3月釣行 その1 手堅くサビキで鯵狙いのはずが・・・

3月7日(土)
7:00~14:30


作戦計画


この土曜日はまずまずの海況。

湖はべたべたの凪なので

先週作ったドジャーのスイムテストがてら

ビワマス狙いかな?


でもよく見ると海も大丈夫そう?

前日までの大荒れの余波で

朝の内はやや風波が残るものの・・・

お昼前からは全域ベタ凪の予報です。


ということで行ってきました。

朝のうち近場で鯵狙いのサビキ。

その後沖に出る作戦です。


久々の海なので準備に手間取り・・・

(いつも通りかも)



すっかり明るくなった7:00出港!

20200307出港.jpg




ラウンド1 vs アジ


出てすぐの水深10mのポイントへ。

すでに先客が3艇ほどいます。



適当にアンカリングしてサビキを投入。


釣り開始です。


しばらくしてファーストヒット。

しかし小さい。

豆鯵サイズか? 



上がってきたのは・・・・

20200307ヒイラギ1.jpg

なんか平べったい?

カイワリ?

(後で調べたところヒイラギでした)

10cm前後。

よくわからんけど小さいのでリリース







その後30分程全くアタリ無し。



近くで釣っているボートも

あまり釣れていない様子。



場所を移動しようかとも思いましたが・・・

あまりウロウロするのも節操がないので・・・

コマセを撒いて魚を集める作戦。



その後、先程と同じ魚(ヒイラギ)がもう一丁。

リリース御免



あまりにも釣れないので・・・

ダメもとでサビキをチェンジしてみます。


ここのポイントで実績のある蓄光タイプ





すると効果覿面(単に魚が回ってきただけかも)


ぴくぴくと竿先にアタリが・・・

思わず鬼アワセ!!

あれ?軽い?

口切れしたようです。



しばらするとまた小さなアタリが。

今度はびっくりアワセしないように注意して

ヒット!!


これは大物?よく引きます。

でもなんか違う??


上がってきたのは・・・


20200307チヌ.jpg

まあまあいいサイズのチヌ(クロダイ)。

何を隠そう生まれた初めて釣り(釣れ)ました

狙ってもないのに・・・

ちょっと微妙な心境ですが・・・



まあ初物なので、良しとしましょう!!


次なるヒットは・・・

例の魚(ヒイラギ)がダブルで

20200307ヒイラギ23.jpg


つづいて・・・

20200307ヒイラギ4.jpg



兎に角仕掛けチェンジ後は

アタリが出るようになり

作戦は半分成功。

でも本命は来ません。



諦めて沖へ出ようかと思っていると

強いアタリが

結構グイグイ引きます

これはナイスサイズのアジ?

浮ていきました

スリムはシェイプにこの色合い


アジか?


いや!?何か違う?


20200307ウグイ1.jpg

ウ・グ・イ・?

ビワマスのゲストでよくお目にかかりますが・・・

わざわざ海まで会いに来てくれたの?

ありがとう!

でも、リリース御免



その後も釣れるのは・・・

20200307ヒイラギ5.jpg20200307ヒイラギ6.jpg20200307ヒイラギ7.jpg


この子ばかり・・・





そして諦め半分の置き竿に

再び強いアタリが!!

今度こそアジか?

いえいえ

皆様のご期待通り!

20200307ウグイ2.jpg

再びウ・グ・イ!

なんか全身にラインぐるぐる巻き状態

丁寧にほどいてリリース御免!


これであきらめがつきました。

今日はアジはお留守だったことにしましょう。


------------------------------------

・・・しかし後で聞きました!

近くにいたボートではアジ爆釣とのこと。

しかも尺越えサイズ?

-------------------------------------



言い訳はできませぬ・・・




ラウンド2 vs 真鯛、根魚



時刻は9時を少し回ったところです。

既に風はなく、波もほとんどありません。

長周期のうねりはあるものの

航行には全く影響のない状態です。


こんなことなら朝から沖に出ても良かったかも。



まずは、小さめのジグを沈めてみます。

しかし反応なし・・・



あきらめて、いつものタイラバを沈めます。

いい感じで沖に払い出す風

シーアンカーを入れて1~2km/h位

釣れそうな気はするのですが・・・・

反応なし




1時間ほどすると風が弱まります

シーアンカーをやめてどてら流しに

アタリが出ないので・・・

ためしにボトムを3回程叩いた後

巻上げてみると・・・

ずっしりと重みがのります

作戦大成功!?

