GARMIN魚探の活用術

CHIRP魚探っていいの?


今回は魚探の設定について

リクエストいただいたので記事にしてみました。

昨年導入したGARMINのCHIRP魚探

Echomap Plus 65cv + GT23M-TM振動子

十分に使いこなせているのでしょうか?

いまだに、いろいろ試行錯誤しながら

有効な使用方法を模索しています。

まだまだ熟知というには遠く及びませんが

一年程使って、今現在こんな感じかな?

と思っている使用方法について

レポートしたいと思います。

もっと良い方法があると思うので

ご指摘いただければと思います。


Garmin Quickdraw™ Contoursは文句なし!


CHIRP魚探は探索性能が良いのが

最大の特徴ですが・・・

それはなかなか目に見えて比較しにくい性能です。

それよりも、ボートが進んだ地点の

水深を記録するQuickdraw Contoursは

目に見えて有効な機能!!


これが無くても・・・

釣れたポイントを記録していると

この辺りに釣れるポイントがあるみたい(?)

魚探の水深の変化からここに根がある様子(?)

位のことは分かるのですが・・・・


Quickdraw Contoursで海底地形をみれば一目瞭然!!

グリのクイックドロー.jpg


根の正確な位置や周辺の地形まで手に取るようです。

根の潮上に入って流したり、

敢えて根の中心を外してみたり

戦略を練ることができます。

等深線だけでも同心円状の形からわかりますが、

水深ごとに色分けすれば更に見やすいと思います。

色分けの設定方法は通常の地図表示中に

MENUボタンを押して・・・・

地図と魚探のマルチ画面表示中の場合は

MENUボタンを押して、フィッシュチャート

メニューを選択して・・・

地図設定>地図表示>深度陰影表示 を選択します

進度色分け.jpg

10段階の深度と表示色を設定することができます。

各レンジの水深やカラーも好きなように設定可能です。

深度レンジ設定.jpg

シェーディングをオンにしてカラーと深度を設定します

色分けの設定をしておくと、根の位置が一目瞭然。

次の釣行から迷わず直行可能です。


また、自分自身で航行していなくても・・・

Quickdrawコミュニティ garmin connect

というサイトで情報共有が可能です。

メジャーな釣りポイントなら既に水深情報が

アップロードされているので・・・

それを頂戴すればOKです。


画面表示の設定は?


この魚探はGPS内蔵で地図機能兼用です。

なので少なくとも地図と魚探を同時に

表示したいところです。

そのための機能として画面の分割表示があります。

設定方法は以下の通り

HOMEボタンでHOME画面を表示します

組み合わせ.jpg

左上の組み合わせを選択します

マルチ画面.jpg

元々6種類ほどの組み合わせ表示が設定されています

Combo1というのが、釣り用地図と通常魚探の

組み合わせなので、これで良ければ選択します。

ここでは新たな組み合わせ画面を作ってみます。

一番最後にあるカスタマイズというのを選択します

そこで+追加を選ぶと、

機能配置.jpg

画面の分割方法が選べます。

地図と通常魚探とクリアビューの3つが同時に表示

できるよう、最大3分割が可能です。

自分はクリアビューはほとんど使っていないので

左上の2分割を選びます

(そもそも65cvは画面が小さいので3分割は厳しかも)

次に左側の画面に表示する機能を選びます

地図を選択すると地図の種類を聞いてきます

地図選択.jpg

遠くの釣り場に向かうのにナビ機能を使う場合は

航海図が必要かもしれませんが、

通常は釣用地図で問題ないと思います。

次は右画面、今度は魚探を選択します

すると魚探の種類を聞いてきます。

魚探選択.jpg

通常魚探を選択するとCombo1と全く同じ設定です

他の選択肢としては、ClearVu(海底の様子を鮮明に表示)、

フラッシャー(現在のスキャンデータを円グラフで表示)、

分割表示周波数(2周波魚探のように別々の周波数の

魚探画面を並べて表示)の3種類があります。

今回は分割周波数表示を選んでみましょう。

選択完了.jpg

2画面の機能が決まったら次へ

名前を聞いてきますので適当に入力しOKを

最後に地図と魚探の比率を矢印で設定して完了

分割比率.jpg

これで自分好みのレイアウトが設定できました。

これらの設定はあとから変更が可能です。

その手順は変更したい組み合わせ表示の状態で

MENUボタンを押し、表示された選択肢から

「マルチ画面を構成する」を選びます

そこで、名前やレイアウト、各エリアに表示する

内容や分割比率等をお好みの内容に変更します。




長くなったので今回はこの辺にしておきます。

次回は、通常魚探の各種設定と分割表示周波数の

設定方法を見て行きたいと思います。



この記事へのコメント

  • たこおやじ

    う~ん
    ガーミン憧れますねえ
    海の上の地図って,どれくらいの地図なのでしょう
    別に航海図ってものあるように、画像で拝見したのですが
    例えば、霧で寄港先不明になったときにナビ利用できるようなものなのでしょうか?
    僕の今のホンデックスは,海岸線しか出ないやつでもう少し詳しい地図が出たら、層新しいPSシリーズみたいな,いいなあと思ってます
    デモ画面でもあれば見せてください
    2020年08月13日 16:51
  • たぬきち

    たこおやじさん

    通常釣用の地図しか利用しておらず、航海図についてはよくわかりません。
    無償でセットされている地図は大したものではないと思いますが、
    「NEWPEC+沿岸潮汐+海底地形全国版」というのを、有償で売っているようです(なかなか良いお値段ですが)。
    2020年08月15日 14:15
  • 見習いボーター

    たぬきちさんこんにちは!最近ジョイのボートデビューしたものです!こちらの記事を見て、自分もガーミンのストライカー4プラスCVをためしにポチってみました(笑
    ガーミンの魚探のクリアビューは楽しみでしょうがないですw

    しかしながらコロナの影響で次々とポイントが閉鎖されていますね・・・有料ポイントは開いていますが、頻繁にいくと地味にお財布に響きます・・・トホホ・・・
    2020年08月15日 18:04
  • たぬきち

    見習いボーターさん

    ありがとうございます。
    残念ながらクリアビューはあまり使いこなせていません。
    ポイント閉鎖厳しいですね。コロナだけが原因なら、
    また出られるようになるのでしょうが・・・。
    2020年08月16日 00:09