折れないティップのロッドが欲しい

ボートエギング用のロッドは、ティップが繊細です。

私のような、荒っぽい者が使うと必ず折れます。

1本目は不注意でボキッ

初めて買ったのは、もう5年以上前だったと思います。


全く取り扱いが、分かっていませんでした。

数回目の釣行での出来事です。

移動中、陸っぱりのエギングロッドのように、エギをガイドに引っ掛けて、ボートを走らせていました。

ちょっとした波をのりこえた拍子に、ポッキリ折れてしまいました。

幸い保証期間内で、免責分の費用で新品に交換できました。


2本目はラインが絡んで

それから、2、3年ほどは取扱に注意して、何とか無事に使用しておりました。

その日は、いつになくアタリが多く、釣果も上がっていたと思います。

釣れている時合いに数を稼ぎたくて、手返し重視で釣っていました。

釣れたイカを外して、そのままエギをキャスト。

エギを沈める間に、イカを処理してクーラーに投入。

すかさず、ロッドを握って、シャクシャク。

調子に乗って、シャクっていると、ティップにラインが絡んでいたようです。

シャック!  ボキッ!!!




このときは、先端2~3cm程のところで折れたので、自分で修復しました。

トップガイドを折れた先端部に取付け、2番目のガイドも少しずらして。

このロッドが、この前の釣行で逝ってしまったやつです。



3本目は隣のロッドと絡んで

使用するのは、年に5~6回の事ですし、しばらくは修復した2本目を使っていました。

ただ、ゴムボートにはちょっと長すぎかなと、感じていました。

フォール中、思いっきり糸ふけを出す釣なので、風向きの判断を誤ると、すぐにガイドにラインが絡みます。

それを外すのに、長い竿だと先の方まで手が届きません。

ということで、選んだのがこれ。


選定基準は、取り回しの良い長さと、価格の安さ。



そしてこの子も、1年ちょっと使ったところで、やってしまいました。

ボートには、ジギングやタイラバ等、数本のロッドを積み込んでいますが、

隣のロッドホルダーに立てた、ロッドとラインが絡んでいるのに気づかず・・・・


このロッドも、無理やり修復しましたが、ティップの高感度部分が短く、あまり釣れる気がしません。

仕方ないので多少ましそうな、以前に使っていた方の、折れたロッドをメインで使っていました。

それが、前回の釣行で逝ってしまったのです。


今度は折れない竿を!!

ということで、買ってしまいました。


選定基準は、感度が良くて、折れないティップ

スーパーメタルトップといって、ティップ部が金属製で、折れにくいようですが・・・。

とにかく、こんな高価なロッドを買ったのは、生まれて初めてです。

これを折ったら、目も当てられないので、丁寧に、慎重に扱いたいと、強く心に誓いました。




早く実釣で、スーパーメタルトップとやらの、感度を体験してみたいですが、



この週末の海況や如何に!?


"折れないティップのロッドが欲しい"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。