舷のホルダーを使用し、認識旗とネットをここに立てています。

現状、この装備で結構満足していますが、今後も少しずつ改善を重ねていきたいと思います。またそのときは、ご紹介していきますので、何かの参考にしていただければと思います。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック