新艇第二戦はボートエギング 墨の汚れだけは一人前!?

9月21日(月) 敬老の日
6:30~12:00



作戦計画


折角の4連休ですが・・・

前半は所用で身動きが取れず

3日目にやっと時間ができたので

出撃することに

しかし風がやや強めの予報なので

沖には出ず岸近くでイカ狙い限定で。



烏賊限定ならばと2年ぶりのポイント、

海水浴場の浜から出ることにします

現地着4:30

しかし、駐車場の入り口にロープが張られ

立ち入り禁止状態です

そういえば今シーズンはコロナの影響で

多くの海水浴場が閉鎖されていたようです

残念ながらこのポイントは諦めて

20分程車を走らせます。

ここは閉鎖はされていませんが

何だか風が強く波打ち際が

危険な感じなので断念です



さらに小一時間程車を走らせて

結局いつものホームから出すことに。

日の出から大きく出遅れた6:30出船



ラウンド1 vs ウネリ


前回は2週間ほど前で

水深10~15m程のポイントで釣れたので

15m位から始めます

しかし全く反応なし

エギをチェンジしてもダメ

小移動してもダメ

軽めのエギをキャストしてみると

ぴくッとアタリ???

いえ、ラインに波がかぶっているだけ??



2時間経過・・・



全く釣れる気がしません。




ラウンド2 vs ライントラブル


ここで大移動を決断。

護岸と50m程沖にもテトラポットの入ったエリアへ

沖のテトラ際にキャストしてシャクシャクシャク



3秒ほど待ってシャック! ズシ!

漸く初ヒットです!!

なかなかの引きで

上がってきたのは


20200921アオリイカ1.jpg

胴長18cm位のナイスアオリ!

近くに浮いていたボートの方から

やはりテトラ周りが良いとの情報。

よし、ここからです!!


ちょっと流されてテトラから離れると

アタリが遠のきます

100m程先にも良さそうなテトラ帯があるので

移動してみます。

ここで痛恨の根掛かりで

先程のヒットエギをロスト。

しかもPEラインから切れてしまいます

リーダー結びなおしますが・・・

何故か集中力を欠いて・・・

なかなか結べません。

漸く再開しますが・・・


しばらくやっていると

結束部付近でラインブレイク



なんかキッチリ結べる気がしないので

SLJタックルからリールを拝借します

PEもリーダーも、やや太めですが・・・

何とかなるでしょう!!



しかしライントラブルで結局1時間近く

ロスしてしまいました・・・



ラウンド3 vs アオリイカ


時刻は10時半

先程釣れた付近に戻って釣り再開

この付近は水面に出ていないテトラが

一列に並んでいてその周辺もポイントの様です

水深は10m弱。


軽めのエギをキャストして探ります

時々、イカが追いかけてきますが

乗せきれません。

ピンク→オレンジ→アジカラーと

定番をローテーションしますがダメです。

先程とロストした

ピンク+マーブルテープがあれば・・・

午後からは風が出る予報なので

そろそろ結果を出したいところです。



ここで取り出したのはケースの中で

一番派手そうな・・・赤+赤テープ

すると効果覿面、エギの周りに

烏賊がわらわらと沸いてきます

20200921アオリイカわらわら7.jpg

そしてヒット

20200921アオリイカ4.jpg
ヒット
20200921アオリイカ5.jpg
20200921アオリイカ6.jpg
20200921アオリイカ9.jpg
20200921アオリイカ10.jpg
20200921アオリイカ11.jpg
20200921アオリイカ12.jpg



最後の1時間程で何とか「つ抜け」

20200921アオリイカ3.jpg

何とか格好はつきましたが・・・

5時間以上やってこれではね!

 

本日の釣果

アオリイカ 10~18cm 10杯


20200921墨跡1.jpg
20200921墨跡2.jpg

ボートの汚れ具合だけは一人前なのですが・・・

まあ我が家のお土産としては

十分です! ヨシとしましょう!!

釣行当日は大きめの1杯をお造りで

20200921アオリイカ刺身.jpg


20200921冷酒.jpg

お酒が美味い!!

