ウェアラブルカメラ導入

今週は冬型の気圧配置、日本海は大荒れで釣行は断念しました。


海上での防水対策

前回の釣行で、動画撮影に使用していたデジカメが故障してしまいました。

防水ケースに入れて使用していたのですが、後で確認すると破れていました。
20151122カメラ防水ケース破損.jpg
出港時、波打ち際でもたついて、大波を浴びた際に、防水ケース内に浸水したようです。

と言っても、ケース内に大量に浸水したわけではなく、内側にわずかに水滴が見られる程度でした。

この程度で故障するんですね。やはり、海で使用する場合、最低限防滴仕様は必須だったようです。

動画撮影を思い立ったころ、アウトドア仕様のカメラの購入も検討しましたが、ついついケチって防水ケースで済ませたのが、いけなかったようです。



ちなみに、海上で使用するもう一つの電子精密機器、スマホ方は防水仕様の機種を選定しています。


しかも、最近は水に浮く防水ケースに入れて使用しています。

いくら防水仕様でも、海の底に沈んでしまったら、使えませんので。

スマホはいざという時の、緊急連絡手段なので、念には念を入れています。


ウェアラブルカメラ検討


故障したデジカメを修理するかどうかはさておき、今後も動画撮影をするのなら、海での使用にたえるカメラが必要です。

ということで、情報収集です。

候補は、以下の4機種

1.GoPro HERO4 silver Edition
やはり、世界で最も使われているだけあって、よくできています。
性能もさることながら、多彩なアクセサリーで、いろいろな撮影方法が楽しめそうです。
但し、お値段もそれなりに・・・。

2.SONY アクションカム HDR-AS200V
性能は遜色ないかと思いますが、カメラマウントの品揃えは、GoPro程ではないように思います。
でも、まぁ自分の用途には十分かも・・・。本体は防滴+防水ケースが付属だが、水中撮影には別売の水中撮影キットが必要。

3.パナソニック ウェアラブルカメラHX-A1H
サイズは申し分ありません。電池は内蔵+拡張バッテリーを繋ぐ仕様。
本体は1.5m防水仕様。防水ケースの設定は無さそうですが、レンズのカバーがあるので問題なさそう。
価格はリーズナブル。

4.シマノ スポーツカメラ CM-1000
シマノ(shimano) スポーツカメラ CM-1000

シマノ(shimano) スポーツカメラ CM-1000
価格:23,760円(税込、送料別)

これも、価格はリーズナブルです。
釣り具メーカの製品なので、防水性能はおそらく大丈夫でしょう。





・・とまぁ色々調べましたが、結局今まで使用していたサイバーショットのバッテリーが、そのまま使用できるという理由で、SONYアクションカムHDR-AS200Vに決定しました。

アクションカムHDR-AS200V.jpg


クリップヘッドマウント改造

合わせて、とりあえず色々なところに、取り付けができそうなクリップヘッドマウントを購入しました。

これが大失敗。何故か、このアタッチメントは防水ケース無しの裸の状態でしか使用できません。

よく見ると確かに、「※付属三脚アダプター・三脚ネジ使用不可」と書いてありました。

どうせ書くなら「※防水ケース使用不可」と書いてほしかった・・・・。



仕方がないので、対策を考えます。

要するに、本体と防水ケースのネジのサイズが異なります。

クリップヘッドマウントのネジ.jpg

本体の固定用ネジは、一般的な三脚ネジよりも小さいのです。

一方、防水ケースは一般的な三脚ネジで固定可能です。



そういえば、ちょうどおあつらえ向きに、不燃ごみのゴミ箱に壊れた三脚があったような・・・。

ということで、ゴミ箱から回収したネジに交換しました。

クリップヘッドマウント ネジ交換.jpg

クリップヘッドマウントから、小さいネジを取り外し、穴を拡大します。

さらに、三脚のネジはノブが大きすぎて干渉するので削りました。

またネジが長すぎたのでカットし、無事取り付け成功です。



装着方法は、本来の用途通り頭部に取りつけるか?
アクションカム ヘッドマウント.jpg

それとも、ライフジャケットの肩の部分に装着するか?
アクションカム ショルダーマウント.jpg

何とか、使用できそうです。



そして、もう一つの誤算。

このカメラ、オプションでライブビューリモコンというのがあります。

ライブビューリモコン.jpg

手元で、画角を確認したり遠隔操作が可能です。

リモコンがなくても、スマホから同じことができるのですが、スマホはいざという時の緊急連絡手段なので、電池を無駄遣いする用途には使いたくありません。

なので、リモコン付きを購入したのですが、ご覧のとおり結構大きいです。

ジギングメインの釣行の際は、腕が疲れるので腕時計も外しているぐらいなので、これを装着して釣りはできません。




ライブビューリモコン 首掛け.jpg

仕方がないので、首から下げて使用することにします。

まぁ、慣れたらモニターを見なくても大体の画角は、調整できるような気もしますが・・・。




また、使用してみてインプレッションをアップしたいと思います。


ただ、果たして今シーズン出港できる日があるでしょうか・・・・。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック