6月釣行 その1 漁期残り1カ月の湖で・・・

6月2日(土)
5:20~12:40


作戦計画


この週末は、土日とも全域ベタ凪で、絶好の海釣り日和です。

ただ、先週好釣果に恵まれ、結構満足してしまいました。

また、毎日真鯛や鰤が食卓を賑わしてくれました。

食材調達としては、少し目先を変えたいところです。

ということで、6月いっぱいで一般遊漁者は禁漁となる、ビワマス釣りに行くことにしました。



月齢は、17.6、晴天です。

月夜の翌日は、厳しいという説もありますが・・・



地元ということもあり、ゆっくり起きて4時過ぎに出港地へ。

いつものように、だらだら準備を進めて、5:20出船。

20180602出港.jpg


ラウンド1 vs ビワマス

今回のミッションは、ダウンリガーで1本捕って入魂です。

いつも通り、左にダウンリガー、右には錘リグを準備しボートを走らせます。

20180602トローリング.jpg

流し始めて間もなく、右のロッドにアタリです。




上がってきたのは・・・・

20180602ビワマス1.jpg

40cm弱の小さめですが、嬉しい本日のファーストフィッシュです。




続いて、右のロッドにヒットです。

20180602ビワマス2.jpg

サイズはともかく、順調に釣果を伸ばします。




ここまで、ダウンリガー側には反応ありません。

そこで、ルアーを右側と似たような、シェルスプーンに交換します。

そして、ダウンリガーを水面から20m位と、少し浅くしてみます。


すると効果覿面、ヒットです。

ダウンリガー入魂か??

見えてきた魚影は・・・・


ちょっと黒っぽい?

残念ながら、ウグイでした。

20180602ウグイリリース.jpg

リリース御免。


この水深は、ビワマスではなくウグイの泳層の様なので、また元の水深に戻します。

このように、ダウンリガーの利点は、ルアーを引いている層が明確にわかることです。


そしてその直後、ヒットです。


今度は、引きが違います。



上がってきたのは

20180602ビワマス3.jpg

40cmちょっとの、まずまずのビワマスでした。

ひとまず、ダウンリガー入魂完了!!



ここでアタリが遠のきます。

1時間後、今度はダウンリガーを少し沈め、水面から30m程度を曳いてみます。

すると直後に結果が出ます。

またまたダウンリガー側にアタリです。

先程よりも、さらに強い引きです。

ボート後方に、浮かんできて水面で大暴れします。

何とかかわして、無事キャッチ成功!!

20180602ビワマス4.jpg

45cmオーバーのナイスサイズでした。


続けて

ダウンリガー側に連続ヒット。

20180602ビワマス5.jpg

やや小さめですが、調子が出てきました。

ラウンド2 vs ライントラブル



それからの2時間、ライントラブルに見舞われ、悪戦苦闘です。

発端は、ちょっとした不注意でした。

ダウンリガーを沈める際、メインラインを出し過ぎて、絡ませてしまいました。

引き上げてみると、ドジャーを中心に、ラインがぐるぐる巻きのがんじがらめです。

それを直している最中、ふと右のロッドを見ると、ラインに全くテンションがかかっていません。

はっきりした原因は、不明ですが左のライントラブルに、巻き込まれたのでしょうか?

とにかく、PEの途中でラインが切れて、ドジャーもルアーも失ってしまいました。

一番良く釣れていた、高価なシェルスプーンが・・・・

(湖への不法投棄ゴメンなさい)

結局ボートを止めて、左右ともシステムの組みなおしです。



この後、ダウンリガー側のライントラブルが頻発し始めます。

少しボートを走らせると、竿先に不自然な動きが現れ、確認するおライントラブルです。

リリースクリップの位置等、色々変えてみましたが、改善しません。

どうも、ドジャーの動きが激しい過ぎるような気がします。

そこで、左右の仕掛けのドジャーを入れ替えてみました。

これで、漸く問題解消、2時間近いタイムロスと、フロロリーダー10m程をぐちゃぐちゃにしてしまいました。

ラウンド3 vs ビワマス

時刻はもうすぐ11:00

やっとまともに釣りができるようになりました。

左側にはシェルスプーン、右側は以前良く釣れていた、ピンクのスプーンです。


ここで、右の錘リグに久々のアタリが出ます。

竿がかなり激しく揺れて、大物を期待させます。

ボートを走らせながらのファイトなので、なかなか寄ってきません。

5分以上かけて、ようやくキャッチ成功です。

20180602ビワマス6.jpg

出ました ギリギリ50cm!!


ここで、問題発覚。

ネットの目が細かすぎて、トローリング中に水中に入れると、ものすごい水圧です。

目の粗い、ラバーネットが必要かも。



この後、左右それぞれ1本ずつヒットします。

どちらも、水面に現れた姿は、明らかに40cm未満です。

乱獲してもいけないので、リリースしようと思った瞬間、バシャッと水音を立てて、逃げて行きました。

2匹続けて、見事なナチュラルリリースでした。


さらに、出港地に向かいつつ、曳いていると、左右それぞれ1本ずつキャッチ。

まずは、ダウンリガー側で
20180602ビワマス7.jpg

そして、錘リグで
20180602ビワマス8.jpg

ここでストップフィッシングとしました。


本日の釣果


20180602集合2.jpg
20180602集合1.jpg


ビワマス  ~50cm 8本
ウグイ   リリース

ビワマス小 リリース(バラシ) 2本


早めに撤収作業が終わったので、車の周りの清掃活動

20180602レジ袋一杯運動.jpg

小さいレジ袋1杯分だけですけど・・・


本日のヒットルアー

20180602ヒットルアー.jpg

ツインクルスプーン 5g JSYオリジナルピンク

シェルスタースプーン 夜光貝?/4.6cm

シェルスプーン 黒蝶貝?   ロスト





釣行当日は、ビワマスをお刺身でいただきました。

20180602ビワマス刺身.jpg

やっぱり、美味い!!

この記事へのコメント