滋賀名産・・・小鮎釣り!!

5月31日(日)
5:00~8:30

作戦計画


緊急事態宣言も解除され・・・釣り再開!

と、行きたいところですが・・・・



まだ県外へは、お出かけ自粛せよとのこと・・・

さりとて、県内の湖岸緑地は閉鎖中・・・



コッソリ他県の海へ行ってしまうか???

いえいえ、それはフライングです!!



どうしたものかと思案しつつ

情報収集していると・・・・


さる方のブログにて小鮎釣りの記事が目にとまります。


そういえば、ここ数年湖産のアユは不漁続き・・・

ということもあり、しばらく自粛中でした。


幸い今シーズンはアユの産卵数もかなり回復した様子。


ならば、久々に行ってみましょうか。





前日に現場視察


釣行記録を紐解くと前回この釣りをやったのは・・・

2016年7月・・・何と4年ぶりです。

その頃よく行ったポイントが

今、どうなっているのか・・・

また、今回のコロナ騒ぎで、

駐車スペースが閉鎖されていないか?



ぶっつけ本番というのはちょっと無謀かも

ということで、土曜日に下見に行って

日曜日に釣行という作戦です。


近所のポイントを3カ所ほど回って・・・

駐車スペースが確保できて・・・・

そこそこ釣れそうなポイントに決定しました。


水中には小鮎の魚影が見えます。

20200530コアユ下見.jpg

小鮎の他に大量の鯉?の群れも

20200530鯉.jpg

この付近は避けた方が良さそう。



帰宅後、物置の奥から道具を探し出して・・・準備OK


ところが、念のため翌日の天気予報を

確認すると・・・何と朝から雨

ちょっと迷いまいしたが・・・

かえって釣り人が少なく・・・

良いポイントに入りやすいかも・・・



ということで予定通り出撃です





雨が降りだす前に・・・



予報では7時ごろから雨ですが・・

日の出は4:40。

その少し前から明るくなるので・・・

2~3時間で結果を出せば、雨に遭わずに済むかも



張り切って早起きしましたが・・・

ちょっと計算違いで現地着4:50。



すっがり明るくなってしまいました。

既に先客ありで・・・


昨日下見したポイントには入れず!

少し探索して・・・

幸い小鮎の群れを発見。

早速釣り座を準備します。

20200531設営.jpg

カッパの上下に傘をかぶって・・・

いつ雨が降っても大丈夫!!




目の前に小鮎はいるけど・・・・

なかなかヒットしないので・・・

ちょっとやきもきしましたが・・・・



徐々に勘が戻ってきたのか・・・

ポツリポツリと釣れ始めます。


20200531コアユ1.jpg

なかなかいいサイズ!



尻上がりに調子が出てきて

20200531トリプル.jpg

トリプルヒット!

幸い雨も降らずに持ちこたえてくれています。


結構釣れて、餌も底をつきかけた頃・・・

雨がぱらつきはじめます。


この時点で撤収すればよかったのですが・・・・

餌がなくなるまで・・・

と、頑張っていると・・・

そのうち本降りに!!

20200531雨.jpg


最後は土砂降りになってしまいました。

まあ、完全武装なので、ほとんど濡れることなく

無事撤収です。


本日の釣果


20200331釣果.jpg

小鮎 138尾

最大 16cm

20200531大小鮎.jpg


計量してみると

20200531計量1.jpg
20200531計量2.jpg
20200531計量3.jpg

750g+750g+540g = 2,040g

2キロ越えの大漁でした。


内1キロほどを早速甘露煮に

20200531甘露煮.jpg


たまには、小物釣りも楽しいですね!!

というか、2カ月ぶりの魚釣り!

楽し過ぎ!!!

posted by たぬきち at 20:47福井 ☁Comment(0)小物釣り

今月第3弾は小さな湖で・・・

2019年1月27日(日)
6:00~17:00

この冬一番の大雪・・・さすがに釣りはむり?


この週末は、今季一番の大雪予報です。

海はもちろん大荒れで、釣りどころではありません。

さすがにこんな週末は自宅で、おとなしく道具の手入れでもするのが賢明かも・・・

でも、今シーズンもう一度だけ、余呉湖のワカサギ釣りに行かねばなりません。

前回、用意した餌がまだ冷蔵庫の奥に残っているのです。


ネットの釣果情報によると、1月に入ってから好釣果が続いております。

今月半ばには、名人と呼ばれる方が、何と4桁をたたき出しています。

その後も、ほぼ500を超える釣果が続いている様子です。



天気が良いと、つい海へ行きたくなるので、今回の雪はちょうど良い機会です。

遠方から来る人にとって、雪は我々以上に、高いハードルとなるので・・・

ハイシーズン特有の混雑を気にしなくて済みそうです。


満を持して日曜日に出動です。

出発時の状態はこんな感じ。

20190127大雪.jpg

これから、更に雪深い方面へ出発するとは・・・

筋金入りのアホですね。



モーニングサービスは好調?


計画通り今回は熾烈な競争もあまりなく、

地元の利も活かし、絶好の入門順位を確保。

最も釣れそうなポイント確保成功です。

入門直後の暗い中仕掛けの準備をします。

ヘッドライトの明かりの中、老眼の見えない目を凝らしますが・・・

小物の仕掛けは見難すぎ!!!

