この週末は・・・


この週末、前日までの予報では、土曜日の朝なら海に出られるか?

と、期待しておりましたが、残念ながら直前に悪化したため、断念しました。

かと言って、ワカサギは先週釣った分が、まだ消費しきれていません。

20180118ワカサギ南蛮漬け.jpg

こんな週末は、家でおとなしく過ごしましょうか・・・

ダウンリガーとは

さて本題です。

昨年末の最期の釣行時に実践投入した、ビワマスレークトローリングの新兵器「ダウンリガー」です。

ビワマスは、結構水深のある所に生息しており、岸からはほぼ釣れません。

ボートで狙うのですが、魚の習性上、ジギングのように一カ所で集中的に狙うよりも、トローリングで広く探るのが効率的とされれています。

ルアーは5g前後のスプーンを使いますが、魚が生息しているのは水深20m以深です。

季節や天候にもよりますが、捕食してくる水深は15~30m程度と言われています。

軽量のルアーを、トローリングで引き回すと、水面近くを漂うだけで、魚の生息する水深には沈みません。


ルアーを沈めるためには、錘が必要です。

これが、今までから使っていた仕掛けです。

masu_shikake.jpg

70号相当の錘と、その先に身切れ防止のためのクッションゴムが付いています。

ロッドやリールは、タイラバやライトジギング用のタックルを流用しています。

70号の錘、しかも船を走らせながら巻き上げるので、魚がいてもいなくても兎に角重いです。

50cmクラス以上の大物でも、竿に伝わる魚の生命反応はわずかです。


錘やクッションゴムを無くす方策として、レッドコアとダウンリーガーという釣法があります。

レッドコアとは、芯に鉛の入った特殊なラインを使います。

ライン自体の重みで、ルアーを沈めるのですが、十分沈めるためには100m前後ラインを出す必要があります。

また、専用のラインを使うので、今までのようにタイラバやライトジギングと、リールを共用することができなくなります。

もう一つの方法ダウンリガーは、1kg以上の大きな錘をワイヤーで魚の泳層までおろし、そこについているクリップに、普通のルアータックルのラインを挟んみます。

魚がかかると、クリップからラインが外れ、魚とのやり取りは錘無しでダイレクトにファイトできます。

模式図(滋賀県HPより)
20171112ダウンリガー.jpg
錘方式やレッドコアに比べて、棚取りが正確です。

今までは、ラインを何m出したかで、棚を調整していましたが、実際に魚の泳層を引けているのか、確信が持てませんでした。

その点、ダウンリガーなら錘が魚探に写るので、疑う余地はありません。

タックル自体は、今まで使っていたものがそのまま流用できるのが、嬉しいです。

難点は価格面です。

ということで、自作にチャレンジしました。

部材調達

錘は、市販品を。

20171220ダウンリガー錘.jpg

少しでも軽量にということで、水の抵抗の小さい形状のものを選びました。

リリースクリップも市販品です。

20171220リリースクリップ.jpg

パッと見洗濯ばさみで代用できそうなものですが・・・・

挟む部分でラインを傷つけないようにとか、挟む強度はどの程度が適正なのかわからないので、最初は市販品を買うことにしました。

そして本体部分です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ダウンリガーScotty1050MPとI'zShellCraftのウェイトボール】
価格:46607円(税込、送料無料) (2018/1/21時点)

市販品はやはり高価です


構成部品は、ブームの根元にリール、先端には滑車です。


リールはこんなのを手配。

20171220中古電動リール.jpg

中古の電動リールに、極太のPEラインを巻きました。

ボートを走らせながらの操作になるので、ボタン一つで自動で巻き上げられる電動を選定しました。



ブームは使っていないロッドを短く切ってと思っていました。

先端に付ける滑車はどうしよう? なくても大丈夫?

思案しつつ、ホームセンターへ。


滑車を物色していると・・・

ブームにもってこいのパーツを発見。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ワンタッチ松葉脚 K-550 [Tools & Hardware] 00021550-001【00021550-001】
価格:892円(税込、送料別) (2018/1/21時点)

 テーブル用の折り畳み式の脚


長さと言い、折りたためる点と言い、申し分ありません。

スチール製なので、海で使うとなると、錆が気になりますが、湖なのでその点は大丈夫でしょう。

組み立て作業

このブームが見つかったため、組み立て作業はアッという間に完了です。


これに、使わなくなった投げ竿から外した、リールシートを取り付けて。

20171221ダウンリガー2.jpg

2x4材にロッドホルダーとともに、取り付けたら完成です。

20171222ダウンリガー.jpg



試運転 & 改良


先端の滑車が小さすぎたので、応急処置をして試運転します。

20171223スタンバイOK.jpg

後日滑車は、交換

20171224滑車.jpg


それと、ゴムボートに取り付けると、重みでどうしても先端が下がってしまいます。

20171223新兵器.jpg



そこで、金具を追加して、下がりすぎないように。

20171224ダウンリガー改.jpg



残念ながら、改良後の再チェックはまだできていません。

そして、ダウンリガーに魚はヒットしたものの、バラシてしまいました。

次こそは、本当の意味での入魂と行きたいところですが・・・

いつになることでしょうか・・・