早朝にチャチャっと進水式からボートエギング

9月5日(土)
6:00~7:30

作戦計画

この日は海岸清掃ボランティアというのに

参加することになっています。

折角海の近くへ出かけるので

例年は早めに行って

朝の内陸っぱりで新子のアオリイカを

狙うことが多いです

今の時期なら素人の自分のエギでも

幼気なアオリイカが釣れてくれます。





さて、今回は週初めに

新艇が船舶検査通過したばかり

何とか出船できないものか?

と、考えます。

危険な台風が発生していますが

まだ、こちらに近づく段階ではありません。

日の出は5:30なので、

2時間程ボートの試運転がてら

釣りをすることは可能です。

新子のアオリイカ狙いなら

近場で短時間で上がれるかな?

この時期、陸っぱりでも釣れる新子

ボートを出せば楽勝でしょう!!


等と甘いことを考えて出船決定!!


ラウンド1 進水式


ちょっと出遅れて現地着5時前。

日の出とともに出船は厳しそう。

途中、食料の補給に立ち寄った

コンビニで日本酒を調達。

20200905出船.jpg

これで三代目となるゴムボートですが、

今回初めて進水式のまねごとをすることに。

20200905お神酒.jpg

船体各部やエンジンに清めのお神酒をかけ・・・

海の神様に安全祈願!!

かしこみかしこみ・・・


すっかり明るくなった6:00出港!!

ただでさえ短時間勝負なのに

出遅れてしまいました


ラウンド2 vs 新子アオリイカ



この時期なので水深10m以下の

ごく浅いポイントから始めます

しかし全く気配なし。

陸っぱりでも釣れるはずなのに・・・

思はぬ苦戦です。


開始1時間後

若干風が出てきて

いい感じでボートが流れますが

子烏賊用の小さなエギでは

沈みにくくなったので・・・

シンカーを追加

それでも底が取れないので

シーアンカーを投入すると

竿先にグッと抑え込むアタリが!

やっと釣れました


何故かみみにヒット

写真を撮るためにひっかけなおしたのではなく

この状態で釣れました

まさしくまぐれのスレ掛かりです。

胴長10cm強

この時期にしてはましなサイズです



沖へ流れる風向きで少し深い

ポイントに入って・・・

そろそろ戻ろうかとピックアップしたら・・・

烏賊が2杯ほどついてきています。

今日のポイントは15m前後の様子

しかしすぐにポイントを通り過ぎてしまいます。



暫らくやりますが後が続きません

そろそろタイムリミットか

エギを回収してくると

烏賊が追っかけてきました

ちょうど水深15m弱のポイントです。

これがラストチャンス!

何とか掛けたいと

必死にシャクっていると

次から次へとイカが集まってきます

2杯ほどだったのが5杯・・・

更にわらわらと・・・10杯程・・・

こうなるとイカは勝手に興奮して

先を争って抱きに来ます

そして・・・来ました

20200905アオリイカ2.jpg

胴長12cm程。サイズアップ成功!

地合い到来!?

このまま続けたら釣れそうですが・・・

残念ながらタイムアップ




ラウンド3 海岸清掃ボランティア


急いで撤収して

海岸清掃の会場へ急行します

20200905ボランティア.jpg

小一時間、砂浜でゴミ拾いを

海水浴場の浜なので

花火のゴミや海の向こうからやってきた

小さなプラスチック片が大多数


釣り人のゴミっぽいのは

20200905ルアーゴミ.jpg

20200905ワームゴミ.jpg

こんな感じ

綺麗になるまでやるのではなくj

あらかじめ決められた時間やって

終了というスタイルなので

意味があるのかどうか・・・


20200905完了.jpg


やらないよりはましということで終了


本日の釣果

アオリイカ

胴長10~12cm 2杯のみ・・・

これなら陸っぱりの方が

釣れたのでは???

まあ小さいイカを乱獲せずに

済んだので良しとしましょう

釣行当日早速刺身で

20200905烏賊刺身.jpg

美味い!!



さて、新艇のJキャット・・・

2馬力でも滑走するとのふれこみの快速艇

果たしてその実力は??

出港直後の軽い向かい風の中

スロットルをひねると軽く10ノット

約18~19km/h



感覚的にこれまでの

オレンジペコなら15~16km/h位しか

出なさそうな状況でこれは速いかも!!