しかし重いだけで全く生命反応を感じません

少し巻き上げると漸く気付いたのか、反撃します

いいサイズの根魚でしょうか?



ところが20m程巻き上げたところで

プッツリという嫌な感触でフックオフ。



気を取り直して再度タイラバを沈めます

先程同様ボトムを3回たたいて巻き上げ開始

するとまたまたヒット!!

今度はしっかりフッキングしました。

但しさっきよりは軽めの魚。


慎重に巻き上げて


20200307アコウ.jpg

アコウ(キジハタ)キャッチ!




時合い到来でしょうか?

タイラバを続けていると

今度は少し底を切ったところでヒット

結構竿を叩く引き

でも重量感はありません。



レンコダイかなと思いつつ寄せてきます


上がってきたのは・・・


20200307カナガシラ.jpg

小さなカナガシラ

元気そうなのでリリース御免





この辺りで風がピタリと止まります。

ボートが流れず釣り難い状況です。

何カ所かポイントを移動しつつ

タイラバを沈めますが・・・




全く反応なし。




小さなジグやオモックなども沈めてみますが

何をやっても釣れる気がしません。

やっぱり多少ボートが流れないと釣り難いです



ラウンド3 vs 何でもいいから・・・


時刻は13:00を回りました。

そろそろ引き上げようかと思いつつ

最後に取り出したのは

朝方、浅場で使ったサビキ。





ボートが流れないのを逆手にとって

アンカリングせずにサビキを沈めます。



しばらくするとピクピクッとアタリが出ます。

アジでしょうか?

でも小さそうです

最後まで小気味良い引きで


上がってきたのは・・・


20200307チャリコ.jpg


真鯛? これは正真正銘チャリコですね。

リリース御免



こんなことをやっても・・・

まともな魚が釣れる気がしません。




最後に1時間程タイラバで粘りましたが・・・

何事もなく終了です



本日の釣果

20200307集合.jpg

チヌ(クロダイ)  39cm
アコウ(キジハタ) 32cm

カナガシラ 25cm位    リリース
チャリコ  15cm位    リリース
ウグイ   35cm位 2尾 リリース
ヒイラギ  10cm位 多数 リリース


こんなことならヒイラギやウグイも

キープすべきだった?



近々、鯵釣りリベンジせねば・・・

でも湖で自作ドジャー試運転も・・・

そうこうしている内に、沖釣りは、

春のハイシーズンに突入してしまいます。

あーーー忙しい忙しい(???)

2月釣行 その1 2月にずれ込んだ2020初釣り!上々の滑り出し!?

2020(令和2年)年2月2日(日)
7:10~10:30


作戦計画


先週は出撃する気まんまんで準備しておりましたが・・・

20200201準備OK.jpg

前日から、どうも喉の奥に違和感が・・・

当日朝、大丈夫だろうと出かけたもののどうも熱っぽいので、

途中コンビニで風邪薬をを購入して帰宅。

残念ながら、自宅療養することに。



1月は結局一度も釣行に出かけることなく終わってしまいました。


病状のほうは重症化することもなく、

念のため検査も受けましたが・・・

幸い単なる風邪との診断でした。


せっかくの出撃チャンスを逃したので・・・

また、当面初釣りはおあずけかと思っておりましたが・・・

なんと、今週も日曜日は風が止んで上々の海況。

若干うねりは残るものの長周期で航行には影響なさそうです。


ということで行ってきました。

出発すべき時刻に目覚ましをセットしてしまい

少々で遅れましたが、大急ぎで準備して・・・


日の出より少々遅れての7:10出航です。

20200202出船.jpg




ラウンド1 vs 青物?


まずは50mラインでボートを止めて

魚探反応を確認してみます。

底から10m程の範囲に全体にもやもやした

ゴミっぽい反応がびっしり出ています。

ベイト反応なのか?


20200202もやもや反応.jpg


青物の群れではなさそうな気がしますが・・・

しかし前回、年末の釣り納めでは青物が高活性。

あの状況が続いていればと思い・・・

まずはジギングから


取り出したのは、前回良く釣れたこのジグ。

しかし、まったく反応なし。

と、いうことでいつも通りのタイラバに移行。



結構流れている感じなので・・・

タングステン80gから試してみます。

かろうじて底取りはできるけど釣りにくい。

タングステン100gに変更。


2,3回沈めると水深の2倍近くラインが出されます。

もうちょい重いほうがいいかな?

