ワカサギ釣りは、腰に良くない!?

ボートの出せない日が多い、冬場の釣りものとして、出かけるのが、

地元の小さな池こと「余呉湖」のワカサギ釣りです。

今シーズンは、解禁直後の11月末に一度行ってきました(釣行記事)。



余呉湖は、湖面が凍ったりはしません。

有料の桟橋からの釣りです。

電動リールを使う場合は、手作りの台を桟橋の柵に取り付けて釣ります。


20171126二刀流.jpg

魚が桟橋から遠い場合は、片方を長目の竿にしたりします。

20160313ワカサギ釣り座.jpg


この電動リール用の台ですが、低いです。

椅子の座面と見比べていただくと分かると思います。


一日中、腰を曲げた姿勢での釣りになってしまします。

ちょっと、休憩で立ち上がろうとしても、なかなか腰が伸びない状態です。

釣行翌日は、持病の腰痛が・・・!


長い竿の場合は、手に持っている時間が有るので、まだましです。

電動は台の上で誘って、台に乗せて手で揺らさないようにして、アタリを取るので、ズーーーっと前屈みです。


ということで、改良です。

20171129電動リール台.jpg


????

どこが変わったか、わかりませんね。

横から見るとこんな感じです。

20171130電動リール台.jpg

高さをグーンと高くしてみました。

こちらが、改良前です。



20161213ワカサギリール台2.jpg



これで、腰痛解消できればと思います。

この記事へのコメント

  • たこおやじ

    ワカサギシーズンですね
    ワカリマスワカリマス、その腰の痛さ
    色々手が込んでますね~

    2017年12月22日 15:34
  • たぬきち

    たこおやじさん

    ここでのワカサギは、ボート出し入れのような力仕事はありませんが、一日座っての単純作業の繰り返しで、ある意味重労働です。
    これで、少しでも楽になればと思います。
    2017年12月24日 09:58