ドジャー製作してみました

何故か最近品薄なのです


前回の釣行の後、ライントラブルでロストした琵琶トロ用品

補充しようと釣具屋を覗くと・・・

ドジャー(集魚板)も錘リグのシンカーもみんな売り切れ

ならば通販でと検索するも・・・・



やっぱり品薄です。


シンカーは何とか適当なものを入手しましたが・・・

ドジャーが無い!!



どれもこれも、在庫なし! お取り寄せ! 状態


ここでふと思いました。

こんな何の変哲もない板にしては・・・

まあまあ良いお値段!



これなら自分でも作れるのでは?


ということで、材料や道具の準備を

〇ステンレス板に

20200229ドジャー原板.jpg

SUS304 150×50×0.8


〇ステンレス用の刃具

20200229ステンレス用工具.jpg

通常1本数百円するステンレス用のキリが8本セットで680円。

いい買い物をしたと思ったのですが・・・・





適当にけがいて

20200229ドジャーケガキ.jpg




早速ジグソーで切り出します。

20200229ドジャー切り出し.jpg

今回はピッタリサイズの端材があったので・・・

コーナーのR部分のみ切り落とします。

さすがステンレス専用の刃。サクサク切れます。

これなら大きな板材からでも問題なく切り出せそうなので・・・

次回からは量産も可能?




20200229ドジャー補正.jpg


やすりで形状を整えて・・・

20200229ドジャー切削.jpg


サンドペーパーで端面を磨いたら完成?


ドジャーはルアーを適度に動かす意味もありますが・・・

キラキラ光って魚の興味を引く集魚板の意味もあります。

そう思って#400の鏡面仕上げ材を選んだのですが・・・・

裏面は灰色の艶なしでした。あらあら。


ここで工具箱の奥から取り出したのは・・・

20200229ドジャー研磨.jpg

車などのキズ消し用のコンパウンド。

これで磨き磨き!

20200229ドジャーピッカピカ.jpg

これ位ピッカピカならいいでしょう

次回からは両面光沢無の材料で大丈夫そうです。


ここまで1時間程の作業。

これならいきなり量産しても良かったかも。


最後に落とし穴が・・・・安物買いの銭失いとはこのことです



あとは両端に穴をあけて・・・と

ところが準備した格安のキリが・・・・

表面にちょっと窪みができたところから・・・

全然切れなくなりました・・・

「ステンレス用」じゃないのですか???






仕方なく作業中断し・・・買ってきました。

20200229ドリル.jpg


無事穴あけも完了し

プラスチックハンマーで叩いて

20200229ぷらハンマー.jpg


両端を曲げたら完成!!

20200229ドジャー成型.jpg

市販品のように鋭くは曲がりませんが・・・

後は泳がせてみて微調整しましょう。




ちょっと寂しいので

20200229ドジャーホログラム.jpg

ホログラムシールを貼って完成。




この週末、土曜日は絶好の琵琶トロ日和だったのですが・・・

午後から雨との予報もあったので

このドジャー製作作業にあてました。



日曜日に試運転と行きたいところでしたが・・・

やや風が強いため断念しました。



早くどこかで泳がせてみたいのですが・・・

いつになることやら






この記事へのコメント