等と思いつつ巻き巻きしていると・・・




コツコツコツと前あたり・・・・

そして、ガンガン竿をたたく魚がヒット!

結構重い気もしますが・・・

シンカーが重めなのと、潮流も強いので

魚のサイズが良いのかどうかは???



締めたドラグからラインを引き出す力強さはありません。


ガンガンたたくので

タイ族には違いなさそうですが・・・

案外小さいレンコ鯛かな?

と思いつつ寄せてきます。



水面に姿を現したのは・・・

小さな真鯛(チャリコ)!

水面を割る際、パンッ!という破裂音が。

リリースしようかと思いましたが・・・

なんかダメージを受けた様子。

20200202チャリコ1.jpg

仕方ないのでキープさせてもらいます。

サイズはともかく、おめでたい2020年の滑り出しです。

シンカーをもう少し重くしようかとも思ったのですが、

釣れてしまうと変えにくい。

そのまま継続です。



すると連続ヒット

今度は先ほどより大きそう?

ずっしりと重い魚。

しかし竿をたたくこともなく・・・

時折思い出したように引きますが・・・

それ以外はずっしりと重いだけ。

この重さは潮流のせい?

いやそれにしても重すぎない?

無理せず慎重にファイトします。



上がってきたのは・・・

20200202ガシラ.jpg

ナイスサイズのガシラ!!

うれしいお土産確保成功です。

鰓蓋の皮一枚で、かろうじてフッキングしていました。

慎重なファイトが良かったようです。






またまた釣れたのでシンカーそのままで沈めます。

しばらくすると、ビュビューンとすごい勢いで

ラインが出されるヒット!!!!!

これは大物確定です。




この走りっぷりは、どちらかというと青物っぽい。

あまり走らせて切られてもいけないので

少しドラグを締めて耐えます。

ファーストダッシュが止まったところで

ぎりぎりまでドラグを締めてファイト開始です。



時折見せる猛ダッシュをかわしつつ

少しずつ寄せてきます。



比較的すんなりと浮いてきた魚は・・・

20200202メジロ.jpg

メジロ(ワラサ)クラスの青物

キャッチ成功!!!


 

 

 

ラウンド2 vs 真鯛?



そのまま流していると・・・

ボトム付近のもやもやとした魚探反応は消え

あたりも遠のいたので


少しもどっと流しなおします。


先ほどから釣れている水深に差し掛かると

ボトム付近でヒット!!

ガツンと当たって

少しだけドラグを滑らせますが・・・

その後はただただ重い!

でも、こいつの重さは尋常ではありません。



さっきの良型ガシラよりもさらに重い!

そして時々反撃も見せます。

あと15m程のところで・・・

動画撮影用のカメラが電池切れ。

一旦竿を置いて余裕の電池交換です。



交換を終えてロッドを握ると・・・

ずっしりと重い。まだ魚はいます。

そしてはるか前方にぷっかりと

黄色い魚体が浮いてきます。

デカい!!!!



上がってきたのは

20200202アオハタ.jpg

ジャスト50cmの巨大アオハタ

もうお土産は十分です。



あとはもうちょっといいサイズの

真鯛が欲しいところ

タイラバを巻く手に力が入ります。



そしてヒット!!!

ガンガンとたたく独特の引き!!

来ました!!

しかしドラグを締めると・・・

ラインを引き出すほどの力はありません。



結構ガンガンたたくけど・・・

巻き上げる感触は・・・軽い

上がってきたのは・・・


20200202チャリコ2.jpg

先ほどよりはわずかにサイズアップ

食べておいしい、目の下一尺。

どちらかというと、食べておいしいよりも・・・

釣って楽しいサイズが好き!!

でも贅沢は言いません。


時刻はまだ9時過ぎですが・・・

お土産としては十分です。

ラウンド3 vs 青物


釣れているポイントから少し沖に流して行くと

先ほど同様やはり魚探反応がなくなります。

もう一度戻ろうかと思いつつ

そのまま流していると・・・・



青物っぽい反応が出ます。

ここでジグを投入しますが・・・


・・・・


不発です。


再びタイラバに戻しますが・・・

反応なし



そろそろ釣れていたポイントに戻ろうと

タイラバを回収していると・・・

魚探に反応が・・・

20200202青物反応.jpg


これは前回ハマチが入れ食いだった感じに似ています。


急いでジグを投入して底から早巻きの後

ワンピッチで誘うと



ズシっと重みが乗ってヒット!!

