エクステンションハンドル更新

一人乗りで出船時の必須アイテム エクステンション


前回の釣行で折れたエクステンションハンドルです。

20200202折れた.jpg

船外機のハンドルに取り付けて使用します。

20180929ハンドル角度x.jpg

これを付けないと、後部座席で操船することになります。



わが愛艇オレンジペコの場合船体重量30kg少々。

ゴムボートなので、トランサムボードの重量割合が大きいです。

そこに最も重い積み荷、エンジンを取り付け・・・

燃料タンクもその近くに置き・・・

ランチングホイールを取り付け・・・

と、後部に重量が集中します。

これではスピードは出ないし、燃費も悪い。



乗員が2名以上いれば、前後バランスよく乗船することで

問題は解消します。


しかし一人乗りの場合、船長がエンジンの傍で操船すると

ますます後部が重くなりバランスは最悪です。



そこで、必要になるのがエクステンションハンドル。

これがあれば、すべての積み荷よりも圧倒的に重い船長が

フロントシートに乗ることができ・・・

ボート全体のバランスが取れます。


非力な6馬力のエンジンでも滑走状態となり

安定した走行が可能となります。


改良を重ねた自作エクステンション


このように小さなボートには有効なアイテムなので

もちろん市販されています。

しかし単なる棒なのに結構なお値段です。

ということで、多くの方が塩ビパイプなどで自作しています。


自分も自作しこれまで改良を重ねてきました

まずはこちら

extention2.jpg

塩ビパイプを使ったシンプルな形です。

詳細はこちらの記事を参照ください


しかし、トーハツからスズキに載せ替えたころから

どうも先端部分のひび割れた気になるように

20170122エクステンション破損.jpg

そこで先端部分を改良してみました

20170122エクステンション固定部.jpg



しかしその後もやはりひびわれます

20180924エクステンション割れ.jpg

ここでひび割れの原因に気づきます

スズキのエンジンのハンドルがやや上向きなのが原因です。

そこでユニバーサルジョイントを自作して取り付けます。

20180929ユニバーサルジョイント組立.jpg

20180929エクステンションバー完成.jpg

詳しくはこちらの記事


これでひび割れ問題は解消したのですが・・・


心配事が現実になると・・・


改良当初からユニバーサルジョイント部の強度が

やや心配でした。



そして前回の釣行でポッキリ。


折れたのは、不注意でエクステンションハンドルの上に

座ってしまいそうになったためで・・・

通常の使用で折れたわけではありません。


また、強度的に心配だったユニバーサルジョイント部

でもありません。


ただ、割と弱い力でポキッと折れました。



塩ビ管は耐衝撃性が弱く・・・

特に低温時に強度が低下するようです。



初期のように単なる直管なら問題なかったの

かもしれませんがユニバーサルジョイント付きを

自作するのはちょっと無理があったのかも。



全速走行中に折れて、操船不能になると

衝突や急旋回による転覆等、危険がいっぱいです。



ということで結局市販品を購入しました。

こちらはノーマルタイプ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

エクステンションハンドル 603026 【あす楽】
価格:4620円(税込、送料別) (2020/2/13時点)

楽天で購入



こちらはユニバーサルジョイント付き

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

船外機エクステンションハンドル 366401 【あす楽】
価格:8690円(税込、送料別) (2020/2/13時点)

楽天で購入


購入したのはこちら


エクステ購入.jpg


送料入れるとほぼ1万円!! 高!!

単なる棒がこの値段ですから、

みんな自作したくなるのも無理ありませんね。

船舶検査受審

2020年1月30日


今日は、かねて予約しておいた船舶検査の日。

近隣の港でも受けられるようですが・・・

この時期こちら方面は天候が定まりません。

ちょっと遠いですがJCIに持ち込むことにしました。


予約時間の1時間前に現地着。


なんか工事中の様子です。


20200130JCI1.jpg


こんな状態で検査できる?


でも、確かに今日が予約した当日のはず・・・





少し時間をつぶして、定刻15分前に

工事中の建屋に入って受付へ




20200130JCI2.jpg



必要書類を提出し検査員さんとともに駐車場へ

ここで問題が発覚です。

どうもゴムボートと気づかず予約を受け付けてしまった様子。


さてどこで膨らませましょうか?

取りあえず駐車場で広げて・・・


20200130検査.jpg


番号や表示物を確認いただき・・・・

「あれ? 救命胴衣の説明書がありませんね。」

???

既に初回の検査と中間検査も通っているのですが

今更ですか?

まあ、逆らうわけにもいかないので・・・

ステッカーを ¥100で購入。

20200130救命胴衣シール1.jpg

常時着用なので「格納場所」の表示は不要とのこと

下半分の着用方法のみ表示せよとのこと


20200130救命胴衣シール2.jpg


ここしか貼るところはありませんが、

エンジン乗せて、後部座席をセットすると

誰にも見えず意味はない気もしますが・・・・

決まりなら仕方ないですね。


「アンカーロープはもう少し太い方が良いですよ」

とのアドバイスをいただき・・・

無事終了となりました。


エンジンの方は事前に点検整備済みの

報告書を提出したので・・・

番号の確認のみ




無事合格となりました。


検査済み証やステッカー類をもらって 完了。

20200130検査済み.jpg




これで取りあえずあと3年は乗り続けられます。




ゴムボートなので寿命を考えると

次の中間検査か・・・その次の本検査までには

乗り換えも検討しなければと思いますが・・・。

もうはや3年たちました

年末の釣り納め以来釣りにも行かず

正月以降ブログもyoutubeも更新せず

放置したおりましたが・・・

何とか生きております!!


海はともかく湖なら出船できそうな日は

何日かあったのですが・・・

お正月の飲み疲れやら

町内の寄り合いやらで。



そして、先日郵便受けに届いていました

船舶検査.jpg

JCIからのお手紙

船舶検査のお知らせです。

速いもので中間検査からもう3年たちました。


20200115次回検査時期.jpg


ということは、今のエンジンに乗せ換えてから

3年半経過。

そろそろ本格的な点検整備をしておいた方が

よさそうです。



ということで、対岸のボート屋さんに

預けてきました。


いつものオイル類交換の他

・オイルフィルター交換

・インペラ交換

・点火プラグの交換

・サーモスタットの点検

等々です。

この時期点検依頼が立て込んでいるとのことで、

1~2週間かかるとのこと。

また暫らく出船はお預け。

今年の初釣りはいつになりますことやら。