しかしスロットルを更にひねり

全開にしても大差無し

ポイント周辺の追い風の中でも

劇的な速度アップは見られません



エンジンパワーが同じなので

仕方ないのでしょうね




真夏の太陽の下でDAYイカメタル!

8月1日(土)
5:30~12:30


作戦計画


やっと明けました!長かった梅雨。

ならば是非とも出船したいところですが・・・

土曜日は夕方から町内の会合が予定されております。

でもまあ、お昼に上がれば十分帰れます。

ちょっと気になるのは釣って帰った魚の処理が

追い付かない可能性があることです。

(「そんな心配は釣ってからにしろ」

 と聞こえてきそうですが)


それなら沢山釣りすぎなけらば問題ありません。


ということで今回の狙いは

・朝からDAYイカメタルでマイカ(ケンサキ)

・浅目のポイントでヒラマサの探索

・ヒラマサがダメならジギングで青物

・それもダメならSLJで鯵

・青物が1本釣れたら撤収する!

・決してタイラバに頼らない!

こんな感じで行ってきました。


すっかり明るくなった5:30出港

20200801出港.jpg




ラウンド1 DAYイカメタルでマイカ


マイカ(ケンサキ)のいるポイントは

よくわかりませんが・・・

以前にジグに食ってきたことのある

ポイント周辺を探ります

水深30mから探りますが反応なし

本命の水深50mに移動します

SLJのタックルにオバマリグの仕掛けをセットします。

エギ型の鉛スッテと



ドロッパ代わりに2号位の小さなエギをセットして沈めます

こんないい加減なタックルで釣れるのでしょうか?

前日YOUTUBEの動画で勉強した誘い

シェークして少し巻き上げてステイ・・・とか

1m程持ち上げてゆっくりしずめてステイ・・・とか

適当に誘うこと5分

アタリはよくわかりませんでしたが・・・

カラアワセにずっしりと重みがのって

なんか釣れた気がします。

巻き上げてみると・・・・


20200801マイカ1.jpg

上のエギに小さなマイカ(ケンサキ)が

ついていました。

オー! 釣れるやん!

狙ってつれると嬉しー!



3分後今度はシェークして待っていると

竿先が入った気がしたので

アワセてみると・・・

乗りました!

今度は鉛スッテにヒットです。

20200801マイカ2.jpg

ちょっとだけサイズアップ


その後アタリが遠のいたので

もう一度同じラインを流してみます。

シーアンカーを入れて

ポイント付近をゆっくり流します

先程釣れたポイントに差し掛かったところで

フォール中にラインが止まります

試しに合わせてみると

ズシ―と重い!?

先程とは比べ物になりません

上がってきたのは・・・

20200801マイカW.jpg

サイズアップのマイカ!しかもWです!

楽しすぎ!!



しかし、その後アタリは遠のきます。

もう一流し・・・

またまた同じようなポイントでヒット!

しかしこれはバラシてしまいました。



最後にもう一流し今度は少し潮上から

誘いあげてゆっくり沈めていると

手元にガツンとくるアタリが!

グイグイ引きます!

これは魚かな? と思ったら

フッと軽くなってバレてしまいました。


もうちょっと粘れば

釣れるのかもしれませんが・・・

お土産は確保できたので

次のミッションへ

ラウンド2 vs ヒラマサ


いつも行かない

水深30m前後のポイントで・・・

キャスティングやジギングで誘います。

しかし何の反応もありません。


よくよく考えると

今までヒラマサを狙って釣ったことなど

一度もありません。

そう簡単には釣れませんね。





ラウンド3 vs 青物


昨年、メジロ(ワラサ)クラスの

青物が釣れた沖のポイントに移動します

一流し目は風向きをちょっと見誤ったのか

ややポイントを逸れます

二流し目、今度はバッチリです

ポイントに差し掛かると盛大な魚探反応が

20200801根回りの魚探反応.jpg

そしてボトム付近でガツンとヒット!

しかしその後はおとなしく浮いてきます

小さな根魚決定


上げってきたのは

20200801ガシラ小.jpg

30cmあるかないかのガシラ

元気そうだったのでリリース!