結構元気よく走る魚

青物確定です。



PE#3のジギングタックルなので

難なく浮いてきます。

結構走り回りますが・・・

それほどのお大物ではなさそうです。


ところが残り5mぐらいで猛反撃。

なかなか浮いてきません。


水面付近まで寄せてきたときに

ちらっと見えた魚影は・・・

青物に違いありませんが

黄色いラインが鮮やかな魚。



何度目かの挑戦でようやくネットイン

20200202ヒラマサ.jpg

小さいながらも元気いっぱいの

ヒラマサキャッチ成功!!



ヒラマサの写真撮影をとメジャーをセットして

立ち位置を移動中・・・

お尻の下でなにかがボキッと。



????



20200202折れた.jpg


エンジンのエクステンションハンドルが・・・・

全体重をかけたわけでもないのに・・・

えらく簡単に折れてしまいました。

折れたのが航走中でなくてよかったです。


これがないと、前後の重量バランスが悪く、

ボートがうまく滑走しません。

出航地に戻るのに時間がかかる恐れがあります。

海況が穏やかな、今のうちに戻るのが無難でしょう。


ということで、まだまだ釣れそうですが・・・

そして時刻はまだ10:00を少し過ぎたところですが

これにて撤収することに。


往路の倍以上の時間をかけて、無事帰港しました。


本日の釣果

20200202集合.jpg

メジロ(ワラサ)     65cm
ヒラマサ(コマサ?)   60cm
アオハタ         50cm
ガシラ(ウッカリカサゴ) 41cm
真鯛(チャリコ?)   ~38cm


最後は強制終了となりましたが・・・

この季節にこれだけ釣れれば大満足です。

釣行当日はコマサをお刺身で・・・

20200202ヒラマサ刺身.jpg

ごちそうさまでした。


この時期のハマチと比べてあっさりした感じ。

これはこれで美味いですが・・・

夏のほうが脂がのるのでしょうか?

それとも個体差?




12月釣行 その4 釣り納めは久々の海へ

12月29日(日)
7:20~12:50

作戦計画


この年末年始、唯一出られそうな日曜日。

湖はベタ凪予報ですが、海は微妙な風?

ということで、今年の釣り納めは今月4回目の湖。

と、考えておりました。



ところが、前日時々ご一緒するあつPさんよりLINEが。

あ:「明日久々に海に出ようと思いますが?」

た:「風予報が微妙なので、今の気持ちは8:2で湖ですが、

   直前の予報を見て決めましょう。」

とは言いつつ、この寒い時期に冷たい風やら波しぶきを

浴びるのは、ご勘弁願いたいというのが本音でした。



前日夕刻の予報では、どうやら風は落ちる感じに

変わっていたので、ご一緒することに決定し

海の準備をして就寝。



出発直前、早朝の予報では、またまた風が微妙?

やっぱり湖にすべきだったか?

沖だしが無理なら、近場で鯵釣りができるよう、

急遽サビキの準備も整えて海に向け出発です。



寒い中、かじかむ手で、だらだらと準備を進め・・・

日の出から少々遅れた7:20出港。

20191229虹.JPG

前方にはきれいな虹がかかっています。

風も大したことはなく、

どうやら海は歓迎してくれているようです。



ラウンド1 タイラバ


出てすぐの40mラインから流して行きます。

シーアンカーを入れて1.5~2km/h程度で流れる程度。

ちょうどタイラバには適した感じ。

60gから始めますが・・・・

全然底が取れません。

風もさることながら潮が良く効いている様子。

TG100gにチェンジして何とか底が取れる状態。


3回程沈めると水深の倍以上ラインが出て

底が取れなくなります。

一旦回収して沈めなおそうとすると・・・

魚探に妙な反応が!!

20191229上昇反応j.jpg

何かが上に向かって急上昇???

と、ここでまだ中層をフォール中のタイラバにヒット!!

結構走るのでいい魚?