ガイドにラインがなかなか通りません。

それが終わっても、小さな針への餌付けに手間取ります。

準備に手間取り、少々出遅れますが・・・・

仕掛けを投入すると順調に釣れ始めます。

20190127余呉湖.jpg

雪の舞う厳しいコンディションですが・・・

朝まづめのサービスタイムは好調に釣れ続けます。

20190127ワカサギ朝の部.jpg

7:45の段階で99匹。

この調子なら500オーバーもいけそう?

と思っていると、アタリが止まりモーニングサービス終了です。


昼間は時々回遊してくる群れ狙い

ここからは、アタリが止まると全くつれなくなります。

何十分か毎にワカサギの群れが回遊してくるので・・・

その時にできるだけ数を稼げるよう備えます。

9:00 131匹
20190127ワカサギ午前.jpg

10:00 151匹
20190127ワカサギ午前2.jpg

11:00 163匹
20190127ワカサギ午前3.jpg


なかなか数が伸びません。

ここで、早めの昼食休憩。

午後からの爆釣に備えます。


午後からは遠めのポイントが良そう?


午後からも相変わらず、時々めぐってくる群れを待ちの釣りです。

その他の時間は、延べ竿で桟橋から離れたポイントでは釣れている様子。

残念ながら、今日に限って延べ竿を持ってきていません。

またこの日は、人が少なく釣れているポイントに移動しつつ

拾い釣りという手もありましたが・・・

折角、早い入門順で最高場所を確保しておいて、ウロウロするのも節操がないので、自重しました。

一カ所に腰をすえ、群れが来た時に、できるだけたくさん釣るスタイルを通しました。



お昼過ぎに、やや大きい群れが来て、一気に数を伸ばします。

15:00 298匹
20190127ワカサギ午後1.jpg


このまま釣れ続ければ、何とか500も狙える?

と思ったとたんに時合い終了。

16:00過ぎにもう一度群れが回ってきますが・・・

長続きせず・・・

残り30分の所で370匹

500は無理そうですが・・・

せめて400をと頑張ります。



しかし、その後完全にアタリは止まります。

閉門10分前を過ぎて、撤収開始。

右側の仕掛けを片付けたところで群れが回ってきます。

左手1本でラストスパートするも・・・

20190127ワカサギ結果.jpg

390でタイムアップ。


本日の釣果

20190127ワカサギ重量.jpg

ワカサギ 390匹 450g

???

先月の釣行よりは数は少し伸びましたが・・・

何と重量は全く同じでした。

安定した結果というべきか?

進歩がないというべきか?



良いポイントに入れたお蔭で、何とかこの日の竿頭にはなれたようです。

ネットの釣果情報では400と発表されていますが・・・




結論としては、多少はましになった気もしますが・・・・

ラインがたるんだ状態で巻くと、やはり回転軸へのラインの巻込みは発生します。

そのあたりは、結局注意深く取り扱う必要があるということの様です。



posted by たぬきち at 23:54福井 ☔Comment(0)小物釣り

ワカサギマチックDDM改良!

年末に発注しておいた部品がようやく届きました。

20190111巻込防止ガイド新.jpg

「巻込み防止ガイド」なるパーツ

ワカサギ釣り用の電動リール、シマノ ワカサギマチックDDMに使用します。

20190111巻込み防止新.jpg

こんな感じで取り付けて、ラインがスプルーから外れて軸に巻き込まれないようにします。


現在、ワカサギ釣りに使用している電動リールは、かなり古いモデルです。

純正の「巻込み防止ガイド」はこれ

20190111巻込防止ガイド旧.jpg

本体に取り付けると・・・

20190111巻込み防止旧.jpg

ラインがスプルーの幅いっぱいまで巻けるようなサイズになっています。

これが問題です。

注意して使えば問題ないのでしょうが・・・

ウッカリ、ラインがたるんだ状態で巻いたりすると、スプルーから外れて軸に巻き込んでしまいます。

何とか改良できないかと思いつつ、放置しておりました。




昨年末の釣行時、お隣の方が同じシマノの電動リールの、新しいモデルを使用されていました。

よくみると、「巻込み防止ガイド」形状が全然違います。

冒頭の写真のように、ラインを通す部分の幅が狭い!

これなら、スプルーからはずれることはないでしょう。

ということで、色々調査すると・・・

14ワカサギマチックDDM-Tまでの古いモデルは

20190111ワカサギマチックDDM部品.jpg

幅広タイプ

16ワカサギマチックDDM-T CI4+以降は

20190111ワカサギマチックDDM-T CI4+部品.jpg

このタイプの様です。


皆さん同じ問題で悩まされて苦情が出て、改良されたのでしょうか?


レベルワインドという意味では、あまり良くないかもしれませんが・・・

余呉湖では、高々3m程しかラインを出さないので、少々偏っても問題ないでしょう。



古いモデルにも問題なく取り付けられそうな感じです。

安価なものなので試しに発注してみました。



早速、取り付けて動作チェックをしてみましたが、大きな問題は無さそうです。

次回、釣行にて巻込みがないか、試してみたいと思います。



この週末は3連休。流石にこの季節海は厳しそうです。

小さな湖へワカサギ釣りに行こうか?

それとも、大きい方の湖で鱒釣りか?

はたまた、両方???


posted by たぬきち at 00:09福井 ☀Comment(0)小物釣り