そしてその5分後今度は底から5m位で

ガツンとアタッてグイグイ引きます

根に走られてはまずいと思い

スプルーを指で押さえて耐えます

するとプツっという感触・・・

掛りが浅かったのか

残念ながら身切れしたようです。



・・・・



その後アタリは遠のき・・・

タイラバを沈めたい衝動をこらえつつ

ジグをしゃくり続けます。


・・・・


しかしもう我慢の限界

次はタイラバでと思って

流しなおします

タイラバケースを開くと

インチクが目に留まり

そこでふと我に返ります

今日はタイラバには頼りませぬ!

インチクを沈めますが

釣れるのは

20200801ガシラ極小.jpg

極小のガシラや

20200801アヤメ極小.jpg

極小のアヤメカサゴのみ

エアーを抜いて何とかリリースしましたが

小物をいじめる結果になるので・・・

諦めることにします。


ラウンド4 SLJで鯵


時刻は11:30を過ぎています

後30分、最大でもあと1時間以内には

撤収しないといけません。

最後に出港地周辺でSLJ


ギガアジを少々釣って帰ることにします。

暫らくアタリが出ませんが・・・

遥か前方に潮境を発見します

向こう側は結構濁りが入っています

アジは濁り潮の方が釣れる気がするので

塩境の向こう側に移動します

しばらくやりますが反応なし

時刻はそろそろ12:00です

諦めかけて力の抜けた

ただ巻きにヒット!

アジ!?

ドラグを緩めて身切れに備えます。

何度か突っ込みをかわして耐えます

あと10mを切ったところで

ググーンと最後の反撃・・・

フッと軽くなって万事休す。残念!

最後のチャンスだったかも・・・



いやいや鯵なら沢山いるはず・・・

ラスト30分だけ残業決定です。

そして、すぐに連続ヒット!

しかしこの子も最後の突っ込みでのバラシ

ダメです


10分後またまたヒットするもこれは

最初の突っ込みでバラシ


先程からよく当たるポイントを

もう一度流しなおします。

今度はシーアンカーをいれます


その一投目

早巻からのストップにヒット!!

今度こそ捕るぞ!

ドラグをゆるゆるにしてファイト

ゆっくりゆっくり寄せてきます

そしてラスト10mをきりました

最後の突っ込みは・・・

今度は少し首を振る程度の反撃!

無事かわしてネットを準備します

さあ浮いてきました

これはデカい!

???

20200801エソ大.jpg

デカいエソ!

「リリースしてもらえると思て

なめとったらキープして

蒲鉾にしたるぞ!!」

等と悪態をつきつつリリース御免!



しかし、さっきから戦っていた相手は全てこれ?

そんな筈はないと気を取り直します。

今度は早巻にヒット!

これはアジでしょ!

と、思った瞬間の最初のダッシュで

フックオフ! ダメです。

どうやっても捕れません。


・・・・


時刻は12:25を回りました

これが最後かと思うと

殺気だってちからが入りすぎます。

ちょっと意識して肩の力を抜いて

軽く巻き上げると・・・ヒット!!

最後に来てくれました!

ドラグを目一杯緩めて

ファイト開始!

ラインを出されながらも

徐々に寄せて、浮かせてきます

十分走らせたのが良かったのか

最後の突っ込みもなく浮いてきます

水中に土色の魚影が・・・

ネットを準備します

ナイスサイズ!!

20200801エソ小.jpg

と、思ったらまたエソでした!

これにて完全に心が折れました


本日の釣果


20200801マイカ.jpg

マイカ  ~胴長28cm 4杯

ガシラ ×2  リリース
アヤメカサゴ リリース
エソ  ×2  リリース

これなら朝7:00に早上がりしても良かった!?



魚のキープゼロなので、クーラーボックスも

綺麗なまんま(イカはジップロックに収納)

帰宅後の片付けもらくちんです。


夕食用に刺身の準備をすませて、町内の会合に出席。

終了後ゆっくりいただきました

20200801イカ刺身.jpg

これは美味い!!!

DAYイカメタルもうちょい本腰を入れるか・・・?