よく引くけど重さは感じません。

久々の海の魚とのファイトを楽しんで・・・

上がってきたのは


20191229ハマチ.jpg

コロッコロのハマチ!

嬉しいお土産キャッチ成功です。

きっと美味しいはず!!



青物がいるのならとジグを沈めてみます。

すると、ボトム付近で何かがヒット!!

これは、先程よりも重量感のある魚です。

良型の根魚かと思ってファイトしていましたが・・・




あがってきたのは

20191229エソ1.jpg

超巨大なエソ。リリース御免!!



やっぱり僕のジグにはこの魚しか食ってこない?

タイラバに戻します。

TG100gでも底取りが厳しい。



ケースの中に1個だけあったTG120gに交換。

その第1投、

少し上の方まで巻いたところでヒット!!!

ラインがビューンと出て行きます。

大鯛か? 良型青物?


ドラグを締めますが・・・

なかなかダッシュが止まりません。

親指でスプールを抑えつつ

隙をみて巻きます。

ドラグを目一杯まで締めると・・・・

魚がこちらを向いたのか少しずつ巻けるように。

よしこれからと思った瞬間、

更に軽く巻けるようになって・・・

そのまま重量感がなくなります。




痛恨のフックオフ!

折角の大物が・・・!

フッキングが甘かった?


今にして思うと、

反転してこちら向きに泳いできた

魚のスピードに巻き取りが追い付かず・・・

テンションが緩んで外れたと推測します。

してみると、青物だったか?



でも、その時は大鯛の可能性もあり?

ドラグを締めすぎて身切れした?

等と考え、タイラバを継続しました。



済んだことを悔やんでも仕方ありません。

気を取り直してタイラバ継続!!


10分後

先程のバラシで半ば放心状態で巻き巻きしていると・・・

なんかハンドルが空回りしている???

ちょっとドラグを締めて巻いてみると・・・

ビュビュ―ンとラインが引き出されて

ヒット!!! です。



ドラグを締めて(締めすぎず)ファイト開始!

今度は焦らずゆっくりファイトします。

5分程一進一退を繰り返したところで、

急に魚が浮いてきました。

ボトムから剥がした途端に浮いてくるのは

大鯛に違いない??




一気にあと10mまで巻き上げます。

ところがここから猛反撃。

なかなか寄ってきません。

あと5mまで来ても又反撃。

これは魚が違うかも




結局10分以上のファイトの末

上がってきたのは

20191229メジロ1.jpg

メジロ(ワラサ)サイズの青物!!

疲れた!!!

20191229メジロ1-1.jpg


何とか先程のバラシは帳消しに。

ここで、先程のバラシも青物だったのではと気づきます。












ラウンド2 ジギング


要するに、今日この海域には青物が

回っておりタイラバに何度も喰ってきた

ということの様です。


ならばやっぱりジギングをやるべきでしょう


取り出したのはこのジグ


2カ月ほど前に衝動買いしたまま一度も使ったことがありません。

初心者にも優しく、ワンピッチが下手でもそれなりにアクションしてくれる?

僕にピッタリのジグ?

最初からフロントにシングルフックが付いています。

もっといっぱいフックを付けて引っかかる可能性を上げたい・・・

そんな気持ちをグッとこらえて、このまま使ってみます。



第一投。

底まで沈めて、ぎこちないワンピッチでしゃくります。

反応なし・・・

もう一度底まで沈めて・・・

今度は小さめのワンピッチ・・・反応なし

もう少ししっかりとワンピッチ

シャック、シャック、シャック、シャック

!!

ヒット!!

あら!? 来たやん!!

なんか、久々にジギングでヒット!!

さほど大きくはないけど

青物の引き! 楽しい!!


ハマチ追加!

20191229ハマチ1.jpg




続いて、シャックシャックシャック、

シャックシャックシャックシャック、

シャックシャックシャック!


ヒーット!!


また来ました。

嘘みたい!!

20191229ハマチ2.jpg




すかさずジグを沈めます。

しかし激しいシャクリと続けざまのファイトでへとへと。

ちょっと、おとなしめのシャクリには反応なし。

今度はワンピッチから3回ほど大きく飛ばして

再びワンピッチ。

シャックシャックシャックシャック!!

ヒーット!

しんどい!! でも楽しすぎ!!!

20191229ハマチ3.jpg

ここからは小さいハマチはリリース御免!!



ここであつPさんに「ハマチ入れ食い」のご連絡。

ところが、この後ちょっとアタリが遠のきます。



10分後タイラバでメジロが釣れた水深に

差し掛かかります。

シャクリ疲れて腕はパンパンですが・・・

一旦ジグを回収して、フォール中に休んで

少しだけ回復して切れがもどったのか・・・

ボトムを切って7シャクリ

シャック、シャック、シャック、シャック、

シャック、シャック、シャックドン!!

ヒーット!!!

追い合わせを入れてファイト開始!

今度の魚はちょっと重い?のか時々ドラグが滑ります。

パンパンの腕に鞭打って・・・

ドラグを締めてグイグイ寄せてきます。


ほんの2分程のファイトでキャッチ成功

20191229メジロ2.jpg

ほぼ同サイズのメジロ(ワラサ)追加





さらにジギングを続けていると・・・

しばらくぶりのヒット!

小さなハマチ?

と思ったら、途中で全く引かなくなって

上がってきたのは

20191229エソ2.jpg

エソリリース!

リーダーをズタズタに傷つけられたので少し詰めて

続けますが反応なし


どうも、ハマチタイムは終了した様子です。










ラウンド3 再びタイラバ


青物は満喫したので再びタイラバです。

というか、シャクリ続ける体力がもうありません。


30分後・・・・


暫らくの沈黙の後、時々アタリが出るように。

そして底から巻き上げ開始と同時に前アタリが・・・

竿を叩く独特の引き!!

時々、軽くドラグを滑らせる魚!

これは本命!!



上がってきたのは

20191229真鯛.jpg

食べごろサイズ、お正月にピッタリの

おめでたい魚キャッチ成功!!!

今日はできすぎです。




5分後、再びアタリが!!

さっきより強い引き!?

ドラグを締めてファイト開始???

と思ったら抜けたー!!!

残念!きっと大鯛だったのに??


まあ、そう何もかもうまくは行きませんョ。




そして次の流しも独特の前アタリからの・・・

ヒーット!

これも一族には違い無さそうですが・・・


20191229レンコ.jpg

25cm弱の極小レンコダイ

元気そうなのでリリース御免!








ここで、あつPさんと合流。

タイラバで何かがヒットしている様子。

ハマチです。

何でも周辺にハマチの群れがいるとのこと。

それでも、かたくなにタイラバを巻く

素敵なあつPさんです。



魚探を見るとこんな感じの反応

20191229ハマチ反応.jpg

試しに、ジグをしゃくってみると・・・

ヒット!!

20191229ハマチ5.jpg

船縁でナチュラルリリース!


もういっちょー、行ってみましょう

シャック、シャック、シャック、ヒット!!

20191229ハマチ6.jpg


おっといけない。

ハマチはもういらないんでした。

バンバンヒットして楽しいけど、

リリース前提の釣りは・・・・



このあたりから風向きが変わります。

これまでは岸から沖に払い出す向き。

この風向きだとさほどは波が立ちません。

それが、海岸線とほぼ平行に吹き始めます。

途端に、大きなうねりが出てきます。




長周期なのでさほど危険はなさそうですが・・・

少し浅目のポイントに戻ります。

そしてタイラバを沈めると



ボトムでアタリが・・・

気のせいか?


もう一度沈めて巻き上げると


ヒーット!

ずっしり重い手応え





上がってきたのは・・・


20191229アオハタ.jpg

ナイスサイズのアオハタ!

嬉しいお土産追加成功。



その後アタリは遠のき・・・

時刻は12:00を回りました。




そろそろ上がることにします。

タイラバタックルを片付け・・・

最後にもう一度ジギングを


第一投シャック!シャック!ゴン!?

あたった? 気のせい?



回収してみると・・・

リーダーがざらざらに。

歯のあるあいつにかじられたようです。

結びなおすのも面倒なので

これにて釣り納めとしました。




本日の釣果


20191229集合.jpg

ハマチ      ~48cm  3尾 
メジロ(ワラサ) ~66cm  2尾
真鯛        48cm
アオハタ      39cm



ハマチ リリース 少々
エソ  リリース 少々
レンコダイ リリース 1尾


上出来の釣果、海へ来てよかった!!

誘ってくれた、素晴らしい釣り友さんに感謝です!



釣行当日はアオハタをお鍋で

20191229鍋.jpg

美味い!ごちそうさまでした!